ランカの歌が、バジュラに対し、効果的であると証明された。兄のオズマは、絶対にランカを守ると、改めて心に誓った。しかしバジュラに対抗する武器が、あるにも拘らず、何故歌が必要なのか疑問に思っていた。そんな時レオンが、陰謀に一枚絡んでいると推測したキャサリン。その推測の通り、バジュラの死骸を集める地域を封鎖。バジュラからしか得られない、フォールド断層の影響を受けずに、宇宙を移動・通信が可能な、フォールド・クォーツを集めていた。



 一方ガードマンが、自宅前を固める中、アルトに相談を持ちかけたランカ。未だ自分の歌が、必要かどうか迷っていた。しかし自分達とバジュラが争う中、生き残る為には、歌が必要だと答えたアルト。ランカは、アルトが認めてくれた事で、歌う決心を固めた。すると再びバジュラが、フロンティアに襲い掛かって来た。バジュラの死骸の秘密を探るべく侵入。ブレラと対峙していたオズマも出撃した。



 しかし今まで効果的だった、ミサイルも反応弾も通用しなかった。バジュラは、個体情報を群れに伝え、対処する事が可能な、進化する生物だった。急転ピンチに陥るオズマ達スカル小隊。それでも妹と惚れたキャサリンを守る為、身を挺して守ったオズマ。その思いが、アルト達に伝わり

直接攻撃で、バジュラを撃退した。ただオズマの傷は酷く、ランカのファーストライブを見届け、力尽きるように眠り、入院する事になった。



 そして同じ病院では、シェリルとグレイスが対面。今まで溜まっていた鬱憤と疑問を、グレイスにぶつけた。「私が聞きたいのは1つだけ!何故?」知りたい事は、自分が持っていた全ての疑問だったシェリル。「漠然とした質問ね。それじゃ答えようが無いわ。」はぐらかすグレイス。「何故ランカのマネージャーになったの?何故あたしをベッドに縛り付けるの?何故あの娘の歌は、バジュラに通じるの?何故・何故あたしじゃなく、あの娘なのよ。」ランカのマネージャーになった事、ベッドに縛り付け自由を与えなかった事。ランカの歌が、バジュラに通じ、対抗策として選ばれた事。シェリルにとって、全てが疑問になっていた。



 「みじめなものね。アーティスト・シンガー、どれだけ言葉を飾っても、所詮はアイドル。作られた偶像よ。だってあの時、あたしがあなたを拾わなければ、誰にも知られず、今もギャラクシーの

スラムで、ゴミにまみれていたはず。でもそれもおしまい。シェリル・ノームは死ぬのよ!」自分の力で、トップに登って来たと自負するシェリル。しかし自分が拾い、アイドルとして作って来た事を告げたグレイス。身体が治っていないシェリルに死の宣告をした。(ひでえなあ17歳。シェリルは、作られたアイドルで、死の宣告をするなんて。確かにランカは、バジュラに対抗出来る、才能を持った歌手だと分かったけど、シェリルだって才能があったから、トップになったはず。)



 「ふんビビって負けるもんですか。あたしは負けない!例えあんたが、居なくてもね!」脅しだと思い、ビビらずに歌手として、信念を貫こうと意気込むシェリル。「もの分かりの悪い娘ね!忘れたの、私に拾われて直ぐ、あなたしばらく病院で入院していたでしょ。治ってなんかいないのよ。今までは発症しなかっただけ。歌手としてだけじゃない、文字通り死ぬのよシェリル。」拾われて直ぐ、入院していたシェリル。しかし病気は治っておらず、発症していなかっただけ。その病気が、死に至る事を宣告したグレイス。(フェアリーナインは、廃棄ってこういう形ですか?おそらくバジュラに対抗する為の駒として、利用しようとしたのですけど、ランカが最適だと知り、シェリルは用なしになった。本当に17歳のやり方は、酷すぎる。)


