スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:


 YouTubeに岩手の酒蔵の若旦那の投稿動画が載っていた。
 支援はありがたい、義援金もありがたい、しかし、被災地を気遣ってこのまま自粛を続けていたら被災地は経済的に二次被害を被ってしまう、だから、岩手の酒を飲んで、という内容。この人、テレビのインタビューでは酒だけではなく、東北の野菜も、魚も買って欲しいと言っていたので補足しておきます。
 先日上野公園でお花見をしている老人のグループのインタビューで、乾杯ではなく献杯なんだとご老人が言っていた。
 何でもグループの一人の親族が今回の震災で亡くなったのだとか。

 アメリカの9.11のテロの時、当時のジュリアーニ・ニューヨーク市長が、「テロに負けないためにも今までどおり普通の生活をしよう」と、繰り返し訴えていたそうだ。

 上野の山も花見の自粛を求める看板が立っているそうだ。
 ドンちゃん騒ぎは良くないかもしれないが、被害の無かった地域の住民はそろそろ普通の生活に戻って、お金を回し、経済を回すことが、長期的には被災地の支援に繋がるのではないだろうか。

 合掌
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-TV


 東北出身のJリーガー、小笠原が「避難所にテレビを置けないか」と訴えている。


 震災が発生した時、私はビルの30階にいたのだが、テレビが無く、インターネットの文字での情報は、速報性とはほど遠く。かろうじて携帯電話のワンセグテレビの小さな画面を数人で見つめていた。

 後日ユーチューブで見ると、各テレビ局、特にNHKの報道態勢は素晴らしく、改めて災害時のテレビの力の凄さを認識した。


 かように情報元として利用価値の高いテレビだが、殆どの避難所には設置されていないらしい。いまだに電気が復旧していない状況ではむずかしいだろうが、なんとかならないものだろうか。


 被災者が自分達の置かれている状況を、あるいは政府、自治体の対応を第三者の情報で確認することは大切なことだと思う。

 先週からバラエティー番組も復活しており、ストレスの多い避難所生活の気晴らしにもなるのではないか。

 なんとかならないものか。


 例えば、東京のキー局と呼ばれるテレビ局各社が協力して、テレビ、アンテナ、電源装置(あるいはバッテリー)を各避難所に1セットずつ寄付するとか・・・。中には取材だの報道の自由だのといって、やりたい放題やっている会社もあるそうだし、それぐらいしてもバチはあたらないと思いますがねえ。



※画像は記事の内容とは関係ありません。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ほぼ週刊チョロQ通信-kudan

 3月11日の震災で東京で唯一2名の死傷者が出た九段会館。

 亡くなったのは専門学校の卒業式に出席していた学校関係者だそうだが、心からご冥福をお祈りしたい。


 事故の原因は老朽化、ということのようだ。

 私も何度か利用したことがあるが、なにせ戦前の建物らしく、重厚と言えば聞こえは良いが、かなり古臭いと感じられる建物だった。


 国の所有財産だが特別法で日本遺族会に貸し出されている。

 国、日本遺族会というガチガチの右系のイメージが強い施設だが、実は共産党系の集会で頻繁に使用されているという、ユニークな施設。


 震災以来、事故のあった大ホールだけでなく、全館が閉鎖されているが、再開されるのだろうか。

 場所柄、高層ビル化して、ホテル、ホール、飲食街、+政府の合同庁舎、というところが落としどころか。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ほぼ週刊チョロQ通信-gotenba ほぼ週刊チョロQ通信-SGT





 御殿場市が福島県相馬市より要請を受け、支援物資の受付を行っている。


 受付されるのは

      ①未使用またはクリーニング済の毛布(綿毛布も可)

      ②未使用のバスタオルとタオル

      ③未開封の紙おむつ


 3月21日(月)12:00~17:00

 3月22日(火)9:00~17:00

 御殿場市体育館で受付


 この支援物資をスーパーGTのトランスポーターで被災地まで運ぼうというのだ。

 義援金を提供することも大切なことだが、このような体を動かす援助はなかなか出来ないことだと思う。


 ここで是非ともお願いしたいのは、御殿場市、裾野市、小山町の大企業の方々、社員用に備蓄している毛布など必ずあるはずです。それらを供出してください。

 自社用の備蓄品は落ち着いたらまた買えば良いじゃないですか。個人の提供は残念ながらたかが知れています。企業が協力すればその何倍、何十倍の効果があるはずです。

 もし、このブログを見ている方で、駿東地域の大企業に勤務している方がいれば、是非とも会社の総務担当者に掛け合ってください。


 4月の岡山でのスーパーGT第1戦、ゴールデンウィークの富士スピードウェイでの第2戦、まだ開催できるかどうか不透明だが、開催した場合「東日本大震災復興チャリティー大会」となる予定だ。


