けいおん!!第2話「整頓!」

テーマ:


 新入部員の獲得が出来ず、梓もこのまま5人で活動しようと決めた桜高軽音部。唯達4人は、初めて担任を任されたさわ子の職権乱用により、和を含めて同じ3年2組となった。授業が終わり放課後になった後、日直ではない紬が、黒板を消して掃除をしていた。「本当は唯ちゃんが、日直なんだけど。」唯が日直だと指摘すると、近くに座っていた和が、ずっと寝ている事を指摘した。「おい唯起きろ!部活だぞ、ギターだぞ!」律が必死に呼びかけても寝たまま。そこで知っているメンバーが、食べ物で釣る作戦に出た。「唯、ケーキだぞ!」大好きなケーキの事を臭わせれば起きるはず。声を合わせて呼びかけると、唯はようやく目覚めた。「ない、嘘つき。」騙されたと判り、また机に頭をべったり寝てしまった。



 仕方なく、本当にケーキを持ってくるよう頼む律。そこに担任のさわ子がやって来た。「田井中さん、この間貸した着ぐるみ演劇部に返してくれない。」着ぐるみを返すように命じた。「あああれなら、新入部員を勧誘した後、物置に入れたよ。」あっけらかんとした様子で、物置に片付けた事を示唆した律。そんな様子に澪は呆れ顔。早速音楽室の物置から、とりだそうとするのだが、そこは私物とダンボールの山。無理矢理着ぐるみを引っ張り出すと、ダンボールが崩れ落ちてきてしまった。(ああそんな所があったのですね。りっちゃんは大雑把の性格だから、自宅の部屋も結構汚そうだなあ。唯ちゃんはどこでも寝ちゃうけど、食べ物に釣られて起きても、すぐにまた寝るのが結構ゲンキンです。)



 「それでは大掃除をします。そこの2人は、あからさまに嫌な顔しない!」きちんとしない時がすまない澪の先導で、物置の大掃除が宣言された。寝ていた唯も音楽室にやって来たが、律とキャラが似ているおり、掃除が嫌なのも同様。嫌なのがはっきりするほどの顔をしていた。「だって三度の飯より掃除が嫌いだ。」練習もしようとしないのに、やたら気合い入れて練習するポーズをしたり、徒党を組んで掃除が嫌い発言するなど、変な所で息ピッタリの唯と律。しかし私物ばかりなので、渋々掃除する事を了承して、物置の掃除が始まった。掃除を始めると意外な事が次々と判明した。サザエさんの波平そっくりのぬいぐるみは、澪の持ち物だった。紬が持参したティーセットは、ベルギー王室御用達。価格はとんでもない高価で、唯がびっくりして落としそうになったのを律が、スライディングして必死にキャッチするほど。こんな物もあったが、それは食器棚の話で、私物満載の物置の掃除はようやく一段落した。(凄いっすね王室御用達ですか。そんなものでよくコーヒーや紅茶をがぶがぶ飲んでましたね。まさに豚に真珠というのが、ピッタリです。これだけでも面白いのは、花田先生の脚本の賜物でしょう。)



 掃除が終わり、物置の中に入っていた物を整頓すると、今の軽音部の物ではない、以前の軽音部が使用していた雑誌や道具が出てきた。「見て見て、何か出てきたよ。」唯が引っ張り出してきたのは、銀色のケースだった。「金目の物は入ってないかな?」すぐに色めき経つ律と一緒に開けてみると、中には古いヴィンテージギターがあった。「なんだつまんない。」ギター=ガラクタだと思う唯・律は、興味を示さずそっぽを向いた。そんな態度に梓は納得が行かない。「あら懐かしいわね。そんな所にあったんだ。それはあんまり使っていなかったけどね。」音楽室に入って来たさわ子が、自分の懐かしいギターと久し振りの対面を果たした。「先生って昔、軽音部に入っていたのですか?学園祭の時、演奏上手いなって思っていたんです。今度教えて下さい。」学園祭の演奏を見て、梓はさわ子はギターが上手いとわかっていた。教えて貰えれば、腕が上がると、弟子入りを志願した。「ブランクはあったけど、今の唯ちゃんよりは上手いかな。いいわよ、教えてあげる。」2つ返事で梓の申し出をOKしたが、唯にDEATH DEVIL時代の写真を暴露されて、あっさり撤回されてしまった。(知らないとはいえ、あずにゃんもあのさわちゃんの写真は受け入れられないか。梓・さわ子の絡みは少ないから、あってもいいかなと思ったし、ガチな音楽要素も見てみたいと思ったので、ちょっと残念でしたね。)



