コラムニスト・東香名子のオフィシャルブログ

コラムニスト・東香名子(あずま・かなこ)のオフィシャルブログです。


<最新情報>

テレビ7/2 テレビ朝日「はくがぁる」に出演しました。

テレビ6/30 TBS「好きか嫌いかいう時間」に出演しました。





テーマ:

こんにちは

今の生活にまあまあ満足しているあずまです

 

株式会社サイバードが、20~40代女性2,163名を対象に

「生活の満足度」に関するアンケートを実施。

結果、3人に2人が今の生活に満足していないそうなので、

今日はこちらをとりあげまーす。

 

毎日変わり映えのしない生活に少なからず不満を感じていますか?

という質問。

 

約3分の2が「満足してない」と回答しています。

結構多くてびっくり。

 

特に多いのは20代で、年を重ねるごとに満足度は上がっていきます。

これは、家族や子供を持ったりするので、満足度が上がるのでは?と

同社は分析していますねもぐもぐ

 

とはいえ、そこまで大差はないようです。

 

「今の生活を変えたい」と思っていますか?

 

こちら職業別のデータですが、

働く女性が特に、今の生活を変えたい!と思っているようですキョロキョロ

 

じゃ~、充実させるために、なにかやってる?っつーことで、

 

毎日を楽しむために、やっていることは?

 

やっぱりみんな食いしん坊照れ

どの年代も第1位は「グルメ」!!

おいしいものを食べた後って、すごーく幸せな気持ちに包まれますよね。

 

ちょっとビックリしたのが第2位が総じて「テレビ」びっくり

 

テレビってね、私の持論ですが、

なにか目的をもって見るんだったら、

人生が楽しくなるツールだと思うんだけど

 

ただなんとなく、やることがないから、テレビを流している・・・っていうのは、

「満足度の低い生活」に直結すると思うんですニコ

 

なんかさ、だらだらテレビを見続けちゃったあとの、アノ罪悪感、

あれは何なんでしょうな。。キョロキョロ 誰しも経験あると思うけど。。

美味しいものは満足するのに、好きなテレビは罪悪感って、なんかナゾキョロキョロ

 

ほんで周りに調査。

「なんか人生タイクツ~」って頬杖をついている独女たちに聞いてみると、

テレビが好きな人が案外多い。

ほんで、人生満足しているキラキラ女子たちと会うと

テレビを見ている人って少ない。

 

別にテレビをディスっているのではなく、

何か関係があるのかな?と考えてみたりするのです。。

 

 

あとさ!あれだね!

生活を変えたかったら、パラレルキャリア!!だねラブ

 

パラレルキャリアについては、こっちのブログで書いてるぞ~グラサン

→→【パラキャリ】本業のほかに活躍の場をもつパラレルキャリア

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

結婚しても仕事を続けたい派のあずまです

 

昨日の日経より、最新調査。

独立行政法人「国立女性教育会館」が2015年入社した新卒の正社員の男女1258人に調査をしたそうです。

 

(ちょっとエロい画像選んでみたw)

「結婚・出産後も今の会社で働きたい」女性は70%を超えたが、

約20%が「続けたくない」と回答。

続けたくない理由(複数回答)は

「家事・育児に時間をとりたい」(60.2%)が最多で、

次いで「職場や仕事の状況で難しい」(48.4%)。

 

5人に1人は、続けたくない、ということですね。

その理由の「職場や仕事の状況で難しい」というのも、

日本的だねえ。

 

でも、最近は女性の結婚出産とキャリアについて、

少しずつですが、改善しつつあると感じています。

 

女性主導で福利厚生を作っていく会社が増えているようですし、

男性が育児休暇の取得をする例も増えてきているんだとか。

でも、これは、まだまだ偏見の目にさらされるそうですがキョロキョロ

 

少子化が叫ばれまくっている日本と、

よく比較対象であげられるのがフランスです。

 

フランスは1993年には1.6%付近まで下降していた出生率を回復させ、

人口維持に必要な出生率2%台を維持しているんだそう。

 

たとえば、

「フランスは、男女とも残業がなく、ママが引け目を感じながら帰ることがない」

 

日本って「残業しないのは悪」みたいな風潮がありますよね。

特に「後輩は先輩より早く帰ってはならない」みたいな。

 

さだまさしの「俺より先に寝てはいけない、俺より後に起きてはいけない」的なw

 

しかし私が外資系企業で働いていたときは、

外国人社員は定時で潔く帰っていたことが印象的でした。

 

日本人の私としては「早っ!まだ5時でっせ!?」と思うこともあったのですが、

今思えば、世界的にはそれがフツウ?

