宇宙に存在するメメントモリから発射されたレーザー光線は、中東最大のスイール王国の首都を消滅させた。その結果カタロンは支部長を失い、情報を利用した反連邦運動のチャンスを失ってしまった。クラウスは、今回の一件で宇宙軍を総動員してメメントモリを破壊すると決めた。ソレスタルビーイングとも連絡が取れず、シーリンに無謀だと言われても。一方ラグランジュ3の秘密基地で行われたツインドライヴのテストは、イアンやリンダの想像以上の数値を残した。刹那も世界の歪みを断ち切る新たな力を得たと感じた。



その後ソレスタルビーイングにも、メメントモリによるスイール攻撃の情報がもたらされた。余りにも悲惨なスイールの状況を目の当たりにして、補給後のミッションをメメントモリ破壊だと告げたスメラギ。一方ティエリアは、人が多く死んだレーザー兵器を利用したイノベーターのやり方に憤りを覚え悩みを吹っ切り、ついにアロウズを操るイノベーターの存在を刹那達に暴露した。本当の敵の存在を知り最初は驚くばかりだったが、最終的には敵の存在を知り闘志を燃やした。



一方グッドマンからプトレマイオス2の追撃を命じられたカティ。基地の存在が特定出来ない中

リヴァイヴから基地を発見する任務を任せて欲しいと直訴。ガデッサとブリングのガラッソが先行して出撃した。実はリヴァイヴには秘策があった。それは脳量子波をラグランジュ3に向けて放射する事によって、反応があった地点をソレスタルビーイングの秘密基地だと認識する事。それを可能にするには、イノベーターの存在が不可欠。実は留美の紹介で加入したアニューの正体は

イノベーター。スパイとしてソレスタルビーイングに侵入していた。



これにより基地を特定した事実がカティに報告されると、ピンポイントのあぶり出し作戦が実行された。プトレマイオス2のクルー以外が輸送艇で脱出しようとしていた中、先行してガンダム

4機を出撃させたスメラギ。しかしイノベーターが開発したガラッソとガデッサの能力はガンダムをも凌駕していた。セラヴィーが力比べに破れ、ガデッサのGNキャノンはプトレマイオス2のGNフィールドを貫き強烈な損傷を与えた。更にプトレマイオス2の第3格納庫を直撃しており、未だ

オーライザーを調整中だったイアンが重傷を負ってしまった。早急にスメラギは沙慈に様子を見に行かせると、動けないイアンを発見した。イアンは、調整が完了したオーライザーをダブルオーの元に運び、皆を守って欲しいと沙慈に託した。戦わずに役に立ちたいと考えていた沙慈。自分が

皆を守ろうとオーライザーのパイロットとして戦場に出発した。



ダブルオーがジニン・アンドレイ・ルイスの部隊と交戦中、高速の速さで到着したオーライザー。

早速ツインドライヴの力を最大限発揮する為にドッキングを開始。ダブルオーライザーとしてアロウズの目の前に現れた。その能力はアヘッドを完全に凌駕しており、苦戦したジニンのアヘッドを撃墜する事に成功した。しかし放出したGN粒子は、戦場に響き渡った声をパイロットに送る

不可抗力をもたらした。それが4年振りに沙慈とルイスの恋人同士が、敵味方に別れ戦場に存在していると知った。互いの声が響き渡り、どうして戦場に居るのか信じられなかった。(宇宙で待ってるという約束が、こんな形で実現するとは。しかも理念が違う2つの組織に所属しての再会ですから本当につらく悲しいです。)



ダブルオーライザーは圧倒的な性能を発揮して、ジニンのアヘッドを撃破した。しかしプトレマイオス2には、アヘッドとジンクス3の部隊の波状攻撃が続いていた。輸送艇を護衛するアリオス以外のケルディムとセラヴィーが必死に応戦した。刹那もトランザムを駆使しながら、必死にプトラマイオス2に駆けつけようとしていた。しかし沙慈とルイスの思いは、ここで引き離されてしまい