 私物は整頓した際、全部持ち帰る事になった。「はい、さわちゃんも持って帰って。」唯が持って帰るように差し出した。「うああカビくさい。」余りのかび臭さにさわ子はショックを受け、もういらないと思って「これ売って部費の足しにでもして。どうせ保存状態も悪いし。もしも売れるなら、他の誰かに使ってもらった方が、このギターも幸せよ。」教師らしいもっともな事を言っているつもりだが、律はすぐに押し付けたと察知した。結局、じゃんけんで負けた唯が、かび臭いギターを持っていく事になった。必死に重さと格闘しながら、何とか時間まで持ち運び、次のじゃんけんをしようとした時、澪が途中でもらったチラシを紹介した。「なあこんなのが、準備室にあったらいいな。1つあると色々整理できると思うし。」どうせなら整理出来る棚を購入しようと持ちかけた。こういうのがあれば、また掃除する事は無くなる。部員達は、部費を工面して購入しようと考え、近くのホームセンターに向かった。(さわちゃんも結構やる事がえぐいなあ。ちょっとした事で、キャラクターの性格を如実に現すのは、演出的に面白いです。面倒くさい事を押し付けるさわちゃんとそれを見透かすりっちゃんですが、まあ2人は似たもの同士でしょう。多分りっちゃんも同様の状況になったら押し付けそう。)



 ホームセンターは、生活必需品を買い揃える為に行く、一般人には当たり前の場所。しかしお嬢様の紬にとってのホームセンターは、初体験で目の輝かせる場所。見る物全てが珍しく、全部欲しくなってしまった。これは物珍しいからという理由があるのだが、唯と律はねじ回しを銃の様に使ったり、ヘルメットのランプを澪に向けたりするなど、やっている事が幼稚の極み。下級生の梓に呆れられる始末だが、それもどうやらいつものことだと割り切っている様子だった。物事を客観的に見るちょっと大人の梓だが、水槽を泳いでいる変な顔の亀(スッポンもどき)が気になり、ぼんやり眺めていた。「かわいいスッポンだね。ハナにピーナッツ入れたくなる可愛さだよ。」変な例えをするが、近づいてべったり抱き付く唯も、亀が可愛いと思い始めた。そんなやり取りは知らないが、本来買う予定だった棚も搬入許可が下り、ホームセンターを後にした部員達。次にギターを買い取ってもらおうと、いつもの楽器店「10GIA」にやって来た。「査定をお待ちのお客様お待たせしました。こちらのギターですが、50万円で買い取らせて頂きます。」店員の評価は、まさかの50万円。超高額の査定結果に、一般庶民の4人はビックリ仰天した。(ムギ以外の4人は、50万なんて見た事無いだろう。果たして50万もらってどうするのか?山分けするのか?どうするのか結構面白いですね。ガッツリ頂くにしろ、使わないにしろ、これは踏み絵だなって思いました。)



 50万円が手に入ると知り、怖くなり逃げ出そうとする澪。一方いつも見ている紬には、50万円は当たり前の金額。「躊躇しろ。」と律に突っ込まれても、あっさりもらってしまった。「どうしてそんな値段が付くんですか?まさかムギに気を使って?」どうしてそんな高額の値段になったのか?改めて律は、店員に質問した。理由は、貴重なヴィンテージギターだから。フィンガーボードに、ハカランダという貴重な木が材料として使われ、長い間しまってあったので、傷が少なくコンディションがいい事が要因なのだ。とにかく大金が転がり込んできたどうするのか?5人はハンバーガーショップで、使い道を決める事にした。「さわちゃんが、部費にしろって言うからいいんだよ。1人10万だぞ。」躊躇する梓を落としに掛かる律。梓も10万円見せられて、自分が欲しいエフェクターの事を思い陥落。注意を促した澪も、マルチアンプシミュレータに新しいアンプが欲しいとこちらも陥落。律もドラム関連商品が欲しくなり、札束で叩かれたい唯を含めて、どす黒いオーラが、一般庶民の4人には溢れていた。(唯はどうしようもないですが、音楽に打ち込んでいるだけあって、ちゃんと音楽に関係する物が欲しいというのは、よこしまだけどまあいいかなって思います。部費だからそうすると言われたら、これは返す言葉がありませんけど。)



