FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:
3月は、姫さま急成長の月でした。
ミッフィー帽子
離乳食が始まり、最初はおもゆも「ぶー」しちゃって食べられなかったのに、今じゃ、ジャガイモ&きなこのポタージュ、かぼちゃポタージュ、にんじん&バナナ、キャベツのホワイトソース、ほうれん草のおかゆなどなど、レパートリーが増えました。

そして体力面でも、寝返りができるようになり、お座りもだいぶ上手になりました。

ベビーカーに乗っていても、今までは寝たままの姿勢が多かったのに、今は、カーにお座りして外を興味深そうにきょろきょろ眺めておられます。

笑い声も大きくなり、表情もさらに豊かになり、人間らしくなってきたなあ、と感じます。

4月は保育園デビュー。

たくさんのお友達に囲まれて、たくましく大きくなってね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「子供が生まれたら、ほんとに何もできなくなるから、今のうちに二人の時間を楽しんでおいた方がいいよ!」・・・・この台詞、昔は、まだ子供がいない私たちを慰めてくれるための言葉なんだろうな、と思っていました。

・・・・が、ほんとにそうでしたガーン

ゆうべ、まりんちゃんを寝かし付けたあと、ダンナさまが一言、「夜、何もしなくなりましたね・・・・」。

昔は、夕食のあと(ダンナさまの帰りが早いとき)、韓国ドラマのビデオを見たり、二人でゆっくりバスタイムしたり、本読んだり・・・・と過ごしていたのに、今はもう、疲れ果てて寝るだけ。

夕方からは
まりんちゃんの離乳食→自分たちのご飯→まりんちゃんお風呂→寝かし付け(寝なくて布団の上でお座りの特訓、いないいないばあ遊びなどなど・・・・)→自分たちも寝る→まりんちゃんぐずる→寝ぼけながらあやす→いつの間にか朝
このサイクルが狂うことなく続いている毎日です。

今となっては、結婚してから2年丸々ダンナさまとの時間を持てたことが感謝です。

新婚旅行も3回も行けたしドキドキ

もちろんまりんちゃんも、神様からのプレゼントですが、まりんちゃんに出会うまでの時間も、同じく神様からのプレゼントだったなあ、と実感です。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、姫は夜寝ないっ!!ゆうべはさすがのダンナさまも参ったようで、朝、「まりんちゃん、まいっちんぐ(どこの言葉じゃ?)・・・ガーン」とかなりグロッキーでした。

こんな状況で保育園大丈夫なんだろうか・・・・。保育園で規則正しい生活リズムが形成されることを祈るのみです・・・・。

でも、寝ると、その寝顔が本当にかわいくて、ダンナさまと、「弥勒菩薩のお顔みたい。」と親ばかしている日々です。

まりん姫の寝顔の進化の様子を少し↓

まず産まれた次の日の寝顔
nemuri 1

次に1ヶ月~2ヶ月くらいの時の寝顔
nemuri 2

最後に最近のもの
nemuri 3

この寝顔を見ると、どんなに寝不足でも元気が出てくるから不思議ですニコニコ


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日も書きましたが、またここに来て、私の実家の母(両親?)、まりんちゃん保育園入園反対の嵐が吹き荒れています爆弾

連日、お酒が入っているであろう時間に電話があり、おとといは私、昨日はダンナさまが対応しました。

とにかく、1歳にもならない子供を保育園に入れるということが、育児放棄・保育園にまりんちゃんを放置するというふうにしか受け取れず、絶対反対!!と半ば意固地になっていますガーン

いくら、決してまりんちゃんの育児を放棄するのではないということや、こちらの待機児童の状況(年度途中での入園がほぼ不可能)、4月は慣らし保育で私も一緒に保育園に行ったり、短い時間からならしていくということを説明しても全く聞く耳持たずで、話が平行線のまま。

「半年で保育園に預けるという発想をすること自体、理解できない、親であるazumincleがこんな判断をするとは、自分たち(実家両親)の子育てが間違っていたのか」・・・・ということまで、母は、ゆうべダンナさまにぶちまけていました。

そんな母のことを、ダンナさまは、「きっとお酒のせいもあるんでしょう。お酒が入ると、自分でコントロールできずに口走っちゃうこともあるだろうし・・・。」とフォローしてくださいましたが、自分の親ながら、ここまで私のことを信じてくれないのか、ということが情けないやら悔しいやらで、ダンナさまのお母さんに泣きながら電話してしまいました。

ダンナさまのお母さんは、「お母さんの心配はありがたく受け止めながらも、二人が決めたことなんだから、自負を持って育てていればきっとお母さんもわかってくれるよ。まりんちゃんをかわいがるazumincleちゃんを見ていたら、絶対育児放棄なんかじゃないってわかるよ。ちゃんとご飯食べて、元気出して頑張って!!」と言ってくださいました。

それだけでなく、「自分の娘(ダンナさまのお姉さん)より、azumincleちゃんがかわいくてたまらないよ。」とまで。

もちろんこれは、本心ではなく、私を励ましてくださる言葉だろうし、デキの悪い子ほどかわいい、というような感じ(出産前後も、しょっちゅうお母さんに泣きついていたので・・・・)だろうな、と思うのですが、こういうことをヨメに言ってくれるお母さんがいるんだな、とそこにも本当に感動しました。