 「ジョーダン議員の内諾を得ました。これで、上院も過半数です。」ルカのバジュラに対する、作戦概要を絶賛したレオン。ハワードに第7次超長距離フォールド計画の前倒し法案が、可決する

見通しである事を報告。その通り議会で可決された。しかし代償は大きかった。フォールドに必要なエネルギーを得るべく、各アイランドの消費を減らす。商業活動の中止。食料は配給制になるのだ。これも全て、安住の星を発見して移住する、本懐を成し遂げる為だ。(配給制はきつい

ですけど、ボビー達にとっては、商業がストップして、投売りセールに狙いを定めています。アルトが、女性服のお店のお兄さんに、女性と間違えられて、喉ぼとけを見せたのは笑いました。)



 「何の用です?改まって呼び出しなんて。」オズマが、入院する病院に呼ばれたアルト。「これは軍の機密情報だが、バジュラは、反応エンジンやフォールド波に反応する。だが問題は、そこではない。バジュラを撃退する為、ランカを囮に使うつもりだ。これは、上官としてではない、あいつの兄としての言葉だ!ランカを守れ、守ってやってくれ。」フロンティア全体で、フォールドをすれば、それに導かれてバジュラが、襲い掛かってくる。それを撃退すべく、ランカの歌を利用する

事になる。だからこそ出撃出来ない自分に代わって、ランカを守る事を託したオズマ。(ランカを守る兄としての役目が、終わりに近づいていると思っていたのが、アルトに頼んだ事に繋がったのでしょう。しかしオズマは、兄としてランカに慕われていますよ。そういえばカナリアの言う通り、ランカはオズマが、傷付いても記憶がフラッシュバックしなくなりました。次フラッシュバックしたら、記憶が戻るかもしれないですね。)


 

 病院を後にしたアルトは、守る意義について考え始めた。そして自分が、注目されなくなりアルバムも半額で、投売りされるなど、すっかりフロンティアの人々から、忘れ去られていた。シェリル。死の宣告までされ、それを確かめようとタクシーに乗っていた。嘘だと信じながら。一方クランの友人テレサに依頼していた、シェリルが服用していた、薬の正体が判明した。クランの口から、ミハエルに伝えられた。「ある感染症の対処療法薬として、期待されているらしい。完治は出来ないが、症状を和らげる効果がある。但し引き換えとして、発熱や嘔吐・悪寒といった副作用があるようだ。」感染症の進行を和らげる効果がある。しかし副作用が、出る薬であると報告。しかもその感染症は、映画の撮影時ヒュドラが、凶暴化した原因となったV型感染症である事が

明らかになった。但しそれは、人間に感染しないはずだった。(シェリルの病気は、治っていなかった。それが映画の時に感染して、発症してしまった。進行を抑える事が出来たのは薬のおかげ。しかし発熱や嘔吐や悪寒という、副作用を持っていた。どちらにしてもいばらの道だ!)



 V型感染症の対処と予防法について、2047年に発行された「コスモネイチャー」に掲載されていた。論文の執筆者は、ランカが演じたマオ・ノーム。しかも第117船団のプロジェクトリーダー

だった。更に映っていた写真には、共同研究者だったランカの母ランシェ・メイとグレイスの姿があった。そして2053年、ギャラクシーで発表された論文には、V型感染病の患者として幼き日のシェリルが、紹介されていた。「シェリル?」美星学園の図書館で、調べていたミハエルとクランの前に、シェリルが来てしまった。(V型感染症を調べていたマオは、第117船団のリーダー。その研究者だったランカの母ランシェとグレイスは、知り合いだった。やっぱり第117船団が、全ての謎を解く、鍵になっていますね。)



