スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-kabuto


 夏休みに奥多摩に川遊びに行った時のこと。

 駐車場の管理しているオジサンに息子がメスのカブトムシを貰った。


 我が家では数年前に卵から成虫をかえしたことがあり、その時の大変さに懲りてカブトムシはもう飼わないということになっていたのだが、今年はなぜかアトラスオオカブトという外国産のカブトムシのつがいがいる。この種類は獰猛で、メスとオスが喧嘩をするので、いまは別々のケースに入れてある。


 そして、奥多摩産のカブトムシである。メスだけなので卵は産まないなと思っていたのだが、ある日土の中から小さな白い丸い玉がのぞいている。卵である。

 多分夢精卵だろうと思ったのだが、とりあえずゼリーのカップに土を入れてその中に入れていた。しかし、今日土を掘ってみると、小豆ぐらいの大きさの幼虫が生まれていた。

 もしかしたら親の入っているケースの中にもまだ卵や幼虫が残っているかもしれない。

 

 ああ、あの苦労をまた味わうのか・・・・。もうお父さんは世話をしないからな!!!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-mitake1

           +ZOOM


 8月13日。

 朝7時少し前に自宅を出発し、途中青梅のコンビニで休憩+買い物をして目的地に8時40分に到着。





スーパーB級コレクション伝説-mitake2

           +ZOOM


 この日はいつも登山に行く奥多摩の御嶽で川遊びです。






スーパーB級コレクション伝説-mitake3

           +ZOOM


 我が家では冬の鍋にしか使ったことのなかった卓上コンロを川原に持ち出し、フライパンで簡易バーベキュー。





スーパーB級コレクション伝説-mitake4

           +ZOOM


 バーベキューや水遊びをする家族連れの横を、悠然とカヌーが横切ります。






スーパーB級コレクション伝説-mitake5

           +ZOOM


 このあたりは東京オリンピックのカヌー競技の会場になった場所。何艘ものカヌーが流れに挑んでいました。







スーパーB級コレクション伝説-mitake6

           +ZOOM


 ラフティングの出発点にもなっているようで、ゴムボートが出発して行きました。こちらは手馴れた感じのカヌーと違って基本的に業者の指導員が初心者のお客さん達を乗せて、皆で下流に向って漕ぎ出す、という感じ。子供も多かったですね。







スーパーB級コレクション伝説-mitake7

           +ZOOM


 隣のグループが連れて来ていた犬。

 最初は可愛いなと思ったものの、キャンキャン吠えまくり、うるさくてかなわず。







スーパーB級コレクション伝説-mitake8

           +ZOOM


 川原を1時半ごろ引き揚げ、車で沢井の小澤酒造へ。







スーパーB級コレクション伝説-mitake9

           +ZOOM


 まずは多摩川沿いに広がる澤乃井園へ。





スーパーB級コレクション伝説-mitake10

           +ZOOM


 しばし、散策、ラムネ、豆乳ゼリー、冷し甘酒を味わい、お土産に季節限定の生酒を購入。






スーパーB級コレクション伝説-mitake11

           +ZOOM


 多摩川のせせらぎとともに美味を堪能した後は、酒蔵見学。






スーパーB級コレクション伝説-mitake12

           +ZOOM


 何十年も熟成している日本酒などもありまして。左利きにはたまらないアトラクションです。







スーパーB級コレクション伝説-mitake13

           +ZOOM


 見学の後は季節限定の生貯蔵酒の試飲。

 運転手の私には辛い一瞬です。


 あまりに美味そうに酒をすする母親を横目で見ていて・・・・・・。




スーパーB級コレクション伝説-mitake14

           +ZOOM


「ちょっとだけ。」と言って、なめて見たものの、あまりの不味さに涙する高校一年生。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館1

           +ZOOM


 豊洲からゆりかもめに乗り、






スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館2

           +ZOOM


 観覧車の横をすり抜けて・・・・・






スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館3

           +ZOOM


 テレコムセンター駅で下車。





スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館4

           +ZOOM


 日本科学未来館の裏手の毛利さんの記念碑の前で記念写真などを撮っていたら・・・







スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館5

           +ZOOM


 開館30分前だというのに、入り口の前にはすでに300人を越えると思える行列が。






スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館6

           +ZOOM


 この日訪れたのは、宇宙飛行士の毛利さんが館長を務める日本科学未来館で行われている『ドラえもんの科学未来展』。





スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館7

           +ZOOM


 ドラえもんの秘密の道具を実現して見ることが出来る!というので、ぜひとも行きたいという息子と一緒に来てみたものの、やたらと説明が難しい。

 ビジュアル的にも今ひとつで、意味がわからずにどうすればいいか、戸惑っている様子の子供が多かった。その道の専門家による説明パネルは大人にとっても難解、というか面白味が無い。

 そいのせいか、混んだのは最初だけで、1時間ほどして会場を出たら待ち時間のボードは”0分”。会場の中も、一人乗りのヘリコプターの記念撮影や、透明マントの記念撮影など、判り易く視覚に訴える展示には40分、60分という待ち時間の行列は出来ていたものの・・・。


 常設展示のエリアも回ってみたが、『ドラえもん』以上に展示の説明ボードが難解。いったいこの館はどういう客層をターゲットにしているのだろうか?

 子供をターゲットにしているのは間違いないのだが、とんでもなくませた科学少年か?

