2006-11-29 10:54:24

三の酉のぬるぬる煮込みに熟女ママ軍団の魔の手が… ~花園神社の屋台にて~

テーマ:モツ焼き

恒例になっている花園神社の三の酉へと行ってきた。

いわゆる神社の祭りというものが年々寂しい感じになっている中、

酉の市だけは活況だ。

とにかく出店の数がすごい。

浅草に住んでいた頃は浅草酉の市に出掛けるのが楽しみだった。

ここは数百メートルに渡って、通りの両サイドを露天が埋め尽くすという大盛況ぶり。

露天商の見本市みたいになんでも揃っていた。

地元出身の友人といったときなどは、屋台で飲めや食えやの歓待を受けたりした。

隣に座ったその筋らしき人(目高組ではない)からも「ニィちゃん、飲みっぷりえぇのぉ、もっと酒飲めや」とひたすら勧められたり…

浅草地元民のつながりとはなんと強力なのかと関心した次第である。

新宿・花園神社の酉の市は浅草と比べれば規模は小さいものの、

来ている客が面白いのなんのって



hanazono

(毎年、同じ店で買うのである)


それはとりあえずおいておいて、まずは去年買った熊手をお炊きあげしてから、境内にて参拝。

しかるに去年よりもちとBIGな熊手を購入。

いつも買う店は同じだが、どの熊手を買うかでいつも悩む…

宝船がいいか兜がいいか七福神がいいか…

今年は理由あって兜にしてみる。

入山に会社の名前を書いてもらい、最後は三本締め。

お手を拝借、せーの、ヨヨヨイ、ヨヨヨイ、ヨヨヨイヨイ」と店の人が声をかけると威勢の良い声で客から「ソイヤー!」と合いの手が入る。

この「ソイヤー!」という掛け声を気持ちよく言ってくれている集団を見るとこれまた艶やかなホステスとおぼしき一団であった。

うーん、さすが新宿、水商売が元気な街であると納得した。


ふと近くからひときわ大きな声で三本締めどころか十本締めのようなながーい掛け声が聞こえてきた。

花園神社の隣に位置する「東京飯店」が熊手を購入したようだ。

見に行くとこれが見たこともないような超巨大熊手なのである。

しかも、1本ではなく特大熊手も数本見受けられた。

もう何十年も前から買い続け、これ以上大きな熊手が出来ない、というところまできているのだろう。

我が社もそれくらい繁盛してもらいたいもんである。


その後、いつもは近隣の店に食事に出掛けるんだが、今回は神社内の出店に伺ってみることにした。

さすがにどの店も満席でわいわいがやがやとにぎわっている。



hanazono
(見た目は実に美味そうなんだが…)


店頭で串ものを焼く姿なんかを見ているとなかなかにそそられる。

山盛りの焼き鳥もさることながら、煮込み鍋やおでん、サザエ、ホタテなどの海鮮物などなかなかに揃っている。

席が空くのを待ってすべり込んでみた。

早速、ビールと煮込み、焼き鳥を注文する。

トイ面のおねぇさん方乃の一団から乾杯の催促を受ける。

結構、できあがっているようである。

年の頃は30代後半、といったところだろうか。

あきらかな水商売風。スナック、バーのママ軍団のように見受けられる。

あまりの迫力に気後れしながらチビチビとやっていると

あんた、男なんだからそんなにチビチビやってんじゃないわよ!」とママ軍団から叱咤を受けた。

「す、すんません」とかなんとかいいながら、ビールをグイとやってみた。

あーもうじれったいわね、男ならこうでしょうこう」といいながらママ軍団のひとりがコップ酒をイッキした。

「おぉー」と周りは拍手喝采である。

こうなると後には引けない雰囲気だ。

しかたがないので、こっちもコップ酒。

うーむ、剣菱か…イッキはちとキツイ…最近、この手は飲んでないからな…

ま、それもまた人生と思いグイとあけてみる。

いつの間にか店中が注目しているぜ…なんてこった


とそこにホストの一団がやってきた。

どうやらママ軍団の知り合いらしい。

ホスト軍団は来るなり全員、剣菱イッキだ。

すごい様相を呈してきた。

さすが歌舞伎町商売人たちがわんさかと集まっているだけある。

これで来年も商売繁盛することだろう。

しかし、この状況はいささかキツイ。

そうだ煮込みを食わねば、とおもい箸をつけてみる。



hanazono2
(ぬるぬるもつ煮込み 600円也)