互い思いを語るチャンスを失った。「ここは通さん!」行く手にはブリングのガラッゾが立ちはだかった。「邪魔をするな!」真っ向勝負を挑んだ刹那。セラヴィーのパワーをも凌駕したガラッゾに対し一歩も引かないダブルオーライザー。逆にパワーとスピードで圧倒的な差を見せつけ的確に攻撃をヒットさせた。その結果一気にガラッゾ撃破に成功。ブリングを退却に追い込んだ。(真の力を見せ付けてガラッゾを撃破した刹那。あっけないぐらいの差がありますけど、ガラッゾって本当はダブルオーを相手にしなかったんですよね。だからいかに圧倒的な性能であるか、一目瞭然

です。)



一方更なるジンクス3増援部隊が、プトレマイオス2攻略に向けられた。「また増援か!ここでトランザムを使う訳には。」切り札を使えず苦戦するティエリア。ロックオンもカティの勝利の為に気合の入るパトリックの奇襲攻撃に襲われた。最初の攻撃ビームサーベルを受け止めたケルディムだったが、実はこれはパトリックが仕掛けた陽動作戦。「今だ!」にやりとした瞬間、隠れていたジンクス3がケルディムを挟み撃ちにした。不意を付かれ絶体絶命の大ピンチのロックオン。その時危機を救ったのは、戻って来た刹那のダブルオーライザーだった。アヘッドとジンクス3を蹴散らし仲間達の救援に戻ろうとした瞬間「圧縮粒子充電完了!」再びGNキャノンで、プトレマイオス2を狙おうとしたリヴァイヴの声が、刹那の耳に届いた。「新型か?」ガデッサの存在を確認した刹那。狙い撃ちをしようとしたガデッサに奇襲攻撃を仕掛けた。



流石に攻撃は当たらず、逆にGNランチャーをダブルオーライザーに向けて発射したガデッサ。ランチャーのレンジは、一方向ではなく広範囲に渡りダブルオーライザーに迫った。これに対してツインドライヴの加速で攻撃をかわすと、ガデッサの懐に入り込んだ。「馬鹿な!しかし私はイノベーターだ。」人間がイノベーターの攻撃をかわした事実に驚きながら、イノベーターとしてのプライドを失わずビームサーベルで攻撃を仕掛けた。しかしツインドライヴによる加速はリボンズの想像を超え、リヴァイヴの視界から消えたダブルオーライザー。追いつけないスピードを活かし一気にビームサーベルでガデッサを一刀両断した。「やられたイノベーターである私が。」愛機を失い脱出したリヴァイヴ。まさかの敗北が信じられなかった。「機体が量子化した?僕の知らないガンダムの力だと?」ヴェーダを掌握したはずのリボンズ。ツインドライヴの真の力を見せ付けられ苛立ちを隠せず「黙っていろ。意地汚い小娘が!」様子を窺った留美を殴った。(ヴェーダから作られた人種であるイノベーターは、予期せぬ事が起こると意外に脆い。アムロも出し抜かれて結構脆かった。プログラミングされた事以外には、対応出来ない事が弱点って事だと思います。)



新型2機がガンダムに敗れ、プトレマイオス2に攻撃していたアロウズ部隊は撤退。「トレミー砲撃中止。ガンダム各機は警戒態勢。気を抜かないで、私達の目的は衛星兵器破壊よ。」攻撃は収まったが、油断せずガンダムに警戒を継続させたスメラギ。本当の目的を果たすべく、刹那がモビルスーツを10機近く撃破した事実を考慮せず、両親の安否が気がかりなミレイナに対し補修作業に当たるように指示した。「こちらアリオス、輸送船の護送を完了した。ミレイナ君のお母さんは無事だよ。」アレルヤから輸送船の護送の完了報告が入った。「補修作業行って来る

ですぅ。」リンダの無事を知り、ミレイナは安心して作業に向かった。一方ダブルオーと分離した

オーライザーを操縦した沙慈。何とかルイスの所に向うため、トランザムの限界時間が過ぎ動かなくなったオーライザーを起動させようとした。「動けって言うんだよ!ルイスの所に行くんだ。」

思い通りに動かず、ルイスに会えない悔しさを言葉に出した沙慈。



「聞こえた。沙慈いたソレスタルビーイングに。パパとママを殺した奴らと一緒に。はっ刹那彼も組織の一員、その彼の隣に沙慈が?関係していたんだあの頃から!」撤退中にルイスは、沙慈の声が聞こえた事を思い出した。しかも両親を殺したソレスタルビーイングのメンバー刹那と一緒にいた事も。そして刹那と沙慈が隣に住んでいたのは、同じソレスタルビーイングのメンバーだからと誤解してしまった。(ラブコメ要因だった2人の人生は、ソレスタルビーイングに翻弄された印象が強いです。まあそういう人選だから仕方ないですけど。しかし気になるのは、ルイスが過去を思い出そうとすると必ず発作を起こします。これってやっぱり身体が普通じゃない証拠だと思います。記憶を消されていなかったのはよかったですけど。)



