2005-08-04 19:00:01

さぶちゃん的絆の半チャンラーメン ~神保町「さぶちゃん」のおすぎとピーコ道~

テーマ:ラーメン

いまにして思えば「そういうことだったのか」ともの凄く納得することがある。

神保町にある「さぶちゃん」という名前のラーメン屋だ。

ここに初めて訪れたのは高校生の頃だからもう相当、昔のことになる。

神保町で洋装屋をしている友人から「近所にうまいラーメン屋があるから食いに行こう」と誘われて行ったのがこの店だった。


いまでも貧乏そうな学生が行列をなしていて、

人気ラーメン店の行列とはひと味もふた味も違う様相を呈しているが、

当時からこの店に並ぶ学生たちには報われないなにかが漂っていた。

カウンター7席だけの小さな店で、さぶちゃんことオヤジと助手のオッサンが二人でまかなっている。

名物はこの店が元祖ともいわれている半チャンラーメン

ラーメン+半チャーハンの満腹メニューがなんと650円(確か高校時代は400円だった)という低価格にあっては

貧乏学生も大満足、ってなところであろうか。


ラーメンはなんの一見何の変哲もないごくごく普通のラーメンにみえる。

半チャン用のラーメンは具もチャーシューのみとシンプルもシンプル。

鶏ガラベースにショウガの味がキュッと効いている、ってのが特徴だろうか。

細麺だがそこそこコシはある。

楽しみは半チャンの方だろうか。

醤油ダレを使ったチャーハンは味が染みこんでいてなかなかイケル。

ちょいと油の量が気になるが、この値段ならば十分だろう。



sabu
(これがシンプルラーメンと半チャーハンのコンビです。

さぶちゃんのオヤジと助手の関係…とは違います)



そんなわけで、客のほとんどは半チャンラーメンを注文している。

店のシャビーさと相まってそれはのどかな神保町的風景に見える。

が、ここ神保町にあって、なぜか新宿二丁目的な光景がここ「さぶちゃん」では繰り広げられることになる。

怪しい…とにかく怪しい、のである。

なにが怪しいかというとオヤジと助手の関係が怪しい。

私は初めて訪れたときからその怪しさにはド肝を抜かれていた。


オヤジはゴマシオ頭の江戸っ子ポイ感じのいかにものスタイル。

助手は…そうだなぁ…髪の毛は70年代のソウル野郎風

ひょろっとしたやさ男である。

年はオヤジよりちょい若いくらいだろう。

この助手とオヤジの関係に二丁目の匂いがプンプンと漂っているのである


まず助手の言葉遣いがもろにおすぎとピーコである。

誰しもが「その筋の人か…」と疑うことだろう。

丼を洗う仕草もオ●マそのものである。

この貧乏学生の巣窟みたいなところで、

「だ、大丈夫か。ここは…」と思わざるを得ないことだろう。


さらにこの助手に対するさぶちゃんの態度がヒドイ。

あからさまに高圧的であるし、ちょっとしたことでもけなしたり、文句を言いまくる。

「何もそこまで言わなくても…」

客である我々の方が、ドキドキしてしまう。

高校生の頃の私はただ単に威厳のある主人と使用人の関係、と思っていただけだが、

実は違うんじゃないかと思い始めた。

まさかこの江戸っ子のさぶちゃんがそっちの筋…とは考えもしなかったが

意外にあるかも…とか思えなくもない。


するってぇと、なにかい、S&Mの関係ってわけかい?

と熊さんは聞くかもしれない。

しかし、これ以上はあぶなくて書けない。


が、ハタと気がついた。

だから、『さぶちゃん』なのか…」(わかる人はわかると思いますが)

なるほど義兄弟、兄弟船の世界ですね。


神保町に漂う二丁目の世界…

それが「さぶちゃん」なのである…



●「さぶちゃん」

東京都千代田区神田神保町2-24

電話:03-3230-1252

営業時間:11:30~15:00 16:20~19:30

定休日:日曜・祝日

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

米川伸生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■無題

honntoukayo?
kawagoe wa nannte itteru?

4 ■いもやもなつかしいです

ご飯一粒も残さず食べたら大盛りはタダ。
ツユがどっかのチェーン店みたいに化学調味料をきかせてない自然な味なのがいいですね。海苔のてんぷらがなつかしい。

3 ■さぶちゃんの行列

あいかわらずです。
夕方など開店30分前から並んでました。
隣の「いもや」の天丼も気になりますが…

2 ■おなかすいてきちゃいました

うまそうですね~
チャー半食べたい~
ラーメン、チャーハン、餃子は最強!

1 ■さぶちゃん、懐かしすぎる…

ちなみにチャーハンのほうはラーメンスープのタレで味つけしていた記憶が…わたしのころは30分、40分待ちはあたりまえでしたが、まだあの細い路地に行列はできてるんでしょうか…

コメント投稿

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。