ガリア4からホールドを抜け出し、フロンティアの前に現れたバジュラの大軍。ルカはナナセに

戻って来たら告白しようと思い、メッセージを残して出撃。SMSは、マクロスクォーターを全面に押し出し、新統合軍と共に戦いに挑んだ。一方ガリア4における、リメンション・イーターが引き起こした爆発から間一髪逃れた、アルトのVF-25。先にホールドワープに飛び込んだ、ミハエルのVF-25が残した、新型のホールド機関を接続。急いでランカ救出に向かった。



 バジュラとフロンティアの戦いは、SMSと新統合軍の奮闘により、戦局は互角以上にフロンティア側に有利に働いていた。この機を逃すまいと、ハワードに禁止されたいる反応弾の使用を決断するように働きかけるレオン。しかし今までのバジュラの大軍は、本隊を呼び寄せる為の陽動作戦に過ぎなかった。背後から、ネストを含む本隊が突如出現。フロンティアは、激しい攻撃に

晒され甚大なダメージを受けてしまった。



 その頃ホールドワープを抜けたミハエルのVF-25。パイロットのミハエルは、気絶して操縦出来る状態ではなく、同乗していたシェリルが、学校で学んだ事を生かし、強気にVF-25を発進

させた。しかし結果はバジュラの的になるだけ。集中攻撃を受け大破してしまい、救出に向かったルカのVF-25も攻撃を受けた。そこに戻って来たアルトのVF-25が登場。バジュラ達を

蹴散らし、無事マクロスクォーターに帰還した。ただ状況は、未だにフロンティアにとっては、危機的状況である事に変わりはない。



 ハワードは反応弾の使用を認め、マクロスクォーターに総攻撃を命じた。帰還したアルトのVF-25にも反応弾とアーマードパックが装着され、ネストに囚われているランカ救出をシェリルに

約束して再出撃。反応弾の威力で、バジュラを蹴散らしネストに取り付いたアルト。しかしそこに

割って入ったのは、ブレラのVF-27。ネスト内部に侵入すると、ランカが囚われていた緑の

球体だけを取り出し脱出。自らギャラクシーのアンタレス小隊に所属するパイロットであると名乗った。これで障害が無くなり、クォーターのマクロスキャノン。新統合軍VF-171の反応弾の一斉攻撃により、ネストが破壊され、フロンティアは最大の危機を脱した。



 シェリルの来艦以後バジュラによる攻撃に晒され続けたフロンティア。実はこの裏には、グレイス達が企てた計画が、存在していたのだ。ガリア4を破壊して、バジュラの大軍をフロンティアに

ぶつけたのもその一環。グレイスは身体が消滅したが、別の身体が用意され記憶などのデータ

は、全てダウンロードされ、何食わぬ顔でシェリルの前に姿を現すのだった。(多分ギャラクシーがバジュラに襲われたというのは嘘ですね。バジュラを操っているのですから?しかし何故フロンティアを襲わせているのか?まだその真の目的がわかりません重要人物のランカちゃんは

アルトの前でノーパン!オテンバ振りを遺憾なく発揮しています。)


 

 オペレーションカニバルと名付けられた作戦と、シェリルのライブツアーの裏側を語り始めたグレイス。作戦はコードネームフェアリーナイン=個体名シェリル・ノームによる銀河横断ツアーが始まりだった。シェリルのツアーの目的は、作戦を成功させるべく最も適した場所を選定する事。選定されたのが、マクロス・フロンティア。18ヶ月に及ぶライブの最終公演となるようにスケジュールを組んだ。選定の理由は3点。環境の揺らぎに弱いバイオプラント船である事。インプラントによるサイボーグが禁じられていた事。船団の航行ルートが、作戦に最適だった事。つまり最も

都合がいい船団であった。(確かにギャラクシーでは、インプラントを組み込んだサイボーグは

当たり前だと言っていましたね。シェリルは生身だというのが売りでしたが、それもわざと改造しなかったのではと、疑いたくなりました。フロンティアの行く道が、バジュラに囲まれているのも

好都合。確かに資源の問題は、ハワードの言うとおり大した事じゃないです。やられたらおしまいなのですから。)



