けいおん!第1話「廃部!」

テーマ:

 中学を卒業して桜高校に入学した平沢唯。入学式の日を迎えたが、朝から目覚まし時計の音が鳴り響いた。「お姉ちゃん、そろそろ起きないと。」妹憂の呼びかけに来た時、朝8時を指す時計に驚きのんびり屋の唯も流石に慌てて、トーストをかじりながらダッシュで出発した。急いで走っているが途中老婆の信号横断を助けたり、動物の世話をしたり、踏み切りに捕まったりなどなかなか辿り着かず、息を切らしながらようやく目の前にした時間はまだ8時過ぎで、時間を間違えたドジっ子振りと優しい一面を垣間見せた。「今日から高校生だ!」紆余曲折ありながら入学式に参加した唯。新たな高校生活に胸を高鳴らせていた。(主人公の唯がどういうキャラクターなのかよく分かるアバンでした。ドジっ子だけどとても心優しい親しみやすい女の子だと思います。ただ場所が悪いとネタにされそうなキャラだなって感じです。ランニングシーンでも京アニは動くなっていう印象です。)



 入学式を終え体育館の外に出た唯を待っていたのは、新入生に付きものの部活の勧誘。「入学おめでとうございます。是非テニス部へ」「是非柔道部へ」一斉に先輩に囲まれ部活のパンフレットを無理矢理渡されたが、何が何だかわからず呆気に取られるだけ。一応部活の入部希望ポスターも見てから自分の教室1年3組に戻ったが、未だ入部希望用紙は真っ白だった。「何悩んでいるの?」声を掛けて来たのは、中学時代からの親友真鍋和(まなべのどか)。「どの部活に入部しようかって。私運動音痴だし、文化部も何をしてるか分からないし。」1学期が始まって既に2週間が経過。未だ入部する部が決まっていない事を説明した唯。「こうやってニートって出来上がっていくのね。振り返ってみると、唯って何の部活もしてなかったもん。」優柔不断で流されるまま決められない姿に「ニート予備軍」のレッテルを和は溜め息を付きながら貼った。「何かしなければ行けないのは分かっているんだけど一体何をすれば良いんだろう?」キツく言われ自分は何か始めないといけない。ただ何をすれば良いのか分からない。唯なりの葛藤がそこにはあった。(和はきつめのメガネっ子です。委員長的キャラって感じ。唯の優柔不断で何も考えてない素振りがいらいらしてそう。何をして良いか分からないのは、自分がどういう人物か理解してないって証拠ですね。しかしこういう女の子が化けるアニメだなって思います。)



 唯が部活選びに悩んでいる頃、同じ1年生の田井中律は、積極的に幼馴染みの秋山澪に軽音部を見学しようと誘った。「でも私文芸部に入るから。もう紙も書いたし。」澪は既に文芸部入部の意志があり入部届を見せた。すると捨てる紙が如くバッサリと入部届を斬り捨てた律。「さあ行こうぜ行こうぜ!」澪の意思を無視して無理矢理教員室に連れて行った。「昨年度まで居た部員は皆卒業。今月中に4人入部しないと廃部になっちゃうの。」律の夢をぶち壊す状況を教えた教師の名は山中さわ子。軽音部は部員がおらず、存続条件は4月中に4人部員を集めることだと教えた。「だから音楽室誰も居なかったんだ。」「奇麗な先生だったね。」ヘコむ律とさわ子に見惚れる巻き込まれた澪。2人は当然のように対照的な態度だった。そこに唯が登場して思わず2人を見つめた。「ハイ、これプリント。授業が始まる前に配っておいてね。」さわ子からプリントを渡されるが、2人から睨まれたと思い込みテンパってプリントを落とし、拾おうとしたら教員の机に頭をぶつけた。「テンポ悪!使えねえなあ。ドジっ子!」名前は知らないが、心の中で唯を酷評する律。廃部寸前だと知り「誰も居ないって事は、今入部すれば私が部長。悪くないわね。」自分が部長になれるなら好条件だとほくそ笑み、澪を呼び止めた律。放課後誰も居ない音楽室に2人だけで集まった。(それぞれのキャラクターの個性がわかりますね。導入としては流石によく出来ていると思います。らき☆すた的に言えば今のところ律がかがみん的ポジションで、澪がみゆきさん。軽音部=かるい音楽だと勘違いする唯はつかさって所でしょうか。あとはこなたが誰になるか。さわ子はななこ先生って感じはしませんね。)