 被災地では仮設住宅の建設も始まったと聞く。

 寒くて、寂しくて、つらくて、怖くて、本当に大変だと思います。

 がんばってほしい。


 御殿場市役所の被災地支援活動の情報

 GTアソシエーションの情報

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


ほぼ週刊チョロQ通信-central

 セリーグが予定通り3月25日の開催を発表した。

 「(試合をすることが)野球の責務」とセントラルリーグ会長は言う。「野球をするのが選手の仕事」との発言もあった。

 しかし、ちょっと早すぎる。

 まだ膨大な行方不明者の捜索も目処がたっておらず、被災者に電気もガスも食料も充分に行き渡らず、石油も少なく充分な支援活動も出来ていない。この状況でプロ野球の開催は時期尚早と言わざるを得ない。


 確かに野球をすることで勇気付けることが出来るかもしれない、しかし、瓦礫の中でまだ救助を待っている人がいるかもしれないという状況の中で、余りにも『空気が読めない』のではないか。


 しかも東京ドームの三連戦。

 一回の試合で一日の一般家庭の3500件分の電力を使うという。計画停電で不便を我慢している我々関東一円の住民を余りに馬鹿にした話ではないか。

 2001年の米国同時テロの時、「野球は人々を鼓舞する」とマジャーリーグのコミッショナーが言ったというが、あの時は野球をやったって誰にも迷惑をかけず、救助活動にも支障がなかったはず。

 しかし、いま東京ドームで大量の電力を消費して試合を行ったら、何人、何百人、何万人の国民に迷惑がかかるのか、想像力が余りにも欠如している。


 「ドーム球場以外でのデーゲーム」「電光掲示板、アナウンスなど電気を消費するものは使わない」「中部以西での開催」「収益金を寄付する」など、対策を講じればなんとか納得は出来るが、そういうことは全く表明されていない。


 「野球をするのが選手の仕事」と言うなら、「戦争をするのが兵士の仕事」ということにならないか?どこの国の軍隊だってのべつくまなしに戦争をしている訳ではない。する場所、すべき状況があるからするのであって、戦争をしないのも兵士の仕事だろう。


 今回救いなのは、選手会がこのセリーグ事務局の方針に反対していること。

 昨日のブログで「自動車レースは止めるべきではない」と書いた。その考えは今でも変わっていない。しかしそれはあくまで状況が落ち着いてからのこと。この時期に野球にせよ、レースにせよ、スポーツイベント行うのは正気の沙汰でない。


 セリーグの会長は「時と場合」という言葉をご存じないようだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-2011031101

 2011年3月11日金曜日15時8分、地震発生から約20分後。

 丸の内の某ビル30階からお台場方向。

 燃えているのはテレコムセンターの近くの建設中のビル。




スーパーB級コレクション伝説-2011031102


 2011年3月11日15時4分。

 皇居馬場先門あたりに人が集まりだしています。観光バスから降りた人だという話もあります。

 和田倉噴水公園にも近くのビルからヘルメットを被った避難者が続々と集まりだしています。


 私はこの後5時間、ビルの中で待機していました。地震では高層ビルは安全だと聞いていましたし、なかなか30階から地上まで歩いて降りる気にはならないですねえ。途中でまた地震が来たら怖いし。

 この時間帯には帰宅許可が出ていたので、階段で下まで降りて帰った人もいたみたいですが。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-GS

 ここのところガソリンの値段がじわじわと上がっていて、ケチって満タンにしていなかったのが災いし、残量がかなり少なくなっていた。

 多分Eマークが点くまであと20キロというところか。

 不安なのでガソリンを入れに行こうとしたのだが、火曜日の夕方はどこも売り切れ。そこで水曜日、7時から列に並びました。

 この列の先にあるスタンドはこの日入荷がないという事で、近くのもう一軒のスタンドに並び直し。すでに50台近くの車が幹線道路の一車線に並んでいる。

 結局2時間半並んで2000円、12リッター+αを給油しました。

 ある種のパニックだと思うが、来週になれば解消されるのだろうか。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 こういう大きな地震があると、政府が呼称を発表するのだが、今回は全く無い。だからマスコミ各社がばらばらな呼び方をしている。政府の発表の中で使われているのは東北地方太平洋沖地震、NHKは東北関東大震災。

 名前にこだわっていられないほど緊迫していると言うことだろう。

 地震と津波に加えて、今回は原子力発電所の事故が重なった。

 今、政府は、津波の人的被害、被災者の救護よりも、ほぼこの原子力発電所事故の対応に追われているように見える。


 被災された方、亡くなった方には本当に申し訳ないのだが、今回の地震、まだ現実として感じられない。

 余りにも大きく、余りにも非現実的で、完全に想像力の範囲を越えていて、まるで良く出来たSF映画を見ているようなのだ。

 10000万人単位の死亡者、それが一瞬のうちに発生して、いまだにご遺体の収容もままならない。

 10万人単位での自衛隊の導入。米軍による救助活動、原子力空母ロナルドレーガンが沖合いに停泊して支援を行う。ロシアも大型輸送機でヘリコプターなどを送り込む。そして一面の瓦礫の山と焼け野原。これだけ見ればまるで戦争である。

