何年か前のそうあの時の、ぱおままでえすどうも。
久々の更新でえす。テンションちょっとおかしいでえす(いつものこと
今までも、しばーらく更新してなかったりと、その更新のたびに
「もはや読んでる方はいらっしゃらないと思いますが」
なんて書く割には、「いぁ、いつも読んでくれてるおともだちのひとりやふたりは、いるはずよ」なんて、書いてる内容とアタマで考えてることが違うという腹黒い発言をしておりましたが。
もう今はさすがに読まれている気がしません(泣)
とか言いつつも、もしかしたら読んでしまってるそこのあなたに向けて書いてるテイでお送りしてますが(謎

なにせおともだちのところも回れてないのはもちろん、自分で自分のブログ見るのも、久々なものですから。
コメントいただいてるのもそのままだったりして、ホントにすみませんでした(地中に埋まる勢いで土下座
とりあえず、何してたかというと。一応、ポイントは外さないように?生きてました。
ポイントって何よって、そりゃあなた、KANさんに決まってます。
実生活でのポイントは、ハズシまくりの人生です(激鬱(要らない情報


ばったりですが、無事KIR枠チケットは確保出来ました。おめでとうございますありがとうございます。
ちなみに今回は浜松一本勝負。
東京はこっちから捨ててやりました(何様)
いいんだもーんいいんだもーん(うっすら涙
あ、ちょっと前になりますけど、ミスチルさんの終末のコンフィデンスTOURにも行きまして。
今回はさいアリに武道館と、合わせて3公演行って来れました(感涙)
すばらしかったですねー。いいライブでしたホントに。
こちらもレポりたいのはやまやま、ですが。諸事情によりきっとこの先もムリでしょお。
なので、行ってきたことだけ記して、次行ってみよう。(何


そんなわけで今日は何の用事ですか?


あ、そうそう。その用事に行く前にね。
さっきね、ちょっと過去にいつこの曲やったっけ?なんていう確認がしたくてですね、前のレポとかさらっと読み返したんですけど。
どれもこれも長くてうんざりだよーなんなんだよもー。
しかも演奏曲目まとめて書いたりしてないから超見難いんだよぉー。
今度から、気をつけます。はい。

そそ、まぁそういうことでどうでもいい前置きはさておき。大変長らくおまんたれ・ぶー。(自分で言うな
リンクは25、26日に行なわれた【音霊OTODAMA SEA STUDIO】でのライブレポです。
んでもって、いつものごとくトークはニュアンス勝負でえす。何度書くんだって言う。
いや、これはね、言った言わない(ぉ)がイヤだからしつこく書いてるんです。
あれです、商品の裏側に小さくプリントしてある注意書きみたいなもんです。
そうなっても知らないかんね、もうゆっておいたもんねと、あらかじめ想定される危険予測をとりあえず書くことによっていろんな責任から逃れようというアレです。
って書くということは、やっぱり長かったりもするんだねそうなんだね(泣)
なんせKANさんのライブ、それも弾き語りは今年初めてですからテンションブリ高千里です。
てゆうかKANさん、森高千里さんにマフラーもらった話、いい加減やめてもらっていいですか(今関係ないし


とにもかくにも。長いのがお好きなあなただけ、こちらをどぞ。

音霊 OTODAMA SEA STUDIO ヨースケ@HOME×KAN 2009・06・25

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 菅原龍平(from Milco)×KAN 2009・06・26

AD
こちらは2009・06・26に行なわれた【音霊OTODAMA SEA STUDIO 菅原龍平(from Milco)×KAN】
のライブレポでございます。
てゆうかすみません。
ここ何日か、音霊、の表記が間違ってましたYO!いえーい!(激鬱)
昨日、ボンソワ聴いてようやく自分の過ちに気がつきました(遅
関係各所のみなさま、タイヘン申しわけございませんでした(土下座


別冊ぱおままぶろぐ


そんなわけで、がたがた言わずにさっさとレポはじめます。
そうじゃないと名物おばさんがほうき持って(以下略


□Opening Act:ワカバ

なんだかさわやか系男子二人組、だと思っていたのに。
向かって右側の彼が、すげえテンション&目力で。
前に乗り出して歌うたびにお隣に居たおともだちは「うわあああ」とおびえてました。
かくいう私も、そっちの彼を見ると笑っちゃうんで(おいこら)ずっと左側のオトナシメ男子の方をずっと見てました。

なんてゆってますけど。
すごいよかったですよ、曲。曲調の割にリードボーカルであろう右側の彼のビジュアル系な歌い回しが惜しい気がしましたが。
最近の方はホントみなさん歌がうまいんですねって、どなたかゆってましたねぇ。



□菅原龍平(from Milco)

菅原さん、もといガーラ氏もLRN3ぶり。
ヨースケ君と一緒で、こちら側としてはもうすっかり身内気分(?)ですが。
なんと!抱えて来たのはあの「おどうきん」ギター。
私たちは「うわあ!おどうきんだよおどうきんだよ!!」と狭い範囲でざわついてました。
こんな間近であのギターが拝めるとは。なんだかまじまじと見つめてしまいました。
そんなスペシャルなギターをお供に、菅原さんは「菅原で~す。おーいえ~」とまったりご挨拶。
こちらも「いえ~!」と応戦。微妙な(笑)コール&レスポンスでいきなりひとこと。
アラサー、なめんな」ってwwwwwつよがりですか(笑)
私の中では、菅原氏はすっごいキャリアの長い方という認識でいたので。
実は失礼なことに結構年上だと思っていたんですが、プロフィール調べたらなんとまあ同級生ではないの。
まぁ読んでる方にはどうでもいい豆知識でした。

1曲目、2曲目と、いい意味で非常に耳障りのいいこのシチュエーションにぴったりなナンバーが続いて。
2曲目の『中央特快』なんて、めちゃくちゃかっちょよかったですお。


なんだかこの日は、菅原氏お風邪引かれてた?のかごっほんごっほんしてたので心配になりましたが。
いやいやあのかっくいいお声にはモンダイなかった…と思うんですけど。
それにしても。合間合間につぶやく感じのMCとかね。
菅原氏てば、すごくナイーブな方ですよね。いやいやいい意味で、ホントに。
そんな感じが爆裂してたステージ、でしたが。

「今日はね、KANさんのね…KANさんの曲をやろうと思ってるわけですよ。」
「おおおおお~~~♡♡♡

んで、ちょっと失礼、なんつって口笛の練習なんてしたりしてるもんだから
「何?また恋人?恋人やるの??」なんてゆってたのですが。はじまったのは『フランスについた日』。
タイトル聞いただけで、うわああああ♡♡♡なのに。
のっけのギターの音色聴いただけで、涙腺大破壊の予感。
しかも!この曲の時バックの波音がすごくいい感じに聴こえてきていて!
ガーラ氏の歌声もものすごくせつなく響いて、んもう泣くしかないだろうという。

菅原氏も歌い終わってから「なんだか途中で泣いちゃうかと思った(笑)」なんてゆってて。
こちらもこちらで相方さまたちとで終わった後「すごおおおいすごいよかったねーー」って、タメイキ♡♡♡
素晴らしい弾き語り、でした。
菅原氏ブログによると、ずっといつかやってみたかったとかで。ああありがたや。
それにしても。この選曲てば、菅原氏、センスがよかね
これ、まじめにカバーしてアルバムとかに収録してくれないかなぁ。

あとはスパゴーさんに提供した『僕は君のもの』ていう曲もすばらしか♡♡♡でした。
コードの運びとか、メロディーラインとか。せつなかっちょよさがたまらん1曲でした。私的に。
菅原さん、この曲やる時に「勝手に、セルフカバーです(笑)」なんてゆってましたが、だったらこの曲も申しわけないんですがどこかのアルバムに収録とか(以下略


あらま。気が付きゃ、菅原氏パートだいぶ熱くなってしまいました。つまりは、そゆことです。察してください。


□KAN


「それでは、KANさんです!」と菅原さん、言い残して下手へ。
直後、上手から登場したのはまたも!ニセアメフト選手のKANさん!ちょ!今日は赤ですかーーー!
てことで。
この日にアップされた金コラに、「今日はこの靴を履いて出ます」とあったシューズが赤、だったので。
昨日は青で揃えてたので、てことは、今日は上も赤なの?どうなの?なんて予想しつついたのですが。
背番号80番、RICEて(笑)コメ?なぜ?てゆうか、KANさんのすることになぜ?を求めちゃいけませんね。それこそ野暮ってもんです。私たちは木村氏の言うことされることはすべてそっと静かに受け入れればいいんです。
んで、たまに木村氏の知らないところでこっそりレギンスやジーパン履いてやればいいんです(何の話?


ピアノにつくなり、そおっとマイクスタンドの位置を変えるKANさん。
「今日は波の音がすごいですねぇー。では、その音にちなんでBフラットの曲を(笑)」
と、1曲目の変哲へ。

M1:何の変哲もないLovesong
M2:まゆみ

合間をあけずに『まゆみ』へ。
「なんとなく、なんとなく」のとこ、この日は一拍置くver.でした。みなさんどっちがお好きですか?(聞くな

2曲続けた所でMCを。
流れ的には前日と同じなのかなぁと。うっすら思いつつ聞いてましたが。

「僕ね…あの、前髪の跳ね具合見てもらえればわかると思うんですけど元水泳部でね(笑)そんなところもね、やっぱりこう見せていかなくちゃいけないとは思ってたんですけど・・・・アレですよね、最近話題のやつありますよね?なんでしたっけ…あの…レーザー…なんですっけ?ほら、レーザー…」
「レーサー!」「え?ディスク?」
「レーサー!!」「え?レーザー…?なんですか?」
「レーサー!!!」「え??ビーム?」
「レーサー!!!!」「え?レーザー…なんですか?」
「レーサー!!!!!」「え?ラモン?(ニヤリ」

ってちょ!!!!!!!木村氏の3段ボケにつき合わされただけですかーーーーーーーー!!!!
何度言わすんだレーサーと!!!!(笑)
てゆうかわたしたちお客さんてば、わからすのに必死過ぎ乗せられ過ぎ(本望