 人は来る気配は無く、帰りたい気持ち一杯の澪。「待つと言ったら待つ!」諦めず入部希望者を待ち続ける律。対照的な2人が陣取っていた時1人の女子生徒が見学にやって来た。「軽音部の見学ですよね。入りませんか?」待ってましたとばかりに女子生徒を勧誘する律。「いえ合唱部の見学です。」当然軽音部などではなく、女子生徒の目的は合唱部の見学。「後悔はさせません!今部員が足りないんです。」一生懸命にわらをも掴む思いで必死に頼み込む。そんな律の見ていた澪は、業を煮やし勧誘を止めそのまま帰ろうとした。「澪、あのときの約束は嘘だったのか?私がドラムで、澪がベースで。ずっとずっと一緒にバンド組もうねって約束したのは嘘だったのかよ。」2人で約束した事は嘘なのか?涙ながらに訴える律は、一緒にバンドを観に行った過去を回想した。「そもそもその回想が嘘だ。」ドライに嘘だと一言洩らす澪。更に勝手な妄想を繰り返す律にきついツッコミを入れた。「何だか楽しそうですね。キーボードぐらいでよければ入部させてください。」澪と律の親友漫才をかます様子が面白く、入部を決意した女子生徒の名前は琴吹紬(つむぎ)。お嬢様っぽいおっとりとした言動だが、実は子供の頃からピアノのレッスンに勤しみコンクールでも入賞経験がある実力者だった。「やったこれで後1人!私はドラムの田井中律。こっちがベースの秋山澪。後はギターだな!」やる気なかった澪もまんざらではなく、律が一方的にベース担当と紹介。そんな熱意が実って廃部にならない最低条件の部員4人に達するまで残り1人となった。(コントやったら入部決定。やっぱり入りたいと思うのは、面白くて楽しい仲間が居る所です。入る気なかった紬が、決めたのも澪と律のコントがあったから。澪も律の言動に心が揺れ動き成り行きで入部しちゃいました。残る1人のはずの唯は、未だ何をやりたいかわからずじまい。軽音=簡単な音楽と勘違いしてるしなあ。)



 とにかく集まった3人は、下校してファーストフードショップへ。そこで紬は、生まれて初めてのファーストフードショップに入り、店員の営業スマイルに乗ってポテトを買った。「私ファーストフードって初めてなんです。ご一緒にポテトいかがですかって言われるの憧れていたんです。」2人が座る席に戻り、初体験のファーストフードにウキウキ気分。そんな紬のお嬢様ぶりに閉口する律は、早速4月一杯での部員獲得作戦を提案した。「車とか別荘とかですか?」ここでも紬のお嬢様感覚が炸裂。しかし律はありえないと受け流し、現実的なアイスなどの食べ物で釣ろうと考案した。「そんなので来るとは思えないけど。」そんな手に乗る人は居ないと否定した澪。結局大雑把で飽きっぽい律が諦めて、これで終了と思いきや紬の提案で勧誘用のポスターをそれぞれが製作して貼り出した。「後1週間だけど、誰も来ませんね。」4月も残り1週間となったが入部希望者はゼロ。このままではバンドが組めず廃部決定となる。それだけは嫌がる律を尻目に相変わらずマイペースで、入部したい部活がない唯。偶然軽音部のポスターを見つけた。「軽い音楽か?」さわ子の言葉を勘違いして簡単な音楽だと思い込み、幼稚園の時褒められたカスタネットぐらいなら出来ると鷹をくくり「とりあえず軽音楽部って所に入ってみました。」ニート扱いした和に入部を宣言した。(一応褒められた記憶があるから入部を決めた唯。もの凄く単純なんだなって思いました。分かりやすいけど上手くはまったら、担当する事になるギターも上手く弾けるかもしれないです。もの凄く純粋で一途だと思ったからです。)



 「ねえバンドとかするみたいだよ!」昼食後和は勘違いしている唯に、軽音楽部はバンド活動をする部活だと説明した。当然口笛とかカスタネットをやる軽いノリの部活だと思った、唯の見当は完全に的外れ。それでも入部希望用紙は、さわ子から軽音楽部員に渡され「よっしゃ廃部じゃなくなる。」「平沢唯、何か名前から凄そうだ。強力なメンバー加入だ!廃部は免れしかも凄いギタリストが加入すると思い込み、強力なメンバーがやって来る心躍らせる3人。しかし話題の主人公唯は、足元がふらつき歩き軽音楽部の部室である音楽室に向かっていた。「やっぱり辞めたいって言おう。でも軽音楽部ってどんな人がいるんだろう?」辞めたいと切り出したいが、パンクバンドのメンバーみたいな人間がいるかもしれない。1人恐怖と格闘しながらテンパっている唯の肩を律が叩き声を掛けた。「もしかして入部希望の平沢唯さん?色々誤解していて御免。ギター上手いんだよね。皆入部希望者が来たぞ。」散々酷評しながら、ギターが弾けると思い込み手の平を返し唯をメンバーに紹介した律。紬にお茶とケーキを用意させ、最大限のもてなしで困惑する救世主を迎えた。(DMC観た事ないから分からないけど、クラウザーさんってあんなキャラなんですか?確かに分からない人があれを見たらビビります。さあ勘違いされた唯はどうしますか?勿論入部しないと話にならないので、そのプロセスが楽しみです。)



