FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:
「まりんちゃんかわいいね!」と言ってくれた人がいて、「そうなんですよ、私に似なかったから。」と答えたら・・・・「あんたが夫愛してるから、ご主人に似た子が生まれたんだよ。」と。

・・・・そういう見方もあったのかひらめき電球

あまりにも私に似ていないので、以前、「私のおなかの中で、ダンナさまの精くんが突然変異して卵ちゃんになって、その卵ちゃんとダンナさまの残りの精くんがくっついたんじゃないか」、と私がダンナさまに話したら、ダンナさまが、「そんなこと言ったら、まりんちゃんが悲しみますよ!」と真顔で私を諭していました・・・・・。

そのくらい、ダンナさまにそっくりなまりん姫です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日、地域のお料理教室に行って来ました。

まりんちゃんがいるので、私は保育係で、調理室ではなく児童室にいたのですが、まりんちゃんと同じくらいの月齢(5ヶ月)の女の子ちゃんがいました。

その女の子ちゃんのお母さん、私とまりんちゃんを見て・・・・「え、azumincleさんのお子さんだったの??」・・・・・似てなくてすみませんガーン

そしてさらに一言、「初めてのお子さん?なんだかazumincleさん、落ち着いてるからそう見えなかった!」・・・・・老けて見えてすみませんガーン

最後に一言、「自分の子供もいながら、こうやって保育係するなんてパワフル!!」・・・・って、お母さんも赤ちゃんとお兄ちゃん連れて料理教室に来ているんだから、もっとパワフルですよー。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、区の福祉事務所から、まりんちゃんの保育園内定通知が届きました。

正直、私はフクザツなのですが(ほんとにこんなに早く保育園でいいのかな、と・・・・・)、ダンナさまと相談の上、まりんちゃん、保育園でたくましく成長してもらうことにしました。

申請の時点で、「内定が来たら、それはそれで、そうすることがいいんだよ、という神様のメッセージだと受け取ろう。ダメならダメで、それもそういうメッセージなんだろうし。」とダンナさまと話していたこともあって。

保育園に入れるといっても、4月はおためし(ならし)保育で、まりんちゃんと一緒に登園したり、1時間、2時間保育から慣らしたり・・・という感じだし、慣れてきてからも、夕方4時か5時にはお迎えしようと思うし、ずっと私とばかり過ごすよりは、生活のメリハリにもなっていいかな、と思い始めました。

それに土日は休みで、一日姫と過ごせるんだし。

先輩ママさんに、この内定のことを話したら、「一発で(川崎市で)内定もらった人初めてだよ!」と言われました。

みんな、内定もらえず、「お仲間保育園(保育園待機児童の施設)」でしばらく過ごすんだとか・・・・。

そういう中での内定、やっぱり神様が「保育園でがんばれ!」というメッセージをまりんちゃんに送っているのかな桜
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はまりんちゃんの初節句で、ダンナさま実家に、私の実家の家族を含む親戚が集まりました。

ダンナさまの実家にとっては初内孫(外孫は男の子二人)、そして私の実家にとっては正真正銘(?)の初孫、ということで、両家とも相当気合いが入っていたお節句でした桜餅
ひな祭り
まりんちゃんも笑顔を振りまき、みんなからかわいいかわいいと言われ・・・・・でも、 お祝いの宴がお開きになったら、「いい子にしている電池」が切れ、午後は泣きべそまりんでしたが・・・・かわいいからゆるしちゃうドキドキ
ひな祭り2
おかげさまで、こんなに大きくなりました。
おひな様みたいに、品のある賢いいい子に育ってねおひなさま
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご無沙汰していたまりんフォトです。だいぶ大きくなりました。
笑顔
↑髪の毛がもっさもさになっているので、帽子をかぶってボリュームダウン中ですあせる
泣き声もパワーアップしているこのごろですが、この笑顔をされちゃうと、「ゆるしちゃうドキドキ」と思えるから、まったく、ニクイ姫さまです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
夕方のニュースで、「夫婦の会話」についての特集をやっていました。

定年退職後の熟年離婚対策として、いかに夫婦の会話を増やすか、という内容でした。

で、統計が出ていたのですが、離婚の可能性低い夫婦の一日の会話時間は80分以上、夫婦の危機近し、の会話時間20~30分、とのことでした。

これは中高年の夫婦の場合、ということでしたが、我が家のことを思わず振り返ってしまいました。

今、まりんちゃんがいるから、会話せざるを得ない状況にあるけれど(まりんちゃんが早く寝た日の会話の少ないことといったら!)、「夫婦」として見た場合にどうなんだろう・・・・・。

