美星学園に編入。パイロット養成コースに属す事になったシェリル。多くの取材陣が殺到したので、練習時間が奪われぼやくアルト。そこにグレイスが礼を言いに来た。相変わらずの軽い

ノリで口説くミハエル。しかし姉ジェシカの死について持ち出され、激しく動揺してしまった。パトロール中に発生したバジュラとの戦闘で、得意の狙い撃ちを行った際、アルトに当りそうになってしまった。味方を誤射してしまった「フレンドリーファイア」。これにより2人の関係は、最悪の

状態に陥ってしまった。

 


 クランは、アルトにミハエルの姉ジェシカが犯した、フレンドリーファイアの経緯を語り、ミハエルが姉の真実を探し続ける為に、スナイパーへの道を選んだ事実を伝えた。その後バジュラの巣が発見され、卵の回収を命じられたSNS。そこに阻止するように命じられた、ブレラのバルキリーが出現した。証拠になる難破船を破壊。アルト達と戦闘状態に突入した。クランが撃たれ、アルトとの戦闘が激化する間、援護に回ったミハエル。


 

 その時言葉を掛けたのは、アルトだった。「撃てミシェル!姉さんを超えろ。」フレンドリー

ファイアの事を水に流し、ミハエルに声を掛けた。結果見事ブレラのバルキリーに命中させ、撤退へと追い込んだ。これがきっかけで和解が成立。アルトはニックネームの「ミシェル」と呼び

2人の関係は、より親密になった。


 ミスマクロスフロンティアに選ばれたミランダ・メリンは、主演する映画「鳥の人」プロモーションの為トーク番組に出演した。劇中歌はシェリルが担当する事になった。物語は50年前に起こったサラ・ノームとマオ・ノームの姉妹が住む島に不時着した、パイロット工藤シンの物語。いわゆる「マクロスゼロ」のストーリーを映画にしようとしていた。(何故黒柳徹子さんが出ている徹子の部屋はまだ放送されているのでしょうかマクロスゼロは観ておいた方が良いかも。)


 

 トーク番組を観てシェリルの歌が、映画で使われると知り、ランカの歌が手渡しでしかプロモーション出来ない事を悔しがるナナセ。「そもそも歌って人から人へ口伝えで、広がる物なんだって。」エルモから言われたランカ。全くめげる様子はなかった。そしてその言葉が現実になり

プロモーションを観た映画監督が歌を気に入り、ランカに映画の出演オファーが舞い込んだ。


 

 早速アルトに映画出演の話を報告したランカ。「あたしお芝居なんてした事ないから、もう不安で不安で。」芝居経験が無く不安を口にした。「頭で演じれば、どこかに嘘が生じる。考えず

ただひたすらに感じて、その役になりきれって事さ!」アドバイスを送ったアルト。「何だって親父の言葉なんて・・・・・・」父親の言葉を引用したアルト。父親に反抗しても言葉の真意が、正しいから引用するのだった。(反目しても使ってしまう言葉やっぱり言葉の意味は正しいアルトは

とても悔しそうでしたそれにしてもブレラのバルキリーは常識を超えている報告がされま

したEX-ギアを使っても生身の人間は耐えられないそうですやっぱり化け物です。)



 ロケ地の島を見て大興奮のランカ。「ようこそマヤン島へ!」声を掛けたのは、ミハエルとルカ。SNSもバルキリーが、多数登場する撮影になるので、協力する事になっていた。ただ

アルトだけは、別の仕事に回っていた。そして主演女優のジェシカが到着。「あなたミスマク

ロスの。出るの?役は?」早速ランカに声を掛け、役がマヤの娘Aつまり端役だと知り「まあ

素敵ね。私の映画を台無しにしないよう、せいぜい頑張って頂戴。」自分が主役なので、ランカを見下すように言い放った。しかし登場したシェリルの目には、ジェシカではなくランカしか目に

入っていなかった。(真の才能を持つ者は他人の才能を評価する事も出来るのかも私個人的にはアルトが一番見込まれている気がしましたけど歌舞伎の女装役で一世を風靡して

いきなり映画出演をオファーされたのですから。)



 「お願いします。あなたが出演してくれれば、ランカちゃんの出番を、増やしてくれるそうなん

です。立っているだけでいいそうですから。」土下座して出演を依頼するエルモ。「勘弁して

くれ!俺は芝居を辞めたんだ。しかも女装だなんて。」出演を拒否するアルト。「逃げんのか?