「アレです…今日ね、ワカバさん見に来たり、菅原君追いかけてここまで来て流れ上僕を見るハメになってしまった方はね、初対面なのにね、ホント失礼なのはわかってるんですけど、僕ね、今一生懸命アルバムの曲作りしてるんです。だからね、ホント縫い物とかしてる時間ないんですよ?もうね、いろいろ用意できなくって、こんな格好なんですけど…今日は本当に申しわけない、普段着で…こんなTシャツとパンツと、ハイソックスでねぇ…あ、ちなみに昨日はニーソックスだったんですけどね…僕はどっちかっていうと、やっぱりニーソックス派ですね。
…あ、さっきのレーザーなんとかもですね、認める認めないなんかでもめてますけどね…。
まぁ僕は、認める認めないでゆったら
基本、スクール水着派なんで、認められません(きっぱり」


もうホントに、うちの木村がすみません(何
でもこんなことばっかりゆってるこの方が大好きなんですけど(結局の着地点

「海といえばカレーライス…ですよね?(笑)ということで、あ、キマグレカレー僕食べましたよ。とってもおいしかったですでは『カレーライス』聴いてください。」
お隣のおともだちが「わー食べればよかったああー(泣)」と嘆いてましたが。確かに~(泣)
もう!ゆっといてくださいよ!!(いつのタイミングでだよ


M3:カレーライス

前日はなかったのだけど、この日は弾く前に「これとこれ、どっちがいいですか?」なんて音色を選ばせるふりをして結局はもう、僕、音決めてるもんねというツンデレをかまされました♡♡(喜
やっぱり、この音色でのカレーライス、ステキ。余計にきゅんきゅんだす。
しかもね、菅原氏の時もそうだったんだけどこの日は波音がいい感じで聴こえてくるんですよ。
それがまたもう、ホントに良くて。もー、うっとり♡♡♡


私、KANさんのばったりの時は、ピアノと歌声を聴いてると時たま目をつぶりたくなってしまうんです。気持ちよくて。
この日も、その前日も、やっぱりそうなってしまう時がたまにあって。でも!KANさんそこに居るし、こんなところで歌うKANさんのお顔をロックオーン!なんて滅多にないからずっと見てたい!でも、ちょっと目をつぶってうっとりしたい!と、他の人にはどうでもいい葛藤を自分の中でだけ、繰り広げておりました。
なんだろう?いつも思うんですけど、木村氏からは間違いなく始終マイナスイオンが放出されてますよね。
体のどこかに、マイナスイオンプラグとか、付いてるんじゃないかな(真顔
あると思います(まさかの木村つなげ


M4:東京ライフ
M5:50年後も


カレーライスが終わると続けて次の曲へ。
聴こえてきたのはあの神イントロ!!!うわああああああん!!東京ライフだああああ(涙)
もうね、本当に大好きこの曲。私の永遠のツートップ(なんだそれ)の1曲、ですから。
あと1曲はって?それはいつかどこかのレポに書くこともあるかと。まぁ、いいでしょう。
海辺で聴く東京ライフ、も、なかなかでした。
てゆうかどこで何聴いても、ときめくんですどうせ。(なぜか投げやり

あと!これはライブ後おともだちとも「だよね?だったよね!!!」と言い合ったのですが。
KANさんの!「Tokyo life♪」の「f」の発音。これはもうね、すげえいいってのは知ってるんですよ。だいたいKANさんて昔から耳コピなんかしててお耳がタイヘンに利く方でしょおから英語やらの発音なんかはばっつしじゃないですか。そこら辺はよおく認識してはいたものの。
その「f」をね!歌ってる時の口!くちが!!
テレビの英会話の番組に出てくる見本みたいな口のかたちでーーー!!びっくりーーー!!!使ってくださいーーーー!!!(誰にゆっているのかと

いやあ、あれはですね、『東京ライフ』を聴いてはじめての経験、しそうな夏~♪てゆうかしちゃいましたね(黙れ
いやあ、あの衝撃(?)は忘れることはないでしょお。(もっと大事なこと覚えてようよ

そそ、んで、『50年後も』ですが。
今回全体的にKANさんすごおおおく神掛かった場面多くて。この曲もすっごくステキだったのですが。
一箇所がっつり音はずされまして。
そしたら終わった後ご自分で
「いいとこで声、ひっくり返っちゃいました。そういうのは家帰ってから思い出して笑ってください」
って、自虐wwwwwwwwwああ、もうこういうことゆっちゃうところが

するとKANさん。おもむろに傍らにあったギターを抱えだして。
「え??何何??ひとりで?ひとりで弾くの??」とこしょこしょ言い合ってると。

「これね、携帯付いてるんですよ。しかもね、このまま通話できるんですよ?」

えええええ??どこと繋がってるんすか!!!!と聞いてるこっちはアタマの中に???マークがいっぱいに。
なぜかそのあと「みんな携帯とコンビニがあれば生きてけるんだ…」とか(笑)ぼやきなトーク。
そしたら、「さっ…次の曲はですね…」なんて言いながらギター下ろしだしたじゃないですか!!!
何ー?そのギターは何のフリだったんすか!
みんなで今のナンなのなんなの!!!何やらないわけ?もー何?!とどよめいてたら、自分だけ完結して曲に行こうとしてたKANさんが、
「もー!みなさん、ざわざわしないっ!
って、キャー♡♡♡またおこられたーーーーーーーーーーー♡♡♡(この展開にも飽きてきたであろう、うっかりここまで読んでくださってる方々すみませんしかたない。


「みなさんね、目に入ってくる情報に左右されすぎ!もっと自分の中でいろいろまとめてってくださいよ」

って、もうね。こうやってちょいちょい挟み込んでくる木村イズム炸裂な行動やひとことひとことが、たまらん♡♡♡
なんなんでしょおね、この方は。
もうこうやって何回曲聴いても何回ライブに行ってもいくらKANさんに触れてもなにもかもが奥深くて。
きっと私たちが見てるKANさんという人は、ほんのある一部分の、そのまた一部だけなんだなぁとこんな時ふと、当たり前の事実をものすごく思い知らされたりして。
えっと、何の話でしたか?


M5:愛は勝つ


こちらはざわざわのままで放置プレイ。
またKANさん、ひとりだけど「ワンツースリッフォー!」とカウント付けてあいかつへ。
この日は、「必ず最後に愛は勝つ~!」のとこが合唱状態になって、すごい盛り上がりに!
声の聴こえる方見たら、入り口付近にわさわさ人が集まってたから、あれはスタッフさん達だったのかな。
なんかね、男性何人かが「愛は勝つ~♪」のところを一緒に歌い出したらそんなことに。
KANさんのライブで男性の声ってあんま聴かないから(笑)すごい新鮮でした。
その勢いで、最後KANさんはまた椅子からジャンプ芸でフィニッシュ。
「これね、アンジェラ・アキの真似なんですけど、どうもうまくいかないんですよね…」
って!前の日のもアンジェラさんの真似だったんすかー!!!
で、も1回チャレンジ(笑)だけど、KANさん的に納得できなかったようで。
「また練習してきます」ってwwwwwww
ぶはー!これもしかすると今度のばったりでご披露なんて…ありそな銀行かもしれません。



M6:君が好き胸が痛い

前日と同じKANさんパートのラス曲。
もうねもうね!!今まで聴いたどの胸みたいよりステキで、またボロボロっときそうなところを堪えてみましたが。
もう、声もピアノも歌も完璧この人アメフトの格好して歌ってるのにね♡♡♡


□菅原龍平(from Milco)×KAN


前日同様、KANさんが上手にはけて数秒後菅原氏、下手より再登場。
舞台裏を一生懸命ダッシュしてきたであろうKANさんは、涼しい顔して菅原氏の後ろから登場(笑)

お互いがお互いを紹介して、コラボレイションスタート。


「さて、どっちが歌いますか?一応、じゃんけんしたりして(笑)」って、決まってんのに「じゃあ一応」みたいな流れでじゃんけんするおふたり。かーわーいーいーーーーー♡♡♡(ハァハァ
そのね、じゃんけんの時にね、KANさん、「じゃんけんぽい」じゃない掛け声でしてたんですけど、なんてゆってるかわかんなかったんですよね…なんか「ちっけった!」系の掛け声だった気もするんですが。まぁいいでしょう。

「もう、セッションっつったらとりあえずビートルズやるんです。アレです、居酒屋で言うと”お通し”みたいなもんです(笑)」って、それが菅原氏には相当な破壊力があったらしく、すっごいハマって笑ってて。
前日のヨースケ君と一緒で、KANさんと同じステージにいるのにこちらと同じレベルでウケてるって、贅沢だなぁ~君たち(何様


M1:Doctor Robert

リードボーカルはKANさんが。
てゆうか毎回、何度だって言いますけどホントね、んもうKANさんの洋楽は有無を言わさずかくいいんです。なんかやけに”Doctor Robert”の発音がかっちょよくて、あん、もう♡♡♡(何
まぁこれしかゆってることわかんないなんてのもなきにしもあらぶ。ですが。
イベントだと、こういうカバーを挟み込んでくるんで油断ならないですよね、いろんな意味で。
今のとこ聴けなくって悔しかったのは、ゴを初お披露目&初あいかつ弾き語りをやった去年のSTVのイベント、その時に歌った「Lady Madonna」ですかね。くっそー(お下品



「アレですねぇ…マイケルジャクソンさん、亡くなっちゃいましたねぇ…」ってKANさん。
そうなんですよねこの日、朝このニュースが流れてて。おともだちからもメールがきて、みなさんすごく悲しまれていて。しかもこの日ライブあったものだから、KANさんを心配されてたりした方もいたりと。
私なんて「えーうっそおー」って感じで、なんだかこう、現実感の伴わない悲しみというか。
なんとも言えない気持ちで、ニュースを観ておりましたが。

「僕ねぇ…マイケルジャクソンさんは、最も好きなアーティストのひとりでしたから……。




じゃあ次は、ジョン・レノンさんの曲です。




っーーーーーーーーーーーー!!!!まさかそういう流れ?!
みんな、きっと「KANさんは何を語るのか」と身構えて(?)いたのにまさかのジョン・レノンとはwwww
不覚にも大爆笑の会場。

「いやあだって、今日の今日でさ、急にマイケルさん亡くなったねとかゆって、じゃあ、曲やろっかなんてゆっても、そしたら振り付けどうする?みたいなことになってきて、そんな急に振り付けとか出来ないじゃないですか…」
って、なんだかKANさんらすい。
これ、別にKANさんマイケルさんで笑いとってるわけでも何でもないですから。
こういう物言いをされる方なんですよね、いつでも、フラットに。