でも、ただ会話をすればいいというものではなく、夫を立てたり、夫を褒めたりすることの大切さも強調されていました。

育児疲れのはけ口がダンナさまになっているこのごろ・・・・・・これについても反省すべきことが多い私です。

一度、数字として認識するために、夫婦の会話の時間、計ってみようかな。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
母乳・・・・最初から出てはいたけれど、それほど大量ではなく、今までミルク併用できてました。はじめはそもそも、まりんちゃん、乳首にうまく吸い付けなかったし。

で、徐々に母乳の比率が高くなってきて、年が明けてからは、夜寝る前にミルクを足すくらい(あと、お出かけしたときにはミルクのことも)になっていたのですが、昨日、おとといと、寝る前も母乳だけでOKでしたチョキ

母乳は腹持ちが悪いと言われているので、すぐ起きちゃうかなあと思ったけれど、意外や意外、5~6時間続けて寝てくれて、なんだかちょっと感動でした。

「与えた分、満たされるようになっている」というのは、「愛」だけじゃなくて、おっぱいもそうなんだな、と思いました。

・・・というか、おっぱいをあげること自体、「愛」なのかな。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、ダンナさまは姓名判断をしてもらっていました(できる友人が遊びに来たのです)。

ダンナさまは総画32、知る人ぞ知る、最高に運勢のある頭領数です。

それは知っていたのですが、詳しく、幼年期、中年期、晩年期を分けてみたり、仕事運や家庭運、内面・外面など、細かくみてもらいました。

そしたら・・・・31歳が人生の大きな転機と言われました。

「31歳の時、なにかありました?」と聞かれ、ダンナさまと二人でしばし考え・・・はじめ、ダンナさまは「仕事が軌道に乗ったことかなあ。」と言っていましたが、そのあと二人で、「まりんちゃんが産まれたことだ!!」と気づきました。

ダンナさま31歳、私30歳の時に妊娠し、まりんちゃんが産まれて10日後にダンナさまは32歳になりました。

ダンナさまのみならず、私にとっても31歳は忘れられない1年になりました(私ははまだしばらく31歳ですがべーっだ!)。

今までは、二人で好きなときに好きなところに出かけられたりしたけれど、今はまりんちゃんのゴキゲンや天候を考慮していかないといけないし(今日も雨でお出かけ中止雨)、こういう日常のちょっとしたことから、そして内面の変化もあわせて、ほんとにいろんなことが変わりました。

新しい命の誕生ほど大きな「人生の転機」はないな、と改めて感じた夕べでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近私はなんだかイライラしている・・・・・爆弾。とばっちりを受けているのがダンナさまとまりんちゃん・・・・。

まりんちゃんは神様から与えられた娘で、ダンナさまも神様から選んで頂いた人だっていうことを忘れてしまっているみたい。

育児ノイローゼ、とまではいかないけれど、これがうわさの「育児疲れ」っていうヤツなのかな、と客観的に思ったりする。

「幸せだから感謝するのではない、感謝するから幸せになれるのだ」という言葉が頭にちらつくんだけれど、なかなかそうできない自分がいて、ますますもどかしくなる・・・・・。

でも、自分で自分を追いつめてしまうのは、私の悪い癖なんだ、といい意味で割り切って、チョコでも食べて気分転換するとしよう(結局食べればゴキゲン直るのか??)。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ダンナさまと二人っきりの夜・・・・ろまんちっくでした、という話ではありません・・・・べーっだ!

おとといと昨日、夜だけまりんちゃんに風邪のお薬のませました。眠くなる成分が少量入っているということだったので、夜がいいかな、と。

で、昨日は夕方6時過ぎに、果汁タイムと一緒にお薬を飲ませたんですが、早速薬が効いてきたのか、7時ころには深い眠りに入ってしまわれました。

ダンナさまは8時過ぎに帰ってきたので、二人だけで静かに夕食を食べたのですが、いつもなら、食事の最中にまりんちゃんが泣いたりごねたりするのに(もちろんゴキゲンで笑っているときもあるけど)、それがなく、なんとも寂しい食事の場でした。

食事の後も、二人きりだとこれと言ってやることもなく(さびしい夫婦?!)、「ビデオ(映画)でも観ますか?」とダンナさまは言っていたけれど、映画という気分でもなく、結局二人でまりんちゃんの産まれたときの写真を見たり、最近の動画を見たりしていました。

でもそれもなんだか手持ちぶさたになってきてしまい、「まりんちゃん、起こしちゃおうかなー。まりんちゃんがいないとつまらない・・・・。」と本気で話していたら、お隣からしくしく泣く声が・・・・・!

「待ってました!!」とお隣に行き、まりんちゃんのおむつを替えて、おっぱいをあげました。

それでしばらく幸せ気分だったのですが・・・・結局その後、今度はなかなか寝付かなくなってしまい、夜中の1時近くまでまりんちゃんはぐずぐず言っていて、私グロッキー・・・・・自業自得!?

ともかく、それだけまりんちゃんとが、生活の中心になっているんだなあと感じた夜でした天使
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。