やっぱり日本人って働き過ぎなんだな、と思ったエピソードです。

 

「ママが引け目を感じながら帰る」に関して思い出すのは、

 

独身の友達が、社内の「時短ママ」にストレスを感じていたこと。時短ママのやり残した分は、独身の私がやらなくてはいけない。

なんで私の業務量が増えるんだ!これは納得いかない!ということ。

 

フランスでは、こういうこともないんだろうなあ。。。

男女がみんな「残業しない」ならば、

やり残しがあっても、「あたし、知~らない☆さて、5時だ。コンパ行こっ」と、

独身女性がストレスを感じなくて済むんだろう。

 

この「あたし、知~らない☆」が、どうしてできないのかというと、

きっと上司が許してくれないから。

 

もしも上司が「おれ、知~らね☆さて、5時だ。家族と庭でBBQしよっ」

というメンタルの持ち主だったら、きっと許してくれるはず。

 

そして、その上司の上司も、

「仕事終わってないけど、俺知~らね☆さて、5時だ。キャバクラ行こっ」

というメンタルの持ち主だったら・・・(以下ループ)

 

ま、サボる勇気とサボる理解ですよね。

(別にフランス人がサボってる、と言ってるわけでなく)

 

わたしは、基本サボるのが好きなので、

編集長の時も、大きな声で言えないけど、よくサボっていたし、

スタッフにも「うまくサボってね」と言うこともありました。

 

もちろん、サボったら、どこかでしわ寄せがくるのですが、

それもしょうがない。責任とって、休日出勤もする。

デートのためなら、今日仕事サボって、明日朝7時に行く。みたいな

 

とにかく、

サボるためなら、なんだってやる!お願い

 

というメンタルで、やっておりました

 

というふうに、全員がもうちょっと「サボり」に理解を持てば、

もしかしたら、少子化が減って、女性が輝く社会になるのでは・・・?

なんて思ったりして。

 

とはいえ、日本人は世界一まじめな民族。

 

まさか日本人の勤勉さが少子化を招いて困らせている、って

なんか皮肉なことですもぐもぐ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

パラキャリ女子のあずまです

 

最近、アラサー女性を中心に、

パラレルキャリアという働き方が流行っているのをご存知ですか?

 

パラレル=平行、

つまり、本業と平行して他のキャリアを積むこと。

 

パラレルキャリアとは、

本業のほかに、活躍の場を持って、

趣味を生かしてお仕事や活動をすることです。

パラレルキャリア女子、人呼んで「パラキャリ女子」

 


パラキャリのいいところは、

本業があまり好きでない人でも、

副業として好きなことを仕事にできるということ。

オフタイムがとても充実します

 

こんな私も、実は、パラキャリ歴8年w

気づいたら実践していました。

 

現在、私のメインの職業は、

恋愛コラムを書くライター

ですが、

 

それに平行する最近の活動はというと、

・鉄道マニア女子 

・ひとり妊活実践家

・文章のレッスン

・企業向け文章作成サービス

・翻訳などの語学系

・テレビやラジオの出演

・バンド活動

・昔のアフィリエイトブログの管理

・ロングスリーパーとして長時間睡眠の布教活動

・サウナ愛好家

・昭和歌謡愛好家などなど...

 

貧乏暇なし!ナハハもぐもぐ

 

ちなみに、お金になるものもアリ、ないものもアリ。

1年くらいサボってるものもアリw

私にとっては、本業があるからどちらでもいいんです。

 

パラキャリのコツは、お金を稼ごうとしないこと。

 

もしかして、将来お金になるんじゃね!?お願いキラキラ

これくらいの考え方のほうが続きます

そのほうが、ストレスもなく楽しい。

 

 

最近、私が新しいキャリアとして加えようとしているものがあります。

それは、

 

野球選手のお尻評論家

 

ね バカでしょ?w

でも、これくらいバカっぽく軽いところに勝機があります

 

私の中のMHP(モストバリュアブル・ヒップ・プレイヤー)は、

高橋由伸元選手

 

 

ひゅ~!ヨシノブー!いいケツしてるぜぇ~!

 

とまあこんな感じで、

ブログでもパラキャリについて語っていこうと思います。

 

ツイッターも立ち上げました。

こちらでもプチアドバイスを垂れ流しています

フォローしてね照れ

@paracari_joshi

https://twitter.com/paracari_joshi

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。