スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-atras


 7月11日に成田ゆめ牧場から我が家にやって来て、11月12日に永眠。

 JAFグランプリの11番ポストに息子からメールで連絡が来た。

 最後の3週間ほどは、昏睡状態というか、足は僅かに動くものの体は全く動かず、餌も食べずという状態が続いた。

 成虫になってから約四ヶ月、やはり日本のカブトムシよりは生命力が強いのかもしれない。

 合掌。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-eisei1

 晩秋の某日、JR山手線目黒駅。

 ここからバスに乗り・・・・・




スーパーB級コレクション伝説-eisei2

 目白台三丁目へ。




スーパーB級コレクション伝説-eisei3

 この日行ったのは永青文庫。

 細川家下屋敷の跡に建つ、細川侯爵家所蔵の美術品を集めた美術館です。





スーパーB級コレクション伝説-eisei4

 門の横には教育委員会による案内板が設置されていました。





スーパーB級コレクション伝説-eisei5

 うっそうと茂る木立の奥に・・・・





スーパーB級コレクション伝説-eisei6

 永青文庫の建物がひっそりと佇みます。

 「細川侯爵家の・・・」と言う割りには地味で黴臭い(失礼)のは、ここが細川家の家政所(事務所)だったからでしょう。後述する和敬塾の敷地内にある侯爵家の本邸は非常に美しいものだそうです。


 今回の展示は永青文庫の所蔵する茶入のコレクションでした。

 唐物が多いのかと思ってたのですが、意外なことに殆どが瀬戸でした。中国発祥の文物を見事に日本人好みに昇華させた、陶工たちの技量に改めて感心させたれました。


 大名家のコレクションと言うと、何百年の間に累々と収集されたものと思われがちですが、意外と近世に蒐集家の当主が集めたものを核としていることが多い。大名家ではありませんが、泉屋博古館の住友コレクションも公家出身の15代当主住友春翠の蒐集品が中心です。


 細川家のコレクションも代々の所蔵品に加え、昭和期に16代「護立」公による蒐集物が多い。今回の展示でも元は細川家の家臣が所蔵していた茶入があったりして、興味深かった。





スーパーB級コレクション伝説-eisei7

 永青文庫の隣の和敬塾。ここも元は細川家の下屋敷の一部です。

 村上春樹が一時住んだことでも有名。ノルウェイの森の冒頭にも登場します。

 写真を撮ると怒られるんじゃないかと、ドキドキしました。




スーパーB級コレクション伝説-eisei8

 ご近所の間野記念館。残念ながら休館でした。




スーパーB級コレクション伝説-eisei9

 東京カテドラル聖マリア大聖堂。この向かいに椿山荘があります。

 閑静なお屋敷町ですが、交通の便は悪い。だから開発が進まずに町並みが残っているのかもしれません。お屋敷町の町並みは文化遺産として保護する価値があるようにも思えます。




スーパーB級コレクション伝説-eisei10

スーパーB級コレクション伝説-eisei11

 帰りは目白へは出ずに、来た時と同じバスに乗って新宿へ。

 新宿駅周辺は平べったいビルが多いですね。


永青文庫

和敬塾

講談社間野記念館

東京カテドラル聖マリア大聖堂



2010.11.16

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-sitar1

 11月10日水曜日、この日から早めの冬休みが始まりました。

 別に用はなかったのですが、久しぶりに千葉の実家に行き、昼時に「さて、久しぶりに外で食べるか」ということになり、以前にも行ったイタリアンへ・・・・が、運悪く定休日。

 近くにいつも行列が出来ているインド料理の店があるのを思い出し、両親に提案すると、嫌だと言われると思ったのに、二人とも大乗り気。






スーパーB級コレクション伝説-sitar2


 30分ほど待たされた後、両親はランチセット、私はタンドリーランチセットを注文し、テーブルの上には5種類のカレーが並びます。

 ナンとバターチキンが美味しいとの評判だそうなのですが、ナンは特にずば抜けて・・・というほどの物ではないと思いました。しかし、バターチキンは美味しかったですね。

 それと特筆すべきはタンドリーチキン。柔らかくて味付けもちょうど良く、非常に美味しかったです。焼き方は年配の日本人の方でしたが。

 私のタンドリーランチセットにはハーフナンとライスが付くのですが、印度米にしてもらいました。やはりカレーには長粒種のお米が合いますね。


 このお店はいつ前を通っても行列が出来ているのですが、今回入ってみて人気の秘密がわかったような気がしました。

 料理が美味しいのはもちろんなのですが、食べている途中で、『エゾ鹿のカレー』の試食だの、『ナンに合う印度の蜂蜜』だの『ナンに合うマンゴージャム』などを、食べてる途中で少しずつテーブルに置いてゆくのです。どこかのファーストフード店も最近同じようなことをやっていますが、お得感は増しますよね。ここのオーナー は非常にビジネスの仕方を勉強しているなと感じました。

