スーパーB級コレクション伝説

ほぼ週刊チョロQ通信の兄弟ブログ。チョロQ、モータースポーツ以外の、グルメ、変なものコレクションなどを紹介してゆきます。


テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-gingerbreadman


 オヤジが高尾山に行っている間に家族はディズニーランドへ。

 お土産は、ミッキーとミニーのジンジャーブレッドマン。

 冬ですなー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-091122takao1

           +ZOOM


 高尾山に行ってきました。

 2009年11月21日8時30分。この日は高尾山の紅葉のピークとかで、高尾山口駅からケーブルカーの駅までの小道もこの通り。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao2

           +ZOOM


 だいたい高尾山って針葉樹の山なので、紅葉が見られる場所はごく限られています。私が高尾山の紅葉と言われて思いつくのは、高尾山口の駅に着く直前に京王線から右手の山に見えるイチョウです。


 この日は稲荷山ルートから5号路で山頂を迂回し、一丁平、城山を通って小仏峠まで行き、旧甲州街道に出てバスで高尾駅まで戻るというルートを計画しました。

 稲荷山ルートの登り口、早くも渋滞です。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao3

           +ZOOM


 稲荷山ルートは殆どがこのような尾根道です。比較的歩きやすいのですが、土壌が滑りやすく、このルートで転んで怪我をしたというい話を結構聞きます。

 ちなみにこの画像の右手斜面の下を、この道に平行して私が好きな6号路が通っています。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao4

           +ZOOM


 稲荷山の東屋で愛用のバーグハウスとストック。

 高尾山位の低山だとストックを使わない人も多いのですが、私は積極的に使い足の負担を軽くするようにしています。もちろん人の多いところでは使わないようにしていますが。

 ここまで約35分。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao5

           +ZOOM


 高尾山の東に位置する山稜では山肌に圏央道のトンネルが見えていました。一時は高尾山では反対運動が盛り上がっていましたが、ここまで出来てしまうと・・・・・。

 高尾山の下にもトンネルが出来ているのでしょうか。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao6

           +ZOOM


 稲荷山の見晴台を後にして暫く行くと、なにやら皆さん同じ方向を見て写真を撮っています。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao7

           +ZOOM


 カメラの先には富士山が。この日最初に見た富士山です。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao8

           +ZOOM


 稲荷山の見晴台から約25分、6号路へ下る道に合流します。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao9

           +ZOOM


 道の降り口にあった看板。

 どうやら6号路は登り専用になっているようです。あのルートは狭いうえに途中に崩落の痕もあって確かに相互通行は危険かもしてません。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao10

           +ZOOM

 

 山頂下の5号路との合流地点。ここから右に行くと6号路と合流しそのまま山頂下のトイレの前へ。まっすぐ行くと心臓破りの階段を経て山頂への最短ルート。しかし今回は5号路を左に行き山頂を迂回して紅葉台の下まで出ます。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao11

           +ZOOM

 5号路のこの部分は一時崩落のために通行止めになっていました。いかにも崩落が起こりやすそうな狭い道です。

 低い山の場合、登山というよりハイキングと言ってもいいぐらいなのですが、高尾山でもこのように狭い登山道では雨などで緩んだ路肩からの滑落事故が一番怖い。

 たとえばこの場所も観光客で賑わう山頂から直線で200メートルも離れていない場所ですが、もしここで滑って斜面の下に落ちたら遭難する確率はかなり高いと思われます。

 まさかこのルートにハイヒールで来る人はいないと思いますが、低い山だからといって決して舐めてはいけません。


 





スーパーB級コレクション伝説-091122takao12

           +ZOOM


 山頂からの階段と5号路の合流地点。この階段の右側が私が歩いた山頂南斜面の5号路、階段の左を行くと5号路は北斜面を山頂下のトイレの辺りまで辿れます。つまり5号路は山頂の下をぐるりと一周しているのです。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao13

           +ZOOM


 上と同じ場所で西側を見たところ。

 まっすぐ斜面を登ると紅葉台、左右に巻き道。高尾山頂までは巻き道も名前が付いていますが、ここから先は名も無き道です。

 ここは左の南斜面の巻き道を行きます。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao14

           +ZOOM


 ほとんど獣道です、誰も歩いていません。間違っていないか、途中で思わず地図を確かめてしまいました。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao15

           +ZOOM

 

 暫く行くと小山の上に東屋があり、モミジが見事に赤く染まっていました。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao16

           +ZOOM


 ほとんど人はおらず、この絶景を独り占めです。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao17

           +ZOOM


 モミジの巻き道と紅葉台からの道との合流地点。階段の左も巻き道になっていますが、このルートはけっこう滑りやすいので注意が必要です。

 ここまで登山口から約2時間。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao18

           +ZOOM


 上の写真と同じ場所で記念写真。

 実はこの写真、ある女優さんのお友達に撮ってもらいました、もしかしたらお姉さんかな?二人連れでしっかり帽子をかぶり、日焼け防止のためか、かなり厚めのファンデーションを塗っていましたが、サングラスをしていなかったのですぐに判りました。