 「アルトには、言わないで。お願い、お願いよ!」グレイス言葉が本当で、死に近づいていると

知ったシェリル。好きなアルトには、言わないで欲しいとミハエルに頼んだ。「大丈夫よ!私は

シェリル。シェリル・ノームなんだから!」運命に負けない意志を示し強気に振舞い、そのまま

雨が降る、夜の街へと向かった。「なあミシェル、本当にアルトに言わなくていいのか?あたしだって女だから分かる。シェリルは・・・・・」シェリルの病気について、アルトに言うべきだと主張したクラン。「だからこそ、本当に想っているからこそ、言えない事もある。だが出来る事はある。」

シェリルのアルトに対する想いを知り、病気の事を黙っていようと決めたミハエル。「理由は言えない。だが行かないと一生後悔するぞ。」シェリルを探すようにアルトに連絡。病気の事は言わず、後悔するとだけ告げて。(好きな人だからこそ、言えないこともある。本当に愛しているから

こそ、命にかかわる事は言えない。シェリルの気持ちを慮った、ミシェルはプレイボーイだけど

もの凄くいい奴です。)



 雨の降る街を、傘もささずに1人彷徨うシェリル。高熱で弱り、今にも倒れそうな身体でありながら。その時第7次超長距離フォールドについての緊急記者会見が、スクリーンで放送された。「彼女の歌は、バジュラに対する、切り札になります。超長距離フォールドを、必ず成功させると

皆様にお約束します。それでは紹介しましょう。人類の希望の歌姫、現代のリン・ミンメイ。ミス

ランカ・リー!」ランカの歌が、バジュラに対抗出来る策になる事。超長距離フォールドの成功を宣言したハワード。改めてランカを紹介した。



 フラッシュを浴び、注目と期待を一身に浴びるランカ。雨の中死の宣告もされ、人々から注目されなくなり、忘れ去られようとしていたシェリル。2人の歌姫の境遇は、余りにも対照的!「嫌!

嫌よあたしは・・・・・・」雨に濡れた地面に落ちていた、自分のポスターにひざまずき、ついに泣き出してしまったシェリル。強気の仮面が、剥がれ落ちた瞬間だった。「アルト・・・・・」助けを求めたシェリルに、手を差し伸べた1人の男性。それはアルトではなく、兄弟子の矢三郎。車に乗せて、早乙女家に運ぼうとした。



 「待ってくれ兄さん。」ずぶ濡れになりながら、必死でシェリルを探していたアルト。シェリルを

発見して、矢三郎に待ったをかけた。「シェリルさんは、私に助けを求められた。ですから私が

預かります。心配でしたら、早乙女のお屋敷にいらして下さい。」自分がシェリルを助けたので、

会いたければ、早乙女家に来るように要求した矢三郎。呼び止めようとしたアルト。しかし携帯にSMSからの呼び出しがあった。再びバジュラが、フロンティアに襲いかかって来た。(シェリルとランカの差が、余りにも激しすぎる。シェリルファンとして、もの凄くつらかった。自分が、必要とされず、ボロ雑巾のように捨てられる。初めてシェリルの弱い部分を見せられてショックでした。ただ早乙女家の親子関係修復のキューピットになったのは、ちょっと意外でしたけど。)



 「予想よりバジュラの動きが、早かったな。」バジュラの来襲を予期したブレラ。「彼女は、こちらの切り札なんだぞ。安全を保障されない限り、出す訳にはいかんのだ。いいから早く軍を出せ。盾ぐらいには、なるだろ。」ランカの安全が、保障されない限り、戦場へ送る事を拒否した

ハワード。その代わりに出撃した、新統合軍のVF-171の武装では、バジュラに対抗出来ず、あっけなく宇宙に散った。



 「我々のマクロスキャノンは、数少ない有効兵器だ。無駄弾は、撃てないぞ。」SMSのマクロスクォーターのマクロスキャノンは、まだバジュラに対し攻撃していないからこそ、有効武器となっている。だから最も効果的に、バジュラに攻撃するように指示を出すジェフリー。ミハエル達は

何とかマクロスクォーターを守ろうとした。しかし今の武装では、バジュラに攻撃は通じず、ルカの考案した作戦も、予想以上に早いバジュラの来襲で、準備が出来ていなかった。(このバジュラの襲来は、もしかして意図的ですか?まだフォールド準備もしていないのに。)


 「緊急フォールドを進言いたします。」とりあえず逃げるべきだと、進言した司令官。「出来ん!

