FOR えたーなる・ろまんす

永遠に褒めあい、尊敬しあい、仲良しこよしの夫婦であるために&姫二人の育児日誌


テーマ:

今日もダンナさまはコーチングの授業を受けています。


横で聞いていると、どうやら「理想の体重になるにはどうしたらいいか」ということについてコーチを受けているご様子。


「健康的にやせるにはどうしたらいいのか」


「ダンベルや縄跳びはやるように心がけていますが、ランニングはなかなかですねー。」


「おなかが出ちゃうのはイヤですねー。」


とか言ってます。


ちょっと気になったひとこと。↓


「そうですねー。基本的に出されたものは全部食べてしまう性格なので、作る量を減らしてもらうこともひつようかもしれないですよね。」


・・そう。そうなの。お料理上手な私がわるかったのね。


明日からいつもの量の半分に減らすようにするわ。


いつも4人分作ってちょうどいと思っていたけど。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日は、ダンナさまが、ダンナさまの会社に届いたベルメゾンを私のために持ってきてくれました。


オンナって、どうしてこうもカタログショッピングにはまるんでしょう。


特に何かをたくさん買うわけでもないのに、無目的にカタログを見ているだけで幸せになるのは私だけでしょうか。


カタログを眺めることがどうしてこんなに気分転換になるのかな、と自分でも不思議ですが、ダンナさまはもっと理解に苦しむようです。


今、ダンナさまはコーチングの授業中なので、この時間はゆっくりカタログでも見るとするか。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私にとってazumincleさんとの結婚は青虫が孵化して蝶になったような(羽をもらったような)出来事でした。

今まで地面を這っていたのが空に舞い上がって広くて全く違った世界を見せてくれるきっかけになりました。

ダンナさまから、「結婚は人生の墓場?」について、こんなコメントをいただきました。

まいっちゃうなー。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

教育のジャンルでのTBデビューです。


実は私、結婚するまで小学校にいました。


生徒、としていたのではなく(よくそう思われてしまうのですが)、先生、としていました。



ということで、参観日の思い出というと、まず浮かんでくるのがこのときの思い出です。


1年生を担当していたときのこと。


子供たち、やっぱり普段は、さわいだり走り回ったりして手を焼く子たちも、お父さんお母さんの前では「褒めてもらいたいオーラ」をびんびんに発し、30分はがんばっていました。


しかし、30分を過ぎると、いつものモードにはいってしまう。


この落差(?)がなんともほほえましいというか・・・・・かわいかったです。



それから、特殊学級の子供と過ごした時間が多かったのですが、あるM君という子は、知的障害があって、数も5まで数えられない、という状態でした。


でも、お母さんの強い意向で普通学級に在籍していました。お父さんが大学教授、お母さんも中学校の先生をしていたとかで、やはりプライドもあり、「子供が特殊学級」というのがどうしても受け入れられない、ということでした。


M君にとってはかなり酷なことでした。見ているこちらも悲しくなるくらい。


そんなM君、お母さんは恐怖の対象でしかなく、参観日ともなると「お母さんやだ、お母さんきらい!!」と精神的に不安定になっていました。


私としても心が痛かったです。



参観日・・・・いろんな思い出が詰まってます。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家には、たまに「もりのこびとさん」が出入りしています。


ダンナさまに内緒で買ったチョコが見つかっちゃったとき・・・・・・「あのね、あれはね、もりのこびとさんが持ってきたの。」と言います。


ダンナさまと一緒に食べていたお菓子をつまみ食いして、少なくしちゃったのがばれたとき、「あれはね、もりのこびとさんが食べちゃったの。」と言います。


いつもこんな調子なので、もりのこびとさんは、濡れ衣をきせられて憤慨しているだろな、と思います。



さて、昨日、私は頭が痛くて、ダンナさまのお帰りを待たずに先に寝てしまいました。


「頭いたいので先寝てます」というメールを見て心配されたダンナさまは、駅から家までの間にあるコンビニで、私の好きな(具合悪いとき食べたくなる)グレープフルーツゼリーを買ってきてくれていました。これに今朝気づいたんですが。


そして、今朝ゴミをかたづけていたら、ゴミ箱の奥底から、買った覚えのない「じゃがりこ」の空の容器が・・・・・。


まだ寝ぼけ眼のダンナさまに問いつめました。


私:「じゃがりこが出てきたけど、あれはなにかしら?なぜゴミ箱の奥にかくしてあるのかしらねー?」


ダンナさま:「あれは・・・・・・もりのこびとさんが昨日食べてたけど。azumincleさんも一緒に食べるかなーと思って起こしたけど反応がなくて・・・・」


私:「そうなの?でもこびとさん、なんでわざわざゴミ箱の底に隠すようにすてたのかしらねー?」


ダンナさま:「なんでかなー。」



いつも、もりのこびとさんのせいにしていたら、こびとさんにしてやられました。


・・・・・・・この「じゃがりこ」、ほんとは、ゼリーと一緒に、私と食べようと思って買ってこられたみたいです。感謝感謝!!


