2009-06-13 22:10:11

静岡おでん再び

テーマ:地方B級グルメ
静岡が誇るB級グルメといえば、「静岡おでん」で決まりである。
いや、別におでんがB級というわけではないんだが、静岡のおでんにB級ムードがプンプンと漂っているのだ。

その筆頭といえるのが「青葉おでん街」か。

B級グルメを愛してる!

何せご覧のように怪しいのだ……
これじゃまるで温泉街のおピンクゾーンである。
ちなみに青葉おでん街の歴史は戦後に遡る。
一時は200台もの屋台が軒を連ねており、その様はFIFAランキング1位のスペイン同様“無敵艦隊”と呼ばれていたほど圧巻だったという。
昭和32年の都市開発で多くの屋台は姿を消したが、その一部が「青葉おでん街」移転して、今もその灯りを守っているというわけだ。

といった解説をしていてなんだが、今回は青葉おでん街ではなく、静岡おでんの名店と噂の高い「こばやし」へと。

B級グルメを愛してる!

こちらのお店も昭和30年代に創業した老舗。

B級グルメを愛してる!

店内はカウンター席と座敷席があるが、座敷席の方が妙に落ち着く。

B級グルメを愛してる!

簡易な感じが良いです。

といったわけで、「静岡おで」をいただいてみる。

B級グルメを愛してる!

うむ、旨そうだ!

B級グルメを愛してる!
こんにゃく

B級グルメを愛してる!
すじ

B級グルメを愛してる!
厚揚げ

B級グルメを愛してる!
そして、静岡おでんの代名詞ともいえる「黒はんぺん

イワシやサバを骨ごと砕いてすり身にするので、黒っぽい色となる。
静岡ではんぺんといえば、言わずもがな、黒はんぺんのことを指すのだ。

黒いのははんぺんだけではない。
スープもこれがもーーってくらいに真っ黒なのだ。
こんな黒いスープにおでんをいれて大丈夫なのだろうか、と不安になるくらいに黒い。
なにせ継ぎ足し継ぎ足しで何十年も使われているのだ。
しかも、原料には牛すじが入っていたりして、日々黒さが増していく、という話だ。
よって、静岡おでんを食べるときにはすじと黒はんぺんは欠かせない。

ちなみにおでんには青のりとダシ粉をかけるのが流儀。

B級グルメを愛してる!

ダシ粉はサバやイワシの魚粉からできている。
ま、早い話、この粉がなければ静岡おでんとはいえない。
おでんの調味料といえば和辛子がメジャーだが、真っ黒スープに浸かったこのおでんにはダシ粉がよく似合う。

富士宮焼きそばにつけナポリタンに静岡おでん
静岡県はB級グルメの有力物件にあふれている!


「こばやし」
静岡県静岡市葵区紺屋町5-1
054-252-4932
17:00~22:00
定休:日曜
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

米川伸生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■おおっ!

私は静岡に来て5年になりますが
未だに黒はんぺんだけは美味しいと思えません(^^;
クセが強いんですよね。好みにもよりますが・・・。
そんで富士宮焼きそば!
県外出身の私は「輪ゴムを食べてるよう」な食感がイヤでした。
5年も経てばこればかりは慣れましたが。

私の場合、B級グルメといえば富士宮焼きそばってかんじです。
地元だから(笑)

コメント投稿

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。