 翌日、ホームセンターで購入した棚が到着した。早速部で必要な道具を入れて、整頓された軽音部の部室として生まれ変わった。ホームセンターで紬が買った、蛇口がピカピカになる道具で、蛇口も新品同様になった。私物を持ち込みまくって、憂に怒られるのが嫌な唯と、また漫画を入れ込もうとする律は、梓と澪に注意されたが、雰囲気は和やかだった。しかし部室にさわ子がやって来ると状況が一変した。50万円の事がばれたらヤバイ。知らん振りして逃げようとするものの、澪が強制的に引っ張り出した。「どうだった私のギターは?」いくらになったのか?さわ子が尋ねてきた。50万円なんて言ったら取られてしまう。何とか誤魔化そうとしてついに「1万円!」と律が嘘を付いてしまった。「やっぱそんなもんか。じゃあ買い取り証明書頂戴。部費に計上しておくから。」納得の価格だとわかり、買取証明書を渡すよう要求したさわ子。



 要求された律は、仕方なく最後の手段に打って出た。それは食べて証明書を消し去る事。「食え!食え!」他の部員達が食べろと煽るが、メガネを外して脅すさわ子には勝てなかった。結局証明書は取られて、全員印籠を出された悪代官一味のように、土下座する羽目になった。「じゃありっちゃんの言う通り、1万円だけ部費として計上するのよ。その棚を買った事にしなさい。」結局お金は元の鞘に納まり、部費は1万円のみ計上され、棚の購入代金に充当された。もし言っておけば、全額とは言わないまでも、かなりのお金が部費に計上されたかもしれない。しかしそれも後の祭りだが、さわ子から1つ皆で使えるものを買っても良いと許可が出た。早速帰りに何を買うのか相談していると(勿論ケロ2体目は却下)、テニス部が新入部員を指導する様子が目に入った。(50万円の部費があれば、色々出来そうですね。遠征とか学外ライブとか。それが欲に目がくらんでパー。りっちゃんの本性が現れた格好ですが、澪ちゃんもあずにゃんも結構言っている事と本心が違う気がするのは私だけでしょうか?唯ちゃんは、叩かれるのが目的でお金に執着が余り無いのがちょっと意外でした。)



 「5人で良いって言ったものの、やっぱり後輩が欲しいって感じだな。」寂しそうな梓の様子を見て、やっぱり後輩が欲しいと感じた律。それは他の3人も同様で、梓の為に何かしようと考え始めると「私、良い事思いついた。」唯が手を叩いて、ある事を思いついた。それはホームセンターで、梓が眺めていた亀を飼う事。しかしリアクションは薄かった。「眺めていたのは唯先輩でしょ?私はただ変な顔だなって、思っただけです。」別に梓は亀に興味を示したわけではなかった。全部唯の勘違いで、見当違いの物を買ってしまった事になった。「梓が後輩がいなくて寂しそうだったからだよ。」澪が買った理由を説明すると、梓は笑顔を浮かべて「これからは私が面倒を見るからね。まあ唯先輩には、無理ですけどね。」気を使ってもらった事を理解して、自分で世話をすると宣言した。上から目線で、無理だと決め付けられ唯は面白くなく、抱きついて駄々をこねる様子を澪が、一枚カメラに収めていた。(あずにゃんは、結構タメ口ですね。唯ちゃんとりっちゃんに関しては。なんか上から目線って感じがありあり。事業仕分けならぬ、部員仕分けですか?まあ本質は凄く真面目でいい娘だと思うのですが。今回は原作プラスオリジナルでしたが、非常にまとまっていて面白かったです。花田先生はいつもこんなならばいいのですけど。)



TVアニメ「けいおん!!」オープニングテーマ GO!GO! MANIAC(初回限定盤)/放課後ティータイム
¥1,260
Amazon.co.jp



TVアニメ「けいおん!!」エンディングテーマ Listen!!(初回限定盤)/放課後ティータイム
¥1,260
Amazon.co.jp



TVアニメ「けいおん!!」オープニングテーマ GO!GO! MANIAC(通常盤)/放課後ティータイム
¥1,260
Amazon.co.jp



TVアニメ「けいおん!!」エンディングテーマ Listen!!(通常盤)/放課後ティータイム
¥1,260
Amazon.co.jp



TVアニメ「けいおん!」ライブ 『けいおん! ライブイベント ~レッツゴー!~』Blu-ray/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,190
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 2 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 3 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 4 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 5 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 6 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 7 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 8 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp



けいおん!!(第2期) 9 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]/豊崎愛生,日笠陽子,佐藤聡美
¥8,400
Amazon.co.jp
AD