スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:


スーパーB級コレクション伝説-glico


 グリコ、という遊びをご存知だろうか?

 二人でじゃんけんをして、パーで勝ったら、パ・イ・ナ・ツ・プ・ル、と6歩進める。チョキで勝っても、チ・ヨ・コ・レ・イ・ト、で6歩。グーで勝つと、グ・リ・コで3歩。次の電信柱まで早く着いたほうが勝ち、というゲームで、子供の頃、学校の帰り道などでよくやった。


 先日の昼休み、窓から何気なし外を眺めていると、ビルの前の人通りの少ない歩道で、幼稚園帰りと思われる黄色い帽子を被った小さな子供とお母さんが、このグリコをやっていた。

 まず、お母さんが勝つ。じゃんけんポン、またお母さんが勝っちゃった。お母さんは三回続けて勝ち、二人の間は大きく離れる。

 じゃんけんポン。

 次は子供が勝った。パ・イ・ナ・ツ・プ・ル、小さな足で6歩進む。

 じゃんけんポン、また勝った。パ・イ・ナ・ツ・プ・ル。

 じゃんけんポン、お母さんはまたグーを出す。子供は勝ったことが嬉しくて、全身を揺らしながら6歩進む。

 じゃんけんポン、また勝った!ここでお母さんがわざと負けていることに気が付いたらしく、何か言いながら拳を上に振りかざしている。

 まだまだ距離があるお母さんは困ったような顔をしながら何事か言ってうなずく。

 じゃんけんポン、あーあ、お母さんが勝っちゃった。また距離が開く。


 この辺りまで見たところで戻る時間になってしまい、最後まで見届けられなかったのだが、あの親子、どうなったのだろう。あのオチビちゃんは次の電信柱まで無事にたどり着けたかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-takao1002101

           +ZOOM


 二月10日、リュックを背負っていつも通勤に使う電車で高尾山へ。

 いつもの時間に乗ると、名前は知らないものの、いつも同じ車両に乗る見知った顔がホームで電車を待っている。彼らの怪訝な視線を感じながらいつもとは違う前の方の車両へ。

 この朝は珍しく京王線高尾駅で人身事故があり、電車が大幅に乱れていたが、急ぐ旅でもないので高尾山口行きの電車を新宿駅で待って乗り込みました。


 結局通常より30分ほど多くかかって高尾山口に到着、ケーブルカー清滝(麓)駅9:30通過。






スーパーB級コレクション伝説-takao1002102

           +ZOOM


 ケーブルカーの駅の横を病院へ向かう道をたどり、途中から6号路に入ります。






スーパーB級コレクション伝説-takao1002103

           +ZOOM


 ビジターセンターのホームページでは残雪が多く凍結も多いとなっていましたが、4月中旬並みだった前日の気温ですっかり溶けてしまったようです。

 清滝の先のベンチで一休み、暑くてパーカーの下に着ていたフリースを脱ぎました。






スーパーB級コレクション伝説-takao1002104

           +ZOOM


 稲荷山へ向かう道との分岐点。

 ここまでほとんど雪は残っておらず、凍結も一箇所だけ2メートルぐらいでした。せっかくアイゼンを持って行ったのに拍子抜けです。






スーパーB級コレクション伝説-takao1002105

           +ZOOM


 分岐点の標識。『経由山頂』という落書き(と言っては言いすぎか)がされています。

 確かに高尾山は登山道が入り組んでいるところが多く、初めて来た人にはどっちに行けば山頂にいけるのか判らないこともあるでしょうから、この書き込みをした気持ちは判ります。でももう少し上手に書いて欲しかった(;^_^A






スーパーB級コレクション伝説-takao1002106

           +ZOOM


 6号路名物の沢伝いの飛び石。

 沢は枯れていますが、雪解けでかなりぬかっています。






スーパーB級コレクション伝説-takao1002107

           +ZOOM


 山頂到着10時57分。

 茶店は営業していますが、山頂には殆ど人はいません。





スーパーB級コレクション伝説-takao1002108

           +ZOOM


 山頂下のいつもの東屋でポットのお湯で紅茶を点てて一休み。私の他に3パーティーが昼食を取っていました。

 後から来た10人くらいの高齢の男性のパーティーとテーブルを一緒に昼食を取りました。

 なかなかフレンドリーな方々で、一緒に山の話やカメラの話を楽しくさせていただいたのですが、何の拍子か保険の話になり、その方たちの仲間の方がある低山の何でもない登山道で滑落して亡くなったという話になりました。何でも発見まで二週間近く要したそうで、捜索費用も発生しただろうとのことで、だから登山保険には入っておかなければいけない、というお話でした。