ぬ、ぬるい…」

なんじゃこりゃ、と心の中で叫んでみる。

あいかわらず周囲はホストクラブ状態だ。

この雰囲気ならこの味で然るべきか…

うーむ、祭りはやはり地元民のものだといたく実感した。


剣菱とぬる煮込みにあたった私は美味なもつ煮込みを求めて夜の街へと繰り出すのであった…








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-23 09:08:45

モツは刺身で、マッコリは生で ~新宿「赤ちょうちん」は生々天国

テーマ:モツ焼き

モツとは焼くものである、と思われている方はかなり多いんでないかと思う。

レバやセンマイ、ガツなんかの刺身は普通にあるが、シビレ(膵臓)やホルモン、コブクロなんてものは焼いて食べるもの、というのが一般相場ではないかと思う。

が、モツだって新鮮ならば刺身で食べられる

ハラミだってタンだって刺身で食べられるのだ。

牛をまるごと生で食べさせてくれる、そんな素敵な店が新宿御苑付近に佇む「赤ちょうちん」である。


今回は事情があってしばし禁酒をしていた友人Tが、「ついに酒解禁日が来た。うまいもの食って、うまい酒をきゅーっといきたい」とのことから、厳選に厳選を重ねた結果、この店に白羽の矢が立てられた。

ごく普通の引き戸をガラガラと開けるとそこにはヤル気が漂う空間が現れた。

この店はやりそうだ…そんな感じがヒシヒシと伝わる。

いや別に故・小渕首相の写真が飾られているとか、有名人が訪れた痕跡が見受けられるからとかそんなことではない。

煙の向こうに何かが見えるのさ、と気取ったところで、早速、ホルモン刺しの盛り合わせをオーダーする。

で、でてきたのがこちら。


akatyoutin4

(各種生ホルモンが満載のホルモン刺し盛り合わせ)



冒頭に記したモツたちがごっそりと並んでいる。

焼き網があればつい焼いてしまいそうになるが、特製ダレでいただいてみる。

ふむ、なるほど。レバ刺しはプルンとしており、コブクロはコリコリ、ハラミは焼いて食べるのとは違って、ねっとりとした濃厚な味が堪能できる。

ほとんど鮮度が命だけに生の旨味が味わえるのだ。

タレもコチジャン、ニンニク、りんごなどバラエティに富んでおり、好きな味で食べられるのもうれしい。

ホルモンを刺身で食べる幸せをしばし噛みしめつつ、続いてモツ煮込みをいただく。


おぉ、なんか汁が白いぞ

聞くところによると水だけで煮込んでいるとのことだ。

友人T曰く「博多ラーメンのようなスープだ」と言うくらい、ゼラチン質がスープに良く溶け込んでいる。


akatyoutin

(白濁スープが特徴的な煮込み)


ほほぉー、水だけでもつの旨味を引き出すとは中々。

厚切りのモツも食べ出があって、ちょっとうれしくなる。

普通のモツ煮込みのモツの2倍近くはあるだろうか。

ワシワシとした食感と旨味が存分に堪能できるのだ。


そして〆にホルモン焼きのミックスを。

こちらは焼いたからこその旨味が噛めば噛むほどジュワジュワと溢れて口腔内に広がる。

生と焼きの両方を楽しめるのがなんともうれしい。


飲み物はビール、焼酎よりも生マッコリが気分。

作っている酒造が1つしかない貴重なマッコリである。

いわゆるマッコリのまったりとしたテイストはないが、発泡したシュワシュワ感と生モツがよく合うのである。

やはり生には生でいきたい。


まだまだ世の中にはウマイもんがあるねぇ、と久しぶりの酒を満喫した友人Tは、しみじみと噛みしめているようであった。

B級グルメ道の探求に終わりはないんである。



●「出世料理 赤ちょうちん」

住所:東京都新宿区新宿1-18-10

電話:03-3354-7266

営業時間:17:00~23:00

定休日:日、祝日(第2土曜休)



akatyoutin3

(ウマイもん食って素敵な笑顔の我々)



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-16 00:14:41

モツ鍋はやはりごっつい食べ物です ~大森「博多屋」のコリコリ鍋~

テーマ:モツ焼き

モツ鍋がブームになったのは何年前だろうか…

ヘルシーだかなんだか知らないけどとにかくモツ鍋がブームだった時代があった。

ここ2年はジンギスカンだったが、そろそろジンギスカンもモツ鍋的転落人生を歩むことになるだろう。

なんまいだ


とうわけで、久しぶりにモツ鍋が食べたくなったので、モツ鍋探索へと出掛けてみた。

向かった先は大森にある元祖モツ鍋・居酒屋と掲げている「博多屋」。

都内に今も残るモツ鍋屋というと恵比寿の「蟻月」とか「黄金屋」なんかのデートにつかえるモツ鍋屋、みたいなコンセプトの店が人気のようだが、ここ博多屋はいわゆる居酒屋風のごっつりした店。

