スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-tomato


 土曜日。

 レースもなく、せっかく家にいるのに、息子は学校、娘は塾、女房は義母と買い物で、昼は適当に・・・・とあしらわれる。

 整体に行った後、どこで食べようかと自転車で商店街をうろついていると、松屋にトマトカレーのポスターを発見。

 カレー好きとしては見逃せず、さっそくカウンターに座って注文。

 やや辛口、トマトの酸味がきいてさっぱりした口当たり。ニンニクがすごく利いていて、ウィークデーに食べても大丈夫かな?とちょっと心配。

 トマトなので肉は入っていないのかと思ったら、小粒の鶏肉が幾つか入っていました。

 松屋の全てのメニューに味噌汁が付いているのは、昔創業者が定食屋をやっていた名残だと、先日テレビでやっていた。

 さだまさしは知っているのだろうか?


松屋のホームページ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

donut

 夕食後、めずらしくデザートが出た。

 ミスタードーナッツのリッチ・ドーナッツ・シリーズ第二弾、エンゼルクリーム。それに桃の香りの紅茶。


 明日はもっと激しい雨になりそう・・・・・・?


ミスタードーナッツのホームページ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1

 新宿南口の東急ハンズに行ったついでに、サザンテラスにあるクリスピークリームドーナッツに行ってきました。

 

2

 夜の8時、しかも雨、しかもおまかせのアソートだったので、5分ほどで買えました。

 普通に買った人でも多分10分くらいで店内に入れたはず。

 この写真は列に並んでいたときに撮ったイルミネーション。今は三月です、一年中クリスマスだわねえ・・・・・・CO2の排出問題には思いは及ばないのでしょうか。

 

3

 で、買ってきたのはこれ、カラフルですね。

 お店の人があらかじめ箱に入れてくれたのを買います。12個入り1700円。

 中身を選べない代わりに、待ち時間も短い。ちなみに4月から値上げをするそうです


 飢餓問題には・・・・・思いが及びませんでした、ゴメン。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とろろ蕎麦


 先週、高尾山の十一丁目茶屋で食べたとろろ蕎麦。

 とろろの真中にニワトリの玉子が乗っていて、かき混ぜると見事な薄黄色になります。


 この画像を携帯の待受け画面にしてあって、毎日見ているうちにあまりに美味そうなのでブログに乗せたくなりました。

 地下鉄の中でとろろ蕎麦の待ちうけの携帯を持っている中年男を見かけたら、それは私です。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

osho

 予定していた酒席がいきなりキャンセルになった。

 「今晩はメシはいらない」と言っていたので、高田馬場駅近くの餃子の王将へ。

 実はこの間、日曜朝のあるテレビ番組に王将フーズ(餃子の王将の運営会社)の社長が出ていて、一度食べてみたいと思っていたのだ。

 そう、学生に絶大な人気のこの店は、なぜか私には縁がなく、今まで一度も入った事がなかったのだ。


 8時過ぎに行ったのだが、並んでいる。確かに大きな店ではないのだが、並んでいるとは意外だった。

 暫く並んで店内に。頼んだのは餃子定食。餃子6個とご飯、スープ、キムチが付いて714円。

 運んできた女の子が「餃子あと一皿、後でお持ちします」と言うので、オーダーを取り違えていると思い慌てたが、メニューを良く見ると、餃子は二皿と書いてある。つまり餃子12個とご飯、スープ、キムチで714円なのだ。

 これは安い!学生に人気があるのも良くわかる。

 この店では、よく聞く”王将のクーポン券”はくれませんでしたが、充分堪能させていただきました。

 

 餃子は王将に限る!


餃子プレート
¥3,150
グッドチョイス

餃子なべ33cm
¥8,064
グランシェフ

餃子のスゝメ/パラダイス 山元
¥1,260
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パパミラノ

 部下が家庭の事情で会社を辞めることになったので、この日は送別会。会場は東京海上日動の本社前の庭に面したパパミラノ。

 私は今回、幹事兼司会。料理もおいしく、おかげで盛会でした。

 しかしこの店、なんか変。

 普通パーティーをやる時は、最初にマネージャーが挨拶に来て、その日のプランを幹事と確認するものだが、そういうことがまったく行なわれぬまま、料理と酒が運ばれてきて、さみだれ式に始まってしまった。ピザとパスタも人数分出てなかったみたいだしなあ。まあその頃にはみんな酒が回って、あまり料理に手が出ていなかったのでいいんですがねえ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 自動車レース中、コースサイドやパドック、ピットロードなどでレースの運営を担当する役員をオフィシャルと呼びます。

