安曇野の四季  宮下 鉃 写真ブログ

信州安曇野の風景写真を中心に信州の櫻・信州の祭りなどを撮影しているフリーランスカメラマンです。
四季を通じて安曇野の空気感をお届けできればと思っています。
祭りの写真は自分の写真表現として加工せずに人物をそのまま掲載していますがご容赦願います。

NEW !
テーマ:

信州の櫻 39 シーズン2017 

 安曇野の枝垂桜達

 

 

 #信州でよかった!

 

 

 

  私は、過日も書きましたが信州の櫻を本格的に撮影初めて19シーズン目となりました。手持ちの櫻の銘木をリストアップした資料整理をしました。撮影しながら随時増やしてはいるのですが、それが、400を超えて407本(箇所)となっていました。

 まだ、未撮影の櫻も半分弱あって特に北信方面が有名どころ以外は、手薄になっていました。これは、毎年南信から櫻を追いかけて、中信地方を撮影しているうちにいつの間にか北信の櫻はピークを越えていることの繰り返しだったからです。

 このリストにも載せていない、路傍の無名櫻は、数限りなくあります。時としてそんな桜が私を魅了することも多くあります。

 そんな時、「#信州でよかった!」と感じています。これほどの密度で櫻の古木に会えるのは、全国でも福島・奈良そして信州位ではないでしょうか。特に江戸彼岸・江戸彼岸系枝垂桜・彼岸桜・小彼岸桜・大山桜、山桜、あと、栽培種で言ったら数限りないと思います。

 まだ会えていない櫻に思いを馳せて体力の続く限り撮影を続けようと思います。

 4月1日から連続ブログupをつづけています。ご訪問いただく皆様には、見飽きたと思いますがもう少し櫻をご覧ください。

 今日は今年の安曇野の枝垂桜の一部でまとめてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 38 シーズン2017 

 梓川小室 榑沼家墓地の枝垂桜

 

 この櫻は、表通りから離れたところにあり、まだあまり知られていない枝垂桜で、濃紅色の花は周囲からひときわ目立つように私を迎えてくれた。

 周囲には農家が数軒しかなく、人通りもほとんどない、おそらくまだ、あまり撮影されていない櫻だと思う。数年前にこのご近所の老人と話をしたときに、この櫻もだんだん弱ってきている。墓地の埋葬方法が変わって、養分が取れないからではないかと話していて、なるほどと思ったことがある。

 西行法師の「花の元にてわれ死なむ」の通り人は死しても桜の花を咲かせるエネルギーになっていたことから、安曇野の民は、墓地に枝垂れ桜を植えて、毎年この季節に花を愛でながら個人をしのんで来たことだろう。

 日本人が桜の花に特別な思いがあるように、安曇野の民には、枝垂れ桜は墓地に眠る人々の上に傘を広げるよう覆ってくれる特別な花であると思う。そんな思いに浸りながら、ひたすらシャッターを押し続けている。

 (4月21日撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 37 シーズン2017 陸郷の櫻

 

 

 4月22日は、池田町の陸郷の櫻の撮影に出かけた。北側の二本松方面から豊森公民館(桜仙峡)を経て、陸郷の里を俯瞰で撮影し、その後、陸郷へ下って、鞍部から天崎まで歩いて1日撮影を続けた。

 まさに春爛漫と言って良いほど光に満ちて桜が輝いていた。山桜は、風に揺られて、花弁が散っていたし、大山桜の濃紅色の花が今盛りと咲いていた。

 陸郷は、外界と隔離されたような別世界で、満開の櫻が私を出迎えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 36 シーズン2017 

 駒ケ根市中沢地区の櫻・中曽根の櫻

 

 4月19日撮影した、駒ケ根市中沢地区の上の平の枝垂れ・曽根地区の枝垂れを掲載します。この日は、風が強く、枝垂れ桜の枝の揺れを意識して撮影をしました。空の雲もしきりに流れていました。

 1枚のスチール写真の中に時間の流れを表現をする手法として、スローシャッターで動きを表現する方法があります。桜の場合、あまり流れすぎてもいけませんので私は、1/25~1/60のシャッターで、揺れの速さによって選択をしています。

 

 ≪上の平の枝垂桜≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪中曽根の枝垂桜≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 35 シーズン2017 西丸尾の桜

 

  4月19日、中川村美里西丸尾の小池さんの枝垂桜が見頃との判断から、午前中に撮影に出かけたところ、ちょうど良いタイミングでした。

 最近は、主人公の枝垂れ桜(400年以上)と、脇役の小彼岸桜が育ってきて、北東方向からはそのコラボとして撮影できるようになった。以前の北側方向からの躑躅とのコラボは、経年変化により、難しくなってしまった。同じ櫻でも経年変化により、周囲の環境が一変して全く別の画面構成になってしまったり、桜自身の形状が変化したりということはよくあること。 毎年、同じ櫻を撮影に出かける理由のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茅葺民家と櫻