それにしても振り付けって(笑)得意じゃないですかwwwwwwwwww


M2:(Just Like)Starting Over

ということで(笑)ジョン・レノンの曲を。アレです、あの某カップヌードル、のCM曲ですね。
この曲は、菅原氏がリードボーカルで。かっちょよかったですよ、もちろん。
KANさん、ハモリ部分でちょい高音がつらそうでした…いいですね、あのつらそうな感じ♡♡♡(ぉぃ




歌い終わったと思ったら菅原さん、「ひゃっほぅーーー!」とか叫び出し。
KANさんもインデアン系のひゃっほー(なんていえばいいかわかんないw)で応戦(笑)
すると、お互いがそういう掛け声をいう合戦、みたいになってきて。
そしたらKANさん、おもむろに

「いらっしゃいませええ~っ


いやーーーーーーーー♡♡♡この店員さんのいるお店はどこですか?(意味不

そのあとも、「店長一万円入りまああす!」やら「はいよろこんでー!」やら(笑)
これが次の曲の前フリだった、ということなのですが。

「こんな風にね、菅原君今とっても楽しそうですけど、実はね、エビやカニがダメなんですよね?」
「そうなんですよぉー。」
と、菅原氏の甲殻アレルギーについての話が始まり(笑)ちょっと、場所曖昧なんですけど(こっちの話
なんでも、海に入るだけでも、体調が悪い時にはじんましんのようなものが出てきてしまうとかで。
そんなわけで、菅原氏は海の似合うアーティストランキングでは、3800位くらいのKANさんよりひどい(ひどいとか言うな)圏外、だそうですお(笑)
あんないかしたアロハ着てたのにね・・・(余計なお世話

「たぶんさぁ…海ってさぁ、エビとかカニだけじゃなくてさ、すべての魚介類のダシが出てるじゃん?ちょっとしょっぱいけどさ…最近てさ、どこのラーメン屋もしょっぱいじゃない?
そんな意味では海なんか最先端だよね?しょっぱけりゃあいいんだろう?みたいなさぁ」
って、木村氏一体何の話ですか?


「そんなわけで次の曲はね、こんな風にいろいろ叫んでいい曲ですよ。」
とKANさん。む??何??と思っていると、おともだちがコーフン気味に「ドラドラじゃないですかっ?!」とナイスひらめき発言を。

「これねぇ…僕若い時の歌でもないんですけどね…30代の曲です。ドラ・ドラ・ドライブ大作戦!」

とKANさんが言うなり、きゃあああああーーーーーーー!!!とすごい歓声!
この場面でドラドラがくるってのが、妙にうれしくて、私達もずっと「うれしいうれしいうれしいヤダ何叫ぶー?」ってわきゃわきゃ状態。
会場もなんだかずっとウエーブのように、ずっときゃあきゃあの歓声が響いてて(笑)そんな状況にKANさん、ご自身の中でも想定外のまさかな盛り上がりだったのか
「なんなんですか?そんなに?もう、わざとでしょう?」とか、「なんだか不自然だなぁー」とかいぶかしみつつも(笑)声援に応える?かのように
「この、音霊のために作ってきた曲でえす…ウソでぇす(笑)」
もーーーーーー!ウソでぇすとか!かわいすぎて惚れてまうやろーーーーーーーーーーーーーーー(叫(卒倒


そんなきゃあきゃあの中、「あ!ワン!ツー!わんつーすりっふぉー!」のカウントでドラドラへ。


M3:ドラ・ドラ・ドライブ大作戦

歌い始めるなりKANさん「君が少し◎#%*Ш&とか(笑)」って歌詞吹っ飛んでるしwwwwwwww
あなたの目の前の歌詞カードは何のためにあるんですか?ともあれその照れた顔、ごちそうさまです(何
しかも、菅原さんの「ナタリィィ~」で笑っちゃって歌えなくなってるし(笑)
この曲では、妙な開放感?からかみんな頭から合唱状態で。
私達も「いやっほぅー!」とか「まだまだあー!」とかちょっと頑張ってみました(照)
ああ、楽しかね♡♡♡

ラストの「ドラドラ♪」「ドラドラ!」の掛け合いもこれまた楽しく。
おともだちは、ハニカム(ばったり#5)でこの曲演奏された時に、ドラドラを言えなかっただとかで、「今回うれしいですう~」ってすごい喜んでて。
私も、ハニカムで初めてドラドラを聴いて。
でもね、その時掛け声とかもドラドラのやり取りとか、手拍子も(笑)ちょっと微妙な感じで終わってしまい、その時の様子から、もうドラドラは選曲されないんじゃ…と悲しい思いをしたので、なんだか今回リベンジ的な、こちら側的になんだか勝手にすごくやりきった感でいっぱいです(感涙)
シメはまたもアンジェラ飛び!で(笑)

KANさんの、「いやぁ、楽しいですねぇー。ありがとうございます!」ってひとことにきゅん。
もうね、こちらこそ、ホントにホントに楽しかmんv#fぐふf$ぬ◎ぶー(涙で言えてないテイで


M4:カントリー坊や


「これね、菅原君の曲で…たいへんに素晴らしい曲なんですけども…実は菅原君はね……エビやカニがダメなんですよって、もう言いましたよねぇ(笑)」って最後の最後までボケ倒し。

そんなわけで最後は甲殻アレルギー菅原氏の『カントリー坊や』。
もう、この2日間の最後を飾るにはあまりにもせつなすぎて。もうはなっから半べそ状態。
このシチュエーションでこの曲は、反則でしょう(涙)
菅原氏は言うまでもなく。KANさんのハモリがこれまたすごおおおくステキで。
もう、溶けかけました♡♡♡



ちょっと、貼るのはまずいと思うので、『カントリー坊や』のうるるんだけでも。
http://www.youtube.com/watch?v=r1zig7J2pt0

実は、帰ってきてからこれがエンドレスリピートでアタマの中を駆け巡ってます。軽く病んで(?)ます。
これね!ハモリのとこを、KANさんの声にアタマの中で変換して聴くと、うきゃあああああ♡♡♡です。
ぜひ、我こそは妄想族なあなた?にこそ試して欲すいでえす。
もう、逗子から帰って来れなくなります。私なんてなんならうえんうえん泣きながら砂浜に埋まってくればよかったです(ウソ

えっと…そんなこと言いたかったわけじゃ、ないんです。冗談さておき、ホントに素晴らしか曲です。
聴くだけで、こんなに情景の浮かぶリリカルな歌聴いたの久しぶりです。
ともかくいっぺん、聴いてみいって。(何様





もう、とにかく楽しい!としか言いようのない2日間、でした。いつもゆってる気がしますが(軽く鬱
いっぱい笑って泣いて。今回もすんばらちい歌にも出会えて、ああライブって、ホントに素晴しかね♡♡♡
また!また機会があったら、このラキラクな身内メンバーでぜひイベントして欲しいなぁ…なんてもあんと妄想しつつ。
今回もお付き合いしていただいたおともだちも、ホントにありがとうございました(泣)
そして、ここまでついつい読んでしまったあなたにも、いつもなんでかんであつくるしいレポでホントにすみません。
でも、ゆっといたもんね長いって(最後にそんな態度か


次回更新は確実にばったり開始後とかになりそうですが。
どうぞ、これに懲りずにまたおいでなすって。では股~ん。



別冊ぱおままぶろぐ


私の夏が、終わりました(ぐっすん





【音霊OTODAMA SEA STUDIO 菅原龍平(from Milco)×KAN 2009・06・26】演奏曲目
(KAN/菅原龍平(from Milco)×KANパートのみ)

-KAN-

□M1:何の変哲もないLovesong
□M2:まゆみ
□M3:カレーライス
□M4:東京ライフ
□M5:50年後も
□M6:愛は勝つ
□M7:君が好き胸が痛い


-菅原龍平(from Milco)×KAN-

□M1:Doctor Robert / THE BEATLES カバー(お通し曲)
□M2:(Just Like)Starting Over / John Lennon カバー
□M3:ドラ・ドラ・ドライブ大作戦 / KAN
□M4:カントリー坊や / Milco

【衣装】
□赤のAdidasのアメフトユニフォーム(背番号80/RICE)
□本人曰く、ハイソックス着用
□シューズはadizero
AD
こちらは2009・06・25に行なわれた【音霊OTODAMA SEA STUDIO ヨースケ@HOME×KAN】
のライブレポでございます。


別冊ぱおままぶろぐ


やはり、木曜日ということもあってかこの日は100人越えた位?ちょうど近くにおられたスタッフさんの持っていた紙をチラ見したら予想来場人数150人てありましたが。
てっきりスタンディングかと思ってたのですが、まさかのパイプ椅子deオールシッティングでした。
足元は当然のことながら(?)砂浜のまんま。
会場上方の開放部からは、染まっていく空の色と波音が。
いいムードになりつつ、開演へ。


□Opening Act:オトナモード

なんでもメジャーデビュー曲がT○Y○TAのCM曲だったとかで、ちょうどラジオに出演してるのを聴いたことあるなーと、うっすら思い出しました。
その曲は確か4曲目の『グライダー』って曲だったでしょおかね。
ボーカルの方、今度やるライブの日を間違えて告知して、BASSの人につっこまれてました。
天○かしら?(失礼


□ヨースケ@HOME

鬼のように長い転換が終わってすぐに出てきたヨースケくん。
ちょちょっとギターを鳴らし弾きしたりしながら。
「あ、どうもヨースケでえす。よろしくー」みたいなラフなスタイル。らしいー。
ヨースケ君、曲間のMCでもゆってたんですが、ライブ前海にざぶざぶ入って泳いでたんですよ。
時たま波間にぷかぷか浮かんだりして、いい加減入ってましたお。
海が、似合うねぇー(誰

さておき。
演奏曲目はヨースケ君のブログにupされてましたが(参考にさせていただきました)
2曲目の『そしたら僕は旅にでかけよう』、すばらちかったです。
あれこそ、ヨースケ君しか書けない曲なんじゃ?なんて生意気思いつつ。ホントいい曲かくなぁー。
ブルースハープが、とにかくかっちょええ!しびれました。あはん。
ラキラク3の時とかは、まだあどけない雰囲気が残ってて。楽しませてくれたっていう印象の方が強かったのですが、今回はすっごく歌を聴かせてくれた感じで。いいですいいですいいですハンソン(こんな私に誰がした
ちょっとねぇ、今度真剣に曲、聴きたいと思います。
合間合間のトークも、なんだか和みムード。
どこだったか、お客さんのノリいいね!ってことで、いいともの「チャッチャチャチャ!」をみんなでやってみたり。
楽しかねー。

