Jazz@Saku

会社員でジャズベーシストのJazz Man "Saku"の日常を暴く!(笑)

たまにベースを弾いています♪ よろしければお運び下さい!詳細はこちら↓


11月21日(木)20:00 ~ 23:00 高田馬場 Sunny Side 「杉崎かなえ&若林稔」
http://www.sunny-side.jp/map_if.html
杉崎かなえ(vo)若林 稔(p)佐久間高広(b)武井斉(ds)


Facebookも活用しています♪


http://www.facebook.com/#!/takahiro.sakuma


こちらもよろしくお願いいたしますw


テーマ:
月例の市川(@千葉、市川、h.s.trash)でのジャムセッションで、幕間にはジャズの映像が放映され、未知の映像から刺激を受ける。

この数ヶ月残っている映像と言葉は、Miles Davisである。

微妙なニュアンスは覚えていないが、「間違いなんてないさ。格好いいかどうかだけ。それはやりたい音かどうか。」というニュアンスだったと思う。

やっぱり、「やりたい」という気持ちをこめた音だけを演奏するのが、ジャズだ。

 Bill Evansの映像も思い出す。「兄ハリーとの対話」というタイトルの映像だ。
「Star Eyes」を例にの悪い見本と良い見本を見せている。

実はどちらもすごいと思ってしまう節もありますが、、、、云わんとしていることは、Milesと同義。

Ornett ColemanやCecil Taylerや、、、Dave Liebmanのアウトフレーズも、、、バチッと言い切っているから、格好いい。しかもKYではなく、場に新しい第三者・コペルニクス的転回フレーズ、を挿入する。起承転結の「転」だったりするフレーズだ。

そういうのは、全くもってジャズ的だといえる。


人生や、仕事(ビジネス)の中で、この事象は何を表現しているのか。。

ルール上の自由さ(自由と規律)の何を表現しているのか。

私はなぜ、ライフワークであるジャズに、何を投影しようとしているのか。

この旅は終わりそうにない・・。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうやらFacebookには嫌われてしまったようなので、アイ・パスが流出していても、「そんなものは常にオープンにしていれば、なんとなってもいいじゃん。」と思っているので、なんてことはない。

それよりも、どうも月曜日の直前まで、腹を下してしまっていたのだが、理由が明らかになった。やっぱり自分のことはわかってないものだなぁと思ったり。

所謂「スマホ」は電話や、あらゆる端末とのセッションを諦めると楽しい。

携帯に不便なデジカメと携帯できない家のJAZZレコードライブラリとこれまた携帯できない坂口安吾・太宰治全集が「いつもひとつの端末で楽しめる」と思うと、非常に便利である。

早速、昭和文学は無料でダウンロードできるようなので、早速土曜日にやってみた。

Google Playの無料タグを見ると、夏目漱石の「こころ」が一位。

ふ~む。夏休みの宿題「読書感想文」系のニーズかな?とニヤリ。

そんなんで、高校の時分の名だたる名作が並んでいるわけで、ついつい私は「不良少年とキリスト」がないものか、(単行本ではあるわけないか)と思いつつも、探したりするわけですが。安吾はないものの、あった。

「人間失格」

走れメロスがなくて、人間失格があるのはどういうわけか。わからんが、世相か?。


まぁ、人生で4、5回目にあたるこの数万字は、誠に堪えるものであった。

先週末から、今週の半ばまで消化しきれない思いで一杯である。

何に愕然としたかというと、小説で書かれている主人公(地の声として道化ている太宰自体もだが)大庭葉蔵の気持ちでわかる領域が増えているからかもしれない。

小説としての出来だとか、自分(太宰自身)のことを美談に仕上げて、とか、そういう論壇に立ち、主題について討論する気はさらさらないが、、、

自分(太宰)が人生の全てに理由をつけた、論理的な辻褄を合わせた、ということに思えてならない。猜疑心と忠誠心、肉欲と無欲、・・・、人間の全ての感情の内面をえぐるその虚構(リアリティ?)に、人はみな、いやみなではなく少なくとも多くの人が共感を覚えるのであろうか?