 帰りに紅葉台を上りたくないのだが、どっちの巻き道を行ったらいいかと聞かれました。やっぱり女優さんは綺麗ですねえ。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao19

           +ZOOM


 山頂の展望台ではありません。


スーパーB級コレクション伝説-091122takao20

           +ZOOM


 一丁平です。


 びっくりしました。

 以前はこの場所はなだらかな傾斜の原っぱになっていて、ここに寝っころがってお弁当を食べたり、富士山を眺めたりするのが好きだったのですが・・・・・・。どうやら今年の四月ごろに工事が行われたようです。しかし、ここまで整備する必要があったのでしょうか。

 すこし、寂しい気持ちになりました。


 

スーパーB級コレクション伝説-091122takao21

           +ZOOM


 その見晴台からの眺め。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao22

           +ZOOM


 富士山の絶景だけは変わりません。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao23

           +ZOOM


 城山の山頂まであと少し。

 標高670メートル、この日の最高地点です。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao24

           +ZOOM


 茶屋下の広場から富士山を望む。

 この場所が小奇麗な展望台にならないことを心から望みます。

 ここまで登山口から約2時間40分。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao25

           +ZOOM


 茶屋の前でネコと遊ぶ子供。

 茶屋で飼っているネコでしょうか。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao26

           +ZOOM


 城山から小仏峠を目指します。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao27

           +ZOOM


 城山からはずっと下り。暫く行くとルートは比較的平坦な林にぶつかり、以前はこの林の中はどこが登山道か良く判らなかったのですが、白いペンキでマーキングしてあり歩きやすくなっていました。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao28

           +ZOOM


 小仏峠の山頂。

 ここから少し先に『小仏峠山頂』という道標がありますが、一番高い地点はここです。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao29

           +ZOOM


 ここは、うねる中央高速、相模湖、丹沢山系、富士山が一遍に見られる絶景ポイントです。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao30

           +ZOOM


 高尾山からの道と影信山、小仏バス停への道の分岐点。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao31

           +ZOOM


 分岐点から北高尾山稜を望む。全く紅葉はしていません。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao32

           +ZOOM


 小仏バス停へ至る道。

 子供の拳ぐらいの石が浮いていて、歩きづらい道です。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao33

           +ZOOM


 途中で沢に出会います。

 この辺りから地下水が豊富になるようで、道もしっとりとし、石が路面となじみ若干歩き易くなったように感じました。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao34

           +ZOOM


 駐車場・・・なのでしょうか。ここで砂利道は終わり、アスファルトの舗装道路になります。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao35

           +ZOOM


 影信山へ登る登山口がありました。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao36

           +ZOOM


 この階段を登って行くと景信山。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao37

           +ZOOM


 山が開け、いきなり車の音がしました。

 どうやらこのフェンスの向こうは中央高速、ここは小仏トンネルの入り口のようです。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao38

           +ZOOM


 この道は旧甲州街道です。

 かつては参勤交代の大名行列や甲府に向かう新撰組も通った道ですが、今は人影もありません。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao38

           +ZOOM


 見上げれば中央高速。

 渋滞しています。





スーパーB級コレクション伝説-091122takao40

           +ZOOM


 イノシシが出るみたいですね。

 そうそう、今回5号路以降は念のためにクマ避けの鈴を鳴らしっぱなしでした。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao41

           +ZOOM


 やっとこの日の終着点、小仏バス停。

 地元の町でお祭りがあるらしく、臨時バスが運行されていました。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao42

           +ZOOM


 稲荷山ルートの登山口からここまで約4時間。

 高水三山と比べると、高尾山はずいぶん歩きやすいと今回良く判りました。




スーパーB級コレクション伝説-091122takao43

           +ZOOM


 13時10分、高尾駅北口着。

 途中でオヤツを食べ過ぎたからか、お腹が減っておらず、新宿に着いてから昼食を取りました。

 次はこのルートを逆に行くのも良いかもしれません。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-koyo


 今日の高尾山はちょうど紅葉の見ごろだそうで、ひどく混んでいました。

 とは言っても、高尾山で紅葉が見られる場所はかなり限られている。ケーブルカーの線路沿いの多分人の手で植えられたと思われるモミジくらい。そもそもこの山は杉をはじめとする針葉樹が多いんですね。

 しかし、ここは別。

 観光客はもちろん、登山客もめったに来ないルートのある場所。モミジの紅葉、独り占めです。


 詳しくは後日 m(u_u)m


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーB級コレクション伝説-morinokokagede


 静岡県内某所。

 今にも白雪姫と小人達が出てきそうな家。

 いつもこの前を通っていて気になっていたのだが、今日は時間に余裕があったので車を停めて寄ってみました。

 喫茶店かレストランだと思っていたのですが、ドアの前には『お店ではありません あしからず』という手書きの看板が。

 なんてステキな家なんでしょう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。