FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:

この間の日曜日、私は朝から1日用事があって、家をあけていました。


ダンナさまも昼間は出かけていましたが、朝、ダンナさまより早く家を出て(「さびちい・・・・・」とダンナさまに言われながら・・・・)、夕方もダンナさまより遅く帰ってきました。


それで、前日から、「明日はTさんがカレー作る日!」と勝手に宣言して、カレーの材料を調理台に並べてから家を出ました。


学生時代も料理の本を見ながらよく作っていたようだし、「カレーなら大丈夫よね?」と聞いてみると、「たぶん・・・・」とのお答えだったので、信じてゆだねることにしました。


そして・・・ダンナさまの腕のほどは・・・ニンニクのみじん切り、しょうがのみじん切り満載で、カレーなのに、カレー粉の味よりニンニクの味が濃いんじゃないかというカレーでした。


とっても元気になりそうなカレー(笑)。


たまにはダンナさまのお料理もいいものです。


・・・・・でもやっぱり、お料理は私のほうが上手ね(?!)。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

もうすぐ2月。2月といえばバレンタインデー


会社の上司の誕生日が、この時期に立て続けにあり、バレンタインと「兼」ということにしてもらっています。


それで、この土日にバレンタイン兼誕生日プレゼントを買いに行ってきました。


しかし、いろんなチョコがあるものですね。せんべいチョコ、生チョコ、チョコ大福・・・・・・。


その中から、それなりに大きくてもらった気がするんじゃないかという、せんべいチョコを選んでみたのですが、それがハート型をしていました。


ダンナさまに、「義理チョコでハート型だと勘違いされちゃうかしら?」と半分冗談で言ったら、「ハート型はダメですよ。」とのこと。


ダンナさまなりに嫉妬しているみたいです(笑)。


ちょっとかわゆいダンナさまの一面でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここのところ、ダンナさまにあることをお願いしたくて・・・・でもなかなか言い出せずにいました。


やっぱり何かをお願いするときやおねだりするときはタイミングも重要ですよね。


それでいろいろ作戦を練って・・・・・


ゆうべ、「妻のオツトメ」を果たし、ダンナさまをオトコにした後、お布団の中で、「あのね・・・・ちょっとお願いがあるんだけど・・・・」と切り出しました。


オトコになったダンナさまはゴキゲンで、「何でも言って!」という雰囲気でした。


でも、すぐには本題に入らず、「何だと思います?」と少しじらしたあと・・・「あのね、2月1日、(クリニックに)いっちょにいってほちいの(一緒に行ってほしいの)。」と言いました。


そしたら、「あ、病院ですね。いいですよ。」とすんなりOKが出ました。


以前話したときは、冷戦勃発時だったので、「平日はちょっと・・・・」とか、「私も行く必要あるんですか?」とか言って全然乗り気じゃなかったのに。


仕事の方も、なんとか融通させてくれるとのこと(病院は夕方5時に受付なので、少し早めに切り上げてくれるとのこと)。


これで安心して2月を迎えられそうです。


やっぱり、おねだりする時って、タイミングがポイントですね。あと、言い方も(←これでいつも失敗するので特に気をつけないとなあ・・・・・)。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダンナさまも私も、お酒は飲まないので、二人とも、「一杯ひっかけて帰ってくる」ということは皆無です。


特にダンナさまは、いくらむしゃくしゃしている時でも(帰宅拒否したくなる時でも)、寄り道をして帰ってくるという、器用なことができないお方。


「これから帰りますメール」の45分後に、きっちりドアの鍵を開ける音がします。


が、私は、お酒をあおってくることはなくても、寄り道はたくさんしてくるふりょー主婦です。


いつぞやは、31アイス食べていて帰宅がダンナさまより遅れたりしましたし、ついこの間も、ダンナさまに内緒でドトールでココアを飲んで精神を落ち着かせてから帰りました。