でも、夜遅くのスナック菓子はおデブのもとなので、控えめにね、ダンナさま。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

コーチング!!


ビジネスのジャンルのTBに取り上げられていたので書いています。


実は今ダンナさまが講座受けていて、認定コーチになったあかつきには、それを生かした教育を仕事に応用したいと張り切っているところです。


今の今も、電話回線を通して授業受けてます。


あまり詳しく書くとダンナさまの顔が割れるのでこのくらいにしておきますが・・・・・。



さて、このコーチング、ビジネス上の付き合いや、師弟関係などにはよく使われていますが、果たしてこれを夫婦関係に適用できるんだろうか、というのが私の疑問です。


夫婦・・・・時にどちらかが親のようになったり、子供のようになったり、妹であり、姉でもあり、時に同士だったり・・・と様々に変化する関係であることを考えると、コーチング的なコミュニケーションが成り立つのかもしれない、とも思います。


でも私は、夫婦の関係においては、やっぱり特別な(一番特別な!!)関係だけに、コーチングの技術を身につけたからといって、円滑・円満な夫婦関係が結べるとは思いません。


うまくいえないけど、「生」の関係、というか・・・・。



でも、よくネガティブ思考に陥ったときは、ダンナさまに助けていただくことが多かったりしますが。


コーチングの効果かな?!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家の人口は二人なんですが、せんたくものの量は4人分はあります。


特にこのところめちゃめちゃ暑いので、汗をかいて何回も着替えをするから、というのもありますが、なぜか冬も洗濯の山です。


土曜日に、ためてしまったダンナさまのワイシャツやハンカチのアイロン掛けをしたんですが、「あー、なんでこんなにうちは洗濯物やアイロンかけるものが多いわけ??」と文句言っていたら・・・・・


「私が汗かきだからいけないんですよね、ミアネー(韓国語で「ごめんね」の意)。」とダンナさまがまたワルモノになってくれました。


別にいいんだけど。


ダンナさま、もともと汗かきだけど、昼間だけじゃなくて、夜は夜で「愛する」ことに一生懸命で、とっても汗をかくので、パジャマになっているTシャツの消費量(着替え量?)もハンパじゃありません。


でも、これも「愛のあかし」だから別にいいんだけど。



うちの洗濯機ほど働き者はいなんじゃないかと思いつつ、今日もたくさんせんたくものを干しました。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、誕生日を迎えた日に、ダンナさまのお母さんから電話をいただきました。


あまり電話の好きでない私は、こちらからお母さんに電話することはないのですが、折に触れ、ダンナさまのお母さんは電話をくださいます。


「azumincleちゃん、お誕生日おめでとうね。どう?変わりない?」

とお母さん。


「ありがとうございます。いい意味でも悪い意味でもあまり変わりないですねー。」

・・・・つまり、まだ妊婦になってませんね、という意。


そしたら、


「まあ、あまり気負いすぎないでね。T(ダンナさまのこと。もちろん呼び捨て。)がね、azumincleちゃんが気にするから、お母さんはあんまり『孫!孫!』って言わないように、って。Tはやさしいねえ。」

と言われていました。


ダンナさま、陰でほんとにいろいろ気を遣ってくださっているのね、と思いました。


私の知らないところで、見えないやさしさを積み上げてくださる。


なんかじーんと来てしまった一件でした。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、例の「オールイン」、借りてきた分を全部観てしまたので、今日はその続きのDVDを借りに行きました。


DVD・・・・・・・そう、ビデオじゃないんです。


ダンナさまには変なこだわりがあって、借りてくるのはDVDだけ。


以前、借りたい映画のDVDがなくて、でもビデオがあったとき、ダンナさまは、DVDが出てくるまで待つ、と言われ、意地でもビデオを借りませんでした。


それなのに・・・・・「オールイン」に限っては・・・・・・。


今日、2件レンタル屋さんに行ったのに、どっちにも欲しい巻がなくて、これは今日は続きはみれないな、と思っていました。


しかし、ビデオはある!!


でも、ダンナさまはDVDじゃないとだめだからな、と私があきらめかけた時、「今日はビデオ借りましょう!」とダンナさま。


よっぽど「オールイン」が気に入ったようでした。


帰り道、「ふーん、私がみたいのはビデオ借りてくれないのに、自分がみたいのはビデオでも妥協するのね・・・・・ふーん・・・」とすねてみたら、あわててましたが。


ま、「オールイン」だからゆるしちゃう。





帰ってからそのビデオを観たら・・・・・・日本語吹き替えになっていてがっくり!


ビデオの場合は、そういうところをちゃんと気をつけないといけないな、という教訓を得た一日でありました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。