FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:

興味深い記事を見つけました。


親子の縁は切れるのか?というものです。


結論から言うと、「どうやっても切れない」、ということでしたが、やっぱり親子ってそういうものなのか、と思わされた記事でしたので、載せておきます。


命、血縁というものについて考えさせられました。



親子関係でも、それが養子縁組によって成立した親子関係なら、「養子離縁届」を届け出ることによって、養親と養子という親子関係を解消することができます。

 ところが実の親子関係は、それを解消する手続や方法がなく、『実の親子の関係を解消し、法律上正式に親子の縁を切る』ことはできないのです。

 たとえば、親とその子供が別々の戸籍で、さらに氏(姓)が別であっても、親子関係にまったく変化はありません。

 父親が「勘当だ!親子の縁を切る」と決断しても、法律上は親子関係にありますから、その父親が死亡すれば勘当している勘当していないに関わらず子には同じように相続権があります。
 もっとも、父親が遺言状を作成していた場合には相続の内容が違ってきますが、それは、親子の縁が切れたから変わったのではなく、遺言状によって違ってきたわけで、親子関係に変化はありません。

 縁を切ることと直接関係はしていないのですが、少しは関連してそうな戸籍の届出が(離婚届や養子離縁届を除けば)2つあります。それは「推定相続人廃除届」と「分籍届」という届出です。

 「推定相続人廃除届」は、推定相続人(被相続人の配偶者、直系尊属及び直系卑属)が、被相続人に対して虐待をしたり、重大な侮辱を加えたときや、推定相続人にその他の著しい非行があったときに、被相続人またはその遺言執行者の請求により、家庭裁判所が調停や審判によってその推定相続人を相続から廃除する制度です。
 推定相続人廃除の審判が確定(調停成立)すると、廃除された人は、廃除した被相続人に対する相続権を失いますが、他の被相続人に対する相続権を失うものではありません。例えば、父に廃除された子は、母その他の人に対する相続権を失うことにはならないのです。この場合でも父と子の親族関係は何も変わらず、ただ、相続権だけがなくなります。
 「縁」というのは、ものすごく漠然としていますが、「相続権」は逆に具体的でハッキリしています。この漠然とした広い意味での「縁」の中には「相続権」も含まれるでしょう。そう考えると子の「相続権」を廃除することによって、父は、子との縁を『相続の部分だけ』は切ったと言えるのかもしれません。

 そして、2つめの「分籍届」は、分籍する方が20歳以上で筆頭者またはその配偶者ではないという条件に当てはまれば分籍する(今までの戸籍から分かれて1人で新しい戸籍を作る)ことができます。
 分籍届の届出人は、分籍する本人なので、親が子の分籍届を勝手に届け出たり、兄が弟の分籍届を届け出ることはできません。分籍する本人自らが親の戸籍から抜けたいという意思があって届出用紙に署名押印する必要があります。しかも、推定相続人廃除届と違って、分籍は、戸籍が分かれること以外では、実質的な変化は何もない届出なのです。いえ、戸籍が分かれること自体、親子関係を含めて法的に実質的な変化はありません。

 分籍は氏が変わるとか、親との縁が切れるということはありませんし、親から独立・自立したことにもならず、戸籍法上の両親との関係は全然希薄にはなりません。「縁」と「分籍」はまったく関係がなく、親子だけではなく兄弟と縁を切ることにもなりません。
 また、相続と分籍も関係がないので、子が相続権を失うわけでもありません。何かあるとすれば、その方の気分的な部分が大きいでしょう。
 一度分籍すると、その後、元の戸籍には戻れませんので注意してください。

 というように血族関係は、それを解消するのは不可能なのです。すべての人間は親がいたからこの世に生をを受けたわけで、生命の「歴史は変えられない」ということです。親子関係に限らず、兄弟姉妹の関係も同じように正式に縁を切ることはできません。ようするに 「その人に何人子供がいるか」「父母はだれなのか」「兄弟姉妹は何人いるのか」ということは事実ですからその関係を後から変えることはできないのですね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

最近なかなか更新できずにいました。


公私共に、なんやかんやと忙しい日々を送っておりました。


「公」の方は、会社で産休に入る方がいたり、退社される方がいたりで忙しさが増していました。


「私」の方は・・・・二人目プロジェクトにいそしんで(?)おりましたぶーぶー


とはいえ、話せば長くなりまして・・・・・「赤の広場」は遅ればせながら再開したものの、やはり婦人科系の機能が弱いらしく(出産すると体質変わるといわれたけれど、どうもそうでもないらしく・・・・)、思い切って8月のお盆休み前に婦人科受診しました。


エコーで診てもらったところ、「これは排卵してないねー。」とのこと。


先生が「ほら、卵巣の形がこうなっているから、排卵する気配ないよね。」と自信たっぷりに説明してくれましたが、シロウトの私にはさっぱりわかりませんでした。


でも、基礎体温がなかなか上がらないことなどから考えても、「やっぱり」と思わされるところはありました。


それで、「先生が、もう、今回は強制的に(注射で)生理起こして、生理来たら排卵誘発剤飲んで、どんどん排卵させちゃいましょう。排卵しないとできるものもできませんから。」とあっけらかんと言い放ち、私もそれもそうだよね、と思い、“おくすり再チャレンジ”決行になった次第です。