 保険に入っていない私としては、帰宅してすぐに山岳保険をインターネットで調べたのでありました。






スーパーB級コレクション伝説-takao1002109

           +ZOOM


 さて、愉快な先輩諸氏と別れ、山頂トイレの脇から4号路へ。






スーパーB級コレクション伝説-takao10021010

           +ZOOM


 4号路から日影沢に降りる脇道への分岐点で、11時59分。1月にA氏と来た時には、ここから日影沢に降りてバスで高尾駅まで戻りましたが、今日はこのまま4号路を進みます。






スーパーB級コレクション伝説-takao10021011

           +ZOOM


 観光客に大人気のつり橋にも人っ子一人いません。






スーパーB級コレクション伝説-takao10021012

           +ZOOM


 4号路は現在工事中。





スーパーB級コレクション伝説-takao10021013

           +ZOOM


 浄心門の下辺りが工事箇所で、このアルミ製の階段を登ると、1号路の男坂と女坂の分岐点辺りに出ます。





スーパーB級コレクション伝説-takao10021014

           +ZOOM


 浄心門横のから工事用の作業路が作られています。右側のコーンと杉の木の間の細い道が本来の登山道です。



スーパーB級コレクション伝説-takao10021015

           +ZOOM


 因みにこれは2008年二月の画像です。

 作業道は修了後に埋め戻されるのでしょうか?






スーパーB級コレクション伝説-takao10021016

           +ZOOM


 工事箇所から2号路には行けると言うことだったので、2号路を使ってケーブルカーの山頂駅付近へ。2号路はこの日初めて通ったのですが、あまり面白くないコースですね。蛇滝に抜ける意外は多分今後も通ることはないと思います。


 霞台で話しに夢中のカップル。と思ったら二人とも女の子のようでした。






スーパーB級コレクション伝説-takao10021017

           +ZOOM


 1号路を通って、1時28分清滝駅通過。

 

 





スーパーB級コレクション伝説-takao10021018

           +ZOOM


 京王線の乱れはすでに収まっていたようで、一人しかいない先頭車両に乗り込み、駅で買ったチュウハイを飲んで、新宿まで熟睡。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-ueno22

