テーマ:

安曇氏 『ウィキペディア(Wikipedia)』は、非常に気になっており、三河国の渥美郡だけが縁がなく、調査が及んでませんでしたが、あらゆることがより一層、はっきりと見えてきています。


安曇氏関係で最も気になるのは、八面大王のこと。


八面大王で最も有名なのは、魏石鬼 八面大王 (ぎしき はちめんだいおう) 『ウィキペディア(Wikipedia)』。


そして、その魏石鬼八面大王が八女大王と呼ばれることにも注目。


大分県には八面山 『ウィキペディア(Wikipedia)』があり、母なる山ともされている。八女からもそう遠くはない。


そして四国にも八面山が2つあり、剣山系には八面王(やつらおう)伝説があり、土佐では妖怪にまでなっている。三目八面(さんめやづら、みつめはちめん)


高知県物部村のいざなぎ流 『ウィキペディア(Wikipedia)』神事・日月祭にも八面王は登場します。八面王(やつらおう)神社跡 (四国のやまなみ)もあります。


さらに土佐弁でメンは女性を現し、八面とは八人の女性という意味になる。これは八女の漢字にもつながり、剣山系から出てきた全身入れ墨の8人の巫女のミイラが何を意味するかは、それぞれの感性で捉えてもらえば良いと思います。沖縄の巫女文化が剣山系の巫女文化に影響を与えていたのは明白です。


八俣の大蛇が、邪馬台国のメタファーであるというのはよく言われることですが、この八面王のことを考えると非常によく理解できます。


卑弥呼はおそらく7人(北斗)の巫女からサニハを受け、神託を修正しながら民衆に伝えていただろうと考えられ、このイメージは聖徳太子にも重なり、『記・紀』を編纂した人たちは、この統治方法を知っていたのだろうと思います。


卑弥呼は、つまり火と水の調和させる巫女・日水子ですから、太陽と月のいざなぎ流・日月祭祀は極めて合理的であると思います。


この日の部分を物部氏が握り、水の部分を安曇氏が握っていたのではないかと考えています。安曇氏はアマツミから転化したものだとも言われ、いってみればオオヤマツミの逆ですね。三河は安曇だけでなく、物部の影も濃く、中央構造線を北に駆け上がると、モレヤ神(物部守屋)の諏訪に到達します。


この八面大王が安曇野へ入っていったのは、おそらくは中央構造線沿いに渥美半島から天竜川と平行し北へあがっていっただろうと考えられます。一般的に言われる信濃川沿いの南下は可能性としては薄いだろうと思います。


これに秦氏+賀茂氏+葛城氏の鶴祭祀が結合し、とてつもない巨大な信仰が日本列島で展開していたということではないかと思います。


西からいきますとこの文化の激震地は


①八女・八面山・宇佐八幡付近

②四国剣山系

③三河国全体(矢作川+豊川流域)

④安曇野・諏訪

⑤富士山南東部(伊豆箱根、山梨県都留市、真鶴、秦野、伊勢原)


さらに三体妙見の激震地を西から重ねます。


①宗像・宇佐八幡付近(大元信仰・3女神信仰)

②厳島神社

②岡山倉敷阿智神社付近

③高知浦戸湾内(浦戸七島)

④伊豆白浜神社(伊豆七島)


ここで気になるのが、越前秦氏と結合していただろうと思われる日本海の海人族・海部氏ですが、海部氏は尾張氏と関係があり、三河と尾張は、文化的隔たりがあったのかもしれません。


織田信長も越前秦氏の末裔で尾張を統治しましたが、三河の今川義元との決戦・桶狭間が戦国末期の日本再編の幕開けも誘引したことから、文化の狭間的色彩が強かったのではないでしょうか。


∮ Energycopyright(c)∮ Loving-earth

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

azumi networkさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。