そうそ!新曲だってゆってた『ひまわり』も、おねいさま的ファンの方々にはきゅんきゅんの夏色ソングだったかと。
次の曲の『トコナッツ』は、ウクレレ一本で。
ここではみんなでコール&レスポンスも。

「呼ばれてみたい ♪ダーリンダーリン
「君を呼んでみたい ♪ハーニー

ってやったのだけど、「ハニー」の練習は最初ぐでぐででwwwww
ヨースケ君も、かわいい声でとか高い声でとか何要求なんだ(笑)
「いやいやそれムリだからー!」とか言いながら、結構楽しみました(照


□KAN

ヨースケ君が下手にはけるとすぐさま上手からKANさん登場!
てゆうか!!!衣装はまさかの44ちゃい!ちゃんとヘルメットとボールも小脇に抱えて(笑)
もう会場はきゃあきゃあのわあわあで、なぜかクスクスの笑い声!
そんな声援に応えるかのように、なぜかステージ上手側の前の方であの肩幅を利用して首をかくかくさせてみたりポーズをキメるKANさん。
そのポーズがなんだか「トゥース!」みたいな感じになってましたけどアレは何なんですか。
やったあとご自分でも首をかしげてましたけど(笑)
もう、その姿には爆笑なんだけど、とにかくKANさんがそこにいるということがうれしくてたまらないニヤニヤと混ざって、脳内エライ興奮状態でした。ああ大好きです(勢い
んで、ピアノにつく前にはちゃんと、ヘルメットスタンドにヘルメットを置いて(笑)
げ芸が細かいよ!

「なんだか今日のお客さん、スゴいですねー(笑)」
確かに普段のKANさんのライブよりもすっごくきゃあきゃあのひゅーひゅーで。
始まる前からすごい盛り上がり!
KANさんもちょっとぉー今日どしたの?って感じで(笑)はにかみつつも、すごいニコニコ顔で。
「じゃあ、せっかくなんで、歌でも歌います!」と、ライブスタート。


M1:何の変哲もないLovesong

時折歌うKANさんに笑顔が覗いたりして、こちらもなんだかニヤニヤに
あんな格好で歌ってるのに、聴いてるほうはもう、世界に引き込まれちゃってますから。
木村氏、やはりすごいです。(今更な事実


M2:まゆみ

変哲から間髪入れずに『まゆみ』へ。
『よしえ』じゃないよー!『まゆみ』だよー!(知ってるよ

今回の「なんとなく なんとなく」のとこは、切らないver.で。
え?どうでもいいですか?私毎回、どう歌うんだろって気になるんですけど、需要ない感じですかそうですか。でも書きますけど。
間奏のマジカルミステリー部分は、ばっちしかっちょよく。
今回、上手側ややななめ気味にエレピが置かれてたんですね。なので。
ほぼ正面から見てるこっちからしたらんもう、KANさんの全身ほとんどスッコ抜けななんですよ。
それを弾くKANさんが異様にかっちょよくてああもうどうにでもして状態(ぇ
普段のライブとかだと、横からとか、それこそ後頭部中心に背中越しだとか、そういったシチュエーションでしか見れないので、すごく視覚的にもレアな角度で見れました。うぅんすばらしかね。


2曲歌い終わって、ようやく一息。
「海の似合うアーティストランキングなんてあったら、僕多分3800位くらいだと思うんですよねー」
確かに(笑)
というか、もうこっち側も流れがわかっててすでに爆笑状態。
そうですよね、みんなわかってますよね、KANさんに海が似合わないってことは(笑)
KANさん自身も「よく呼ばれたと思います(笑)」ってゆってるし。
きっとKANさん的にもはじめてのシチュエーションだったんじゃないかと。

「今日はヨースケ君とかね、オトナモードさん目当てに来てたまたま流れで僕を見る羽目になった方もいると思うんですが…アレです、基本的なことゆっとくとですね、僕、まゆげの形見てもらったらわかりますけど元水泳部でね…」
まゆげのかたちって!!KANさん薄いですけどwwww
んで、話が水泳部から衣装の話になって。
「ホントはね、あのレーザーなんちゃらとかいうので来ようと思ったんですけど、あれはねぇ肩幅とか胸板がある人がきてナンボでしょう?僕が着ちゃったらある一部分だけ強調されちゃって(笑)
しかも、エレピ弾いてたら見えないじゃん!意味ないじゃん?みたいなことでね…それに今新しいアルバムに向けて曲作ってまして(!!!!)とにかく今日初めてKANというアーティストを見るって方にお伝えしたいのは…もう、ホント、いつもはもっといろんなの着て出るんですけどホント曲つくるの忙しくってね…(手でまぁまぁ抑えて抑えて、みたいな仕草をしながら苦悩な表情を浮かべつつ)
ホントに申し訳ない、普段着で。
もうずっと爆笑なのに、畳み掛けるようにぶりぶり被せてくるからこちらは死ぬほど爆笑。ちょ!!!!
そんな爆笑に対してKANさんてば
「ホントですよ?なんなら探偵雇って調べてくださいよ!」
ってニヤニヤしながら。根拠のない強気発言キタ(笑)


「僕は海が似合う曲とかねそういうのないんですよね(苦笑)ということで。海といえば海の家、海の家といえば、カレーライス(笑)」
多少強引?と思っていたのかムリクリ感がご自分でぬぐえないのか(笑)言いながら笑っちゃってるKANさん。
でも、KANさんが「カレーライス」ってゆった瞬間にまわりからもおお~!の歓声。ちょっと久々ですもんね、これ。
私もいつぶりに聴いたのか調べたら、最後に弾き語りで聴いたのは2年前のハマリQでした。
厳密にゆったらあれは、アコースティックver.になるんでしょおけど。
そそ、思い出しました。2年前はイベントでせかいちとセットでよくこの曲聴きました。
私の記憶が確かなら、去年私は一度も聴いてないかも。話逸れました。

「今日はね、海なんでね、生のピアノ使うと潮風でイカの燻製みたいなにおいがしちゃうんでね(ホントですか?)今日はエレピを使うんで、せっかくなんでちょっと違う音色でね…」
と、ボタン操作しながら「こんなのとかね」とワンフレーズだけ弾いてくれたのが、ビリーさんの『Just The Way You Are』のイントロ!
うひょおおおおおおお!!かっちょいいそのまま弾いてーーーーー!!!!!
んもうついでに歌ってくれればよかったのに!!
「あとはこんなのとかですかね?」と、ノリノリサウンドでちょっと歌いだすKANさんに、みんな手拍子で乗るとKANさん、「いやいやいや、僕これちゃんと歌詞わかってないですから(笑)」って。
笑わせっぱなしの状態でそのまま
「では『カレーライス』、ごはん少な目で。」


M3:カレーライス


んでね!きっと『Just The Way You Are』をご存知の方は、音色がピンと来ると思うんですが。
この音色がまた『カレーライス』にブリはまり!ステキー♡♡♡
ホント久しぶりですが、やっぱりいい曲だわ(しみじみ
「ちょーだいっ カレーゥライッ」の、苦しそうなとこがまたたまんないです(どんなだそれ


M4:プロポーズ
M5:世界でいちばん好きな人


せかいち、は、最近の弾き語りver.のイントロでした。私は原曲のが好きですよー(誰にゆってるのか
んで、あの「消そお~♪」のあとの盛り上がり部分、前半むちゃくちゃ神掛かってて!
でも、最後の方で音が飛んじゃってたとこあって。そしたらそこでKANさんの足元がね、「あん(泣)」て感じでなんか気持ち内股になってた気がして(笑)
た たまらん(勝手に
そうなんですよ!エレピのね、すっこ抜けてるとこから見える足元見てると(どこを見ているのか)たまに膝と膝がごっつんこしてきゅっと内股になったりする瞬間があってね。
それがね!んもう!かわゆすーーーーーーーーーー!!!(叫(立ち眩み

それなのにKANさん、歌い終わって
「どんどんテンションの下がる歌をお送りしました」って(笑)
こちら的にはまったく問題ないですごちそうさまです(何

と、「そんなわけで、あんまりしんみりしてもアレなんで、みなさんに手拍子でもしてもらっていいですかね?これね、ひとりだとカウント要らないんですけど、付けた方が勢い付けられるんです(笑)」
と、すぐさま「ワンツースリッフォー!」で、あいかつへ。


M6:愛は勝つ


アンジェラ・アキさんのおかげで(?)すっかり弾き語りで選曲されることがふつうになってきた京子の吾郎。
もう最初に聴いた時のような不安はいっさい感じないです(何様
私はどちらかというと、弾き語りの方が一体感があって好きかも、です。
私、最後の「信じることさー必ず最後に愛は勝つぅー♪」をリフレインするとこの、つなぎフレーズが大好きなんですけど、あそこにはアレンジ加えて欲しくないなぁと願う、京子の吾郎(しつこい

最後のジャーン!を、わざと音をハズシ気味に弾いてその勢いで椅子から飛び降りるKANさん!
盛り上げまくったところで、「次の曲で僕のパートは最後の曲で…」
「えええええーーーーーー?!」とすごい勢いで叫ぶ私たち(泣)
そしたらKANさん、なだめるように「いいんです、いいんです」って!!(笑)新しい!
さっさとフレーズを弾き出したと思ったらやめて、「ああ、あぶなかったー!歌詞変えてませんでした(照)」って。プッ。
そそ、KANさん、エレピのとこに譜面台を平行に置いてたんですけど。
最初転換する時に、ここに置く照明がうまく付かなかったのか何なのか、エライ時間が掛かって。
みんなで「何?照明押し?」なんて、ハラハラしてました。
えっと、何の話でしたか?
それで、その譜面台に歌詞カードの入ったクリアケースを置いていて、1曲終わるごとに変えてたんですね。
その、変えてる姿もちょいちょいおもしろくて、私たちはずっとクスクス笑ってました。
だって。かわゆすなんだものー♡♡♡
あなたの一挙手一投足にふぉーりんらぶ(黙れ

んで、変えつつ
「でも、これって歌詞は愛は勝つのままでそのまま次の曲弾いたり出来ないとダメですよね?気付かないで歌っちゃうみたいなのを練習してかないとそろそろいけませんよね?」ってwwwwww
次のばったりでは、新しいボケが見れるかもしれません(笑)


M7:君が好き胸が痛い

久しぶりの胸みたい。ああ大好き
あのイントロフレーズを弾く時の、”ちょい左右揺れ”(細)を正面から見れてこの曲聴けるだなんて。
ぶーーーー(噴出
もう、完璧です。


