Jazz@Saku

会社員でジャズベーシストのJazz Man "Saku"の日常を暴く!(笑)


テーマ:

これはどこの駅でしょう?


Jazz@Saku


はい正解は

東京駅です。


某ビルの角から見る、駅上空です。


こうやって見ると、ヤードの形が一目瞭然です。

しかも、建て増しが年輪のように分りますね。



そして、これ。


キャラクター名わかりますか?


Jazz@Saku

Jazz@Saku


いやー、試運転、、燃えますね。


そして、これ、どこでしょう。


Jazz@Saku

Jazz@Saku

大山のケーブルカーですね。


いやー、自分の習性を発見しました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

大学2年目の時かな。


渋谷のDisk Unionの餌箱(大量の安いCDが入っているダンボールの事)

をいつも通り、片っ端から漁っていた時に発見したCD。


「Jade Visions」というタイトルを見て、引っ張り出した。


だって、敬愛するベーシスト Scott LaFaro 作曲の曲がタイトルですから。


そしたら、Bill Evansの名曲に始まり、当時練習し始めていた Brubeckの

The Duke、クルト・ワイルのThis Is Newが入っている。


迷わず買った覚えがある。


部室で聞いていたら、アースキン大好きな津田君が「これ俺も見つけよう!」

といって、その月の小遣いをさらに削りつつ、Unionに走っていた。


Marc Johnsonのオリジナルも、Dave Catneyのオリジナルもモーダルで

素晴らしい。


静寂に入る前に聴きたいアルバム。


Jazz@Saku


1,Up With the Lark

2,The Duke

3,Come Rain or Come Shine

4,Gentle Wind and Falling Tears

5,Jade Visions

6,Waste Not, Want Not

7,This Is New

8,Fool Moon

9,Dr.Jackle

10,Lost In the Stars


Dave Catney (p,vo)

Peter Erskine(ds)

Marc Johnson(b)


Recorded Live : Sugar Hill Recording Studios,Houston,TX

1991

Justice Records



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月にアップして以来でしたが、3月中に食べたはず(!?)の

ラーメンを紹介!


(10)つめ麺処 むあん 神楽坂店


 霜降りチャーシュー 「つけそば」


リハーサル前に時間が空いてしまったので、近所を散歩していたら

たまたま巡りあいました。


(こんな食生活をしていたから病気になるんですが・・・。)


看板に出すだけあってチャーシューはどうかと思ったのですが、

ジューシーかどうか、、、ちょっと期待外れかな。

麺は歯ごたえがどうか。さっぱり感は小春日和にはいいが、固く

しずぎかな。しなやかさが保てればもっといいのに。

出汁はかつおベースかな。美味しい。


ビールが蛇足だった。このボリュームではつまみになりにく

かったという記憶が。。。


(11)中華ラーメン 揚州商人[チェーン店]

http://www.whistle-miyoshi.co.jp/shop/index.html


そこで、白坦々麺だったと思う。

これは、美味しかった。

様々な種類の中華麺が食べられる。


Jazz@Saku

おなか一杯なのが分るのに、「食べつくしたい」

この衝動が、うまさを伝えるための賛辞だと思います。


都内に展開している大型店ですが、美味しかったです。

他のお店はどうなのかな?



(12)豊洲ららぽーと 餃子の福包


社用で豊洲にうかがった時に同僚とランチを食べました。


餃子セット!


なかなか美味しかったですよ。リーズナブルで。

Jazz@Saku

でも、やっぱり餃子は「亀戸餃子」が一番だな。


(13)春日部 めんや焔 


久々の春日部リバプールの演奏の本番前に腹ごしらえに

入りました。


とんこつラーメン。

麺は太麺だったかば。魚介系だと思います。

脂濃くなかったので、完食できた。


ちょっと葫臭が残ってしまった・・・。


Jazz@Saku


春日部の他のお店に立ち寄ったことはないのですが、

西口には珍しいかな。



というわけでラーメン編 冬 


は以上です!


他にも沢山食べていたのですが、取り忘れなどで

残っていません(涙)


では、別のグルメレポートはしばしお待ちを!

Jazz@Saku
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月の「健康第一」という記事から1ヶ月、フィジカル・メンタル両面で

ちょっと身体を壊してしまいました。いやー、37歳を迎える月はお休

みからのスタートとなった。


結果とても良い時間を与えてもらったと考えている。


(※)有難うございました。[to Mgr]


医者の勧めで、過去を一旦全て捨てて「やり直しなさい」という今後

の人生の大方針を頂き、これまでの盲進して来た人生を振り返る時

間となった。


このところ、ブログに何を書くかあまり思い浮かばない状態だったが、

あえて公開されるブログに記載する内容なのか悩んだ末に、ログを

残すことのみを目的と捕らえて書くことにした。


あまりにも私的な内容なので、これからの内容は私個人と日常から

お付き合いのある方向けの回顧録になっているのでご了承下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この不況で何を贅沢な時間を過ごしているのか、と捉えられる方か

ら批判を受けられるかも知れませんが覚悟がしている。



思えば半端な人生が続いている、これがいつまで続くんだ。

何事も中途半端な形で過ぎて来た。

たくさんの罪を犯してきた。うそもたくさんついた。


そんな自分が急に嫌になった。いや正しくは、そんな自分に客観的

に気づかされる時間ときっかけが自分の思考空間を襲った。



4月19日私は何をすることなく寝ていた。3月29日以降私の心に様々

な記憶が去来した。その一端だ。


「何をなくし、何を手にしたか、分らない。」

浜田省吾の唄の一節が、身に沁みた。


思えば「いい家庭を作るためにした就職」だったはずが、家庭を失い

何を手にしたのか、血のつながった子供の誕生日に何をしているん

だ?


