冷え予防

テーマ:

こんにちは。ホームページ事業部の鈴木です。

日中の陽射しがだんだん春を感じさせる季節になってきました。
東京では3/21に全国で最も早く桜の開花宣言が発表されました。
それでもまだまだ寒さを感じる日もあります。

就業中は机からなかなか離れられず、足先が冷えてきます。
冷えは身体にとって大敵。
血行不良は内蔵機能の低下を招きますし、
脚が動かせないと静脈瘤などの怖さを考えたりします。

身につけるもので身体を温めることも意識していますが、
冷え対策には身体の内側から温めることも大切です。
なるべく身体を冷やす食材は摂らないように。
身体を温める食材は継続して摂るように。

寒い時期は「酢しょうが」をつくり、さまざまな料理に少し足して摂取するようにしています。
しょうがを細かく刻み、黒酢などと蜂蜜に漬けるだけ。

「酢しょうが」を入れるのにおすすめの料理はお味噌汁です。
簡単に美味しく体温が上げられますよ。
体温が1度上がると、基礎代謝も10%も上がるんだそうです。

しょうがの成分は生と加熱状態で違うらしいので、
どちらの状態でもなるべく摂りたいものです。
みなさんも意識して摂取してみてはいかがでしょうか。

AD