いつも、足を運んで下さり有難うございますm(_ _)m

さて、今回は…仮想通貨が話題沸騰中ですが、そもそも【投資って何?】という事柄に焦点を当てて話をしたいと思います。予定とは異なりますが、ご了承ください(^_^;)

では、投資とは何か?という扉を開けてみましょう。




〇投資の収益には2つに分類されます。

①【インカムゲイン】
(金利や配当金による収益)
・定期的な安定利益で【少ないリスク】で利益を得られる。

(1)【株式の配当金】
(2)【債券の利息】
(3)【FXのスワップポイント】

(1)~(3)は、経済環境や相場によって変化するので、常に【確定】している訳では無いので注意して下さい。


②【キャピタルゲイン】
(売買による差益による収益)
(1)【株式】
(2)【不動産】
(3)【為替】

(1)~(3)の売却益で(売買で生じた売買差益)【インカムゲイン】に比べて【リスクは高い】が、その分大きな利益を得る確率が高い方法です。

また【仮想通貨の運用】は、このキャピタルゲインの収益に入ると考えています。

〇投資の種類

①【株式投資】

・上場している企業の【株式】を保有し、売却する事で【利益】を得られます。

・【株式】を保有している期間は、【株主】になり【利益】に対する【配当金】を得られます。しかし、【無い場合もある】

【メリット】

・成長する会社の【株式】を購入する事で【株価の値上がり】が期待できます。

・【株式】を保有する事で【株主】への配当を実施している会社では【配当金】を得ることができる。

・【株式投資】をうまく行う事で、配当の【インカムゲイン】と株価の値上がりによる【キャピタルゲイン】を同時に受ける道が開ける。

【デメリット】

・【株価の値下がり】による保有している【株式】の下落と損失の恐れがある。

・【配当金】が出ていた会社が最悪な場合、会社倒産し株価が【0】になる可能性がある。

・投資を行なっている会社が倒産する事は、そうそう起きることは無いですが可能性は【0】ではありません。


②【債券投資】

・国にお金を貸して利益を得る【国債】と、企業にお金を貸して利益を得る【社債】があります。

・いまは【低金利】時代なので、高い利益を得るのは難しいのですが【安全な運営先】として人気があり、「預けて増やす」という【預金感覚の投資】といえます。

【メリット】

・「個人向け国債」なら少額からスタート可能です。

・「社債」はお金に余裕がある方で、100万円程度から投資できます。

・「個人向け国債」は、満期まで待てば【約束した利息】が受け取れ、非常に安全な投資といえます。

【デメリット】

・債券の【金利】が高くないので、大きな利益を得られない。

・いつ国家破産するか分からない昨今、不透明さが浮き彫りになっています。


③【投資信託】

・自分の代わりにプロのファンド・マネージャーが運用を行う【金融商品】の事です。

・プロに運用を任せることで上がった【利息の配分】を受ける投資です。

・投資信託が発行した時点で【基準価格=1万円】に設定されます。

・日々、基準価格が【変動】します。

・ここでは、【株式】【ETF】【FX】投資信託を紹介します。

③-(1)【株式型投資信託】

・【インデックス型】
(日経平均株価やTOPIXなどの代表的な「株価指数」に連動して、価格が【変動する】タイプ)

・【アクティブ型】
(日経平均株価やTOPIXなどを超える【パフォーマンス】を目指すタイプ)


【メリット】

・少ない資金で、分散投資ができる。

・一般投資家の【少額投資】が可能で、初心者でも始めやすい。

・プロのファンド・マネージャーに運用を任せる形なので、【売買スキル】が低くても、資産運用を行うことができる。


【デメリット】

・必ずしも、プロに任せたからと言って、資産が増えるとは限りませんので注意が必要です。

・運営委託中は【委託報酬】という「手数料」がかかり、【出資額】から差し引かれます。

*point→最近では【ノーロード】といわれる、「手数料がかからない投資信託」もあるので、是非チェックしてみて下さい。


③-(2)【ETF】
(上場投資信託)

・【証券取引所】に上場して【売買】が行われる投資信託のこと。

・市場が開いている時間帯であれば【リアルタイム】で売買が可能です。

・ETFへ投資を考える方は、【毎日一定以上の取引があるもの】に限定することをお勧めします。


【メリット】

・一般的な投資信託より【取引コスト】が安いです。

・長期間保有を前提に考えれば、ETFは売買する時のみ「手数料」が発生するだけで済む。

・【東京証券取引所】でリアルタイムで、価格情報が公開されている。

・自分の買いたい【価格】で、購入できます。


【デメリット】

・自分で【判断】し、【売買】しなくてはいけない。

・ある程度の【売買スキル】を必要とされる。

③-(3)【FX】
(外国為替証拠金取引)

・「ドル」「円」「ポンド」「ユーロ」などの【通貨】の売買によって、利益を得る取引のこと

・【レバッチ】をかけると、手持ちの【資金】の何倍ものの【通貨】を取引することが可能です。

 ・【スワップポイント】
(低い金利の通貨を売り、高い通貨を買うことで生まれた金利差)と呼ばれる金利が得られます。

・ハイリスクは取引です。

*point→【レバッチ】とは、経済活動において、【他人の資金】を使う事で【自己資金】に対する利益率を高めること。


【メリット】

・高倍率の【レバッチ】をかけることで、【少額の資金】で大きな利益を狙える可能性があります。

・【高金利通貨】を保有する事で【 スワップポイント】を毎月、受け取れます。


【デメリット】

・【レバッチ】によって、自己資金が損失きた場合は、「証拠金」以上の金額を支払わなければいけないケースもあります。

・FX特有の【金利変動リスク】があり金利が下がった場合、スワップポイントを自分が支払うケースもあります。

・FXは、急激な【為替変動】が起きた場合、注文を【拒否】される可能性があります。



*まとめ*

①【明確な目標設定】することが重要!

②【リスク管理】が重要!

③【投資で勝とうと思わない事】が重要!




*point

〇「資産管理」=「無理な投資は避ける事」

〇「勝ちに、こだわらず【負け方をコントロールする】事」

…を心がけて、【投資】してみましょう。


今回は、ここまでとします。一言に【投資】と言っても色んな【特徴】を持った投資方法がある事が、私自身も勉強になりました。

皆さんも、自分に合った【投資】をして体験する事で、得られる情報もありますので、実際に動いて考えてみて下さい。


もちろん、私も無理なく【少額投資】をして動く準備をしています。


【リスク】があるからこそ【収益】があるのではないでしょうか?


それでは、次回は…話を戻して【仮想通貨】のフィンテックについて書こうと思います。


それでは、失礼します。


Azumi