 

 

 

2種の櫻

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 34  シーズン2017

 今年初めて出会った櫻2本

 

 信州の櫻を本格的に撮影を始めたのが1999.4.3なので、今年が19シーズン目となりますが、この間300本(箇所)以上の櫻をリストアップし、撮影をして来ました。毎年繰り返し、撮影している櫻や周囲の環境で作品としての撮影を断念するものも中にはありましたが、それでも毎年1月余りの期間、集中して撮り続けてきました。

  そんな中で、名もない櫻ですが今年初めて出会った2本の櫻があります。その櫻は、飯島町内にあり、近くを通っていても、今まで盲点のように出会うことはありませんでした。飯島町の道の駅で車中泊をし、朝早く雨の中を櫻を求めて移動している途中に、その櫻が私を導いてくれました。誰もいないその2本の櫻の前に立った時、寒さもあって、思わず震えが来ました。

 こんな出会いが毎年1本でもあれば、それだけで櫻を撮影するエネルギーになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 33 シーズン2017

 岩原と黒沢川堤防の櫻

 

 昨年まで「染井吉野」は、あまり被写体として狙っては来なかったわけですが、あまりそれだけにこだわるのもおかしいかなと思い、今日は染井吉野だけで構成してみました。岩原は、安曇野の最南端になります梓川の堤防沿いの地籍です。ここには、染井吉野がたくさん植わっていて、中には姿の良い樹もあり、のどかな春の雰囲気を醸し出してくれました。美ケ原や北アルプスを背景にできる場所です。

 黒沢側は、三郷温ノ地籍になりますが、川は黒沢岳から流れて来て安曇野を潤しています。ここでもその堤防上に染井吉野が沢山植えられています。こちらは、工場や民家があって、背景はあまり選べません。

 染井吉野は、クローンで増えていてその原木は、豊島区の染井村にあったそうですが、全国津々浦々にまで苗木が行き渡っていて、今や花見の多くがこの櫻のようですね。東京の染井吉野は、色がとても薄く、白に近いイメージがありますが、信州の染井吉野は、しっかりピンク色に染まっています。お花見の宴会客がいないのが良いですね。信州は、どこに行っても櫻が楽しめるため、上野公園のように花より人の方が多いような光景はあまり見当たりませんね。

 

≪岩原の染井吉野≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪黒沢川堤防の染井吉野≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 32 シーズン2017 常念岳と櫻8景

 

 今日は、今年撮影した櫻の中で安曇野から望む常念岳に焦点を当てて見ました。安曇野から望む常念岳は、ひときわ目立つピラミッド型の霊峰です。北アルプスの南部にあり、標高2,857m、安曇野の豊科より南からは、前常念岳と重なって見えることから、ピラミッド型の独立峰のように見えますが、逆にそれより北側から望むと左側に前常念岳がはっきりと見えて来て、いかり肩のような形状になってきます。安曇野の写真で、常念岳が写っていると、撮影場所がおおよその見当が付きます。

 4月の末頃には、前常念岳の向かって右側斜面に徳利を手にした黒い常念坊の雪形が現れ、安曇野の民に田植えの時期を知らせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                              ↓常念坊の雪形(出始め)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラ このたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻 31 シーズン2017

 中央アルプスと小彼岸桜

 

 

 中川村付近では、小彼岸桜が多く植えられている。あまり大きくならないこの櫻は、幼木でも花付きが良く華やかなため多く植えられているのだと思う。

 この日は、背景の中央アルプスがくっきりと姿を見せていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中川村の大草公園では、小彼岸桜や枝垂桜が満開を迎えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラこのたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

信州の櫻  30 シーズン2017 下平家の枝垂れ

 

  気が付いたらブログが302回目の更新になっていました。そして信州の櫻シリーズも30回目になっています。今年の櫻は、まだまだこれからです。

 今日は下伊那郡松川町新井の下平家の氏神様に植えられている枝垂れ桜です。今回は、遠方より望遠レンズで背景の中央アルプスを引き寄せて画面構成をして見ました。背景に電柱や電線があり、それらを画面から排除するぎりぎりのフレーミングです。

 また、樹の南側直下から風に揺れる枝垂れの枝を捉えてみました。枝垂れの枝の風に揺れる様はなんとも言えない風情がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、下伊那郡高森町山吹新田原、小平さんの氏神様の「新田原の江戸彼岸」。これは、既に過去分で掲載しておりますが、今年の1枚を掲載します。

 

 

 

 

カメラこのたびは、私のブログにご訪問いただきありがとうございます。

 ≪掲載写真の著作権は、筆者にありますので転用はご遠慮ください≫ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。