           +ZOOM


 母親の実家が群馬にあったので、子供の頃から上野駅はよく利用した。






スーパーB級コレクション伝説-ueno23

           +ZOOM


 当時は大きくて人が多いが、暗くて不気味な駅だったのだが、リニューアルされクリーム色に塗られ、商業施設もいっぱいあって、すっかり様子が変わってしまった。

 なにしろハードロックカフェまであるんだから、六本木か。






スーパーB級コレクション伝説-ueno24

           +ZOOM


 券売機の上のステンドグラス。





スーパーB級コレクション伝説-ueno25

           +ZOOM


 この壁画は有名な画家の作で、リニューアルの際に再発見されたように記憶しているが、みどりの窓口がせり出して作られ、1/3ぐらいが隠れてしまっています。


 まあ、JRってーのはこんなもんだな。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-ueno

           +ZOOM


 奥多摩で雪と格闘した翌日、上野公園へ。

 子供の学校の総合学習とやらの下調べです。





スーパーB級コレクション伝説-ueno

           +ZOOM


 国立西洋美術館。





スーパーB級コレクション伝説-ueno

           +ZOOM


 カレーの市民。





スーパーB級コレクション伝説-ueno

           +ZOOM


 考える人。





スーパーB級コレクション伝説-ueno

           +ZOOM


 東京国立博物館。土偶展という地味な展示をやっていました。





スーパーB級コレクション伝説-ueno6

           +ZOOM


 大噴水の芝生の上の、雪だるまの残骸と思われる雪の塊。






スーパーB級コレクション伝説-ueno7

           +ZOOM


 東京都美術館1。





スーパーB級コレクション伝説-ueno8

           +ZOOM


 東京都美術館2。





スーパーB級コレクション伝説-ueno9

           +ZOOM


 上野動物園。





スーパーB級コレクション伝説-ueno10

           +ZOOM


 寛永寺の五重塔。

 この塔は現在動物園の敷地内にあるため、近くには行くには入場料を払わなければなりません。東照宮の参道から撮影。





スーパーB級コレクション伝説-ueno11

           +ZOOM


 上野精養軒。

 フランス料理の老舗ですね。





スーパーB級コレクション伝説-ueno12

           +ZOOM


 精養軒の駐車場を仕切るドアマン。

 さすが老舗と思わせるフロックコート姿です。





スーパーB級コレクション伝説-ueno13

           +ZOOM


 西郷さんの前辺りから建設中のスカイツリーが見えました。初めて見ましたが、こんなに高くなってるんですね。





スーパーB級コレクション伝説-ueno14

           +ZOOM


 西郷どん、でごあす、ばってん。





スーパーB級コレクション伝説-ueno15

           +ZOOM


 西郷さんの前から上野広小路を望む。





スーパーB級コレクション伝説-ueno16

           +ZOOM


 不忍池、キンクロハジロ。





スーパーB級コレクション伝説-ueno17

           +ZOOM


 カルガモ。





スーパーB級コレクション伝説-ueno18

           +ZOOM


 蓮池では、枯れた茎の除去作業が行われていました。

 見るからに寒そうな大変な作業、ご苦労様です。






スーパーB級コレクション伝説-ueno19

           +ZOOM


 カワウ





スーパーB級コレクション伝説-ueno20

           +ZOOM


 白鷺。





スーパーB級コレクション伝説-ueno21

           +ZOOM


 六角堂。

 上野公園には、寛永寺の息がかかった(と言ってよいのか)建物が多い、これも寛永寺のお堂の一つです。

 明治維新のドサクサで広大な境内を召し上げられたが、ただでは起きない、ってか。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-sawai1

           +ZOOM


 高水三山から下山し、A氏と行く軍畑の駅で別れ、一人で青梅線を一駅奥の沢井へ。






スーパーB級コレクション伝説-sawai2

           +ZOOM


 ここは東京の地酒、澤乃井の蔵元があります。駅前にはこんな看板が。






スーパーB級コレクション伝説-sawai3

           +ZOOM


 駅から奥多摩街道に通じる坂を下りると、澤乃井の文字のあるタンクがそびえます。






スーパーB級コレクション伝説-sawai4

           +ZOOM


 タンクの後には、この辺りにでは他に見かけない堂々とした社屋が目を引きます。






スーパーB級コレクション伝説-sawai5

           +ZOOM


 上の画像の建物から100メートルくらい小澤酒造の敷地が続き、一番端には手入れの行き届いた土蔵があります。

 澤乃井は丸に沢蟹がシンボルマークですが、土蔵に書かれた屋号は丸に山一ですね。






スーパーB級コレクション伝説-sawai6

           +ZOOM


 土蔵の隣には茅葺屋根の屋敷が残ります。






スーパーB級コレクション伝説-sawai7

           +ZOOM


 300年続く造り酒屋だそうですが、この屋根一つ見ても往時から隆盛ぶりが感じられます。







スーパーB級コレクション伝説-sawai8

           +ZOOM

 

 さて、酒造工場から奥多摩街道を挟んで多摩川のほとりに観光客向けのレストラン、売店、利き酒処等があります。

 この日の目的は今年の純米吟醸の新酒を買うこと。そのために登山の相棒と途中で別れ、わざわざ一駅戻ってきたのです。

 実は今、この酒を飲みながら書いているのですが、やや甘口で、フルーティーと言うより自家製酵母の柔らかい風味が際立った飲みやすいお酒です。





スーパーB級コレクション伝説-sawai9

           +ZOOM


 敷地から対岸へつり橋が架かっています。

 対岸の櫛と簪の美術館へ向かう道だと思われます。






スーパーB級コレクション伝説-sawai10

           +ZOOM


 この奥が豆らくという豆腐料理の食事処。いい雰囲気です。

 この季節(二月)なので人もまばらですが、多摩川のせせらぎが聞こえ、夏はかなり良い雰囲気だろうと思います。





スーパーB級コレクション伝説-sawai11

           +ZOOM


 さて、新酒も無事に購入し、再び沢井の駅へ。ふと見ると駅舎の上にお寺の様な屋根が。この橋上駅は線路を越える生活道路として地元の人に利用されているようで、線路を越えるとすぐのところにお寺があるのですが、それと何か関係があるのかも知れません。






スーパーB級コレクション伝説-sawai12

           +ZOOM


 ホームから見ただけなのですが、どうやらこの茅葺の屋根がその雲慶院というお寺らしい。

 お寺で茅葺というのは珍しいと思いますが、この地区は茅葺の建物が良く保存されています。






スーパーB級コレクション伝説-sawai13

           +ZOOM


 そして15時11分、立川行きの電車で帰途につきました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-takamizu1