・・・・・ダンナさまはもちろんですが、ダンナさまのご両親に支えられ、救われることが本当に多い私です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
能登の地震(知り合いがけっこうたくさんいます。おかげさまで無事のようです)、そしてまた私の実家母との保育園に関するバトル(一方的にボロクソ言われただけですが)があった昨日、なかなか心穏やかならぬ時間を過ごしました。

が、今日、姫と家の裏の桜を見に行き・・・桜

一生懸命桜を見ている姫を見ていたら、なんだかとっても癒されました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
学生時代はけっこう勉強が好きで(というか、色恋沙汰とは縁遠く、それくらいしかやることなかったつまらない人間でした・・・)、それなりにお勉強もできて、それなりの大学も出たけれど・・・・今、24時間まりん姫と過ごしながら、大学は出たけれど、学歴と育児とはまるで関係ないな、と思う日々です。

大学で、教育学概論、なんていう講座もとったけれど、知識として、「人がどう成長していくか」を知っていたところで、実際の育児がうまくいくかといったら、全くそんなことはないわけで。

それから、巷に溢れている育児書も、おおよその目安、参考にはなるけれど、それ以上でもそれ以下でもないし。

やっぱり、人間としての成長というのは、机の上ではなくて、生身の人間と接する中でなされるんだな、と実感しています。

某政治家が、「女性は産む機械」発言をして相当問題になっていましたが、姫との生活を通して、「産む機械」はさすがに行き過ぎかもしれないけれど、女性にとっては少なからずそういう世界ってあるのかもしれないな、と感じています。

子供を産まない選択もある、子育てだけが女性のすべてじゃない、という考え方が世の中でけっこうな割合を占めているし、加えて、男性の育児参加が叫ばれている昨今、そうは言っても、やっぱり、出産・育児が女性の一大事業であることは変わらないんじゃないかと思います。

だって、男性はいくら頑張ってもおっぱい出ないし・・・授乳は男性が代われないし(オトコもおっぱい出ればいいのに、と、横でいびきをかくダンナさまを見ながら、夜中の授乳中毎日思ってますが爆弾)。

でも、授乳をはじめ、女性にしかできないことがあるっていることが、逆に幸せなのかもしれませんね、女性の特権と思えば。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間の記事、「妻の『ケアノート』」にいただいたみなさまのコメントを読みながら、ダンナさま、勝ち誇ったようなお顔をされていました


今回は、軍配がダンナさまにあがったことを、私も認めようと思いました。

「愛は、関心を持つところから出発する」と言われる所以を、ケアノートを通して教えられた思いですべーっだ!

そういえば、ダンナさまとおつきあいを始めた頃、「恋人アンケート」みたいなことをやったことを思い出しました。

どんなものが好きか(食べ物、趣味・・・)、幼少期の思い出などなど、いろんなことを知りたいと思ってダンナさまに聞いたことがあります。

嗚呼、なつかしい・・・・・って、思い出にだけしていちゃダメですね、日々関心関心!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎晩のダンナさまの猛特訓の結果が出て、ゆうべ、まりん姫寝返りができました!

うつぶせから仰向けになる「逆寝返り(?)」はできていたのですが、仰向けからうつぶせがなかなかできず苦戦していましたが、日々成長!ですね。

ちょっと得意げなお顔を一枚↓チョキ
得意げ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、ダンナさまの手帳が開いてあって、ちょっと覗いたら・・・・・先週の欄に、私の様子が記されていましたメモ

(まりんちゃんが)夜寝ず、イライラ
(が欲しいと私が言っていたことを書き留めたものと思われる)
実家に甘えられない(保育園の件で母といざござがあった一件)
土日に買い物に行けなくてストレス(行事続きで週末忙しかった)
云々

私が、「すみませんねー、いちいち観察記録つけていただいてモグラ。」とイヤミったらしく言ったら(笑)、ダンナさま、ちょっと気まずそうに、「どんな状況の時、どう対処したらいいかな、と思って書き留めたんですけど・・・・」と弁解(?)していました。

私は毎日まりんちゃんの日記をつけてますが(うんちが出たとか出ないとか、うつぶせにすると顔をあげた、とか・・・・)、ダンナさまは、私の観察記録(?)をつけ、ダンナさまなりに、夫婦円満のためにはどうすればよいのか模索されているようです。

やっぱり、夫婦も親子も、努力なしにはうまく廻っていかないですね、いやはやあせる


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつもまりんちゃんとお出かけ(買い物、お散歩・・・・)するのは、一番暖かい時間帯、お昼前後なんですが、この時間は、他のママさん&おこさまにとってもお出かけタイムのようで、いろんな親子に出会います。

昨日は、3人のお子様を連れたお母さんとすれ違いました。

そのお母さん、一人を背中に、一人はベビーカー、もう一人は手をつないで歩かせて・・・・・という感じでお買い物に来られてました。

その姿を拝見しただけで、無条件で頭が下がりました。

今、まりん姫一人の遊びのお相手をし、まりん姫一人にご飯をたべさせ、まりん姫一人を寝かしつけるだけで疲労困憊している状況、これが二人になり、三人になったらどうなっちゃうんだろう、と呆然となる毎日。

ダンナさまは、「二人になったらなったで、三人になったらなったで、何とかなるんじゃないですか」、なんて超楽観的に構えているけど。

・・・・・世の中のお母さんはほんとにすごい!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。