FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:

年末年始は、恒例の「長男の嫁」してきます。


これからダンナさまの実家に帰省します。


いろんなしきたり・こだわりにがんじがらめ(?)な我が実家と違って、おおおらかに、のびのびとやらせてもらえるので、ほんとにありがたく思います。


年末は、ダンナさまと今年の「反省会」をしたり、大掃除やお正月準備をしたりし、年始は、初詣で、2006年の誓いや願いを神様に報告して・・・・という予定です。


それでは行ってきます。


また2006年に!!


P.S.この期間、ブログを留守にしますが、変なTBとかがついていたら、ぜひ削除しておいてください(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今年もあと2日。


今年はどんな年だったかなあ、と振り返ってみると、やっぱりこのブログを始め、ブログを通しての出会い、学ばされたこと・・・・というのが、本当に大きかったなあ、と感じます。


もともと、文章を書くことは大好きで、日記とか手紙とかはこまめに書く方でしたが、やっぱり、「書く」という行為、そしてそれを「発信」する、ということは、自分を成長させてくれるな、ということを感じています。


日々、ネタを提供してくださったダンナさまにも感謝ですし、こうしてこのブログを読んで下さる方々にも感謝感謝!です。


来年も、なにとぞよろしくお願いいたします。


みなさま、よいお年を!


AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

年の瀬になり、この一年を振り返ってみました。


ダンナさまと、「今年の我が家の流行語はなんでしょうね。」という話をしました。


大賞はまだ決めかねていますが、こんなものが候補に挙げられました。


①あきどう・なつかお

『冬ソナ』のまねっこをした、『秋の童話』・『夏の香り』の略称。韓国ドラマにはまった1年でした。


②オールイン

これも、韓国ドラマの一つなんですが、別の意味もあり・・・・(夜の生活で)ダンナさまの愛が私の中に完全に入ったことを意味する。


③イエー。チョーナー。

『チャングムの誓い』で頻出した、「はい、陛下」の意。

「チョーナー(陛下)、お茶でございます。」とダンナさまにお茶をお出しすると、「くるしゅうない。」とゴキゲン。


④プロダクツX

某番組のもじり。新しい命を生み出す営みのことを指す。


・・・・などなど、いろんなことのあった1年でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゆうべ、ダンナさまから、「年末、ちょっと臨時収入もあったし、明日どこか、食事に行きましょうか。」と誘われました。


うふふ。二人で忘年会デートです。


どこに、何を食べに行くかは、私が決めてよいとのこと(いつもそうなんですが)。


東京~神奈川近辺で、ろまんちっくになれて、食事のおいしいところ、ぜひ紹介していただきたいです!


渋谷から30分~1時間圏内が理想的です。


(『電車男』みたいですね・・・・)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、ブログについて思うこと(苦言?)を少々。


あまりこういう批判的なことは書きたくないんですが、あまりにもひどい、と思うことがあり・・・・・。


まず、よろしくないトラックバックがほんとに多すぎる!


その都度消していますが、アメーバブログは某有名ブログと違って、変なトラックバックがつかない、というイメージがあったのですが、みごとに崩れ去りました。


それから、ジャンルランキングのトップの層の方のブログを拝見することがあるのですが、コメント欄の「荒らし」がすごいですね。すべてがそうではありませんが。


なんだか心が痛くなります。


ランキング、どういうふうにして順位が決まるのかよくわかりませんが、ランキング決定の項目の一つに「モラル性」というのを入れてはどうかと思うことしばしばです。記事はもちろん、コメント欄を含めて。


せっかく、こういう場を通していろいろな方と交流を持て、いい情報発信・受信の場があるというのに、ネット社会の負の部分に、少しずつ侵食されてきているようで、とても残念に思います。


たしかに、憲法で信条の自由や、言論の自由が保障されている国ではありますが、だからといって、破壊的なことや、あまりにも倫理道徳に反したことを発信していいというわけではないと思います。


ブログに限らず、何事も「節度」というものを大切にしないといけないな、と思います。


いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

「結婚生活大公開」のyukiさんからは、「イメージバトン」をいただいていました。


「優しさと思いやり」からイメージするもの・・・・というお題でした。


そして、yukiさんは、「優しさと思いやりってどう違うのか」ということも言われていました。


そのことについても、ずっと考え続けていたのですが、今の私には、なかなか気の利いた答えを出すことが出来ませんでした。


「優しさと思いやり」からイメージするもの、というテーマからはちょっとずれてしまうかもしれませんが、今私が目指していることの一つに、「他人の喜びを自分の喜びとして感じられる人間になる」ということがあります。


もっと具体的に言えば、「友人や後輩の妊娠・出産を自分のことのように喜べる人間になりたい」、ということなんですが。


これができるようになったら、本当の「優しさと思いやり」のある人間になれるんだろうな、と思います。


でも、これが本当に難しくて、毎日葛藤葛藤葛藤・・・・というのが本当のところなんですが。


来年の目標にしようかな。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

なっちさんからは、もしもバトンをいただいてました。 とっても遅くなってしまいましたが、チャレンジ!です。


「もしもバトン」  もし、こんなことがあったら、あなたならどうする?!