なかなかウマイ、という評判を聞きつけてやってきた。

軟弱なモツ鍋屋とはわけが違いそうだ。


居酒屋気分で一品料理を数品頼む。

馬刺し、レバ刺し、明太料理にコラーゲンたっぷりの豚足などなど。

いい感じにお酒が回り出したところで、いよいよモツ鍋へと挑んだ。

ここは店員がモツ鍋を作ってくれる。

まずモツが投下され、大量のキャベツが続く。

豆腐、山芋はオプションで。

今回は山芋にチャレンジしてみる。

キャベツがしんなりし出したら食べごろか。


では、評判の鍋にずいと箸を入れてみる。

鍋料理をみんなで食べるときなどはこの一番箸というのが大役である。

煮えたぎる鍋に一番箸を入れ、具をすくいだす。

うむ、今日の鍋はなかなかダシがいいな…」

独り言のようにつぶやきながら、したり顔でみなに目配せなんかをするのがなんとも心地よいのだ。


hakata

(モツとたっぷりキャベツがヘルシーだ)

で、ほぼ一年ぶりに食べたモツ鍋は、モツのコリコリ感を味わいながら

「そうだ、これだよ、ひたすらモツを噛みしめるのがモツ鍋だぜぃ」と納得なんかしたりして。

このモツのコリコリ感というのは独特のものがあって、

歯ごたえはあるんだけど、弾力もあって、プチッと弾ける感じ…ってのかなぁ…

私は貝類だとかミミガーだとか軟骨だとかコリコリ感のある食べ物を好んでいるが、

モツ鍋のモツのコリコリはひと味違う、ように感じている。

これが鍋でなくモツ焼きなんかの場合だとこうはコリコリしていない。

焼くより煮た方がコリコリするのはどういうわけか?

ES細胞同様、学術的な解明が待たれるところであろう。


しかしまぁ、モツ鍋をつついているとしみじみ「なぜこの鍋にスポットが当たったのか?」とふと思ってしまう。

確かに低カロリー食品として脚光を浴びる要素はあるのだが、ヘルシーだという切り口だけで間違ってスポットを浴びてしまった、といった感じだ。

ま、そう考えるとモツ鍋もジンギスカンもテーマは「ヘルシー」だったわけだ。

女性ウケするものがブームを作り、そして飽きられていく

女心と秋の空、女性は常に残酷なんざんすね。


出し汁が染みたコリコリのモツはやはりヘルシー食品などといったカテゴリーに含んでほしくない感じ。

ごっつりと味わいたいものである。



●元祖・モツ鍋居酒屋 「博多屋」

東京都品川区南大井3-34-6

電話:03-3768-0399
営業時間:17:00~24:00(月~金)
      17:00~22:00(土・日・祝)










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-13 11:01:34

秘伝のタレ壺を見よ!麻布十番商店街の老舗やきとん屋 ~「あべちゃん」に憩う~

テーマ:モツ焼き

東京で一番、粋な商店街はどこか?

といった質問をしたときに多くの人々は麻布十番商店街を挙げるのではないだろうか?

麻布十番納涼祭りは、若者度が最も高いお祭りだし、

たい焼き屋の代名詞ともいえる「浪花屋総本店」に

麻布十番温泉などの老舗も健在、

いまどきのカフェもあれば韓国料理屋が多数集まっていることでも有名だ。

そして、商店街の隣には六本木ヒルズがドーンと聳え立っている。

古さといまが混在する、ある意味、粋な商店街なのである。


そんなわけで、夏間近の麻布十番商店街を楽しむべく出掛けてみた。

テーマは風呂上がりの一杯

恵比寿の友人宅から30分ほどジョギングをして、

温泉に浸かり、

しかるにビールをプハーッとやろうじゃないかという趣向だ。

粋な商店街には粋な男がよく似合う。


ま、粋かどうかは別としてもひと汗かいた後の温泉は気持ちいい。

麻布十番温泉本体ではなく、銭湯版である越の湯へと向かう。

麻布十番温泉は値段も1260円と高い上に浴槽が何せ狭い。

大人二人入れば満杯という恐ろしさ…

銭湯料金で温泉が楽しめる銭湯の方が気持ちいいというものだ。

地下500メートルから引いているという温泉は黒光りした重曹泉

本格志向のお湯に浸かっていると肌がつるつるしてきた。


そしていよいよビールタイムだ。

友人が前から目を付けていたという、「あべちゃん」というやきとん屋へと赴くことにする。

この店は昭和8年から屋台で営業していたという老舗中の老舗。

長年、継ぎ足しながら使われてきたという秘伝のタレが名物だということだ。

なにはともあれビールで乾杯。

渇ききった喉に麦酒を流し込む瞬間は何にも代え難い

この瞬間のためにいままでどれだけの汗を流しただろうか…

私が最高の表情をする一瞬でもある。(そんなモン誰も見たくはないだろうが)