アロウズのモビルスーツ部隊を退け、メメントモリに向かうプトレマイオス2。イアンの容態も命に別状は無く、10日ほどで復帰可能だとアニューから報告があった。一方ルイスがアロウズに所属している事を知った沙慈。帰還してからも再会出来なかった事を引きずり1人落ち込んでいた。「沙慈クロスロード。何故彼女はアロウズに?」そこに刹那が駆け寄り声を掛けた。「決まっているだろガンダムが憎いんだよ!ルイスの両親は、ガンダムに殺されたんだ。君らのせいで

アロウズに入って。何故なんだ、どうしてこんな事に?」両親の敵ガンダムを倒す為にアロウズに入ったと思った沙慈。何故ルイスがアロウズに入って、戦いに身を投じる事態になったのか苦悩した。それは刹那も同じだった。少年時代クルジスの少年兵として、サーシェスに扇動されていた過去があったからだ。「戦え!ルイス・ハレヴィから取り戻すには。彼女が大切ならば出来るはずだ彼女を取り戻す戦いをするんだ。」戦う宿命から逃れる為に戦った過去を踏まえ、戦って取り戻せと主張した刹那。「僕に戦えというのか?戦えば人が傷付く。僕はお前らとは違う。一緒にするな!」戦いを否定した沙慈には、ルイスを取り戻す戦いが人を傷つける戦いと同じだと考え

ていた。そんな言葉を投げ掛けた刹那を殴り、立ち去っていった。(ルイスを取り戻したい。しかし

現状では戦いでしか取り戻す事は出来ない。ルイスは沙慈も憎みはじめているし、戦いを否定しても、それは奇麗事でしかない。刹那を殴っても正論だから、結局その道しか沙慈が進む道は無いと思います。)

「しっかしあんたは不器用だな。あの坊やに言ってやった方がいい。戦闘は俺がする。お前は

説得でも何でもして、アロウズから取り戻せってな。」話を聞いていたロックオン。沙慈にはっきりと言った方がいいとアドバイスした。同じ頃アロウズの巡洋艦では、戦死したジニンのロッカーから荷物が運び出されていた。最愛の妻との写真もはがされ様子を見ていたルイスは、上官を死に追いやったガンダムに更なる憎しみをつのらせた。「ここにいたのか。ジニン大尉は昇進して

中佐になられた。声が聞こえたあれは何だ?敵と交信していたのか?敵の中に准尉と知り合いがいる。親しい中に思えた。」戦死して二階級特進した事を報告したアンドレイ。彼も声が聞こえており、沙慈とルイスの関係について咎めた。「違います!奴らは家族の敵です。世界に混乱を招く者です。」感情を表に出し、ソレスタルビーイングは敵だと断定したルイス。「華奢な腕だ、パイロットとは思えない。君はアロウズにいるべきではない。」腕を掴みパイロットらしからぬルイスの身体を指摘して、除隊を勧めたアンドレイ。その言葉に義手の左手で、アンドレイの右手を掴み怒りを露にした。(ルイスにとって今の沙慈やソレスタルビーイングは敵なんです。しかもジニンまで殺された。アンドレイが除隊を勧めても聞く訳ありません。戦いの中でルイスに惚れ始めたアンドレイと沙慈との邂逅も楽しみになって来ました。さてイノベーターは、ヒリングとディバインという2人を投入してのダブルオー奪取を目論み始めました。今後の戦いはどうなりますか?)