 テレビの中で被災した老人が、「東京大空襲の時だって、こんなに酷くなかった。」と涙を流していた。神の力に比べれば、人間の争いなど取るに足らないということなのか。

 日本人は神様に罰を与えられるようなことをしたのか、それともこれは神様に与えられた試練なのか。

 我々小市民は家族を気遣い、仲間を気遣い、日々日日生きてゆくだけである。


 今夜、被災地は雪になった。

 行方不明者の一刻も早い救出と、被災された皆さんのがんばりを心から祈りたい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どこに行ってもガソリンが売っていない。

石油会社のウェブサイトを見ると「被災地への供給を最優先にしている」となっている。

それなら仕様がないと思うが、しかし被災地でも「ガソリンがない」と言っている。

関東にも無い、被災地にも無い、いったいどこにあるんだ?!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-EQ1

          -地震発生時間で止まった我が家の時計-


お友達、お知り合いの皆様、

私および私の家族、親族は無事です。

ご心配をおかけしました。


 2011年3月11日午後2時半過ぎ、丸の内の高層ビル30階の廊下で立ち話をしていると、ゆらゆらと建物が揺れだした。

 高層ビルは地震の時大きく揺れる構造になっているのだが、余りに大きな揺れが長く続き船酔いのような状態になる。


 立っていられなくなるほどの揺れが暫く続き、オフィスに戻ると、上司から非常事態の帰宅許可が出る。

 そうは言っても、電車も動いておらず、暫く様子を見ることにするが、和田倉の噴水公園や楠公前の歩道に人がどんどん集まりだす。

 そうこうするうちに、お台場のフジテレビの方向から黒煙が激しく昇り出す。これは建設中のビルの火災だったようで、暫くして収まった。

 天気は良かったはずだが、空はどんよりとした雨雲のような雲に覆われる。


 4時過ぎだったか、千葉方面、葛西の観覧車の横に火の手が見える。暫くして激しい火柱になり、一度収まったかと思ったが、再び爆発して激しく大きな火柱が上がる。これは市原のコスモ石油のタンクだったのだが、距離から言って火柱の高さは500メートル近くはあったのではないか。

 7時を過ぎ、JRが運行を再開しないことを発表。その他の私鉄は復旧作業を続けていたがだめだろう。


 政府は会社に留まるようにと声明を発表したが、備蓄してあるはずの食料も毛布も配られる気配は全く無く、しかも狭い会議室に閉じ込められてしまい、このまま一夜を過ごすのは嫌だったので、歩いて帰ることを決意する。


 8時5分、丸の内から歩き出す。日比谷公園から内堀通りに入るが、歩道は歩いて帰ろうとする人で溢れかえっている、車道も大渋滞。法務省、警視庁、国会議事堂の前を通り、約一時間で半蔵門に到着。案内用の街頭地図を確認しながら、路上に立つ警官に道を確認しながら歩く。

 半蔵門から新宿通りに入っても、人の波は一向に減らない。途中で何件かコンビニに入ってみたが、サンドイッチ、おにぎりなどの食料品は全く残っておらず、サラダ、などが僅かに残るのみ。飲み物はかなり残っていました。

 新宿駅に近づき、公衆電話で家に電話しようとするが、若い人がなかなか終らない、この日は東京の公衆電話は全て無料だったのだが、緊急用のためなので長電話はやめてほしいい。よっぽどBOXを蹴っ飛ばそうと思ったが、グッと抑えて地下道(サブナード)に入る。寒かったし、地下に公衆電話があったかと思ったからだ。

 地下の店は殆ど閉まっていたが、そのシャッターの前に帰宅難民がいっぱい座り込んでいる。その数は西武新宿駅に近づくほど増えて、「これは電車は動いていないな」と思ったが、とりあえず駅に出てみた。

 駅のコンコースに出たとたんに運転再開のアナウンス。幸運にも一番電車に乗ることが出来、10時半には帰宅出来ました。


 家の中は、家電製品などは倒れていないものの、本棚の本が大量に落下。

 PCが無事だったのが一番嬉しい。

 停電もなく、ガスもすぐにリセットスイッチを押して再開。でも携帯はメール通話とも全くだめでしたね。4時ごろ発信されたメールを10時頃受信しました。






スーパーB級コレクション伝説-EQ2

 我が家のマンションの被害状況。

 もともとちょっとヒビが入っていたエントランスの床が破損。でも多分被害はこれだけ。




スーパーB級コレクション伝説-EQ3

 でも、近所の家の屋根がこの通り。

 雨が降らなくて良かったです。



スーパーB級コレクション伝説-EQ4


 翌日(3月12日)の午後には瓦屋さんが修繕していました。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。