まあ、寄り道と言っても、そこで使う額が200円代というのがかわいいというか貧乏というか・・・・(笑)。


なんだかんだ言っても、ダンナさまが一緒じゃないと何もできない、小心者なんですね・・・・。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

『てぶくろを買いに』という、きつねのかわいい、心のあったまる絵本がありましたね。


今日は、ダンナさまのためにてぶくろを買いに行ってきました。


ダンナさまの風邪が長引いていて、まだ咳が出ていて・・・・・私はピンピンしているのに、ダンナさまは寒波に打ちのめされています。


今日も午前中病院に行って咳止めをもらってきていました。


そ・・・・れにもかかわらず、ダンナさまは今まで手袋なしで過ごしていました。


もともと手袋をする習慣があまりなかったようで、その延長なのか・・・・・・。


見かねた私が、手袋を買いに行ってきた次第です。


冬物クリアランス!!ということで、安くはなっているものの、なかなかこれ、というものがなくて、お店を4軒くらいハシゴしました。


「お、これならあったかいかな。」というものは、ごわごわしていて、信州(私の実家)でなら重宝でも、ちょっと東京のビジネスマンちっくじゃないし・・・・・でも、皮のはダンナさまの雰囲気に合わないし・・・・・うーん・・・・と迷いに迷って、グレーの、ノーマルなものを選びました。


ここまで凝ってさがさなくてもいいんじゃないか、と思ったりもしましたが、そこはやっぱり♪ということで。


とにかく、早くダンナさまも元気になってもらいたいものです。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

今、我が家では、韓国ドラマ『ホジュン』(ビデオで)を観ています。


これ、『チャングムの誓い』にとってもよく似ていて、チャングムを男性にしたような感じの、やはり王の医者になっていくというドラマです。


キャストも似ていて、しかも同じような役・・・・。


それはそうと、『ホジュン』には教えられることがたくさんあります。


“真実なる道を歩んでいけば、途中迫害や妨害があっても、必ず天が覚えてくださる”、という韓国文化の根底にある深い心の世界を感じ、これが今の日本に足りない点だろうな、と思わされています。


ライブドアショックや、建築の偽装問題など、いわゆる「真実なる道」でなかったものが次々と暴かれていっている今、何が大事なのか、何を大切にしていくべきなのか、もう一度見つめ直すことの必要性を感じています。


それから、親子の情の深さ、夫婦の愛の清さにも、学ばされることが多いです。


そうしたら、こんなに深くお互いを思いやれるのか、どうしたらこんなに夫に尽くし、夫を信じられるのか・・・と。


親子関係が希薄になったり(それどころか、親子・家族が殺しあったりさえ・・・・・)、結婚しても、嫌になったら離婚すればいいや、みたいな風潮がはびこる日本。そしてそこに生きる私、


韓国のそういう心の世界をもっと学び、自分のものにしたいと、ドラマを観ながらいつも思います。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

知人のお子さんが、小学校の絵のコンクールで入賞し、それが近くのデパートの展示場に飾られているというので、ダンナさまと見に行ってきました。


「行ってきた証拠」ということで(笑)、絵を携帯カメラで撮って、その方に「写真付見に行ってきましたメール」を送りました。


↓はそのお返事です。


お疲れ様です。ほんとにいつもありがたいメ-ル、ありがとうございます。

このお心使いがあれば、きっといいお母さんになれますよ。

そんな日が、早く来るといいですね。


何気ない一言なんですが、なんだかとってもうれしかったです。


「そんな日が早く来るといいですね」・・・嫌味でもなんでもなく、こういう一言が言える人って、きっと深くてあったかい心の持ち主なんだろうな、と思いました。


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分でも、興味本位でかじったことのある四柱推命ですが、より専門的な年配の方に改めてみてもらう機会がありました。


実はその方(Mさん)に、「そろそろ子供がほしくなりました」という年賀状を出していて、それを読んだMさんが、私とダンナさまの命式(四柱推命で表す、その人の運勢カルテのようなもの)を作ってくれました。