僕は・・・ヨシ子が辱めを受けていることを見た堀木が葉蔵にそのことを告げ、現場を見た葉蔵は何も出来なかった・・。という下りで、腰が抜けそうなショックを受けた。(この齢で)

心臓がバクバクして、頭が真っ白になった。


そう、昔、今村昌平監督の「うなぎ」を観た時と似たような気持ちだ。


小説として面白い、虚構として面白いという以上の、投影がそこにあった。

「あとがき」で救われた気持ちになって、なぜか腹痛は治まった。

月曜のライブでは腹から音が出せた?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
思うところがあり、整理のために記しておこうと思う。

2012年初のささやかな目標は以下の内容で、6つのうち4つはかなったかと思う。

1.第二子を無事安産で授かる
  →早産ではあったが、安産であった。
2.長女が健やかに育つ
  →普通に病気をし、ダダをこね、泣き、笑い、育っている。
2.熱血オヤジバトル(NHK)の決勝でらしく演奏すること
  →何か賞が得られると幸い!
  →賞は得られなかったが、楽しくジャズっぽく演奏できた。皆さんから
    たくさんの声援をいただけました♪
3.自社の立上ているビジネスが採算ラインに乗ること
  →残念ながら、乗っていない。立ち上げの難しさを痛感。
4.高校ジャズ研OB東京コンサートが成功裏に終わる!
  →残念ながら、開催するに、腰をあげられず。
5.高校同期会が成功裏に終わる
  →函館でなんとかみんなの力をもって開催できた。良かった。
6.秋には妻を私の実家(網走)へ連れていく
  
→大変なスケジュールだったが、実現できた。仲間の協力に感謝。

欲張りすぎる、など、やはり、過ぎるのは何でもいけないことだと、痛感した。
振り返ると、昨年も本当に様々なことがあった。

なんだか、振り返るとその時々の様々な現象に対峙して、次に対峙して
自転車操業の人生であることはいつものとおりか。

自分は人一倍わがままな性質だ、ということを忘れると、人様に迷惑をかけて
しまう。

「意識しないとできない」ことは自動車の運転同様「身についていない」のだから
まだ修練が足りないのだと思う。

また、演奏をやめようと思った。
人生で2回目。
でも持ち直しつつある。
やめようなんて気持ちになったのは、自分を諦めていたり、周りが見えなくなって
いるという警鐘だったのだと思う。

                            @大好きな濤沸湖にて

2013年

「それは、これからする行動は、丁寧さや真心、感謝の気持ちを失っていないか」、

これを今年の自戒の言葉としていこうと思う。

そして、今年は以下のことに取り組みたい。

1.4月以降の家族のあり方の変化を調和させる
2.会社の成長目標に貢献し、社員が働き続けたい会社にする
3.演奏をあきらめない
4.兄を東京に遊びに連れてくる
5.因縁のある仲間と仲直りを果たす
6.からだの悪いところは厭わず治療する

そうして、いい音が出せるようになっていきたい。そんな1年にしたい。

                       @網走 鱒浦の牧場を南に見て


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鳥取で仕事をするようになって2年11ヶ月。
ちょうど3年前の僕は故郷の留辺蕊や網走の空と大地を見ていた。
今はこうして鳥取の景色を眺めている。

最初は新参者の感があった土地に、思い出がひとつづつ積み重なるたびに、
親近感が沸き、いつしか昔からいる人のように。

この土地に来てくれて、癒された人はどれだけいただろう。

そんな自分の仕事を振り返ったりして、センチになってみたりする。 

砂丘を横断した時、この池は本当にOASISだった。


農道に軽トラックを停めて畑を通る風を感じてみたり。


中国山地の山、そして美しい川を眺めたり。

山に登って日本海を眺めたり。
毛無山からの眺望
国宝の三仏寺投入堂に登山したり。

因美線~智頭急行に乗り風鈴列車の風情や、山陰地方の趣のある駅名の由来
に思いをはせたり。

そんな折り返し地点。

鈍行列車「佐久間」はこれからどう旅をするのだろうか・・。

実は鈍行ではなく、ミステリートレインなのではないかと思う
今日この頃。

~~~

何の因果か、こんなリアス式海岸の綺麗な土地に出向いたりしている。とても由緒正しい土地に、不思議な力を感じながら、新しい【何か】にドキドキしながらワクワクしている。
志摩

自分の奏でるベースの音がどうなっていくのか・・・。

間違いなく自然からなんらかの大きなエネルギーをもらい、大きくなっているはず。

残りは家族と音楽と大切な仲間と、大自然と共に平和で暮らせることを願う。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
娘は妻の頑張りのおかげで、順調に育っています♪

出張続きでなかなか家事、育児を手伝えずにいるが、
風邪をひいたりしながら人間らしく育っているようだ。

なにより、この「よしよし♪」が嬉しい。

よしよし
妹も喜んでいるようだ。

でも、お姉さんも甘えたいよね。

アラビアンないと~

今のお姉さんのお気に入りは、この麦わら帽子
お気に入りの麦わら
ピンクのリボンが入っていてなかなか可愛いのだ。
ミルクを飲んで、妹は「すやすや~」でした。

腕の中で寝ました~

家族が一番落ち着くね~。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。