 そしてライブツアーの最終公演は、フロンティアで開催され、熱烈な歓迎を受けたシェリル。

しかしその裏で、バジュラは誘導されて攻撃に晒されてしまった。こうして仕組まれて開戦してしまったフロンティア対バジュラの図式。勿論これは全て、オペレーションカニバルの一環。ここまでの作戦達成率は72%だと評価するグレイス。誤算の理由は、SMSの軍事力を過小評価した

事。LAIが開発したVF-25の性能が、低く見積もられていた事。つまりバジュラに対する対抗

戦力が、予想以上に整っていたのだ。しかし最大の誤算は、コードネーム「Q1」ランカ・リーの存在だった。これにより当初の予定とは、大きく修正を余儀なくされる事になった。(作戦目的がフロンティアの破壊なら、72%というのも過大評価ですが、もし違う目的ならそれでいいのでしょう。グレイスは、故郷ガリア4を破壊するほどの作戦ですか。うーん益々分からないランカはやっぱりリトルクイーンと呼んでいましたから、作戦を変えるほどの重要人物か?果たしてその存在の意味する所は?)



 身体がまだ回復しておらず、病院に入院中のシェリル。血液を採取されたが、グレイスによってすりかえられた。「バジュラの攻撃で凄い被害を受けて、緊急ホールドでどこかに避難した

みたい。それでも無事では済まないって。希望はまだあるわ!いつか必ず帰れるって。」ギャラクシーの本隊は、攻撃を受けホールドしたが無事では済まないという現状を告げたグレイス。ギャラクシーの生き残りのパイロットブレラの存在を知り、驚くシェリルを勇気付けた。「早く退院してシェリル・ノームの健在振りを示さないとね。私はもう直ぐ復活するし!」退院して仕事に復帰しようと決意したシェリル。「駄目よ!また熱出てるでしょ。しっかり直るまでは、お仕事キャンセルしますからね。」身体が治るまで、キャンセルすると告げたグレイス。「嫌よ!今仕事を休むのは!」ランカの台頭に焦りを感じていたシェリル。それでも全快したら仕事を入れると言い残し、グレイスは病室から去って行った。(うあ白々しい演技してるよグレイス。シェリルの気持ちを全て分かっている。今出てこられたら作戦の邪魔になるのでしょうか?



 「本当に強いわあなた。切り捨てたはずなのに、生きて帰ってくるなんて。プロジェクトフェアリーは失敗と判断。フェアリーナインは廃棄!本作戦は、クイーンという重要な駒を得た。新たな

段階へと進む。」シェリルを使った作戦は失敗。既に用済みだと決断した。代わりにランカを使い

新たな作戦へ移行すると推測したグレイス。今まで優先順位が低かったはずだが、バジュラに囚われた一件以降、オペレーションカニバルにとって必要であると考え始めた。(シェリルは廃棄って物じゃないんだぞ。まさか命を狙われるのか?逆にランカの使い道は何なのか語りかける口調と血液を採取したビーカーを捨てる時の冷徹さ、17歳の演技が光ります。)



 「例のギャラクシーのパイロットだけど、アルト君の言う通りね。ガリア4壊滅以前からフロンティア近辺に出没していた機体と同じなの。」車に乗っていた同乗していたオズマに、アルトの言う通り、以前からフロンティアに現れていた機体と同じだと告げたキャサリン。「臭うな。アルトの奴いくら今回の件で昇進したとはいえ、オーナーのビルダー氏から直々に呼び出されるとは。何かデカイ裏がありそうだ。」今回の件で昇進したアルトが、いきなりSMSのオーナービルダーに呼び出された。この裏にはきな臭い陰謀が、あると睨んだオズマ。キャサリンは、父親であるハワードは何も知らない事を掴んでいた。「怪しいのはレオン・・・・・・」今回の一件で暗躍している

政府関係者が、レオンではないかと睨み始めていた。(いやストライクですね。キャサリンが、気付いたら、消されないかとちょっと不安ですけどグレイスにもレオンにも重要な存在。それがランカ・リー。急に核心に迫っている気がします。)