歌い終わると「KANでした。ありがとうございました!」と拍手を受けながらさっと上手にはけるKANさん。
でも私たちの位置からは、さっと隠れたカーテンの向こうから、ダッシュしだしたKANさんの背中が!(笑)
「まただよーーーー!!」と、わきゃわきゃしてたら、直後下手から出てきたヨースケ君のうしろから何事もなかったかのように登場するKANさん!
去年のツアーから、”イリュージョン”を始めたという説明をしたあとKANさん、
「もうね、こっちにはけたら向こうから出てくるみたいな、そういう生き物になっちゃったんですよね。」
そういう生き物って(笑)



□ヨースケ@HOME×KAN

ということで、ここからはKANさんとヨースケ君とのコラボレイション。
ふたりで、この”コラボレイション”を英語でゆったりフランス語でゆったり中国語でゆったり(笑)
散々遊び倒してまして。もう聴いてる方はずっと笑いっぱなし。今何の時間ですか?
もう、ヨースケ君なんてどっちかってゆうとこっち側の人ってゆうか。
KANさんのゆうことにこっちと同じレベルでウケちゃってて、ハァハァしてました(笑)

「8時半になったら名物おばさんがほうき持って追い出しに来るから早くやろ!」
ってことで(KANさん談)やっとこふたりの”コラボレイション”(中国語だと「共同工作」てゆうんだって)(へぇー)(木村氏とっさの中国語講座より)へ。


M1:I Should Have known Better


ビートルズのカバーは、もう鉄板、だと思ってました。
ラキラクでもやってるし、こないだボンソワにヨースケ君来た時も歌っていたので(KANのロックボンソワ#224参照)やるだろうと踏んではいたのですが。
KANさん曰く、ビートルズは居酒屋さんでいうところの「お通し」みたいなもんだそうで。
その「お通し」の話から、なぜか”しゃぶしゃぶの木曽路”の話になり。
ヨースケ君、木曽路知らないとかで。そんなヨースケ君にKANさんてば
「木曽路、おいしいよ。今度割引券、あげるから(笑)」
ってゆっておススメしてて。かーわーいーいーーーーー♡♡♡(じたばた

えっと、何の話でしたか?

そうそ。ビートルズ、ですよ。やっぱり、ね。KANさんの歌う洋楽は、かっくいいいいいいーーーーーーー!!!!
洋楽を歌うKANさんは私の前ではどこかの国の王子様n(ry
ヨースケ君の夕張メロンキャラメル(笑)ならぬ、かっちょいいブルースハープもばっちり、でした。
この曲の入ってるアルバム『A HARD DAY'S NIGHT』なんて、高校時代アホみたいに聴いてまして。
耳馴染みのいい曲のせいかどうかわかんないですが。当然口パクですけど歌詞が口をついて出てきたのにはびっくりしました。
喩えるなら、急に思い出した火曜日のサザエさんのテーマソングが歌えたよ、みたいなそんな感じ(意味不明
もーこういうことばっかり書いてるから長くなるんですよね、次行きましょお(鬱


M2:作曲ヨースケ君・作詞KANさんの、タイトル未定の新曲


この日はスペシャルなコラボレイションがご披露されて。
すっごくいい曲が出来たけど歌詞がなかなか付かなくて、と、ヨースケ君がKANさんに歌詞をお願いしたそうで。
KANさんも、一度は「自分のことで忙しいから」と断って逃げたらすいのですが(おいおい)
「曲聴いたらすごいいい曲だったからさ~聴かされちゃったらさ~(照れ」
と、なんともKANさんらすい”作詞引き受けエビソーダ”を話してくれまして。

まのえりちゃんの「マノピアノ」とかあったにしろ、KANさんがつい最近歌詞を付けた曲だなんて、それだけでもう聴く前から胸がいっぱいになってしまって。しかも、今日が初披露だなんて。
ふたりとも、「緊張するね」「あー緊張しますねー」なんて言い合ってて。
ヨースケ君なんて直前まで「うわあああー緊張するなー」ってゆってて、ホントに歌いだしを一度やり直したりして。
その緊張加減がこちらにも伝わってきました。
歌いだしてからも、何箇所か声がひっくり返りそうなとこがあったりしてたから相当だったのかも。
ヨースケ君て緊張とかとは無縁な感じなのに。
歌いだしはヨースケ君だけのソロで、KANさんは座って聴いてたのですが。
なんだかその、KANさんの佇まいがすごく優しくて、ちょっと照れてるような感じもあって。
なんだかこっちが恥ずかしくなってしまって(勝手に)まともにKANさんの方を見れませんでした。

歌は、ホントヨースケ君もKANさんもいい曲!とゆってた通り、曲調がすごくよかったのは言うまでもなく。
一箇所、これモロにKANさんのことじゃん?っていうフレーズがあって。みんなで笑っちゃったのですが。
歌詞と曲の世界観がホントに合っていて。聴いてる間中私は涙腺大崩壊でした。
ホントにすごくいい曲でした、としか言いようが(ボキャ貧)(泣)
KANさんてば言葉選びとかフレーズのはめ方とか、なんて天才的なの。
今でもサビのとこの歌詞とメロディーが耳に張り付いて離れなくて。一刻も早い音源化、希望です。
んでもって、また二人での演奏が聴きたい~(泣)

弾き終わってから、KANさん、
「今度もうちょっと詰めて、タイトル決めようね。あと、衣装もね
って(笑)もー!好き♡♡♡(結局


M3:牛乳飲んでギュー


おもむろにヨースケ君、「あ、やっててください」とかゆって下手へ。
KANさんはKANさんでピアノ弾き始めといてコード押さえるとこ間違えてやり直ししてるし(笑)
えええー?もう何ー?みたいな。なんだかゆるゆるな笑いの中、曲がはじまったと思ったらなんとゴーグルにシュノーケル姿のヨースケ君が上手から!ちょ!!何すかこれ??
KANさんが歌ってる横で、ゴーグル&シュノーケルヨースケ君が、ブルースハープ片手に泳ぐ真似とかしてて、何?このシュールな画ヅラは何?と、聴いてる間じゅうほぼ笑いっぱなし!

いちばん破壊力があったのは、間奏のとこで。
おもむろにゴーグルのヨースケ君がシュノーケルをぷいっって外してブルースハープを!
かっちょいいんだけど、ゴーグル!しかもちょっと曇ってる!みたいな。もうその状況が異様におもしろくて、こらえようとするんだけど、あとから湧き上がってきてもう、笑いすぎて君が好き腹が痛い状態。
あとはほとんど笑いすぎてよく覚えてないってゆうかなんてゆうか(笑)
実は、ブルースハープをシュノーケルのあのあいてるとこに当てて吹こう!とか無茶ゆってたらしく。
また若人に何をさせる気ですか(笑)


M4:パノラマ/ヨースケ@HOME


「これで、最後の曲です」と、KANさん。
こっちはこっちで全力で「ええええええーーーーー??!!」ってゆったら
「もう、ええーーー?じゃないんです!」
いやああー!!!KANさんにおこられたあああーーーーーー♡♡♡(勘違い
「名物おばさん来ちゃうんですから!早くやりますよっ」って、アレは転換が遅かったせいでさあ(ぶちぶち
おっほん、失礼しました。

「じゃあ、最後はヨースケ君の、デビュー曲!『乙女の祈り』!」
違うよーーーーーー!!!でもやってーーーーー!!と大騒ぎしてヒューヒューのきゃあきゃあで拍手(笑)
「時間ないからやりませんてば」って、ならなぜ言うんだ。もー好き♡♡♡(またか

と、オチを最後まで付けてくれたとこで『パノラマ』を。
KANさんはピアノ弾き始めるまで足をぱたぱたさせてリズム取りながらしかも!あの肩をニコニコしながらポコポコ叩いたりして
そそそそういうことされると!惚れてまうやろーーーーーーーーーー!!!!(叫(立ち眩み

なんだか、最後がこの曲ですっごくよかったというか。
ホントにニコニコで楽しく終われました。
『パノラマ』、これで聴くの3回目くらいですが、この曲も、じわじわといい曲だわ。
ふたりの掛け合いも、ハモリもすっごくかっちょよくて。
てゆうかKANさんの声質って、ホントいいですよね改めて。
こういうコラボなんかで他の人と交わった時にすごく感じるというか。ああかっこええ♡♡♡

最後はふたりかたい握手を交わして。
KANさんは「明日も出まーす」といって、忘れずにヘルメットとボール抱えて(笑)去っていきました。


もう、こないだのラキラク3とか、あとはボンソワに出演してた感じとか。
じぇったいこのふたりのコラボは楽しいはずと思ってたのですが、予想以上で。
最後、「あー笑い過ぎたねー」って感想、どうなんでしょおね(笑)
次の日くらいに、ヨースケ君がブログに加筆してくれて、ライブの感想を記しててくれてましたが。
読んでてなんだかすっごくうれしくなりました。
とにかくスペシャルで楽しい音魂1夜目。KANさん、ヨースケ君、ありがとうございました♡♡♡


【音霊OTODAMA SEA STUDIO ヨースケ@HOME×KAN 2009・06・25】演奏曲目
(KAN/ヨースケ@HOME×KANパートのみ)

-KAN-

□M1:何の変哲もないLovesong
□M2:まゆみ
□M3:カレーライス
□M4:プロポーズ
□M5:世界でいちばん好きな人
□M6:愛は勝つ
□M7:君が好き胸が痛い


-ヨースケ@HOME×KAN-

□M1:I Shoud Have Known Better / THE BEATLES カバー(お通し曲)
□M2:未発表曲 / 作曲:ヨースケ@HOME 作詞:KAN
□M3:牛乳飲んでギュー / KAN
□M4:パノラマ / ヨースケ@HOME


【衣装】
□NIKEの青のアメフトユニフォーム。(背番号44/KAN)
□本人曰く、ニーソックス着用。


そんなわけで2夜目はこちら(現在工事中。演奏曲目のみ掲載)へ。
AD
かつて、「さよなら」は悲しい響きだけど君とならば愛の言葉、と歌った方が居ましたが。

「さよなら」、は、もう会えないお別れのときに言う言葉で、また会える時には「ばいばい」と
言わなければいけないという独自の持論を持つムスメのハハやっております、ぱおままですどうも。
というのも、今ムスメ、保育園に通っておりまして。
帰るときに「せんせーにさよならは?」と言うと、「明日も来るんだから”さよなら”じゃなくて、”ばいばい”なのっ。いい加減覚えてください」と4歳児に怒られます。どうなんすかそういうの。



