AshtaとAsuka

Why am i ?

境界を忘れ去り区別を消し去れば存在も非存在も同じこと

疑いや議論で時間を無駄にしてはならない それは悟りとは何の関係もない

想念、感情、知識で推し量れないこのあるがままの世界には自己もなければ他己もない

全ては一つ 一つは全て

分別なしに生き活動しなさい

この真理を信頼し生きることが不二の道である

不二と信頼とは一体なのだから

道は言語に絶している

其処には昨日も今日も明日もないのだから

                                  ー『信心銘』よりー


              Thanks for a once in a lifetime chance to see you,Saraswati.


テーマ:
{37FF29D3-2820-40FE-B1B0-3BE53F36C8C5:01}

そっと触れる

相手の温かさや感触が

自分の掌と

溶け合っていく

降りはじめの雨と土のように

陽が沈んだあとの

空と海のように

徐々に 徐々に

秒を重ねながら

そして

新しい世界が

あらわれる


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
「インストラクター」と云う言葉で自分の仕事を呼ぶより、私は「ティーチャー」を選びたい

「インストラクター」のほうが謙虚だろうか

でも、その響きの中に私はどうも

何かの言いなり、もしくは本質ではない上辺

という匂いをかいでしまう

本質


Yoga=本質

でしょう

だから上辺の存在じゃ人にYogaを伝えるなんてできやしない

ああもう

何が上辺で何処が本質なのか

実際のところ

それを感じ取るのは本質的な存在だけ

そして沢山の上辺が

この国では日一日作り上げられ作り込まれ満ち満ちて

分厚い層で何もかもを覆い隠して

鈍い怪物の世界


もっともっとささやかに在るべきだ

ある人が

ミクロを見ればマクロが分かる

と話された

マクロを知りたければミクロを観ればいいんだ

そのために身体が在る

肉が在る、血が在る

顕微鏡を使わなくても感じ取れる五感が在る


他に何かを求めず

己のミクロに夢中になろう


「Yogaティーチャー」であるために

深遠なるミクロの世界目指して

まだまだ深く潜り続けよう

だって行き過ぎだって思う所を超えなくっちゃ

マクロは私を包んではくれないでしょう


包まれたときに

「皆さん宇宙と繋がるよ」って

教える事が本質でできる







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Mysore、Feb、36°。

わたしは自分の執着の正体を観た。

コンプレックスの正体、と言うべきか。

その"正体"はわたしを毎晩焼き尽くし、夜は頭が炎の様に燃え、朝は気怠く、昼は眠りこけた。
夕方だけが穏やかな時間となり、1人で、時に仲間と「Yoga・Ashtangaとは何か」掘り返し推測しその中に漂った。

自分が今まで思い込んでいた「Yogaたるもの、Ashtangaなるもの」がガラガラと音を立てて崩れて行く感覚に悩まされた。
そんな事が起こるとは思いもしなかった。

「激しく強い思い込み」が崩れる振動や騒音は想像を絶するほど凄まじいショックで襲って来たので、わたしはGoaをとにかくリセット、リラックスの場にしなければならなかった。

Goa、Mar、37°。

10日間、己の胸に燃えるYogaに対する想いを観た。
Rolf&Marci Naujokatのシャラへは行かなかった。そこに通う人々の輝きを眺めながら、私は夜遅くまで踊ったり、ケーキを食べたりした。

突然、Yogaのpracticeと全く関係ない人々の存在をキャッチした。それまでいかに狭い枠で人を選別していたのか知り、選り分けていた人々のエネルギーを感じてみた。
そしてそれは、心地良かった。

改めてSharath・KPJAYIと向き合うために本拠地に舞い戻る。

Mysore、Mar、37°。

ヌードデッサンに挑戦しようと素描教室に飛び込み、澄まし顔の裸の女を真剣な表情で囲んだ人たちに出会った時を思い起した。同じ様な真っさらな眼で、わたしはKPJAYIの人々に出会った。




Tokyo、Apr、15°。

Yoga・Ashtanga・practiceとは何か。

明け渡すとは何か。


宇宙・地球・自我

再生・維持・破壊



Yogaのために生きるのでも
practiceのために生きるのでもない。
Ashtangaは己が宇宙の一要素であるという事を知るために
在る。


究極の崩壊がなければ本当の再生がない様に
破壊しなさい破壊しなさいとAshtangaは云う。

それは何処からどんな風に訪れるのか、人によってきっと違う。



破壊への恐怖や不安が次々と自分を守ると装って拘束する何かを生むだろう。
それが何処にどんな姿で訪れるのかも、人によってきっと違う。



恐ろしくて怯えてそうしてそれでもすがり着いている

そんな己の姿にはたと気がついた時


Ashtangaの本当の意味が突然姿を現し
「お前はもうとっくに明け渡しているんだよ」と

耳元で囁くんだろう。


わたしはその時の為に
わたしを拘束している私を


今とにかくぶっ壊しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。