運勢的に、いつごろが子宝期か、というのを出してくれたわけです。


そしたら、やっぱり、もともと私のもっている星回りは、「(お金や子供などを)生み出す気」が少ないものでした。


逆にダンナさまは、その運気を持ち合わせている・・・・・。


二人が本当に仲良く、一つになれたら、一人では無理なことも可能になるんだな、と思わされました。


そして、10年周期の運気をみると、36、7歳の頃に子宝期になるとのこと。まだちょっと時間ありそう・・・・。


年毎ではなく、月ごとでみると、今年は2月なんだとか。


今回、1月は予約いっぱいだった婦人科クリニックの予約が2月1日に取れたのも、もしかしたらこの「運気」と全く無関係ではなかったのかな、と思いました。


まあ、運勢はあくまでも運勢で、(変えることができないといわれる)宿命とは違うので、願いをかなえるには、星回りを知った上での努力が必要とのこと。


夫婦円満に向けての努力、医療面からの努力、人間性を高める努力・・・・どれも必要そうですね。




いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間、仲直りイベントで(かなり私のごり押しで)資生堂パーラーに行って来たわけですが、その感想・反省を交えながら考察してみたいと思います。


資生堂パーラー、さすが、1902年から、もう100年を超える伝統を持つお店だけあって、味もさることながら、盛りつけのセンス、使っている食器類、スタッフ教育など、すべてに渡ってハイレベルでした。


初めてこのお店に行った私たちは、なんだかその高級な雰囲気に戸惑ってしまって、一口ごとに「すごい!おいしい!」としか言えず、まるでボキャ貧のお上りさん状態でした。


席も、たまたま厨房がすぐ見えるところだったので、「あーん♪」とかも、軽々しくはできない雰囲気でした(でもやってましたが)。


そんなこんなで、最終的な感想としては、「一回はいいけど、もういいですね。」というところにおさまりました。


今日は、お昼に買い物ついでに700円~800円の、ワンプレートディッシュ(一皿に、オムライスやチキンソテー、パン、サラダなどが一緒に出てくるヤツ)をランチに食べたんですが、それを食べながらダンナさまが一言。


「資生堂もいいけど、やっぱり私はこういう食事の方が落ちついて食べられますね・・・。庶民、なんでしょうかね・・・。」


私も深くうなづき、同感してしまいました。


今回、リキンで身分不相応な資生堂パーラーに行ってみましたが、やっぱり高級料理はたまに食べるからいいんであって、いつもだと、庶民はストレスがたまってしまうのではないか、と思わされた次第です。


でも、おいしいクロケットやオムライスのおかげで仲直りでしたので、資生堂パーラー様には感謝しております。


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚するとき、「(夜の)夫婦生活を大事にしなさい。」ということを言ってくださった方がいました。


心のつながりも大事だけれど、やっぱり夫婦になった以上、体の方も大事なんだ、ということです。


これを聞いた私は、「でも、だからといって毎日、そればっかりしているわけにもいかないし(別に毎日とは言われてないんだけれど・・・・笑)、どんなもんなんだろう・・・・・」と思っていました。


それで、ある結婚の先輩にどういうことか聞いてみたことがあります。


そしたら、なるほど、と思える回答を得ました↓。


「逆から考えてみるとさ、喧嘩してるときって、そーゆー気分になれないじゃない。だから、やっぱり体だけ云々ということじゃなくて、喧嘩しないでいつも仲良くしなさい、ってことじゃなかな。」


おっしゃるとおり!!


この冷戦期間の1週間、まったく「そーゆー気分」にはなれず、ダンナさまに背を向けて寝ていました。


もちろん、ダンナさまも、モーションかけてきませんでした。


それどころじゃなかったから。


で、ゆうべは、資生堂パーラーでゴキゲンになってから、お布団の中で久しぶりにダンナさまにだっこしてもらいました。


ああ、やっぱりこれが幸せ、と思いました。


心と体って、やっぱり切り離しては考えられないものですね・・・・・・。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。