不妊はストレスから起こりやすい、だからまずは夫婦の愛を深めて、リラックスした生活を・・・・というようなことも言われますが、AB型のあっさりした性格の私にとっては、こういう一見「動物的(?)」とも言える先生の指示に、今回は妙に納得し、そのごとくにダンナさまに報告し、我が家のプロジェクト開始となりました。


ダンナさまも、「で、排卵はいつごろになるんでしょうかね?」と早速興味津々になっていました。


まあ、まりんちゃんの時もなんやかんやで「プロジェクト」の結果が出るのには時間がかかると思いますが、夫婦愛を深めながらがんばりたいと思っていますべーっだ!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、結婚してちょうど1年たった友人に会いました。


まだまだ結婚1年の新婚さんだから、さぞ幸せオーラが出ているだろうと思っていたのですが・・・・・いろいろ話していくうちに、旦那さまの調子が悪いことが・・・・・。


なんでも、仕事の上司との関係から、うつ病の初期だそうで。


「病院で治療していて、急にはよくはならないけれど、悪くもならないんだよね」、と。


結婚して半年たったくらいから、旦那さまの様子がおかしくなってきて、口をきいてくれない日もあったとかで、友人も「私、嫌われてる??」とかなり落ち込んだそうです。


それが病気に起因するものだとわかって、だいぶ気が楽にはなったみたいですが、「それでもきついでしょ?」と聞いたら、「うん・・・・しょぼん」。


でも、そういう状況でも、「気長にがんばります」と宣言していた彼女の強さに感銘を受けた時間でもありました。


祈ることしかできないけれど、彼女が描いていた「理想の家庭」を築いていけますように・・・・。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の夕方から、ダンナさま実家へ帰省し、お盆休みになります。


この夏は、引越しがあり、また仕事でも慌しい日々が続き、なかなかゆっくりまりんちゃんとおでかけしたりすることができなかったので、このお盆休みの期間くらいは、まりんちゃんとの時間をもてたらいいな、と思っています。


茨城の水族館とかいけたらいいけれど・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
暑い中でしたが、友人の協力あり、無事引っ越しが終わりました。

かなり広いおうちになったので、また今度ここを出る頃には、家族がふえていたらいいな、と思います。

ダンナさまは、体中あせもだらけになりながら奮闘された二日間(金・土)でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日は引越の日、いよいよ、です。

さて、今朝新聞を読んでいたら、「夫の実家への帰省について特集」みたいな記事が載っていて、興味あったので読んでみました。

「手土産はどうするか」という話から始まって、「泊まった方がいいのか」、「できれば帰省したくないけれど、やんわり断るにはどうしたらいい?」、「夫の実家で、下着の洗濯はどうしたらいいのか」ということまで載っていて、こんなことまで悩むんだ!!と軽いショックを受けました。

たしかに自分の実家とは違って、風習からなにから勝手が違うし、人間関係も独特だったりするので、夫の実家というのは気楽ではないかもしれないけれど、まりんちゃんが生まれる前から、ダンナさまの実家では、お父さんに私の洗濯物(もちろんパン○も含め)を干してもらっていたので、普通はここまで気をつかうんだな、と思った次第です。

来週末、お盆休みにダンナさま実家に行きますが、今回も私のパン○も洗ってもらう予定です・・・・汗
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、生まれて初めて(!)千疋屋のアイスを食べました!

一度は食べてみたいと思ってましたが、なかなか(まったく)機会にめぐまれず…そんな貧しき私たちに、思いもかけないプレゼントが与えられました。

大きいスイカをいただいたので、近所の友人におすそわけしたところ、そのお礼としてアイスをいただきました。

一口食べただけで、脂肪分たっぷりのふんわり感と、フルーツ本来のおいしさ・甘さを無駄なく表現した味わいに魅了されましたドキドキ

まりんちゃんが寝たあとに(ひどい親?!)、ダンナさまとの至福のデザートタイムとなりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
引越まであと3日となりました。

すべてにおいて、ダンナさまが着々と緻密に引越計画を立て、遂行しておられます。

私はただ、当日引越を手伝うだけ・・・・。

これが几帳面A型(ダンナさま)と、おおざっぱAB型(私)の違いなのかな、と思いながらこの1ヶ月過ごして来ました。

それにしても、公私において、この7月、8月は「新しい出発」となることが多くありました。

引越して環境が変わるだけではなくて、私自身の内面も変わって(成長させて)いかなくちゃ、と思わされています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、私とまりんちゃんがおでかけしている間に、ダンナさまが今のところのじゅうたんをはがして粗大ゴミに出してくれるそうです。

それなのに(ゴミとして出すのに)、ダンナさまは丁寧に(いつも通りに・・・・)じゅうたんの掃除機がけをしていました。

ゴミとして出すからこそ、きれいにして・・・・・というダンナさまの美学なんでしょうか。

ともあれ、結婚してから今までお世話になったじゅうたん。

感謝の思いを込めて、ゴミにしたいと思います合格
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。