自分で撒いた種だが、全くこの10年に意味を感じられなくなった。

1年5ヶ月前に家庭裁判所から出てきた時は午後から仕事が待って

いてやるべき仕事があり、かつ上司のフォローに救われた。

そして、ジャズフェスを実施することで、休日も会社以外の時間も、

そんなことを忘れさせる一時的な薬だったのだと思う。


今までになくぽっかりと空いた時間にいろいろな過去が去来して、

何もかも捨ててしまいたい衝動に駆られた。



仕事や自分の厭世を助けるお酒に時間を費やし「過ぎて」、大事な親

友との対話や親族との信頼関係構築をないがしろにしたり、仲間を

裏切ったりしたのが、今までの自分だ。



「財布の中から佐久間さんの名刺だけ出てきてね。」

って知らされた時には、脳死状態だった親友。


「佐久間、おれ、外に出れねぇんだ」を最後に死んだ親友。


なぜ、そのメッセージを読み取れず、すっ飛んでいかなかったのか。



結局、何をしていたのか。



「これからは息子さんとの面会権を放棄して、本人の希望がない限り、

一切会わないということで、よろしいですね。」

「はい」


できもしない結婚生活を背伸びし「過ぎ」て、躓いた。



「佐久間さん、昨日嫁に刺されました。このままじゃ家庭やってられな

いって。・・会社辞めます。」

「・・。」


できもしないMGRを背伸びし「過ぎ」てやろうとして、躓いた。



「業務終了後に何をやっているんですか?オフタイムは自由ですが、

業務に支障が出てないですよね?」

「支障が出ないようにやります。」


できもしない実行委員を背伸びし「過ぎ」てやろうとして、躓いた。



「この目の前の現実が自分に課されている試練なら、何を教えん

としているのか・・・。」



それもこれも、できないことを「延々と」くよくよし「過ぎ」、できないことに

背伸びして「早く」とりかかり「過ぎ」だったのかと思う。


自分が掌握できる範囲は、自分の力では限られているはずなのに

見積もりができず、やれないことを引き受け「過ぎて」いたのだとも

考える。



だから、そのストレスを晴らすためにこの10年間毎日酒を飲んでいた。

本当に毎日欠かさず。


だから身体に支障が来たのだろう。頭痛も間接痛も腹痛も一遍に来た。

身体が黄色っぽく映る事もしばしばだった。


アルコール依存から来る様々な悪循環のサイクルが生じていたようだ。


これは少しずつやめよう。そう思った。


~~~~


「もがりの森」という映画で、自分自身の幸せとやるべきことをを改めて

実感した。


親友の弔いも最愛の人間の弔いは続く。


やってしまった罪の償いは一生続く。



世の中の全ての人が背中になんらかの十字架を背負って生きている。


~~~~


家の中の様々なものを整理した。過去の整理だ。


かなりなものを「捨てた」


さぁ、会社に行こうと思った時に、音楽の演奏まで捨てている自分が

いた。


「これから、会社だけで生活するの?」



久しぶりに、バッハの組曲に手を出してみる。


全く弾けない。


「俺、昔何してたんだっけ?」


だから8時間近く練習してみた。


音は素直だった。


愛器に引き込んでいなかった事をお詫びし、沢山音を出した。


そしたら、楽器のあらゆるところが起き始める。


決して上手ではないけど、たぶんこれからは素直な音が出るような

気がする。

~~~~


「あなたは生かされている。血がつながっている息子さんならきっと

会いにくる。その時に立派な人間であれば息子も安心するはず。」

「人生は苦しいこともあるけど、楽しいことはいくらでもあるんだから。」


「お前みたいに悠長なこと言ってられんからな。こっちは4人家族食わ

して行かなきゃなんないからな、現実。」


~~~~


幸い私は生きている。


死んだ親友の分はもちろん、一緒に生きている仲間と誠実に、私なりに

また一つ一つ始めようと思う。



「自分の罪(特に離婚)は一生償い続け、自分のために、ゆっくりやり直そう」



(※俗っぽいですが、TVドラマ「シバトラ」のエンディングが正にこの

メッセージだった。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちなみに、お仲間でこのブログを見ている人へちょっとお願い。


「最近元気ないね。」って言わないでいただけるとありがたいです。

私のニュートラルな状態は特に「可もなく不可もなく」なので。


今までのハイテンションはほぼ抜けていないアルコール依存だった

ようですので、あしからず。


あと、今までのように沢山お酒は飲めませんので、ご容赦下さい。


ただ、演奏の時で気持ちが開放されている時もハイテンションです。

それは、仕事のそれとは違いますので、ご容赦下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ブログも再開します。

さかのぼって少しずつ書いていく予定。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。