カタロンとソレスタルビーイングがメメントモリに照準を絞る中、新たな地上への攻撃が行われた。狙われたのは、リチエラ王国にある軍事基地。近くには100万人規模の難民キャンプが存在しているにも拘らず、非道な攻撃を仕掛けた。「罪なき人々の命を奪い、何が世界統一だ。そんな事で連邦政府は、本当の平和が訪れると思っているのか?」情け容赦ない攻撃を2度も行ったアロウズのやり方に対し、冷静なクラウスがメンバーの前で怒った。更にセルゲイ達の連邦軍には、司令から緘口令が命じられた。「兵士達が目撃しています。噂は直ぐに広がり、アロウズのやり方に異を唱える者も多い。司令それは命令ですか?」緘口令を命じられ、目撃した人間達の口を封じる事が本当に命令なのか問いただしたセルゲイ。「連邦大統領からの特命だ。勿論これは命令だ。」軍事命令であると断言した司令。その命令に対し、セルゲイはとても素直に

従える心境にはならなかった。(これは軍人として受け入れられないでしょう。アロウズと距離をとっているから正規軍に居る訳ですから。軍人を辞めるのは、ほぼ確定だと思います。緘口令を敷くのは、情報漏れを恐れて統制が取れなくなるのを防ぐ為。もしアロウズの真の姿が、世界中で公表されたら、カタロンのような反対する人間が出るのは当然ですから。)



プトレマイオス2にもメメントモリによる第二次攻撃の情報が入った。「ぐずぐすしてはいられないわ。スメラギから総員へ!トレミー外装部の補修が終わり次第トランザムで最大加速。敵衛星兵器への攻撃を開始します。ガンダムの補修は、加速航行時にも続行。」これ以上の攻撃をさせまいと、トランザムによる高速航行を告げたスメラギ。「この宙域を離れたら、ルイスには・・・・頼みがあるんだハロ。」ルイスを取り戻すべく、単独でオーライザーに乗り込もうとした沙慈。マリーの質問に対して「頼みごとがある。」と嘘を付いた。「ルイスに会いに行くんだ。アロウズなんかにいちゃいけないんだ。僕達は関係ないのに、戦争なんてやりたい奴がやればいいんだ。」また

自分勝手な思いから行動しようとした。しかしオーライザーのコックピットに入った時、カタロンの

メンバーを殺してしまった時に、非難されたティエリアの言葉が沙慈の脳裏に浮かんだ。「また

僕は同じ事を!どうすれば良いんだルイス?」また勝手な事をしたら、あの時の二の舞になってしまうかもしれない。沙慈はルイスを取り戻す方法に苦悩し始めた。(これは沙慈の成長だと思います。自分の行為が取り返しの付かない事を招いてしまった。しかし今回はそれを考慮して

苦悩しながらも、自分勝手な事をしなかった。戦いの中でルイスを取り戻すしか方法がないと

分かるはずです。一方ルイスは、沙慈との想いを断ち切り戦う決意をしました。2人の気持ちが異なり別れたではないでしょうか?今後の2人がどうなるか気になる所です。)



補修が終わり、3機の太陽炉がプトレマイオス2の動力炉に接続。トランザムが発動してメメントモリに向かって高速航行が開始された。一方カタロンのカタロンの宇宙艦隊は、10分ほどで

攻撃を開始する地点まで近づいていた。「信じるんだ同志達を!」不安そうに下を向くシーリンの

肩を叩き鼓舞したクラウス。いよいよ攻撃準備が整い、2つの部隊に分かれたカタロンの宇宙艦隊によるミサイル攻撃が始まろうとしたその時、メメントモリの攻撃は地上に向けられるだけではなく宇宙艦隊に照準が合わせられた。発射されたレーザー攻撃は、カタロンの艦隊の半分を一瞬にして消滅させた。「カタロンの宇宙艦隊を狙った。くそったれが!」カタロンのメンバーでもあるロックオン。同志達が攻撃され悔しさを口に出した。「これが連邦のいやイノベーターのやり方か。」攻撃を目の当たりにして、イノベーター達のやり方を思い知った刹那。宇宙にも攻撃可能なメメントモリを巡る、アロウズ対カタロン・ソレスタルビーイングの攻防がついに幕を開ける!





機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
¥2,952
Amazon.co.jp



機動戦士ガンダムOO ORIGINAL SOUND TRACK 3/TVサントラ
¥3,045
Amazon.co.jp



1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
¥2,044
Amazon.co.jp



HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
¥879
Amazon.co.jp



HG 1/144 アリオスガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
¥1,102
Amazon.co.jp



HG 1/144 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
¥1,173
Amazon.co.jp



HG 1/144 ブシドー専用アヘッド ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
¥879
Amazon.co.jp



1/100 オーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
¥1,370
Amazon.co.jp
AD

コメント(4)