FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:
姫一号の時も、姫二号の時も、そして今回も・・・・産後2週間~3週間くらいのときにかなり気分が落ち込み・・・・産後うつ状態になりました。

今回もやはり体の疲れからでしたが、なんと言っても、一人で上のふたりを見ながらなので、絶対的に人手が足りず、疲労困憊でした。

産後4週間近くなった今となっては、「あれも産後うつの一つの症状かな」と冷静に振り返られるのですが、その渦中にいるときは自己嫌悪に陥るし、もう悲劇のヒロイン状態で・・・・。

姫二号のヤダヤダ、姫たちの喧嘩の仲裁ばかりな毎日にイライラして子ども達を怒り、怒ればますます子ども達は泣いて収拾つかなくなるし、そういう状況で、自分はなんて育児ができない親なんだろうと自分を責め・・・・悪循環でした。

その後、姫二号が昼寝しなくても、それを無視して、自分だけちょっと横になってうとうとするだけでダイブからだが楽だと発見(?)してからは、ちょっと気が楽になってきました。

そしたら、子ども達も落ち着いてきたような。

やっぱり子供は親の心を反映するんですね。

11月からは姫二号が保育園退園になるので、今よりもっと大変になると思いますが、いろんなところにヘルプをお願いしながら、ダンナさまにも甘えるところは甘えながら頑張っていこうと思います。

それはそうと、産後うつ状態の時に、「育児を楽しんでね」という言葉はかなり重荷でした。

とても楽しむどころじゃなくて、一日一日を無事過ごすことだけで必死だったので。

楽しむ境地になれない自分を責めたりして。

「育児を楽しむ」という言葉はよしあしですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
毎日、おむつ替えと授乳と、そして姫たちのワガママにおつきあいしながらバタバタと過ぎていっています。

一日が短いような、でも長いような、不思議な感覚です。

忘れないうちに出産レポートを書いておかないと、と思い、パソコンを開きました。


10月2日午前2時
10分間隔くらいで軽いお腹の痛みが。
でも3時くらいにいったんおさまりました。またいつもの前駆陣痛か??

午前5時すぎ
また10分間隔で痛みが。
朝方いつも便意をもよおし、「スッキリ」するとおさまる、というのが数日続いていたため、今日もそれかな、と半ば陣痛を疑いながらもトイレへ。
トイレで「スッキリ」したにもかかわらず、まだ痛みが続いていたので、もしや、と思い、ダンナさまを起こし、病院への電話を促され・・・・電話をしたところ、「おしるしもあったし、陣痛でしょう」ということになり、タクシーで一人病院へ。
診察を受け、子宮口3㎝くらいあいているとのこと、そのまま入院になりました。

7時
入院が決まり、陣痛室にて待機。
おとなりでは、初産の人がうなっていました。夜中から陣痛が始まったらしく、眠いといいながらうなっていてかわいそうでした。
助産師さんからは、「きっとazumincleさんがお産早いだろうから、(お隣の人を)抜かしちゃうだろうね」と言われました。

8時過ぎ
病院の朝食が出ました。
陣痛の合間にほぼ全部食べました。
陣痛の間隔は5分おきくらいになり、「やっぱりお産進むのはやいね、経産婦さんは!」と助産師さん。

9時半
だんだん我慢できない痛みに。
子宮口は7㎝大。
全開になるまえに分娩室に行きましょう、と声をかけられました。

10時すぎ
ようやくダンナさまと姫たち病院に到着。
姫たちの顔を見てちょっと和んだけれど、痛みは増すばかり。
助産師さんは点滴などの分娩の準備を始めました。
そのあと10時半過ぎにいよいよ分娩室へ。

分娩室にて
分娩室で10分もたたないうちに子宮口全開になったけれど、破水せず、「まだいきまない!」と言われ・・・一番苦しい時間でした。
全開大になったと、助産師さんが先生に電話するとすぐ先生が駆けつけてくれて・・・・でも、「力抜いて!いきまないよ」と言われるばかり。
こちらはいきみたいのに・・・・!!
と思っているうちに、「あー、でちゃうでちゃう!破膜して!」と助産師さんの声と同時に、先生が「切開しますよ!」とのこと、どうでもいいから切って早く出して!!という思いでした。
そして切られた痛みなのか、赤ちゃんが出てくる時の痛みなのかよくわからないまま、「いたい~!!」と言いながらにゅるっと出てきた感覚が!
「おめでとうございます!ぼっちゃんですよ!」という声の後、赤ちゃんの産声が聞こえました。
午前11時7分でした。

その後
赤ちゃんを見せてもらい、分娩室の外で待機していたダンナさま、姫たちも赤ちゃんとご対面。
姫二号は、うんちのいきみと、眠さで大泣きしているのが分娩室まで聞こえてきました。
前回同様、子宮収縮がよくなく、出血が多く、私は分娩台で子宮収縮剤の点滴を受けていました。
でも、分娩室で処置できたので、前回(部屋に戻ってトイレに一人で行った時に大出血)ほどひどくはならずにすみました。
そしてかれこれ2時間たち、点滴をしたまま部屋に戻り、またそこでもしばらく安静にしていました。
あ~、男の子か・・・・と、感慨深く出産を振り返ったりしていました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出産レポートはまた落ち着いてから書くことにして・・・大忙しの産後の生活が始まりました。

やっぱり一番手がかかるのは赤ちゃんではなく、姫二号ですね・・・。

「末っ子」の座を奪われ、かつ、魔の2歳児まっただ中、ヤダヤダ炸裂、ワガママ炸裂状態です。

かなり大変で、姫二号が家にいる時は全く休めない状態ですが、それでも救われているのがダンナさまのサポートです。

産後ばかりではなく、生まれる前もそうでしたが、姫二号がワガママ炸裂で私がキレそうなとき、必ず私の味方をしてくれます。

「相手が子供なんだから、そんなことでイライラしなくても・・・」とか思ってもいいようなことばかりだと思うのですが、キレている私を非難するのではなく、姫二号に対して、「ママをたたいちゃダメだよ!」と怒ってくれたり、出勤する時は、「ママを困らせちゃダメだよ、いい子でね」と声をかけたりしてくれています。

もっとも、だからといって、姫二号はすんなり「いい子」には決してならないですが、ダンナさまのそういう対応で、こちらとしてはとても救われます。

姫二号が保育園に行くのは10月いっぱいで、11月からは毎日家にいる生活になりますが、こういう心理的サポートもあるので、なんとかハラをくくってがんばっていこうと思うこのごろです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかげさまで、10月2日午前11:07に、男の子が生まれました。

3021グラムの元気な赤ちゃんでした。

お姉ちゃんたちが10日の誕生日、パパが20日誕生日なので、女の子だったら、10月1日、男の子だったら2日生まれだと何となくゴロがいいなあ、と思っていたら、その通りになりました。

そして今日は姫たち二人の誕生日。

10月はお誕生日ラッシュです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。