           +ZOOM


 2月6日土曜日。

 拝島駅でA氏と待ち合わせ、ホリデー特快で御岳へ。御岳駅9時3分、今回は御嶽から時計回りに軍畑に抜ける、いつもとは逆方向のルートをたどります。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu2

           +ZOOM


  駅から望む御嶽山系。北斜面に残る雪に一抹の不安が・・・。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu3

           +ZOOM


 同じ電車で到着したと思われる登山者が5、6人登りはじめます。この辺りは霜が深く少し歩きにくく感じました。この時は後でそれどころではなくなることなど、思いも寄りませんでした。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu4

           +ZOOM


 斜面を登って最初の尾根道に出ると雪が少し残っていました。東京の都心でも2月1日に雪が降りましたが、その時の雪が溶けきらずに残っているのだろう、ぐらいにこの時は軽く考えていました。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu5

           +ZOOM


 暫く登ると、だんだん雪が多くなって来ました。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu6

           +ZOOM


 この辺りから霜柱よりも雪で歩きにくくなってきました。このあたりで「アイゼンを持ってきたほうが良かったかな?」と頭をよぎりましたが、後の祭りです。





スーパーB級コレクション伝説-takamizu7

           +ZOOM


 惣岳山の山頂。まるで雪国の山寺のようです。

 

 実は惣岳山山頂の真下辺りで雪で道を見失ってしまいました。

 最初に山肌に沿って雪を踏み固められた道を辿ったのですが、100メートルほど行ったところで道がなくなってしまいました。どうやら林業用の作業道に入り込んでしまったようです。

 間違いに気が付いて元に戻った後、斜面を見ると登山者が一人登って行きます。そこがルートなのだろうと思い込み後について登って行ったのですが、雪と枝打ちしたまま放置された杉の枝が斜面に堆積して足に絡み非常に登りにくく、何度が滑落仕掛けました。

 結局「おーいA、ここ違うんじゃないか?」と声をかけたときは惣岳山の山頂の祠が小さく見えていました。登山道が迂回する西側の斜面をよじ登って来たようです。それにしても先行して登っていったあの登山者は、登山道ではないことを知って登っていたのでしょうか?






スーパーB級コレクション伝説-takamizu8

           +ZOOM


 惣岳山直下の岩場も怖かったですね。とても写真を撮る余裕はありませんでした。


 さて岩茸石山に向かう途中の眺めの良い南斜面。所沢方面の眺望が開けます。





スーパーB級コレクション伝説-takamizu9

           +ZOOM


 まるでUFOのような西武ドーム、その向こうに都心の高層ビル群が見えます。

 冬場の天気の良い日には西武ドームが見えることは多いのですが、都心のビルがこんなに良く見えたのは初めてです。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu10

           +ZOOM


 そして、岩茸石山の山頂。





スーパーB級コレクション伝説-takamizu11

           +ZOOM


 秩父山系がきれいに見えます。





スーパーB級コレクション伝説-takamizu12

           +ZOOM


 この風景、どこかで見たことがあるなあ、とずっと考えていたのですが、帰宅してから思い出しました。スキー場です。でも足は夏用の登山靴に雨用のスパッツ。このルートに20回以上来ていると豪語する相棒はスニーカーにGパンという軽装。山をなめてはいけません、今回も奥多摩のビジターセンターに電話して状況を聞けば、残雪の状況はわかったはずですが、都心では殆ど雪は溶けて残っていなかったので、多分大丈夫だろうと油断をしてしまいました。まさかこんなに雪が残っているとは。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu13

           +ZOOM


 高水山の手前の岩場の下で足元意外は冬支度のA氏。

 高水山の山頂では女性登山者が野点をしていました。山好きにも風流な人がいるものです。





スーパーB級コレクション伝説-takamizu14

           +ZOOM


  高水山を降り、砂防ダムが見え始めるあたりでやっと雪が少なくなりました。

  砂防ダムのすぐ上の沢のところにこんな看板が。348万円、誰が買うんでしょうね?まあ売れることはないと思いますが、できればナショナルトラストのような団体に買い取ってもらって保護してもらえると、登山者としてはありがたいですが。






スーパーB級コレクション伝説-takamizu15

           +ZOOM


 軍畑駅到着、14時25分。約5時間半の行程。

 久しぶりに雪と戯れました。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。