 今度は電話で予約して行きたいと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-hg1

 11月6日、高尾山に行ってきました。

 7時30分新宿発、8時17分高尾山口着、すでに駅前はこの賑わいです。



スーパーB級コレクション伝説-hg2

 ケーブルカー清滝駅前もこの騒ぎ。




スーパーB級コレクション伝説-hg3

 この日のルートは6号路・飛び石下から稲荷山コースに上がり、5号路を時計回りに歩いて紅葉台下から一丁平へ、ここで戻って1号路で下山ということだったのですが・・・・。

 飛び石到着9時35分。


スーパーB級コレクション伝説-hg4

 結構水量は多いですね。

 ココを登ってしまうと、地獄の階段を避けることが出来ないので、左の稲荷山コースへの連絡路に入ります。







スーパーB級コレクション伝説-hg5


 連絡路の途中にはこんな表示が。紅葉シーズンの混雑対策で、11月いっぱい6号路は登り専用。




スーパーB級コレクション伝説-hg6

 稲荷山コースとの合流地点。右手の人が三人いるところが6号路への連絡路。

 実はこの連絡路、今回初めて歩いたのですが、思ったより短く、階段もなく拍子抜けしました。




スーパーB級コレクション伝説-hg7

 さて、込み合う山頂を避けて、山中某所の紅葉の穴場へ。



スーパーB級コレクション伝説-hg8

 ほんのちょっと紅くなっているかなあ・・・・。

 ココで休憩。




スーパーB級コレクション伝説-hg9

 10:35、一丁平の広場に到着。

 ここのトイレ、水洗になっていました。手洗いの水も自動式!



スーパーB級コレクション伝説-hg10

 一丁平の展望台から。

 富士山が良く見えますが・・・、なんか奇妙というか、中途半端な雪の積もり方ですねえ。


 さて、この展望台がこの日の目的地。しかし、時間はまだ11時前。思ったよりペースが速いので、このまま城山まで行き、日影沢林道に平行する尾根道を通って日影沢まで降りることにしました。





スーパーB級コレクション伝説-hg11

 城山下の表示板、北斜面の巻き道を選択。



スーパーB級コレクション伝説-hg12

 暫く林の中の登山道を進むと、開けた眺望が目に飛び込んできました。

 ここは花粉症対策のために針葉樹を伐採して広葉樹を植えているのだそうで、おかげでこのような素晴らしい眺望を楽しむことが出来ます。

 この画像の左側の斜面の林が途切れているところが林道なのですが、ここから尾根道に入る場所がわからず、情報収集のために一旦城山山頂に登ることにしました。




スーパーB級コレクション伝説-hg13

 小仏城山山頂のアンテナ。

 電信柱の下を進むと林道に出ます。

スーパーB級コレクション伝説-hg14

 山頂の賑わい。

 最近は観光客もこの辺りまで来る人も多いようです。

 ここで11時半、昼食のおにぎりを二ついただきました。



スーパーB級コレクション伝説-hg15

 さて、地図には太線で載っている尾根道も案内板には表示されておらず、通りがかりの人に聞いても誰も知らず、仕方がないので林道を歩き始めました。入り口がわからなかったら、林道で降りるつもりです。

 
 城山下の林道の終着点から100メートルも行かないところに、黄色いペンキの表示を発見。どうやらここが登山道の入り口のようです。

 ほとんど人が来ないらしく、道が踏み固められていませんが、道に入って暫く行ったところに木のベンチがあり、ここが登山道だと確信。


スーパーB級コレクション伝説-hg16

 暫くはよく手入れされた林の中を進みます。

 途中、こんな看板が。さすが農大、記念植樹は一本二本の植樹ではなくて林です。



スーパーB級コレクション伝説-hg17


 木は手入れされ、下草も刈られていますが、なにせ道が判りづらい。

 このように所々に白いマーキングがされて登山道を教えてくれていますが、これがなかったら間違いなく迷ってしまうでしょう。暗くなったら遭難必至。



スーパーB級コレクション伝説-hg18

 途中で見かけた朴(ほう)の木。

 居酒屋で見かける姿と違い、みずみずしい美しい姿を見せてくれます。



スーパーB級コレクション伝説-hg19

 このコースはアップダウンが多く、このような結構急な斜面もあるのですが、階段などは全くありません。



スーパーB級コレクション伝説-hg20

 手入れされた杉林を抜けて暫く降りてゆくと、今度は熊笹の群生地に出ました。



スーパーB級コレクション伝説-hg21

 さらに降りると今度は完全な雑木林。

 ここまで来ると、登山道というより獣道。まるで樵かマタギになった気分です。

 土壌は滑りやすく、人が殆ど通らないらしく踏み固められていないため、落ち葉や土に木の根が隠れていて、非常に歩きにくい。常に緊張を強いられる道です。一回見事に転んでしまいました。




スーパーB級コレクション伝説-hg22

 雑木林の中で、木肌に綺麗な木の葉の影が映っていました。

 よく見ると、何かいるぞ・・・・・・



スーパーB級コレクション伝説-hg23

 おお、仮面ライダーだ!