後を追わたら無意味だ。この地域のバジュラを殲滅しなければ、結局繰り返しだ!」逃げても追われたら、意味が無いと拒否したハワード。殲滅意外生き残る道は無い。しかし新統合軍は、次々にやられていき、打つ手が無かった。「アルト、ケツに付かれているぞ!」アルトのVF-25の背後から、バジュラに追われていると指摘したミハエル。攻撃が通じず、絶体絶命のアルト。そう思った瞬間、ブレラのVF-27が援軍に現れ、ビーム砲でバジュラを倒した。



 「皆抱きしめて!銀河の果てまで。」危険を承知で、ランカがやって来た。「彼女の意志です。

危険に晒されても、船団を守りたいという。閣下このチャンスを生かすべきです。」ランカが歌い始め、バジュラの動きが止まった。この好機を見逃さないようにと進言したレオン。「よし全部隊に通達。これより、超長距離フォールド作戦を開始する。」進言通り、超長距離フォールド作戦開始を通達したハワード。フロンティアの人民は、自宅やシェルターに隠れ始めた。その間も必死にバジュラと交戦するアルト。取り付いたバジュラを撃退したブレラ。ランカを守る為に戦う男達がそこに居た。(アルトは武器が通用しないと分かっていても、必死に戦っていました。オズマの

言葉をきちんと遂行している証拠。ブレラは、兄としてランカを守る。こっちもある意味のトライアングラーって事ですね。)



 「バトルフロンティア主砲発射用意!」ついにベールを脱ぐ、フロンティアを守るバトルフロンティア主砲。アルトやランカ達は、フロンティアのフォールド圏内に退避した。そして放たれた主砲は、集まっていたバジュラ達を一網打尽!しかし何故か苦しみだすランカ。戦いが終わっても

歌い続けていた。「超長距離フォールド開始!」ハワードの指令の下、フォールドに飛び込むフロンティアとSMS各機。作戦は成功した。(バジュラに対するレクイエムって、意見が多いみたいですけど。そこまでするとは、心が優しすぎます。)



 シェリルに突きつけられた、過酷な運命。フロンティアを守る歌姫になったランカ。対照的な2人が、印象的でした。フォールドが成功しましたけど、バジュラに対抗出来る武器は、限られて来ています。新たな謎が増え、今後どうなるか、本当に楽しみです。


MACROSS CHRONICLE (マクロス・クロニクル) vol.1 [雑誌]
¥590
Amazon.co.jp

マクロス・クロニクルバインダー 2008年 8/7号 [雑誌]
¥1,780
Amazon.co.jp

別冊アニカンR005 マクロスF大特集 バンブーブレード ハヤテのごとく テニスの王子様 ヴァンパイア騎士[雑誌]
¥1,050
Amazon.co.jp

マクロスフロンティア Vol.1 クロース・エンカウンター (角川スニーカー文庫 206-1)/小太刀 右京
¥620
Amazon.co.jp

マクロスF (2)/青木 ハヤト
¥567
Amazon.co.jp

ライオン/中島愛
¥1,155
Amazon.co.jp

マクロスFO.S.T.2 タイトル未定/TVサントラ
¥3,045
Amazon.co.jp

DX超合金 マクロスF(フロンティア) VF-25Fメサイア(アルト機)
¥10,360
Amazon.co.jp

DX超合金 マクロスF(フロンティア) VF-25Sメサイア(オズマ機)
¥10,360
Amazon.co.jp

マクロスF[フロンティア] “娘コレ。(娘娘カードコレクション)"
¥5,200
Amazon.co.jp
AD

コメント(1)