FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:


akkanbe-

「まりんちゃん、お着替えしよう!」


「まりんちゃん、ごはんだよ!」


「まりんちゃん、保育園行くよ!」


・・・・・すべてに「あっかんべーべーっだ!」・・・・・汗


ほんとはもっとかわいいお顔なのに。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

友人のブログでこの本の名前を見つけたのがきっかけで、前からなんとなく気になっていたこともあり、「夏の新潮文庫」を手に取り、読んでいるところです。


通勤読書の時間だけが、貴重な“一人時間”のひとつなので・・・・。


さて、まだ途中ですが、「何のために生きているのか」、「なぜ、肉体が必要なのか、こんな苦しいことがいっぱいある世界なのに・・・・」、「死んだらどうなるのか」・・・・・といった、本質的な人生の疑問がちりばめられているこの本、私自身が中学から高校時代くらいに思い悩んだことを思い出しながら読みすすめています。


「死を受け止め昇華する」ということに関しては、まだまだ私も「魔女修行」が必要ですが、「なぜ(魂だけではなくて)肉体が必要なのか」ということについては、私なりに答えを見つけた実感があります。


それは、精神や魂だけでは生命が生まれないけれど、肉体があるから生命がうまれる、ということ。


まりんちゃんの妊娠、出産を通して、これはたしかに『実感』でした。


また、生命を通して、愛の世界(精神世界、とも言えるかな)の世界が広がるということも実感。


肉体があって、魂も成長するんだろうな、と。


だから、肉体あっての精神・魂なんだな、と。


まりんちゃんにこういうことを教えてもらえたこと、感謝ですね。


いやいや、その前に、ダンナさまに感謝ですね。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
姫、イヤイヤ・ヤダヤダ炸裂の日々です爆弾

成長の証とは理屈ではわかっていても、やることなすこといちいちしょぼんしょぼんしょぼんなので、私もヘトヘトに。

でも今日、保育園の先生に「イヤイヤで大変です~」と話したら、「そりゃ、まだ一歳だもの!!」と。

これを聞いて、たしかに、と妙に納得してしまいました。

しばらくはつづくでしょうが、ここは腹をくくるしかないですねガーン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
実際にダンナさまに、「私、異性の親友ほしいんだけど」と言ってみたらどうなるかな、と思ってそう言ってみました。

そしたら返ってきた答えが、「私が親友になってあげるドキドキ何でも話してドキドキ何でも相談してドキドキ」でした。

なるほど、そう来るか…。
座布団一枚!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大学時代の友人から、「主人が、異性の親友がほしいって言うんだけど、どう思う?」と相談を受けました。


その場では即答を避けたのですが、もし私がダンナさまに「異性の親友がほしいんですけど」なんて言われたらいやだな、と感じました。


別に異性だからといって、「親友=恋の対象」という等式が即成り立つわけではないけれど、やっぱり「女と男」である以上、「親友」であることだけでいられるとも思えず。


それに、ただの友達ならまだしも、「親友」はなにも異性でなくてもいいんじゃない?と思ってしまう私です。


実際、同性のほうがいろいろ共感できる部分が多いと思うし。


ダンナさまからは、いつも私からそういう話を持ちかけると、「異性は(お兄さん)お姉さん、(弟)妹と思って接するようにしていますけどね」というお答えが返ってきますが、たしかに兄弟姉妹なら変な感情にはならないだろうな、と思います。


ちなみに私は、男性の親友はいらないですね。


「人生の先輩、兄」として、私たち夫婦のことをいろいろ気にかけてくださり「ご指導」してくださる方がいたり、たまに家に招いてご飯一緒に食べたりする「弟」もいるし、それで十分かな、というのが率直な思いです。


しかし・・・・そもそも、奥さんに向かって、「異性の親友がほしい」なんていう発言をすること自体、ちょっと失礼というか、デリカシーに欠けるんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。