そんなわけで、前回の「うなぎは岡谷」記事からずいぶんご無沙汰してまして~。
開店休業ブログなのはいつもと変わらずですのでどうぞお気になさらずに。
それにしてもですねいい加減ご無沙汰しちゃったのは、ここんとこお仕事始めたりしまして。
そしたらですね、会社ではパソコンの画面とにらめっこなもんでおうちでPC開く時間が劇的になくなりまして。
時間がない&文字見たくないという状態で過ごしております。
「文字を読むこと」が趣味のアタクシにとって由々しき事態ですお(大袈裟だ
そんなばたばたな日々の中でももちろん!今回のKANさんのツアーには3月8日の東京公演2日目に参加済みでしたがその後にすぐレポが書けるほど体力も残っておらず。
でも、やっぱりこのツアーに参加出来た事はちゃんと書いておかなくちゃ!と、ちびちび書いておりましたらいつの間にかツアー終わってるしあはあはあははは(泣)

今回のツアーは、本当に終わってしまうのがさみしくてさみしくて。
私の中で、最後に参加した東京追加公演は勝手に「うえんうえん涙の追加公演」とサブタイトル付けざるを得ないほど、ご一緒した相方サマにも「泣き過ぎだから!」とツッコまれまくりで号泣、でした。
あんまりさみしすぎるので、ここのところずっと部屋の隅で体育座りでしくしくしてるイメージで過ごしているのに!それなのに!!
当の本人はもう旅行のことでアタマがいっぱいとか、どういうことなんですか?(ぷんすか


でも。
こんなにも心を躍らせてくれるのはやっぱり、KANさんしかいないです♡♡♡♡♡
今回も惚れてまう♡♡♡な瞬間をたくさんキャッチ&リリース(放しちゃってるよ?
そんな過ぎ行くシアワセを惜しむように(ぐっすん)いつものクセでリンク飛ばしますんで、じゃあ読んでみようかと言う奇特な方いらしたらば。よろしかったらよろしくね。


【KAN BAND TOUR 2009~じゃぁ、スイスの首都は?~Ⅰ】

【KAN BAND TOUR 2009~じゃぁ、スイスの首都は?~Ⅱ】

こちらは【KAN BAND LIVE TOUR 2009~じゃぁ、スイスの首都は?~】ネタバレ真っ裸レポ
しかもパートⅡになります(うんざり
パートⅠはこの辺にありますよ。(どこよ?
余力のある方のみ、どうぞこちらもよろしかったら。


*************


□けやき通りがいろづく頃

ウクレレコントの次のステージは、ぬあんと矢代さんの!何やらジャジーなピアノ(笑)で幕開け。
「なぁ~んてステキな夜なんですかあ
とKANさん。
相方サマと「キモーーーーーーーーーーーーい♡♡♡」と腹痛笑い。
あんまりわき腹攻めないでくださいってば。

「矢代さんのカクテルピアノと、そして僕のアダルトファッショナブルトーク次に~聴いていただきます曲はぁ」
とキメキメキモいトークをしてたのですが、途中で「もういい加減いいですよね(笑)」って。
あなたがはじめたんでしょおがー!素で吹きました。
「ファッショナブルトークとかゆってる時点でファッショナブルじゃない」ってゆってたのは、8日ですかね?そんな記憶も過ぎりますがもうホントにね、いちいちかわゆすなんだから!!(萌ギレ

で、KANさんが矢代さんとはかれこれ長いけど、こんな風にやるのは初めてですよね?とかいろいろ話してるのに、矢代さんは完全に無視(笑)
8日の時は背中越しにウンウンうなづいてあげてたのに!
「ちょ…矢代さん?…あれ?」みたいなKANさんがたまらんwwwwwwwww
しかも曲の背景を説明しようとしてるのに、矢代さんはおかまいなしに、悲劇がどんがらがっしゃーーーーん!(?)みたいな旋律を激しく弾き出す展開はもうドリフとしか思えませんてば!!!(笑)
あれは、決してふざけてないですよねむしろ真面目ですよねあの二人。

あ、で、そのけやきのやたら登場人物の多くて絡み合うフクザツな相関図、の説明はどこかで読んでいただくとして(書いてあったとしてもきっと読み飛ばしますよね?(聞くな
結局のオチどころは、愛にはいろんなかたちがあるってことで(笑)

この曲は清水さんがコーラスに入って、矢代さんと3人での構成。
清水さん、今までうしろに居たから衣装がよくわからなかったけど、ちょ!その格好…(以下略

で、けやき、ですよ。
この選曲もうれしいのひとこと!もう、最も大好きな曲の中のひとつ、ですから。
いつかばったりでも聴きたいなぁなんて思っていたのですが、なかなか選曲されにくいかも。
KANさんも演奏するの難しいっておっしゃってた理由がよおくわかりました。
ピアノがすーごいフクザツだし難易度ブリ高ってことが素人目にもわかるというか。
いや、決して矢代さんがえっちらおっちら大変そうに弾いてたからとか、そういうのではなく。
むしろすごいすごい!とドキドキしながら、感動、でした。
私が矢代さんファンだったら、もう、抱いてー♡♡♡みたいな(コラ

こんなに大変なピアノもこなしておいて、他の所でもちょいちょい細かくお仕事されてる矢代さんてば、ホントにすげえなぁ…と、前回ののーあいであ、でもその職人的手捌きに圧倒されましたが、今回もある意味感動です。
さっすが金のわっかのピアス、付けてるだけありますねぇ。

そういえば。
私こういうスタイルで歌うときのKANさんが、間奏の時にしてる、”マイクを持っている手の親指をこめかみあたりに持ってきて目をつぶってる姿”がすごく好きなんですけどあなたはどうですか?
(共感度が低いであろう萌えどころ



―ここで一旦メンバー紹介。
今回はメンバーみんなが横並びになってひとりひとりご紹介、みたいな。
今回はここのトークがちょい長め、って感じでしたかね?
でもこういうとこはDVDだとカット、なんですよねぇぇ。もったいないなぁー。

KANさんが衣装のことにも触れてて、今回は「もう着るもんないし、普段着でいいよね?」
ってことで、あの衣装、になったそうです。
基本私は「やる曲よりも着る衣装が気になる、ビジュアルだけで引っ張ってこられた最近のお客さん」なものですから、大変に衣装にはうるさいもので、だいたいレポの冒頭なんて何着てたかってのを詳細に書いてその衣装にどれだけ萌えたのかってことだけでほぼレポの半分埋まる感じですけど(?)
KANさんが普段着だっつうんなら特に書かなくてもいいかって感じでですね、珍しくここまで衣装については一切触れておりませんことをここでお詫びいたします。
ごめんなさい、今回の衣装、あんま興味なかったの。
だってみんなふつーの衣装なんだもん!ぷんすか!(発言がおかしい
それにね、何着てもどうせKANさんはいつもかっちょいいんですよ(何様

きっと、私のレポをご覧になってる方はもうなんの衣装を着ていたかなんてのはご存知だっつう方が読んでるんだということを希望的に推測して、どんどん先に行きますよ。
こんなとこで行数使ってる場合じゃないのよ!!(その割に(略


で、ここでのトークで新事実(?)発覚が。
すぇんぱいの話になって、みんなが口々に「センパイはもうずっと昔からスタイルを持ってますよね~」みたいなことをゆってた時に突如西嶋さんが放った
「あれでしょ?センパイはディズニーランドに住んでるんでしょ?」
に会場爆笑!ちょ!!!!ユタカランド!!!←超身内ネタ
説明しよう。ユタカランドとは(以下各自のご想像におまかせ(全然説明してねぇ
そんな衝撃の(笑)新事実に「うそ?住んでんの?」「え?近くに住んでるだけでしょ?」
とか、おじさん達がわしゃわしゃしてるとこでKANさんが
「でもセンパイがディズニーランドに居たら囲まれちゃうでしょ?大変じゃない?」ってwwwwww(笑)
ニコニコしながら首を振るすぇんぱい、かわゆす過ぎる

しかも、清水さんの衣装は300年前の古着だとか!
今回のも清水さんは古着屋さん回って探したけどなかなかいいのがなくって
「結局通販だったの」
って!!!
KANさんも
「300年前なのにね…コンディションいいですよね?」
とか感心してる場合じゃないですがwwwwwww
どこまでもとぼける気なんですねんもう


□今夜はかえさないよ

「今回は違うアプローチで…」という振りではじまったこの曲。
KANさんがちょいセンパイ側寄りに立って、下手には西嶋さんすぇんぱい清水さん、でコーラス隊。
矢代さんが例のごとくニセピで演奏。
てゆうか!コーラスしながらの振りとか!しょっぱなからかわいすぎてダメ!(まさかのダメ出し
ちょい控えめな「♪今夜は 帰さない~よお♪」の振り付けがかわいいだろうがよおおおおおおお!!!!
ダメだニヤニヤしてしまうー


「だけどそんな(ヘンな!)キミが(なんか!)」のとことかやたら清水さんのコーラスと動きがオーバー過ぎて爆笑。
「キミもそーろそろー♪」のとこなんて。
清水さんがキャイーンのポーズ(?)したり、西嶋さんと両脇からすぇんぱい真ん中にむぎゅむぎゅおしくらまんじゅうみたいに押したりして、じゃれ合い放題(笑)
最後は、矢代さんのピアノのわざと外したような音でシメ。
と同時にコーラス隊及びKANさんは、最後のキメポーズ!
コーラス隊の3人とか!相方サマと「チャーリーズエンジェルみたいだしwwwwww何アレwwwwww」とウケまくり。
KANさんもKANさんでフィギュアスケートの演技の最後のポーズみたいな、妙なキメポーズでしばし微動だにせず(笑)

それにしても、今回のこの、こういうアレンジ。いいですねぇぇぇぇぇぇ。
すっごくステキなのに面白すぎ♡♡♡ホントにシアワセ


□カラス

しばらく曲の準備があって、西嶋さんにはあのアップライトべースがセッティングされて、次の曲と思しきフレーズを微妙に弾いちゃってました(笑)が。
清水さんと、KANさんが横並びに。
あ!清水さんなんか妙な椅子に座ってんなー!と思ったのは8日のことですが…。

