ホンネロス

テーマ:
ホンネテレビが終わって1週間経とうとしていますが。


ホンネテレビの3日目。
フィナーレ、どんな事するのかなと思っていたら、72曲を歌うですって。

離れ離れになってしまった仲間に宛てたのかなと思ってしまう私は深読みしすぎかな?

中居くんが尾崎豊好きだったなぁとか、
木村くんが忌野清志郎の歌を歌ってたなぁとか。

結局、別々の道を行くことになった理由は語られずじまいだけど、本当は言いたいそれを歌詞に込めたのかな、とか。

今の覚悟とか、迷いとか、懐かしむ思いとか。

上を向いて歩く理由が、涙をこぼさないためじゃなくて、晴れ晴れと空を仰ぐために、いつかなって欲しいよ。

歌声はボロボロだったけど、今までは口パクに頼るところが多かった彼らの、生声が生中継で最後まで聞けてよかった。

初めてみた、ゴローちゃんの肩を震わせて泣く姿。
歌の途中に感極まってしまった慎吾。
自分の弾き語りで、自分の声で、自分の思いを発信してくれた剛。

まだまだ制限も多いし、まだまだ風当たり強い部分もあるし、まだまだ大変なこといっぱいあるだろうけど、
応援し続けるファンのみんなや、協力してくれる芸能人や関係者の方々、そして何より、本人達の強い気持ちが、
新しい地図を広げて、押し進めていってくれると信じてます。

番組の中で、彼らが、「こんな僕らのために」と何度も言っていたのが気になった。
そんなあなた達だから、みんなついて行くんだよ。
そんなあなた達だから、みんな協力してくれるんだよ。

答えが出るのは何十年後かもしれない。
でも、「これでよかった」って言える日がきっと来るから。
森くんみたいにね。
72時間、本当にお疲れ様!(←今更w)

AD