FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:

サンドイッチ・・・・食べる方ではなくて、パパとママに挟まれる姫一号のことです。


たまにダンナさまがお休みで、かつ、姫二号が早く寝た日に、「ひさしぶりにサンドイッチしてあげる!」と、ダンナさまと私とで、姫一号を挟んでぎゅーとしてあげたら、大喜びでした。


ダンナさまがいない日も、「ママ、ママ一人でもいいから“ひとりサンドイッチ”して!」と余韻を楽しんでいるようでした。


それから、ダンナさまお休みの日は、二人揃って幼稚園バスのお迎えに行ってあげたら、それもとてもうれしかったようで、「今日はパパもママもきてくれた!」とルンルンでした。


妹が生まれ、愛を独占できなくなった分、たまにこうしてパパとママを独占させてあげることも必要ですね。


子供にとっては、兄弟がいてもいなくても、いつでも100%で愛してほしいんだな、と思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

去年の9月、まだ姫二号がおなかにいたときに学科だけ取っていたボート免許、ついに、実技も合格し、晴れて免許取得となりました。


実技試験の当日は、ダンナさまに二人の姫を託し、朝早くから海に出かけました。


思えば、学科試験の時も、姫一号をダンナさまに見てもらっていて受けてきました。


実技試験の本番では、着岸に失敗して船を桟橋にぶつけたり、人命救助失敗したり、いろいろハプニングもあったのですが、ダンナさまの「犠牲」の上に、なんとか取得、だったのだと思います。


子育てしながらの資格取得はなかなか大変ではありますが、やればできるもんですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
姫二号の成長記録です。

昨日、8月12日に、急に「ひとり立ち」ができるようになりましたチョキ

昨日はほんの、2、3秒程度だったのですが、今日はしばらく間立っていられるようになり、急成長しています!

たっちできたときの、なんとも得意げなお顔がとてもかわいらしいですドキドキ

去年の今頃はまだお腹の中だったんだなあ、と思うと、一年ってほんとに早いな、と思うし、子供の成長ってほんとに神秘的でもあります。

「はじめの一歩」を踏み出せるのはいつになるかな?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も下半期になり、2か月近くになりますが、本棚の中から、今年の占いが出てきたので見返してみました。


すると・・・・今年のかに座の運勢は、「家庭運が滞りがちに。育児ストレスを子供にぶつけたりしないように気をつけましょう。」とありました。


ドキっとする一言!


二人育児は、一人のときと比べて本当にあれもこれも・・・・になって大変で、特にうちの場合、夜、二人ともなかなかすっきり寝てくれないので、私自身の疲れがマックスのときに一番イライラ。


今年はそういう運気になりがちなんだということを客観的に受け止めて、これからの季節、少しでもリラックスして過ごしていけたらいいな、と思います(それが難しいんですがね・・・・汗)。


立秋を迎え(早い!!)、これからますます「夜が長い」季節になっていくことだし。


・・・・自戒を込めて書きました。


でも、二号ちゃんももうすぐ10か月、今日は10カ月健診に行ってこようと思います。


1歳も見えてきて、1歳を越えれば、またちょっと肩の力が抜けてくるかな、とも思ったりしています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23歳のお母さんが二児を放棄して家に帰らなかったというニュースが・・・・。


たしかに、たまには「お風呂や食事をあたえること」を放棄したくなることもあるけれど、一カ月や二カ月も放置とは・・・・なんとも痛ましい事件です。


子供たちも、三歳と一歳とのこと、我が家の姫たちと重なる年齢で、姫たちを置いて私がでかけちゃったらどうなるんだろう、と考えただけで胸が痛くなります。


今朝も、二人が寝ている間に新聞でも読もうと隣の部屋に行っていたら、姫一号が、「ママが隣にいないとさびしい。一緒に寝て。」と起きだしてきました。


事件のあった翌日の読売新聞のコラムに、11人を育て上げた与謝野晶子の短歌、「腹たちて炭まきちらす三つの子を 為すに任せて鶯をきく」を引き合いに出し、「癇癪を起こして部屋を汚す3歳児を叱るでもない。後始末をするでもない。母は悠然とウグイスの声を聴いている。この図太さ子育てを乗り切ったのだろう。育児放棄の悲劇に接するたび、この歌が浮かぶ。部屋は汚れていい。ズボラでいい。食事と健康にだけ目を配り、あとは晶子流で図太く構える。できなかったか、と。」とコメントしてました。


このコラムの作者は男性だろうな、と想像しますが(女性だったらこんなに客観的に冷めたコメントはできないはず。図太く構えるのがどれだけ大変か男性にはわからない世界でしょう)、こういう悲劇を繰り返しちゃいけないな、と思います。


姫一号に、「どうしてママは一号ちゃんと二号ちゃんのママなの?」といじわるな(?)質問をしてみたら、「だってさー、ママはおいしいご飯つくってくれるんだもん!」とのお答え。


やっぱり子供にとって、ご飯たべさせてくれ、一緒に過ごしてくれる人が「ママ」なんだなと再確認でした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。