「おー!西嶋さん!なんですかぁそのスマートでダンディな楽器は~(ニヤリ」
と振ってみておいて刹那、清水さんが座ってるその妙な椅子を指差して
「おっ!なんですかこの楽器は????」ってそんな流れなのwwwwww
そのうしろで、「え?あれ?オレはオレは?あれ?KANちゃんどうしちゃったの??」と突然のことにうろたえる西嶋さんのこまい演技が光ってるよー!!
そんな西嶋さんのことなんておかまいなしに
「あ、これね、南米ペルーの”カホーン”ていう楽器なんですよ」
「へえぇぇぇぇ~?」
と二人のやりとりが始まって、あげくには
「カホーンね…カホーン・・・・南カホーン(果歩)…」
「おっ!」
なんて、清水さんとKANさんとで勝手にカホーンでダジャレの応酬合戦を。
てゆうか、「南カホーン」は鉄板だったようで、この後に言うのは結構アドリブだったようなのですが、さすがにこの追加の日は出切ってしまっていたのかはたまたおもしろいことを言わなければいけないというプレッシャーがそうさせたのか。
いっこいっこ言う間が、放送事故か!つうくらい長くて、その長すぎる間でさえもこちらはだんだんおもしろくなっていくという。
あの、よくばったりの時なんかがそうだと思うんですけど、会場にクスクスがじわじわ広がって、で、自分もそれを感じてまた余計笑ってしまう、みたいな、そんなことってありませんか?
この時もそんな感じで、みんな何?次は何言うのよ?みたいになっていてお二人に逆にプレッシャーになったんでしょおか(笑)

この日は長い長い沈黙を縫って出てきたのが
「WBC原カホーン(監)督」とか、あげくに「カホーン(下半)身露出」ってどうなの!!
しかも、「まさかのとこ来たよね…」「敢えて今撮影してる時にゆうことじゃなかったですよね…」
って!そこの二人反省しないで!!!!
で、そんなやり取りの時にも西嶋さんは取り残され中。
しまいには自分で「ぺぇぇぇんぺ~~ん」とせつなく弦を鳴らす西嶋さん(笑)
やっと気が付いたKANさんがさほど興味ない雰囲気で「え?何?あ、それは何なんですか?」とそっけなく。
ようやく俺の出番!と
「え~これはですね、アップライトベースってゆって」
「はい!ありがとうございました!」
と即座に話を断ち切るKANさん。西嶋さんをいじめないでっ!!
まだ物足りなげな西嶋さんに気が付いたKANさんが
「あ、それ、アップライトベース、いいじゃないですか。あれですよね?ニップレスのやつですよね?」
「フレットレスですよ?」
「あ、フレットレスの方ね」
「方とかじゃないの!フレットレスなの!ニップレスなんてないの!もう…!」
って西嶋さんwwwwww今回ホントにお疲れ様です(ぺこぺこ
てゆうか西嶋さんの怒ってる口調って、なぜにおねえ風味なの?


演奏は3人に、プラスこっしょりと矢代さん。
矢代さんは、足りない音を補助する的要員な雰囲気でしたけど。
この「カラス」もましゃかましゃかな選曲ですよねぇぇ。
KANさん曰く「『Gleam&Squeeze』っていうバリバリのラップアルバムに一曲だけ歌物ありまして。」
なんておっしゃってました。またまたこのぉー(何
例のニップレスじゃなくて、フレットレスの方の(笑)アップライトベースのなんとも言えない音色がステキ。
音の余韻もすごく心地よく。
あのカホーンもいい感じに光ってましたね。
なんていうの?ペルーて言う位だから、こう「コンドルは飛んでゆく」的な?「カラス」に合うよね?そんな感じ?(もろもろ台無し

でもですね、私あれホントにカホーンてゆうのかなぁって思って(疑いのまなざし)帰ってからググりましたよ。だってあのおじさんたち、適当ゆってそうじゃないですかwwwwwwww(だいぶ毒された思考回路
ちゃんとあるんですね、ペルーなんですね。安心しました(何が?
んで調べてたら、候補に「カホーン(果報)は寝て待て」なんていうのがありましたけどどうなんですかそういうの。
(※現在そのページ、見れないようです。残念。)


□ときどき雲と話をしよう

しばらくの間を置いて、この曲からはみんながステージへ。
シンセの音がしゃーと響いて「相当がんばりすぎたね~♪」と。おおお!これですか!って感じ。
すみません収録アルバムすぐ出てこない・・・・・・・・・・あ、やべえ風呂か!(曲に対する愛情がまるわかり
私としては例の歌詞付け足し”ライブバージョン”が聴きたかったのですが。
あの歌詞の涙腺破壊力ってすごいのにな。次回かな…次回っていつかな…?ぐっすん。



□まゆみ

ここのとこ「あいかつ」と「まゆみ」って。ばったりでもバンドでもどちらでも選曲されてますねぇ。
そういうことなんですか?(どういうことだよ
で、やっぱり「おおきな声でえぇぇー」なんですね。
あの歌いまわしいつも気になりますどうでもいいことでしょうけども。
最近この曲を通勤途中に聴いたりすると、なんだか妙に泣きたくなるのはなんなんでしょお。
あ、本編と関係ないんですけどね。



□恋はTONIN'

原曲って、ちょっと派手めでかっちょいいコーラスだったりアレンジなのに今回のはなんだかポップな感じ。
これも随分前のアルバムではないですか!すげえすげえ!!
こんなに昔の曲を聴けるとは思いませんでしたっていう一連の感想に対して、ここでんもうダメ押しの一発キタ!って感じですよ。
うわー!なつかしー!っていう人いらっしゃるんでしょうね、いいないいなうらやましいな。

とーにんといえば、初めて歌詞カード見て曲聴いてた時に
「そーゆーのーは~とーにん♪」てとこ、それまで普通に「そういうのは」っていう歌詞だと思ったのに
歌詞カードの表記は「So you know why」なんだっていう事実に脳ミソがぐあああああぁぁぁぁぁん!(驚愕)てなったことがあります(要らない告白

「Ah--------!」の後の間奏部分のとこでは、「アウ!」とか「イヨッ!」っていう掛け声を合図にバカになるダンス(3の倍数で以下略)
8日ははっちゃけすぎたのか、2回目のバカダンスで首をまじにひねったらしく(笑)歌に入る前に手で首の後ろをあのハニカミ笑顔でおさえてたりしちゃって!!!そんな顔見せられたら!!
ほ ほ 惚 れ て ま う や ろーーーーーーーーーーーーーーーー♡♡♡♡♡(絶叫
やん♡♡♡ホントにアレ、今思い出しても悶えるー!わきゃー!
ああいう素な笑顔を見せちゃダメですよね反則ですよねハァハァ!
で、何でしたっけ?次行こうか。


□Oxanne~愛しのオクサーヌ~

「あわなびーゆあ とーーーーーーーーーーーーーーーーーにん♪」を合図にセンパイのあのギターリフ!
わお!キタコレ!おっぱいだーーーーーーーーーーーーーーー♡♡♡♡♡

おっぱいつったら、ライブバージョンおっぱいぱいですよね。何回おっぱいって叫ぶんだっつう(笑)
例のおっぱいぱいぱのコーラスのとこで、すぇんぱいが最初のおっぱいコーラスなんだけど、恥じらいたっぷりの、あのせつなく響くすぇんぱいのおっぱいコーラスって、何とも言えないですよね(ヘンタイか
8日がどうだったか記憶が微妙なのですが、今回はちゃんとあのおっぱいぱいぱのコーラスのとこで、すぇんぱい、西嶋さん、KANさんの順番で、からだをくるりっと90度に。マイクを右斜に構えてまた3人揃ったとこでかたっぽの足を軸にくるっと向き直す、みたいなキメポーズもきれいに揃ってたのだけど。
それを真面目な顔しておっぱいぱいコーラスしながらしてるから余計おかしくて!!
もうおかしいんだけどばりっばりのろっくんろーるだからかっちょいいし!どうしたらいいのっ!

しかも、2回目のおっぱいぱいぱ♪うわー!ボイン!!のとこで、突如ぱあああああああん!!とはじける音と共に空に舞う銀テープ!!!
すごおおおおおおおおおおおおい!!!!!DVD撮影特別演出ですかーーーーーー!!!
もうこの銀テープぱあああああん!で会場のテンションも温度も確実に上がり調子に!
みんな手に手に銀テープ持って手拍子したり手振りしたり!
私ももちろんそうですがいやぁ、あれは跳ねた跳ねた♡♡♡

最後のおくさーぬコーラスリフ(笑)のとこは、だんだんテンポがあがってくとことかそれに合わせてギター抱えたKANさんも跳ねる跳ねる!
あの、なんていうんですか?欽ちゃんの横っとびみたいな?(コラーーー!


□Superfaker

おっぱいの興奮冷めやらぬうちにあの超絶打鍵のイントロ!!!きゃああああああああ!!!!と脳内大絶叫!
8日はふつーに声に出して叫んでましたすみません(照)
この曲も今回の選曲の中では相当上位!で、うれしかったです。
だってもんのすごいかっちょいいんだものこの曲♡♡♡♡♡
今回は原曲よりもテンポ速!な、すっごい勢いありまくりのSuperfaker。
んでそんな早いテンポなのにKANさん、わざわざサビ前はピアノの前に出てハンドマイクで歌うという。
うわお!いつかどっかのDVDで観たフレディ・マーキュリーだー!(笑)
んで「Superfaker~♪」のとこはささっとピアノに戻って鍵盤打ち鳴しながら歌うって、ハードル上げ過ぎ!
すごいサービス精神と言うかもう、ご本人が楽しいんでしょうね逆に。
傍から見たらなんでそんな?!って感じですけどそれをやるのがKANさんですよね。
なんだかわかんないけど、なぜか無条件に楽しいっていう。それを「なんで?」というのは野暮ってもんですよ。
アレです、どのくらい野暮かってゆうと、あの去年のapで、KANさんわざわざステージのピアノの横にあのもっさりハットを置く所を用意して、櫻井さんに「そんなことも出来るんですねぇ~」なんて感心されながら歌う前に置いてる場面ありましたけど。
それをKANさんの真後ろで見てた某プロデューサーが素で「それ、なんか意味あるの?」って聞いちゃったらすいですが、言うならばそれと同じくらい野暮です、ええ。

