(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ

アゾット ダイバーシティ経営


テーマ:

長田先生 に500年前の刀を見せていただいた。


刀身の長さ、全体的なたたずまい、柄の装飾、


それらの優れたバランスから、


大将などの高い位の人が持っていた


刀だということである。


刀には一切の無駄が許されない。


それを持つ人間には少しの雑念も許されない。


ほんの少しの無駄と一瞬の気の緩みが死を招く。


命のやり取りの道具と戦場とはそういうものだ。


先生に色々説明を受けた。


「本来なら日本人であれば一人一本持つのが理想だろうな」


最後につぶやくようにそう言っていたのが


印象的だった。


話は変わるが、今朝のミーティングでこんな話をした。


会社というものは実態のないものである。


(事務所や工場の話ではない)


そこに集まる人間の意識のかたまり。


それを実行して形に変える。


それが会社だ。


もちろん最終的な全責任は、


経営者の自分で止める。


誰かに背負わせる気は無い。


だからといって俺一人の意見を


上から一方的に押しつける事ではない。


それでもいいが、


その状況下での人の心や意識。


それが集合した会社。


そんなにも無駄と雑念の多い会社では、


例えが正しいかどうか分からないが、


この戦場に似たビジネスの世界では


生き残れないであろう。


逆を言えば、


心持と考え方を変え、


それを速やかに行動に移す少しの


勇気があれば、


いくらでも会社の未来など変えられる。


人の未来も同じだ。




500年という歳月をものともせずに


人の心は、


少しも錆びれる事もなく、


切れ味を落とすことなく、


刀という形に変えて伝わり続ける。


自らの意思で持つ人を選ぶかのように・・・・・。


その刀の鈍い光は今まで所持した人の心を


日本人独特の精神を


代弁しているかのようだった。


この精神を今の日本人はもう一度確認するべきだ。


長田先生はそう言いたかったのではないだろうか・・・・・。



自分達アゾットグループも、お客様や仲間、


そして大勢の世の中の人々の役に立つようにがんばる。


ずっと人の心に残り伝わる仕事を心がけよう・・・・


雑念で錆びることのない会社を目指そう・・・・


あの刀のように凛として朽ちない


光だけは持っていよう


そう感じた。






二か月のブランクすいませんでした!!


ホームページ改定がずれこんでしまい


ずるずると・・・(言い訳


自分のブログはいったんここで終わります


長い間ありがとうございました。


(会社コラムでたまに現れます!)


今後も新しいホームページ上で


グループ各社長達が、皆様のお役にたてる


情報をよりエネルギッシュに発信してまいります。


お客様のお側に常にいれるように、


お役にたてるように、


これからも努力していきます!!


相澤




































AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


ダイバーシティーでTシャツ作りの実演会を行った。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


この企画を初めて6年目であろうか・・・・・


デザインしたグラフィックをどうやってTシャツ


にプリントするのかをお客様に知ってもらいた


くてはじめた。



Tシャツのプリント・・・・


50年代ごろアメリカの大学から始まった。


しかし、染色というくくりになると時代は


さらにさかのぼる。


エジプトのミイラが身につけていたものは


藍や茜で染められていた。


日本では古事記に草木染めの事が


記されている。


自分達はTシャツプリント、染色という仕事に


誇りを持っている。


それにTシャツ繊維業界の仲間は素晴らしい


方たちばかりである。


だが、どちらかと言うと裏方である。


普段あまり日の目を見ない仕事場を


世間の皆さんに知ってもらいたくて始めた。


もっとおこがましい言い方をすれば、


素晴らしい仲間にもっと日が当たって


欲しいと想い始めたのだ。



ゴールデンウィークのダイバーシティー


自分達の店「ナンバー」の前で、


たくさんのお客様にTシャツプリントを


体験してもらった。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


お母さんと娘さん、お父さんと息子さん、若いカップル


皆さん笑顔であった。


こんなにたくさんの人が集まっているところで、


ほんの一部ではあるが、


誇りに思っているTシャツ製造の仕事を


皆さんにお見せできた。


自分達にとっても感慨深い二日間であった。



















































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

乾いた空気 


濃い絵の具のような青い海


シンプルで美しい・・・・


自分の頭では月並みな表現しか


できないことがもどかしい。


その海に、


モノレールも同時に走る開閉式の


橋がかかっている。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ

ここはシドニー。 ダーリングハーバー。


大きなオープンテラスのシーフードレストランで


ビールを飲んでいた。


目の前に公園がある。


(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


レストランも公園も大勢の人で賑わっている。


自分以外白人の方々だ。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


「兼高かおる世界の旅」


一瞬、


子供のころ毎週日曜日の朝に想像を膨らませ


見ていたTV番組の一場面を思い出した・・・・。



そこで飲むビール。 プライスレスだ・・・・。



スタッフに甘えて一週間充電させてもらった。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


19日のナンバーお台場店のオープンに


合わせて帰国した。


(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


ナンバーお台場店。


カラフルなジャングル。


架空世界。


混沌としているようだがまとまっている。


やはりここでも月並みな表現しかできない・・・・・


(なので是非一度足を運んでください笑)



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


館内には行列がてきているショップが何店もある。


アウェーの自分達はその雰囲気にのまれていた。



だが、たくさんの花が届き一変した。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


普段からお世話になっている関係者の皆さま。


そして、


仙台ナンバーの大切な顧客様。


中でも福島県いわき市のお客様からは、


自分ごとのように喜んでいただき、


応援メッセージまで届いた。


パワーをいただき完全に切り返した。



そうであるお客様である!!



