昨日のブログで敏感(HSP)体質のことを書きましたが、

ブログを読んでくださった知人の方々から、

自分も結構、チェックリストに当てはまる項目が多いと

SNSの方にコメントをいただき、私のように、それほど

具合悪くはならない人もいることに気づき、

また、ちょっと調べてみました。

 

HSPが過敏になる理由

 

前回「HSPは種の保存のために存在する」と書きました。

「危険を知らせる役目ですよ」って。

と、言うことは危険に早く気が付かなくちゃいけません

だから過敏なんです。
どんな細かな変化も見逃さないように。

だから・・・・

危険の多い環境にいるとより過敏になるのです。

例えば・・・、
常に誰かの顔色をうかがっていなくてはいけない
安心していられない環境
実際に心身への被害がある環境
抑圧されている
溺愛されている
常に気にかけられている
厳しすぎる
などなど。

「良かれ」と思ってしたことでも刺激になってしまう場合があります。

*~*~*~*~*~*

私もHSP度合いには人生の中で波があります。

一人で自由でお気楽だったときや、
安心できる環境にいた時はほとんど問題がなかったのですが、
抑圧され、神経を常に張り巡らせなければならなかった時は過敏になっています

特にスピリチュアルな感覚については顕著だと思います

 

子どもの頃から、あまり安心できる環境にはいなかったし、

夫婦と息子と3人で暮らしていた頃は、そうでもなかったけれど、

33歳で夫の両親の隣で暮らし始め、35歳の時に

絶不調になったんだっけな~。

それは私が勝手に自分で抑圧していたんたけど・・・。

 

そして、昨日、年越しをしてしまった夫の検査結果が出まして、

2月に手術することとなりました。

 

年が明けて、やっと、父を亡くした悲しみから復活の兆しを

自分でも感じていたのですが、昨日は結構、私自身は

落ち込みましたショボーン

 

笑顔推進委員会の新春に開催し、好評いただいた「おうちカフェ」や

昨年から毎月続けていた子育て支援「サルビアの会」、

そして、お手伝いしている「らぽーる」に関しましても、

しばらくの間、お休みとさせていただきます。

 

ブログは、気が向いた時に更新しますねニコニコ

 

 

 

AD