それはさておき。
おっぱいの流れですごい勢いになってるからなのか、そういやKANさんピアノの出だしの場所早く出すぎちゃったりしてましたけど(笑)んもうその勢い、わかるお~ん!ってくらい、とにかくあちらもこちらもすごい盛り上がり!
さっきの銀テープをそのまま使ってぶんぶん振り回して、まるでタオル回しならぬ「銀テープ回し」状態!んもうホントに楽しかったとしか(泣)(なぜか泣
「よせてあげてたーわむよれいんぼぶりっじ♡♡♡」はこれまたハニカミ笑顔でしっかり撓ませて(?)くれちゃったりするから!
もうこっちはいちいちきゃあきゃあ♡♡♡ですよ。
それにしてもあんなに動き回って息が上がらず歌えるって、KANさんてじぇったいすごい!!!
やっぱり神だわ。どうりでいつも5ミリくらい浮いてると思ってtr(発言が危ういので略



□Moon

「一応、最後の曲です」と、いつもの「予告」。ぐっすん。
今回はこの位置に何が来るかなーこないだすべかなだったから違うのがいいなぁーと思ってたらば!
ふおおおおおお「Moon」とか!きゅーーーーーーーーん♡♡♡
ライブではもちろん聴くの初めてだし、他のライブビデオと名の付くとこにはどこにも収録されてないからライブバージョンを聴いたことなかったのですが、あの、原曲では終わってしまうとこにサビのフレーズをリフレインさせるのがすっごく!すっごく胸に迫ってくるというか。余韻に浸らせてくれるというか。

聴いてる間中ずっと鼻の奥がつーん、と。どれだけ泣かせれば気が済むんでしょおあのおじさま(泣)



********


曲が終わって、みんな横並びに一応最後の長い長いお辞儀を。
拍手の中下手にひとりひとり、捌けてくのですが。
最後、KANさんがタブン、正面の人から見て下手の幕に隠れた瞬間!
すぇんぱい側の私の位置からはばっつし、スタッフの合図でダッシュ!のKANさんが!
きゃああああああああ♡♡♡♡♡
か か か か っ ち ょ い いーーーーー♡♡♡♡♡(叫(立ち眩み(鼻血(長
あんなに背中で萌えられるヒトっていないわ!!しかも衣装の裾が翻っちゃってるとこなんて!!!
ここではじめて衣装萌
その前でも椅子に座る時に時折やる「裾払い」にもちょくちょく萌えてたものの。
明らかにこの比じゃないですお!(何の力説か
よかった!今回この衣装すげえかっこいいよ!!♡♡♡(今頃

そして次々に上手から何事もなかったかのように現われるみなさま(笑)
やっちゃいましたねぇーここでもイリュージョン!てゆうかばったりから始めて、ラキラク3でも若い衆に走らせあげく自分のバンドでもやるってどうなんですかwwwwwww
拍手の中KANさんも傍目には息を上げずに(笑)ご登場!


□enc:Revolution(Beatlesカバー)

「このギターを持ったら、もうやる曲は決まってます!」
なんて言ってましたけど。ああいうのって、やぱビートルズフリークの方はピンと来るもんなんでしょおかね?
8日は「このギターは高校生の時に買ってもらいました。お ぼ っ ち ゃ んでしたから
とやらしめにゆってましたが。

カバーもろっくんろーる!を持ってくるあたりホントに今回ロックで行きたかったのね、と。
やっぱりKANさんの洋楽カバーは、いつもの10割増しでステキ♡♡♡♡♡
前にも言いましたけど、いつもゆってますけど。
洋楽を歌うKANさんは私の前ではどこかの国の王子様になります(100%真顔



□enc:適齢期LOVE STORY 2009

清水さんの爆裂ドラムではじまるこれまたお馴染みナンバー。
てゆうかKANさん!イントロ部分でもんのすごい回る回る!!!!!
キムタクターンいつもより多めに回っております!!!(皿じゃないし!
すげえ回転数!と思ってたらば!KANさん回り終わって額に手を!
ちょ?!普通に立ち眩みですか!!(笑)
ふおー!そういうのもうやめてやめてやめないでー♡♡♡♡♡(大混乱
この期に及んでこんなに萌えさせないでもらえますか?(てゆうか立ち眩む所で萌えるとかどうなのか
そんな出だしの立ち眩みをもろともせず(笑)最初っから吉川で飛ばしまくりなKANさん。
ダメだああああやっぱりそんなKANさんに笑い萌

この適齢期、のとこであれやこれや書くのもなんちゅうか、なので。
おのおの最後のすっとこどっこいはDVDで確認されたし(何様)
そんなわけでもろもろはきゃっつあい、しますが。
ひとつだけ。
ここの全曲つなぎを聴いた後から、何回「Moon」を聴いてもその度に途中からポニョがチラついて思い出し笑いなしに聴き終えることが出来なくなりました。以上、私のちょっとした悲劇でした(要らない報告



□enc:50年後も

とうとうラス曲。
もう私は号泣寸前で、曲を聴いてる途中から頭の中ではKANさんがすでに「ありがとうございました!」と言ってお辞儀している画がちらついて、とにかく終わってしまうという事実がさみし過ぎてちゃんと歌を聴けてなかった気もするのですが…(泣)

この日のKANさん、喉の調子すっごくよくて声の響きも本当にステキで。
その前にあれだけ走り回って騒いでふざけてた人とは思えない「50年後も」。
とにかくとにかく泣けました。
なんて人なんだろうこの人は。



********



最後の一音が響き終わった一瞬の静寂の後に、割れんばかりの拍手。
「本当に、ありがとう」の気持ちをたくさん込めて手を叩き続ける。
前のツアーからずっと端寄りな席ばかりで。
一度でいいからセンターに行きたいよお!なんて文句ゆってたけど。
この場所だといちばん長く、去ってゆくKANさんの背中を見送っていられることに気が付いてまたほろり。





KANさんが去って拍手が止んだあと。
会場のお客さんは申し合わせたかのような静かぁ~な着席ぶり。この妙な一体感は、なんだろう(笑)
BGMにはビリーさんの『And So It Goes』。
でも今日は前のとは違う、きっとDVD収録に備えてであろうKANさんver.の『And So It Goes』が。
もう~!!!ここでも泣かせるんですか!!ニクイっ!(泣)
しばらくして、お待ちかねの影アナ。
東京追加公演も、「おっきなおっぱいの女の子」でした。
それにしてもおねいさんがいやに冷静にゆってたのが逆にwwwwww
どこかの公演で・・・・大阪追加でしたっけ?ちょっと笑っちゃってた影アナのおねいさんもいたらしいですけど、それもそれでKANさん的にしてやったりなのかな?
お友達は「ちょっとしたセクハラですよね?」なんてゆってましたが(笑)
私も「ちょっとこれゆってみて」ってセクハラされたい!!(違


今回印象的だったのは、影アナのおねいさんが放つ(というか言わされてるんだけども)ニセツアタイに拍手!てのはいつものこととして。
「本日はご来場ありがとうございました」っていう最後の最後のアナウンスのあとにも、自然と拍手が沸き起こった感じが、なんていうかこう、本当に楽しかったよー!ありがとうー!っていう、お客さんの気持ちの表れだったのかなぁと、ちょっとうれしくもありなんだか誇らしくもあったりして。
前にもちらほらとしてた人は居たけど、こんなに揃った感じは初めてだったなぁと。
しかも、この後にどちらかの女性が、きっと相当な勇気だったかと思いますが
突如「三三七拍子しませんかーーーー!」と叫ばれて、三三七拍子を。
KANさんのライブでは、昔からあったようですね。私はこういう状況初めてでしたけど。
終演後の様子をモニター越しに覗いてたであろうKANさんに、届いたでしょおか。


*********


今回は、ホントにこの曲も?え?この曲もやっちゃうのー!!!という意外な穴選曲&聴けると思ってなかった昔の曲が多くて。
しかもその多くは聴きたかった曲だったので、個人的にはもんのすごく満足な選曲でした。
とはいっても、何の曲してくれても結局、だとは思いますが。だって。
KANさんの曲、も含めてKANさんがもう好き過ぎますってば♡♡♡♡♡(今更な事実
あんなシアワセな空間に居られるライブが、楽しくないわけがないなぁと。
私は「あいかつ以外はほぼ新曲」の最近のお客さんなので、昔リリースされた曲をこうやってアレンジや雰囲気を変えて演奏してくれる、ということがとってもありがたくてうれしくて。
すでに参加されてた、プロいファン(昔からハイセンスの意)のおともだちが口々に言っていた
「やばいから!今回ホントにやばいから!!」
っていう言葉は本当でした♡♡♡

確か、去年のインタビューだったかと思うのですが。
「ライブでは新曲をやりたい」みたいなことを言っていたフリペのインタビューと、「昔のあんまり知られてない曲を新曲のふりしてやるかも」と言ってたインタビュー記事(※)があって。
私はきっとKANさんの場合は、後者だろうなぁ(ニヤリ)と思っていた予想はがっつり当たってた気がします。だって、ねぇ?(含み笑い)(失礼な!
「ロックンローラーだと思わせたい」ってずっとゆってたのも、「ああ、ホントに思わせたかったのね」っていう選曲だったし、そんなことゆうんだったらばっちり魅せつけてくださいよっていう勝手なこっちの意気込みに十分応えてくれる内容だったなぁとものすんごく自分的には満たされてるんですが、みなさんどうだったんでしょお。
それにしてもKANさんて、ホントに、発言にブレのない人だわと改めて。


KANさんが、「これからリリースされるものも限りある資源という感じがしている」と言っていたインタビューをふと思い出し。新曲や新しいアルバムは、KANさんが納得のゆくものが本当に出来た時に、こちらが言わなくっても出してくれるでしょうから。
それまでは、やっぱりまだまだ聴き足りないKANさんの曲を大切にきちんと聴きながら、もうすでに心は旅行に向いてる(笑)KANさんの無事を祈りつつ。
きっとまた会える次のライブを、心待ちにしつつ。


そして。
相も変わらず長ったらしいレポ?をここまで読んでくださった方、すでにいらっしゃらない気もしてますけどもしいらっしゃったら、本当にありがとうございました(泣きながらそんなあなたに拍手(?
今回のツアーでご一緒していただいたお友達にも、いつもいつも、ありがとうありがとう。
また、次回のツアーで会いましょうね。では。


別冊ぱおままぶろぐ

ヘンな首長さん(ふたり)と握りすぎた銀テープ





(※)あいまいなのもまずいと思うので一応、引用文献をば。
□BEAVOICE(No,356)
□LuckyRaccoon(Vol.30)