 「シェリル入るぞ!」入院先を訪ねたアルト。慌てたシェリルは、ヘアスタイルを整えてから

ようやく入出を許した。「あのうシェリルさんお加減いかがですか?」お見舞いに来たのは、アルトだけではなくランカも一緒に来ていた。まさかの登場に驚くシェリル。そのまま3人は、病室を

飛び出した。その時テレビで、ランカがデビュー前にゼントラーディの街で行ったストリートライブの映像が流れた。「あたし達のデートのときじゃない?」デビュー前の映像に恥かしがるランカに

見せ付けるように言い放つシェリル。「あの時は全然自信がなくて、でもアルト君だよね?あの紙飛行機。いつもいつもありがとうねアルト君。」デートと聞いてしょんぼりしたランカ。しかしいつも励ましてくれるアルトに感謝していた。面白く無さそうな表情のシェリルだが「それならあたしにも言わせて。ライブの時も戦いの時も助けてくれてありがとうね。」自分もアルトに助けられている事を強調して感謝の言葉を返した。(女の戦い勃発。2大歌姫に感謝の言葉をかけられ、さあ

どっちを選ぶか大変だ。それにしても意識してるなあ2人とも。)



 「だけど俺も助けられたんだぜ。さよならライブの時の戦場で、やられそうになった時、聴こえたんだ。お前たちの歌声が。」2人に感謝されたアルト。自分も歌声が聴こえて助けられた事実を

告げた。「凄い凄いよアルト君。」喜ぶランカ。一方シェリルは、ランカの歌声に合わせて歌を

歌い始めた。そして恋のライバルに見せ付けるように、アルトに迫った。負けじと歌い始めるランカ。突如として病院内が、ライブ会場に様変わり。まるでどちらかを選ぶように、迫られている気がしてアルトは当惑した。(エロイシェリルとピュアなランカ。三角関係の中心アルトは、選ぶのが大変だ!それにしてもシェリルの唇が妙にエロイ。)



 しかしライブはシェリルが咳をし始めて中断。更にランカに政府からの使者がやって来た。そしてアルトは、オーナーのビルラーに呼び出され3人は別れた。「初めまして、三島首席補佐官さん。どうして政府が私の為にプロジェクトチームを?」レオンの所に呼び出されたランカ。何故自分が、プロジェクトチームを作るのか質問した。「それは君が、君の歌が、バジュラに対する切り札になるからさ。紹介しよう君のプロジェクトを支えるリーダーを。そしてもう1人君のボディー

ガードを!」ランカの歌が、バジュラに対する対抗策の切り札だと説明した上で、プロジェクトチームのリーダーのグレイス。ボディーガードのブレラが紹介された。策謀渦巻く中心にランカは、巻き込まれる事になった。(これでレオン・グレイスがグルだと分かりました。ランカを使って何を

企むのか?)



 アルトはSMSのオーナーゼントラーディーのリチャード・ビルラーの元に案内された。ビルラーがアルトを呼び寄せた訳は?グレイスの作戦の真の目的は?政府のプロジェクトチームと称し

ランカを取り込もうするレオンの思惑は?いよいよこれから本当のマクロス・フロンティアのストーリーが幕開けようとしています。それにしてもシェリルを廃棄処分にするとは、グレイスのお腹の中は真っ黒だ!


マクロスF(フロンティア) 1
¥3,063
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)
¥3,881
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 2
¥4,788
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc)
¥5,586
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 3
¥4,788
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc)
¥5,586
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 4
¥4,851
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc)
¥5,660
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 5
¥4,788
Amazon.co.jp

マクロスF(フロンティア) 5(Blu-ray Disc)
¥5,586
Amazon.co.jp

DX超合金 マクロスF(フロンティア) VF-25Fメサイア(アルト機)
¥12,600
Amazon.co.jp

DX超合金 マクロスF(フロンティア) VF-25Sメサイア(オズマ機)
¥12,600
Amazon.co.jp

マクロスF[フロンティア] “娘コレ。(娘娘カードコレクション)"
¥5,200
Amazon.co.jp
AD

コメント(1)