 FIA(国際自動車連盟)の規則書などを見ますと、マーシャル(Marshal=フランス語で進行係とか指揮官という意味)と書かれていますが、日本ではオフィシャルと呼ばれることが多いようです。

 

 そのオフィシャルがレース中にどんな食生活を送っているのか、先日のフォーミュラニッポン第6戦の例を紹介しましょう。


onigiri

 レース一日目。

 集合は7時半。西ゲートで受付が始まるのが7時の予定でしたが、この日は6時半から受付が開始されました。プログラムや様々な書類と一緒にこのおにぎり弁当とお茶を受け取ります。”つぼぐち”というお弁当屋さんのもの。

 おにぎりはシャケ、オカカ、梅干。それに揚げ物ともう一品、そして漬物と言う内容が多い。いつもはおかずはエビフライとソーセージと言うことが多いが、この日は春巻半分とシュウマイ。おにぎりの中身も、ユカリを混ぜたご飯と炊き込みご飯のようなものでした。

 このお弁当は、集合場所のプレスセンター2で食べます。


1hiru

 一日目の昼食。

 ポストでの食事、飲み物はコースの外側、内側のサービスロードを使ってサーキットのマイクロバスで配られます。

 朝と同じ、”つぼぐち”の幕の内。富士スピードウェイは、この”つぼぐち”という業者と”天神屋”という業者が弁当を納入しています。どちらかというと”天神屋”の方が当たりなのだが、最近はかなり拮抗している。

 この日のメインは秋刀魚の塩焼き(醤油つき)、イカげその磯辺揚、テリーヌのようなもの、出汁巻玉子、つくね、塩味の具のないスパゲッティー、パックに入ったわさび漬け、アサリの佃煮、お新香、ご飯、梅干、デザートに種無し葡萄1個。

 秋刀魚とつくねが美味しかったです。

 レース中はこのお弁当の他に、500ミリのペットボトルの飲み物が3本から5本。耐久レースのような長丁場にはおやつにバナナ(一人2本)が出ることがあります。


miyuki

 2Dayの日程の時は、サーキットから少し上がったところにある、須走の町の旅館に泊まります。

 どの旅館になるか当日にならないと判らないのですが、この日は”みゆき”という旅館でした。

 初めて泊まる宿でしたが、こざっぱりした家庭的な宿で、なかなか快適でした。

 さて、夕食のメニューは、グリーンアスパラと豚肉のフライ、茄子の煮物、刺身盛り合わせ、鮭の焼き物、酢の物、お浸し、漬物、豆の煮物、ご飯、お吸い物、という内容。これに一人一本、ビールの中ビンが付きます。

 須走という町は、富士山の登山客、古くは山岳信仰の修行者相手の旅館街として栄えた町で、古くからの旅館がいっぱいあります。ただ、食事は殆ど大差なし。決して豪華ではありませんが、どの旅館も、素朴な温かみのある食事を出してくれます。

 一日目の夜は、部屋に戻って酒盛りとなるのですが、最近私は夜がすっかり弱く、今回もせっかく酒とツマミを買出しに行ったのに、酒盛りが始まる前にいつの間にか寝てしまいました。


2asa

 二日目の朝。

 早くからサーキットに向かうオフィシャルのために、朝食は朝6時からです。

 メインはスクランブルエッグにソーセージのソテー。スクランブルエッグはバターが効いて美味しかったです。キャラ蕗、生胡瓜(マヨネーズ添え)、ジャコの佃煮、味付海苔、ナメコと豆腐の味噌汁、ご飯。

 朝食が終るとそそくさと荷物をまとめ、サーキットに向かいます。


2hiru

 二日目の昼食。”天神屋”の幕の内。この天神屋というお弁当屋さんは、静岡では東京の”ほっかほっか亭”みたいなメジャーなお弁当屋さんなのだそうだ。

 ここの弁当は煮物が美味しい。ただ、この日のメインはひれカツとメンチカツ半分、付け合せはプチトマトとレタス少々、ひじきの煮物、コンニャク、人参、つくね、カボチャの煮物、これに鰹の煮物が入る。この鰹が絶品で、口の中で噛むと、歯と触れ合ってキュッキュッと音がするような食感だ、これがたまらない。マカロニサラダにシュウマイ、フライドポテト、ご飯に梅干。ここの煮物は本当に美味しいので、揚げ物は余計に感じる。”つぼぐち”の焼き物と”天神屋”の煮物を組み合わせたら最高のなのに。

