地元産の養殖魚をPRするため、愛媛県立宇和島水産高校の女子生徒二人が三日、多摩市にある鮮魚店「吉川水産多摩センター三越店」を訪れ、クロマグロの解体ショーを披露した。
同高校の水産食品科の女子生徒七人でつくるPRユニット「フィッシュガール」から、いずれも三年生の寺坂美和さん(18)と河野奈津美さん(17)が参加した。
白い前掛けをした寺坂さんは身長一五一センチと小柄だが、出刃包丁などを使い、体長一七〇センチ超、重さ五六キロの地元で養殖されたマグロをわずか三十分ほどで解体した。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20140804/CK2014080402000104.html
クロマグロを解体する寺坂美和さん。手前に置かれたのは切断した頭部=多摩市で
AD