もっとも、そのご主人も、変な意味でそういう発言をしたんじゃなくて、純粋に親友がいたらな、と思っただけだとは思いますが・・・。

難しいテーマですね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

お掃除だいすきなダンナさま、今は、「たつ鳥、来たときよりもきれいに」をモットーに、引越し準備をされています。


「たつ鳥跡を濁さず」という程度じゃ、プライドが許さないそうで。


念入りにガス台を磨いたり、ドアのほこりを取り除いたりしている姿を拝見しながら、「この調子だと、敷金がたくさん返ってくるかな」とヨコシマなことを考えている私でしたべーっだ!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
割り箸夕食
リクエストにお応えし、焼きナス作っておきました。お盆の上にあります。
冷蔵庫に生姜すってあるので、のせて食べてください。
それから、冷蔵庫にキュウリとワカメの酢の物もあります。
姫ちゃん、ワカメばかりほおばって、「おえっ」となって、ゲーしました・・・。
いつものことですが。
それから、ポテチ、まだ胃の調子が良くないだろうと思いやりを持って私が食べておいてあげました。

女の子今日の姫
パイパイ中に、おでこにあざがあるのを見つけて、「どうしたの?ごちんしたの?」と聞いたら、「ピタしゅる!おでこ、ピタしゅる!!」と言うので、冷えピタは嫌いなはずだけどなあ・・・と思いながらも冷えピタ貼ってあげたら大当たり。
何回も貼ってははがし、貼ってははがしして喜んでいました。
しまいには、タリーちゃん(タリーズコーヒーのくまのぬいぐるみ)にも貼ってあげて、「タリーちゃん、ごちんしたの?だいじょうぶ?いたかった?」と話しかけていました。
この姿、笑えました!
ビデオに撮りたかったくらいです。
あれほど嫌いだった冷えピタも、保育園で貼ってもらったりしているうちに慣れてきたのかもしれないですね。

カエルその他
明日は内見ですね。
私も行こうか迷ってます。
写真撮ってきてもらえば、私は別にいいかな、と思ったり。
でも、もう一回見てみたい気もしたり。

それから、明日の夕方つくばに行くというのはどうでしょうか?
今日、その方が土曜日、ゆったりとしたスケジュールになるかな、とちょっと思ったので。
夕方だと、通勤ラッシュにかかちゃうかな。

連休の日程はその後決まりましたか?
個人的には、なつまつりは一緒にいって、暑中見舞いの写真撮ったりしたいけど、微妙な時間帯ですよね。

明日はK美さん、出産前最後の出勤日です。
お昼、壮行会(?)になるかもしれません。
すしざんまいの割引券があります。

では、おやすみなさい。
肩もみ、お待ち申し上げておりまする。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚したてのころどうだったか、今ではさっぱり思い出せないのですが・・・・今では、夏場のダンナさまの「おうちスタイル」はTシャツにパンツ一丁が定番です。


たぶん結婚したてのころは、パンツの上にハーフパンツくらいはいていたと思うのですが、記憶が定かではありません。


「ただいま!」と帰ってきて、まりんちゃんが「パパー!!」とお迎えをして・・・・足元に姫を絡みつかせたままでスーツ、ワイシャツを脱ぎ、「おうちスタイル」になって姫と戯れるダンナさまを見る時が、「家族なんだなあ・・・・」と、幸せ(?)を感じるひと時だったり・・・・。


もし、こんな光景が外で繰り広げられたら、それこそ「罪」なのに、家族って、つくづく不思議な関係だと思わされます。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆうべから、食あたりで久しぶりにダウンです。

ここのところの気候や、たまった疲れなどもあるかと思いますが、直接の原因は、賞味期限がきわどかった冷蔵庫のグレープフルーツジュースだと思われますガーン

以前も、「まだ大丈夫!」と過信したカレーにあたってひどい目にあいましたが、ほんとに食事をなめちゃいけないですね、口に入るものですから・・・・。

それに、自分が具合悪いだけなら、責任とって休んでいればいいですが、姫がいる生活だと、姫の前に「具合悪い」という言い訳がきかないのがまた大変。

私が寝ていると、「ママ!おきて!」「パイパイのむ~!!」と大騒ぎ。

自分の子供のころを思い出してみても、やっぱり母親が具合悪いのって、ほんとに子供ながらに辛かったもの。

母はいつも元気でいる・・・・・これが一番の「子供孝行(?)」かな、と思いながらトイレに駆け込む一日でした・・・・・。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
引っ越しが決まり、「家族を増やさなきゃ」なんて言っているところに、絶妙なタイミングで「赤の広場」…汗

それなりに、やることやってたので、「ふーショック!」という感じでしたが、赤ちゃんの宿る体も、私たちの新居同様、リセットされて新しく出発と思えばパンチ!

前進あるのみ、かな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。