1 理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。

落ちていられてもねえ・・・・ダンナさまだったら、ユジンがチュンサンにしたみたいに、記憶を取り戻してもらえるよう介抱するけれど・・・・うーむ・・・・。


2 歩いていたらサインを求められた。

「お目が高い!」と言ってサインして差し上げる。


3 引き出しからドラえもんが出てきた。

どこでもドアで、世界遺産めぐりをする。

  

4 殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。

「うちはけっこうです。」とお断りする。

 
5 見知らぬ大富豪に遺産を遺された。

使い道には困らないので、いただいておく。

  
6 初対面で「B型?」と聞かれた。

AB型なので、 「半分あたりです!」と言う。


7 預金残高が増えていた。

にやっとする。

 
8 カモシカの様な脚にされた。

ダンナさまみたいな足になるということか・・・・。すね毛はいらないな。


9 前に並んでいる人に「オレの背後にたつんじゃねぇ!」と言われた。

やましいことしてる人なんだな、と思う。


10 「犯人はあなたです!」と言われた。

どうしてそう思ったのか聞いてみる。

11 鏡を見たら目がヤギ目になっていた。

目と目のキョリが、あそこまであいているのはちょっといやだな・・・・。


12 尻の割れ目が消えた。

便秘になっちゃう!

  
13 偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。

ほくそえんでしまう。


14 モナリザがこっちを見てる気がする。

モナリザも、美人は気になるのね、と思う。

15 バトンを回す人は・・・

皆様の主体性にゆだねます!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

「今年のバトンは今年のうちに」と題して、バトンシリーズ ①、②、③と続きます。


「夢のまにまに」のかなでさんから、17歳バトンをいただきました。

私の17歳・・・・けっこう暗かったですが(笑)、ちょっと振り返ってみようと思います。


Q1.17歳の時、何をしていた?

 普通高校の女子高生でした。


Q2.17歳の時、何考えてた?

 三浦綾子さんの小説を読んで、クリスチャンの愛の世界について考えてました。


Q3.17歳の時、一番のイベントは?

 親友、と呼べる初めての友人との出会いです。


Q4.17歳の時、やり残したことは?

 毎日、完全燃焼って感じの日々でした。やり残したことはないかな

  

Q5.17歳の時、戻れたら?

 今の方が幸せなので、戻りたいという願望はないですが・・・・戻れたら、18歳のダンナさまに出会ってみたいな。

 

Q6.17歳の時、失敗したことは?

 失敗・・・・音楽部に所属してましたが、発表の本番で音をはずして失敗した・・・・かな。

  

Q7.17歳の時、いい恋してた?

 してませんでしたね・・・・。色恋沙汰にはほんとに無縁な17歳でした。



・・・・・・今から思えば、この時期は、将来ダンナさまに出会うための、下準備のような時間だったなと思います。


ダンナさまと出会ってから、ほんとに人生変わったな、と思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昔からダンナさまは、お菓子作りが得意でした。


A型で、とてもきっちりした性格なので、お菓子作りのきっちりした計量、きっちりした手順に、ぴったりしっくりくるのだと私は分析しています。


いつぞやは(まだ私が20代だったころ)、シューのスワンで、20の「2」をつくってくれて、スワンシューが2匹ケーキの上に乗っていたこともありました。


それから、周りを、手作りの板チョコ(しかもマーブル!)でコーティングしたケーキ、というのもありました。


ロールケーキをボールに敷きつめて、そこににプリンをつめてひっくり返した、ドームのようなケーキもありました。


逆に、私は、「きっちり計量、きっちり手順を踏む」という作業ができない人間なので、「イマジネーション・クリエイティブ・クッキング(適当に、行き当たりばったり、二度と同じ味が再現できない料理のこと・・・・)」は大得意なのですが、お菓子作りにはてんで向いていないようです。


今回、生クリームを泡立てたり、フルーツを切りそろえたりするのを間近で見ていたのですが、ちょっと手つきが違いました。


ご本人は、「姉がお菓子作っていたのを(小さいころから)よく見ていましたからねー。」と言っていますが、それにしても、こんなにマメな夫もめずらしいだろうな、と思います。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。