 

スーパーB級コレクション伝説-hg24

 だいぶ降りてきて、この辺りまで来ると沢音も聞こえてきます。

 ここまで来るまでに、日影方向から上がってきた年配の男性に一人会っただけ。高尾山とは思えないほど人がいません。

 昔は稲荷山コースや6号路なんかもこんな感じだったんでしょう。



スーパーB級コレクション伝説-hg25

 藪の中を抜けると、いきなりこんな風景が・・・・。沢の向こう側が林道です。

 沢を渡ってきた人に聞くと、橋はなく、林道に出るにはこの沢を渡るしかないそうで。

スーパーB級コレクション伝説-hg26

 濡れないように苦労しながら沢を渡りました。

 冬場、沢が枯れている時なら良いですが、殆どの季節で沢を渡らないとこの登山道に入ることが出来ない訳です。

 このルートに人が少ない訳はこれだったんですね。

 せめてもう少し渡りやすい飛び石を置いてくれると良いのですが。



スーパーB級コレクション伝説-hg27

 林道に這い上がると、楽しそうにカップルが歩いていました。



スーパーB級コレクション伝説-hg28

 麓からの登り口が非常に判りづらいですが、林道が急に狭くなるこの場所が目印。



スーパーB級コレクション伝説-hg29

 林道からバスが通る都道に出て暫く歩きます。

 JR中央線と中央高速。トンビがのどかに円を描いています。



スーパーB級コレクション伝説-hg30

 いつも電車やバスの中から見ていた釣堀。



スーパーB級コレクション伝説-hg31


 釣堀のちょっと高尾寄りにある喫茶店。

 以前から気になっていたので、寄ってみることにしました。



スーパーB級コレクション伝説-hg32

 店の名前は”ふじだな”だニャン。

スーパーB級コレクション伝説-hg33


 テラス席から見上げる空は、すっかり秋模様。



スーパーB級コレクション伝説-hg34

 クッキー付きで300円也。

 30分ほど休んで、バスで高尾駅まで出ました。


スーパーB級コレクション伝説-hg35


 14時15分高尾駅出発。

 駅前のファミリーマートで買った一番絞を飲み、新宿駅まで爆睡。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-gauensai1

 子供の学校の学園祭に行って来ました。

 天気に恵まれて良かった。



スーパーB級コレクション伝説-gauensai2

 日当たりの良いホールでは吹奏楽部の演奏会。毎年大人気の演奏会で、この人だかり。指揮者の姿しか見えません。




スーパーB級コレクション伝説-gauensai3

 別の会場ではダンス部の発表会。

 こちらも超満員で、会場に入れない人がいたのだとか。早慶戦か?




スーパーB級コレクション伝説-gauensai4

 昼は学食でカレーライス、350円なり。




スーパーB級コレクション伝説-gauensai5


 学食の前の芝生広場では女の子だけのブラスバンドが演奏していました。吹奏楽部のスペシャルバンドかな?気持ちの良い秋の昼下がり。




スーパーB級コレクション伝説-gauensai6

 バザーで買ったマウス、200円也。

 どうやらロイヤル・カリビアン・クルーズのノベルティー品のようで、海に見立てた青い液体の上に客船のフィギャが浮んでいます。

 帰宅して早速PCに繋いでみたのですが、横の動きが全く反映されない!

 解体してみましたが、どうやら横の動きを感知するセンサーの部品が作動していないようで・・・。200円なのであきらめは付いたのですが、綺麗なのでPCの前に飾っています。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-met1

 10月31日、池袋のメトロポリタンホテルでランチビュッフェ。


 実はこの日は富士スピードウェイに行くことになっていたのですが、台風の影響で中止になってしまい・・・


 「日曜日中止になっちゃったからさ、昼飯どっかに食べに行くか?」と私。

 「え?中止になっちゃったの・・・・・。困ったなあ・・・・おばあちゃん達とお食事会なんだけど。」

 要するに、俺のいない間に俺抜きで美味いものを喰いに行こうという企画なのだ!

 「困ることはない、俺も一緒に行けばいいだけの話じゃないか(`×´) 」と言うと、しぶしぶ「一人追加」と予約変更の電話をしていました。全く油断も隙もあったもんじゃない。


 ここのブュッフェ、リーズナブルな値段で人気があるらしく、レストランの外にはかなりの列が出来ていました。

 店内は完全にハロウィンモードで・・・これは受付のカウンターにあったカボチャ。




スーパーB級コレクション伝説-met2

 カボチャの横には早くもおせち料理の予約用のサンプルが・・・。







スーパーB級コレクション伝説-met3

 帰りに久しぶりに高田馬場で降りて散策。

 神田川、改修工事をやっているのは知っていましたが、こんなにキレイになっていたんですね。上を走るのは西武新宿線。

 駅近くから上流を見ているのですが、軽く蛇行させていますね。流れの速さを抑えるためでしょうか。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。