 冗談はともかく、それぞれの科学の分野の専門家が子供向けに、展示の企画をし、説明ボードを書く。子供に説明するのはこの位易しく書けばいいんじゃないか、と。

 しかし、その企画、説明を事前に幼児教育、学童教育の専門家、あるいは子供達にみせて判りやすさを検証することが無かった、のではないかと思う。

 要するに頭でっかちの専門家が考えて、上意下達的に展示をしている。そんな感じ。

 予算の面で仕分けする前に、蓮舫に子供連れで見に行ってもらって内容の精査をして貰った方が良さそうだ。





スーパーB級コレクション伝説-日本科学未来館8

           +ZOOM


 この球体のLED(?)スクリーンは見事だったなあ。



日本科学未来館のウェブサイト





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-dimension4300


 Dell Dimension 4300。

 ウチのパソコンである。

 もう7年も前に買ったパソコンをそのまま使っている。いい加減買い換えれば良いのだが、これと言って故障もないし。新しいパソコンにデータを移すのが面倒くさくてそのままにしている。


 しかし、コイツが重くてかなわない。

 もちろん重量の話ではなく、動きの話。

 しかも最近は立ち上げるたびに『仮想メモリーが不足しているために・・・云々』と言うメッセージが必ず出るようになり、うっとうしくてかなわないのでメモリーの増設をすることにした。

 最近のパソコンは1ギガ2ギガのメモリー容量は当たり前だが、こいつは元々256メガしかない。それに512メガのメモリーを1枚加えて、見た目の数値は768メガになっているが、実はこの機種は512メガしか使えない。

 PCの専門誌を見ると、この世代のパソコンはメモリーの増設などせず、新しい機種に交換した方が得策、とケンモホロロである。

 それでも増設後はサクサクとは行かないまでも、イライラする寸前、くらいの速さで動くようにはなった。まあ、動画のダウンロードでもしない限りは大丈夫かと・・・。


 メーカーのホームページにこの4300の部品交換方法が載っておらず、類似品のDimension4500を参考に行った。

 作業はメモリーカード1枚差し込むだけなのですが、作業に入るまでのパソコン周りの掃除が大変!PC内部にも大分ホコリが入り込んでいたので掃除機の先に尖ったノズルを差し込んで慎重に吸い込みました。

 いざ、カードを差し込もうとすると、本体側のガイドの凸とカードの切込みが微妙にずれていたらしく、スロットにはめ込むのに少々苦労しました。

 何とかだましだましカードを装着。蓋を閉め、ケーブル類を元に戻して電源スイッチを押します。果たして正常に起動するか・・・・、不安と期待感の入り混じった一瞬。普段見慣れないウィンドウズのチェック画面が現れてたじろいたものの、無事通過。何事も無かったように、僅かに速度の速くなったDimension 4300は立ち上がったのでした。

 めでたし、めでたし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-wasabi1

           +ZOOM


 富士スピードウェイから標高差200メートルほど山道を登ると須走の町に出る。町の中ほどの三叉路を左に曲がり、下り坂のヘアピンカーブを右へ左へ曲がると、須走入口のバス停がある。






スーパーB級コレクション伝説-wasabi2

           +ZOOM


 そのバス停の前の和風の建物が『滝口わさび園』。富士スピードウェイのオフィシャルの間で知る人ぞ知る地元の名店。

 ここの山葵漬けは、山葵のシャキシャキ感が他のものとは全然違う。よく見ると通常食べられる根の部分だけでなく茎も入っている。ただ辛いだけではなく、野菜のような甘さを感じる。

 ここのを食べたらほかの山葵漬けは食べられないというファンは多い。






スーパーB級コレクション伝説-wasabi3

           +ZOOM


 「山葵はどこで採れるんですか?」と聞くと、

 「このすぐ裏に山葵田があるんです。」と言うのでさっそく見てみると、道路からこのような風景が。沢の上を東富士道路が跨ぎます。

 比較的早く閉まってしまうのがたまにきず。終了時間のおそいセクションのオフィシャルさんは「いつも買えない。」とぼやいています。

 葉っぱ付きの生山葵も売っています。冷蔵庫での保存が基本だそうで、遠方へ持ち帰るのは結構大変そうです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-TSOUL1

           +ZOOM


 西国分寺駅。

 多分、この駅に降りるのは生まれて初めて。





スーパーB級コレクション伝説-TSOUL2

           +ZOOM


 この日はT-SOUL(Tokyo Sounds of Univerasl Lives/国分寺野外音楽祭)というイベントをやっていて、うちの子が参加するために炎天下を応援に出かけました。






スーパーB級コレクション伝説-TSOUL3

           +ZOOM


 駅から程近い駐車場のようなスペースがこの日の会場。この西国分寺会場の他に、国分寺駅周辺に5会場という、けっこう大規模なイベントです。







スーパーB級コレクション伝説-TSOUL4

           +ZOOM


 ステージの上ではヒップホップダンス。

 最高気温35℃。演じる方も見る方も大変です。





スーパーB級コレクション伝説-TSOUL5

           +ZOOM


 国分寺に向かう途中の西武多摩湖線。出発時間になっても運転手が来ない!と思ったら、反対方向に動き始めました。しかもワンマン運転で車掌がいない・・・。



T-SOULのホームページ。来年もよろしく!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。