 「やっぱり辞めるの止めようかな。」ケーキの味に釣られ直ぐ考えを変える唯。そんな様子を見つめる3人は興味津々で見つめながら、矢継ぎ早に好きなバンドや好きなギタリストについて質問を重ねた。「やっぱ言わなきゃ!実はギターなんて弾けないって。」本当の事を言わないといけない。しかし唯の口は「ジジジ・・・・・」と口が篭るばかり。「ジミ・ヘンドリクス?ジミー・ペイジ?ジェフ・ベック?流石渋いね平沢さん。」伝説のギタリストが好きだと勘違いして、唯が音楽に詳しいと思い込む律と澪。「1週間以内に集まらなかったら廃部になるところだったんです。本当にどうもありがとう。」すっかり廃部を救った救世主として上げ奉り、後に引けなくなった唯。それでもやっぱり出来ないと言うしかないと心に決め「あのう申し訳ないですけど、入部するの辞めるって言いに来たんです。ギターは弾けないし、もっと違う楽器をやるかと思った。」意を決して入るつもりは無いと言い切った。(私ギタリスト全く知りませんでした。ジミーといえばジミー大西しか知らないぐらいです。洋楽はビートルズとかマイケルジャクソンぐらいしか知らず、レッドツェッペリンもついこないだ知ったぐらいです。唯だって知識は私と同じぐらいのはず。それを先走りされてちょっとかわいそうだなって思いましたけど。よく言い切ったんじゃないですか。)



 しかも軽音部は特に入りたい部活ではないと知った3人。「折角のカモだ!」「何とか廃部を免れる為に。」「何とか引き止めないと」引き止める思惑が一致して、新たな引きとめ作戦クッキーとお茶を用意した。何故か一緒にお菓子を食べるガールズトークに移行。好きな食べ物や好きなものなどを聞いて、何とか引きとめようと躍起だが、唯は立ち去ろうと席を立った。「ダメ行かないで!ゴロゴロしているだけでも良いから。」「もっと美味しいお菓子持ってきますから。」引き止めようとする3人も必死。「私軽い気持ちで入るなんて書いてごめんなさい。」ついに唯は泣き出し自分のせいで迷惑掛けたと謝罪した。「じゃあせめて私達の演奏だけだけでも聴かせ。」最後の手段自分達の演奏を聴かせる手段に出た律。「えっ聴かせてくれるの?」急に表情を輝かせ唯は席に座り、3人が演奏する「翼をください」を静かに聞いた。「うあああ何ていうか、言葉に出来ないけど上手くないですね。でもすっごく楽しそうでした。私この部に入部します。」評価はバッサリだったが、楽しそうな様子に感激して唯は入部を決意した。「ばんざーい!」急な心変わりに小躍りする律達。記念の写真撮影をして軽音部の第一歩を踏み出した。(ギターの相場はピンきりらしいですが、5千円はないでしょう。レンタルじゃないんだから。和の気持ちも良く分かります。こんな軽音学部でもエンディングはもの凄く上手い。これがまたビックリさせてくれました。もの凄くマッタリしてるけど、テンポの良い物語でこれは面白くなりそうです。)

Cagayake!GIRLS(初回限定盤)/桜高軽音部

¥1,260
Amazon.co.jp



けいおん! 1 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 1 (Blu-ray Disc)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! 2 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 2 (Blu-ray 初回限定生産)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! 3 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 3 (Blu-ray 初回限定生産)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! 4 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 4 (Blu-ray 初回限定生産)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! 5 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 5 (Blu-ray 初回限定生産)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! 6 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 6 (Blu-ray 初回限定生産)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! 7 [DVD]

¥4,040
Amazon.co.jp



けいおん! 7 (Blu-ray 初回限定生産)

¥5,905
Amazon.co.jp



けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)/かきふらい

¥860
Amazon.co.jp



けいおん! (2) (まんがタイムKRコミックス)/かきふらい

¥860
Amazon.co.jp


Don’t say“lazy”(初回限定盤)/桜高軽音部

¥1,260
Amazon.co.jp
AD

コメント(2)