店内はいかにも麻布十番的な客層である。

やきとん屋らしい労務者風もいれば、若いカップルもいれば、ネクタイ姿もチラホラ目立つ。

ただなんとなくではあるが地元色が薄そうな気がした。

まさかこのうらぶれた感じのオヤジたちが麻布十番の住人だとは思えない

いや、戦後はこの辺り一帯は青線(政府未公認の売春地帯)だったというから

案外、そうなのかもしれないが。


開放感ある店内で飲むビールはやはりうまい。

窓際の席に陣取れば、ちょっとした縁台気分が味わえそうである。

夏には縁台でビール。

あー風流だね~、ってなもんですね。


abe

(これが秘伝のタレ壺だ!周りにこびり付いているタレがスゴイ)


レバー、かしら、つくねなどの串ものと名物である煮込みをオーダーする。

煮込みは味が染み渡ったかなり濃厚なお味。

モツのひだひだにも滋味を感じるなかなかの一品だった。

焼き物に関しては普段は塩派の私であるが、

秘伝のタレ壺を見てしまった後ではタレでいかざるをえない。

なにせタレ壺の形状がスゴイのだ。

浅間山から溶岩流が流れ出したようにびっしりとタレがこびり付いている

さすが40年も守られている秘伝の壺だけのことはある。

凝縮された旨味成分がじんわりと口腔内に広がっていく。


麻布十番で食べる老舗のやきとん屋の味…

都会のド真ん中でほんの束の間、下町気分に浸れる風流なスポットである。


●「あべちゃん」

港区麻布十番2-1-1

電話:03-3451-5825

営業時間:11:30~13:00、15:30~(L.O.22:00)

定休日:日曜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-25 04:33:12

やきとん屋こそ酒飲みのオアシスである

テーマ:モツ焼き

やきとん屋、というとなにかこうヤキトリ屋に比べて大人な感じがする

なにせ食うのはモツだ

豚の内蔵を食らうというのは、鳥肉を食べるのよりはやはりワイルドである

なにせ安い

1串100円くらいで、おつまみも100円~300円程度のものがほとんど

たらふく食べて飲んでも1人2000円もしないだろう

いかにもの飲兵衛が幅をきかし、女子供を寄せ付けない雰囲気を醸し出しているのがたまらない

場所も繁華街よりは中央線沿線だとか西武新宿線だとかの世界が似合う

野方の「秋元屋」もそんな素晴らしきやきとん屋である

やきとん屋は豚モツを食らうところだからして、メニューもちょいと変わっている

レバ、ハツ、カシラなどはヤキトリでもポピュラーであるが、

オッパイ、テッポウ、チレ、コブクロ……

といったあたりは知らなければなにがなんだかわからん部位である

ちなみにオッパイはそのまんま豚の乳、テッポウは直腸、チレは脾臓、コブクロは子宮である

「今日、いいオッパイ入ったんだよ」

「いいね、オッパイ。ピンクでキレイじゃない」

などという恐ろしい会話が店内ではやりとりされるんである

まるで変態の集まりだわな

でもって、アルコール類もやきとん屋ならではのこだわりが伺える

酎ハイとニホンシトロン(幻の炭酸と呼ばれている。泡がシュワシュワともの凄い勢いで立つ)の組み合わせは文句なし

焼酎もキンミヤ が気分

トリハイ(トリスのハイボール)や生ホッピーもいいっすね

これらがだいたい350円くらいで飲める

幸せなことこの上ない

ちなみに「秋元屋」では日本酒の品揃えもなかなかのものである

あと忘れちゃならないのがもつ煮込み

この出来映えで、幸せ気分に一層、拍車が掛かるかどうかが決まる

「秋元屋」のもつ煮込みは玉子入りで380円とお値打ち

旨味がよくモツに染みている

まさに酒飲みのための食べ物といえるだろう

それとこの店の名物がキャベツ、である

大ぶりにザックリとカットされたキャベツを味噌につけて食べるんであるが

これがなんというか清涼感があってよい

キャベツのデッカイ固まりをバリバリボリボリ

大阪の串カツは無料で食べ放題のキャベツがあって

ソースをつけて食べたりするが、

あの場合はしなびちまったキャベツを1枚、1枚をかじる

こっちの場合は固まりにガブリ、である

しかも歯ごたえサクサク

濃厚なモツの味がキャベツですっきりしていくようだ

あんまり長居をするのは無粋ってもんだ

飲んで食って、サクッと帰るのがいいやきとん屋での過ごし方

新鮮なモツを存分に味わって、スペシャルな焼酎を味わって

これで2000円なら涙が出てくる

私のROAD TO MOTSUの旅はまだまだ続くんであった…

●やきとん「秋元屋」

 中野区野方5-28-3

 03-3338-6236

 営業時間:17:00~24:00(月~土)16:00~22:00(日・祝)

 定休日:水曜

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。