ランカちゃんの為だぜ!その方が楽になるぜ色々と。」見透かしたように話すミハエル。「分かったような口を利くな。」怒ってしまったアルト。そのまま立ち去ってしまった。



 使う曲に監督がクレームを付け、中々前に進まない中、撮影にもトラブルが発生。シン役の俳優が、契約にない水中撮影を拒否。マオ役の女優は、撮影に遅れていた。しかも謎の化け物に車が襲われたのだ。その頃1人風景を見ながら、美しさに見惚れていたランカ。思わず歌を口ずさみ始めた。その光景を釣りを楽しんでいた監督が、食い入るように見つめ、強烈なインパクト。

(ランカちゃんにデカルチャー!監督ビックリしてましたこれがきっかけでランカちゃんが一気にスターへの階段を上り始めますレオンと謎の人物との取引バジュラとブランのバルキリーのデータと何かの交換勿論それ相応の物でしょうけどレオンの意図が未だに分からない。)


 

 撮影が開始された頃、マオ役の女優達の車を襲ったヒュドラに、ランカは襲われていた。女装ではなく、水中撮影でシン役の俳優の代わりを引き受けたアルト。「大胆ですねキスシーンが

あるんですマオと!」出演シーンにマオとキスシーンが、あると教えたルカ。その言葉に思わず

驚き動揺するアルト。「へえキスするんだ?」シェリルにも茶化され、逃げるように立ち去った。女装して皆を魅了するのに意外と純情なアルト姫でした。)


 

 しかしマオ役に抜擢されたランカ。崖っぷちまで追い込まれ、絶体絶命の危機に陥り「いやああああああ!」悲鳴を上げると、その声を聞いたアルトが登場。銃をヒュドラに向けて発射!ただ

常識離れした素早い動きで、弾丸を避けたヒュドラは、アルトを弾き飛ばした。そしてランカに

迫った。逃げ場が無くなったその時、目の前に現れたのはブレラ。腕を噛まれながら、超人的な

能力で化け物を殴りぶっ飛ばし、右腕の剣で一刀両断した。(やっぱりストーカー?いやそうじゃないでしょうランカが重要人物なのです想像ですけど意図的に狙われた気がしますそれをブレラが邪魔をしてグレイスに釘を刺されたランカがバジュラ側に狙われる理由それが一番大きな謎ですバジュラの狙いも分かりませんし。)



 「誰だ?」気が付いたアルト。何物か尋ねた。「ブレラ・ストーン!」たった一言言い残し去って

行ったブレラ。一方助かったランカは、ヒュドラが現れてから、再びトラウマに襲われてから全く

その後の事を覚えていなかった。「ありがとうアルト君。いつも助けてくれて!」背に担がれな

がら、礼を言った。「あっああ!」アルトは本当の事を言わず、ただ頷いただけだった。その後

撮影場所に戻って来た2人。監督はマオ役に抜擢する事をランカに告げた。ただ水中撮影には

代役のアルトとのキスシーンが!思わず赤面するアルト。動揺するランカは、1人海岸でアルトとのキスを受け入れられなかった。(役と割り切れば出来ると思うけどランカは恋を知らない。しかも相手はアルト。別の感情があるから、そう容易いものじゃない。)



 「怖いんです、あたしに出来るのかなって。キスの事もお芝居の事も。あたしマオの事よく知らないし、サラが好きになった人を好きになって、それでキスまでして。」恋を知らないランカ。相手を好きになり、キスをする。その気持ちがつかめず、自分にマオを演じられるか不安だった。その

様子を見ていたアルトにシェリルが話し掛けて来た。「言ってたじゃない。キスなんて大した事

ないって。」一言呟くといきなりキスをしたシェリル。思わず顔を真っ赤にするアルト。2人のキスする様子を見たランカ。何か吹っ切れたように立ち上がり、監督にマオ役をやらせて欲しいと

哀願した。(キスは確かに恋する2人がする行為だけど恋と仕事は違いますプロは仕事で

キスをするのですシェリルはなんだかそれを教えようとしていたのかもしれないですね。)



 そして水中でのキスシーンに挑んだ2人。映画が完成した後見つめるランカは、とても恥かしい

顔をしていた。ただ演じた時は、プロとして演じ切った。歌声もゼロのストーリーと共鳴し最高の

形でフィナーレを迎えた。試写会が終わり、主演のミランダに続き、ランカが紹介された。しかし

いまだ自分の立場が分からず、当惑していると「応えてあげなさい。拍手はあなたに向けられて

いるのよ。」シェリルが声を掛けた。そして監督と共にステージのスポットライトへ!「おめでとうランカ!」心から祝福するアルト。まさにランカ・リーの伝説が始まり、スターへの階段を一気に駆け上がり始めた。


 

 今回はマクロスゼロの映画撮影のお話でした。これはゼロを観てから、今回の放送を観た

方が絶対に良いですね。サラとマオとシン3人の事を知った方が、何倍も楽しめるはず。来週は

関東地区でEURO2008「イタリア対ルーマニア」の試合が、放送時間と重なる為お休みに

なります。サッカーも大好きなので、それならまあしょうがないと割り切ります。


マクロスF(フロンティア) 4

¥4,662
Amazon.co.jp




マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc)

¥5,439
Amazon.co.jp




マクロスフロンティアO.S.T.「娘フロ。」/菅野よう子

¥2,900
Amazon.co.jp



星間飛行/ランカ・リー=中島愛

¥1,155
Amazon.co.jp



ライオン/中島愛

¥1,155
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX

¥16,170
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ 1

¥3,675
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ 2

¥2,500
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ 3

¥3,000
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ 4

¥4,450
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ 5

¥4,500
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ ORIGINAL SOUNDTRACK 1/ビデオ・サントラ

¥3,016
Amazon.co.jp



マクロス ゼロ サントラ(2)/ビデオ・サントラ

¥2,890
Amazon.co.jp
AD

コメント(3)