慣れるまでは苦戦もするであろうが、


いつもと同じように、


ここでもお客様一人一人に心をこめて


商品を伝えていけばよいのだ。


楽しい。 うれしい。 かわいい。 かっこいい。


プライスレスな心を販売していくのだ。


届いたたくさんの花を見ながら


まだ知らない大勢のお客様の


顔が浮かんできた。




お台場店もオープンしたばかりですが


「感謝と謙虚」を忘れずに


皆様のお役に立てるように努力してまいります。


多くのお花やメッセージ誠にありがとうございました。






















































































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めて神輿を担いだ。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ




(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ


年初めに必ず祈願に訪れている「姫宮神社」 である。


7年ぶりに御神輿が出るので


参加しませんか?と宮司の竹澤さん


から手紙が届いた。


是非もない。


二つ返事で参加である。



アゾットを立ち上げたばかりのころ


何をやってもうまくいかなかった。


やることすべて裏目に出た。


回りのほぼ全員から


もうやめた方がいいと言われ続けた。


気分転換に車を走らせるのが常だった。


姫宮神社の文字と赤い鳥居が目に入った。


お姫様が神様か・・・・。


そいつはいい・・・。


「次の案件にかけている」


「ダメだったらもうきっぱり諦めます」


「うまくいったら二度と諦めません」


「何とか力を貸して下さい」


そうお願いしたのが10年前。


その案件はうまくいき、


そこから怒涛の如く今まで時間が流れた。


しかし、


ふと入った神社の神様と、


神輿を担ぐまでのお付き合いに


なるとは思わなかった。



お姫様に気に入られたか・・・・・・・。



話は変わるが、


今月19日いよいよナンバー2号店が


東京お台場 にオープンする。


商品、サービス、店舗、


お客様に喜んでいただける


ことだけを考え続けた。


全社スタッフの意識もそこに集中している。


準備は整った。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ

そして今日肩の上に担いだお姫様に


約束をしてきた。


「あきらめない」




大震災で崩れ去ったアゾットとナンバー


を復興させる過程で確信したことがある。


120%の準備をする。


神様でも何でもお願いをする。


歯を食いしばってでもあきらめないと決める。



そうすれば必ずうまくいく。



万が一そこまでやってダメだったら・・・・


自分のせいじゃない。


信と義ばかりでは息が詰まる。


意固地になったら出口は無くなる。


反面に罰あたり的な側面を持つ自分の


独特の考え方だ。


俺のせいじゃない・・・・・・・


切り返した時にまったく違うアイディアが


ひらめき、切り抜けてきたのも事実だ。



ワッショイ、ワッショイ、


声を出して行進すると


武者震いがした。


お姫様を肩に担ぎながら本能が


よみがえった。


スイッチを入れた。


いよいよオープンである!




















































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

銀閣寺で人と待ち合わせをしていた・・・・・


今自分は浅野と二人在京中である。


京都よしむらしるくすくり~ん


共同AZOTH工場が、


吉村 大 社長の元いよいよ


本格稼働した。


それで京都に来ているのだ。


震災でできた絆を形に変えた工場の完成だ。


そこで働く韓国留学生のキムさん。


そのキムさんを紹介してくれた


李さんと待ち合わせをしていたのだ。


李さんは銀閣寺近くにある京都造形大学の


学生さんである。


余談だが、


自分は、この二人のように勤勉で


心が澄んだ若者に会ったのは初めてだ・・・・



さらに話は飛ぶが・・・・



京都で最もお気に入りの場所の


一つがこの近くにある。


「哲学の道」である。



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ

何の哲学もない、本能的に直感だけで動く


がさつな自分には、


不釣り合いな場所である・・・・・



(株)AZOTH 代表 相澤謙市ブログ

(さくらが咲くと綺麗だが人が多いのは似合わない)


だが、そんな自分でも


京都の中でも、


ここは他の有名なところには無い良さが


あるのは分かる。


小川、敷石の間隔、香り・・・・・・


うまくは言えないが本当に少しの違いなのだ。


そこがたまらなくいい・・・・。


京都は、


ほんの少しの違いを積み重ねて


奇跡的なものを作り出す。


文化、食、職人、町なみ・・・・・・・・


李さんもキムさんも、


京都のそんなところに


惹かれて遠く日本までやって来た。


この町には、


自分達AZOTHもすっかり魅せられて


しまったが・・・・。



線引きなどするつもりはさらさらないが、


自分たち東北仙台と、


意識の高い留学生さんたちが、


奇跡的な町にある京都よしむら工場で、


お客様に喜んでもらえるわくわくするような


ものを作れそうである。


久しぶりに哲学の道を歩きたくなった。




























































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。