 インスタントの味噌汁はポスト主任のおごりです。


pan

 レース後のミーティングの時に、パンが二個配られる。

 一個がおかずパン、もう一つがメロンパンなどの甘いものという組合せが多いのだが、この日はピザパンとマヨ&ソーセージというおかずパンが二つだった。

 これはレースが早めに終わった時は翌朝の朝食、遅めに終わった時は、帰りの車の中で軽食になる。


yoru

  この日、いつもよりだいぶ早めに家に帰ったのですが、「えー、食べてこなかったの?」という一言で、一人で近所のデニーズへ。

 たらこスパゲティとグリーンサラダとコーヒーのセット、1050円也。


 レース一日目はどの宿になるのか、だれと同部屋になるのか、発表まで非常に楽しみです。はっきり言ってハズレもありますが、いろんな人とワイワイいいながら飲んだり食べたりするのは楽しいものです。

 ご馳走様でした。


”天神屋”のウェブサイト

”つぼぐち”のウェブサイト

小山町観光協会のウェブサイト


ブログランキングに登録しています。クリックに感謝!♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
hope

 富士スピードウェイからの帰り道、もうかなり自宅に近くなった環七沿いのホープ軒で食事。

 この店、昼から夜の早い時間に前を通ると、いつも人が並んでいる。しかし、この日は既に夜の11時前、さすがに行列は出来ていませんでした。

 中華そば550円、味付け玉子50円。

 しつこ過ぎない豚骨スープに細めの麺。海苔に非常に薄いチャーシューに、湯でモヤシのトッピング。

 ぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが旨かろうと思いました。

 この店、以前はホームラン軒と言う名前でしたが、いつの頃からかホープ軒に名前が変わりました。ラーメンブームで有名になって、名前の商標権でクレームがついて・・・と言うところでしょうか。味が良ければそれはそれで良し。


こんな感じの店です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

百年の孤独

 先日、息子の幼稚園の卒園の謝恩会の二次会に行っていた女房が、
「こんなもの貰ってきちゃった。」
と言って目の前に出したのがこれ。
「こんなものって・・・・、え、お前、百年の孤独って、あの百年の孤独か?」
「なんか、有名なお酒らしいけど知ってる?」
 知ってるなんてモンじゃない、5年ぐらいまえから、一度飲んで見たいと思っているのに未だに飲んだことがない。
 新宿の南口に宮崎県の物産館があって、そこの酒類売場で一人一回に限ってこの百年の孤独を買うための申し込みを受け付けていて、この5年くらい新宿に行くたびに申し込んでいるのだが、まだ一回も当らないのだ。
 幻の酒というのは、20年くらい前なら下町のナポレオンと呼ばれた『いいちこ』、そこから少し最近になると新潟の『越の寒梅』などがあるが、この二つよりも百年の孤独はずっと手に入りにくいのではないだろうか。『いいちこ』も『越の寒梅』も量産体制を整えたらしく、今ではそれほど手に入りにくい酒ではなくなった。
 しかし、『百年の孤独』は蔵元のホームぺージを見ても、全く増産するつもりはないらしく、酒造りを農業と捉える姿勢は共感できるものの、2千円台の定価の物が一万円近い値段で売買されている現状をどのように考えているのだろうか。

百年の孤独ラベル

 そんなことを女房に話すと、「ふーん、そうなんだ」と言いながら隠そうとするので、 コラコラと奪い取る。ボトルには半分ぐらい残っている。 

 小さめのグラスに注ぎ、生で飲んでみる。

 口に含んだとたん、広がる風味はシングルモルトのスコッチウイスキーに似ている。次に口の中に広がるのは日本酒の吟醸酒のような甘さだ。ひたすらまろやかである。

 

 息子の同級生のお父さんに焼肉店を経営している人がいて、その人が二次会に持ってきたらしいのだが、今度お父さん同士でぜひともお友達になりたい。もう遅いか?


百年の孤独の蔵元 株式会社黒木本店のウェブサイト

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。