マスコミ被害に遭いました

テーマ:

タイトルの通りですが、マスコミ被害に遭いました。


発端は昨年にさかのぼります。
再現ドラマ制作にあたって、取材協力がありました。


・自転車事故を起こすとこんな大変なことになる。
・だから自転車でも気を付けて運転すべきだ。


フジテレビで、そういう主旨で再現ドラマをやるので、
インタビューを撮らせてほしいとの依頼でした。


報道とは異なることから、受けるかどうか悩みました。


しかし最終的には、啓発になるのであればと思って、
インタビュー撮影を許可することにしました。


しかし・・・放映されてみたら・・・


想像を絶する酷い内容でした。



・〇〇万円賠償命令という新聞記事がバーンと出た後、
突然に始まる自分のインタビュー映像


・そして再現ドラマ開始なのですが、最初から、
あきらかに悪意に満ちた被害者(?)少年とその家族
(顔に怪我をしたという設定でした)


・そのいやらしい目線が繰り返しアップ


・警察や弁護士の、ギャグでしかない極端な態度
(実際にこんな警察官も弁護士もいるわけないレベル)


・結局被害者家族は、金銭目当ての当たり屋一家というオチ


・その瞬間に映し出されるゲスト芸人の大爆笑の顔


・締めは「これは悪いヤツが考えてくるわー」という芸人コメント



・・・まったくもって吐き気しかしない内容でした。


当然、こんな内容などとは全く聞かされていませんでした。


実は私はこれまで、自分の出た番組は見たことがありません。
(判決後に記者会見した日の夜のニュース番組は除く)


しかし今回に関しては、あまりに酷い内容だと聞き、
しっかり確認するためにも、吐き気をこらえながら観ました。


低俗とはこういう番組のためにある言葉だと感じています。


こんな番組に遺族のインタビュー映像を出す意味など何もない。


少なくとも、面白おかしく笑い飛ばそうという番組であれば、
遺族インタビュー映像など決して出してはいけないのは当然です。


それを視聴率至上主義のための肉付けのためか知りませんが、
遺族を騙して、映像をかすめ取るなど、ありえない話です。


こういう番組であれば、最初からはっきりと、

「当たり屋にお金を騙し取られる話ですが、いいですか?」

と説明すればよい。

隠していたのは、言えば断られるとわかっていたからでしょう。


関東交通犯罪遺族の会(あいの会)でも話し合った結果、
個人でなく、会として、正式に申し入れすることにしました。


これは、私個人への侮辱・冒瀆であるというにとどまらず、
被害者・被害者遺族全体への侮辱・冒瀆だと判断されるからです。


ですので、内容を検証の上、今後、厳正に対処していきます。


フジテレビと制作会社に対しては、徹底的に追及する予定です。


遺族活動として、余計な仕事を増やしてくれたと呆れています。


しかし、すべては、これからの話となりますので、
詳細については、今のところ書けません。ご理解ください。


ただ、今回こうしてブログに書かせてもらったのは、
番組を見た人がいて、「なんでこんな番組に出ているの?」
と怪訝に思う人もいたかもしれないと思ったからです。


あんな最悪最低な低俗番組と知っていたら、
当然インタビュー映像なんか撮らせるわけがありません。


遺族を侮辱・冒瀆するフジテレビと制作会社は絶対許しません。


またその後は追って報告していきます。



AD

コメント(8)