ランカが、芸能プロダクション「ヘクタープロモーション」にスカウトされた。兄のオズマは

断腸の思いで、芸能界入りを認め、ミハエル・ルカ・ナナセ達からお祝いの言葉を掛けられ、全力で応援すると約束して貰った。ただアルトからシェリルのフロンティアでのさよならコンサートの

チケットを渡されても、アルトとシェリルのキスシーンを見て、ショックを受けてしまったので、あまり嬉しそうな様子を見せなかった。それはよりアルトを意識している証拠なのだ。


一方さよならコンサートに向け、気合の入ったリハーサルを行っていたシェリル。しかしグレイスから、故郷マクロスギャラクシーが襲われている事実を知らされ、動揺してしまった。それでも

記者から「中止」についての質問をされても、必ずライブを行いギャラクシーに帰るという、強い

意志を示したインタビューを行い、ライブは予定通り開催された。


大統領のハワードは、バジュラの存在を公表。同胞を救うべく攻撃を仕掛けている声明をお

発表した。非常事態宣言が発令された。SNSも先行偵察した、新統合軍からの依頼で、ギャラクシーに残る残存艦の救出の為に出撃する事になった。その前にシェリルの所に出向き、イアリングを返しに行ったアルト。そこでシェリルの生い立ちを知り、イアリングがかけがえの無いものである事を告げられた。しかしシェリルは、「お守り」としてアルトに託した。


ついにSNSの母艦マクロス・クォーターが発進を開始。新統合軍から派遣された、キャサリンも加わり、初めてバジュラに対して、先制攻撃を仕掛る。オズマはバルキリーのパイロット達に「誰一人死なずにフロンティアに帰るぞ!」というメッセージを告げ作戦は開始された。そして

ほぼ同時刻には、シェリルのさよならコンサートも!


ホールド断層を抜けたマクロス・クォーター。どこにもトラブルが無く、無事目的宙域に移動

完了。未だ残っている、ギャラクシーの残存艦ダルフィムとカイトスが確認。その惨状は目を覆うばかりだった。「艦長我々の任務は、残存艦の救出ですが、それと同時にいやそれ以上にバジュラのデータ収集が、重要である事を忘れないで下さい。」あくまでもバジュラのデータを集める事が、重要だと主張したキャサリン。しかしそれが、大統領ハワードの命令である事は、艦長の

ジェフリーにはお見通しで、とりあえず心の中に留め、バルキリー部隊に出撃命令を出した。

それぞれの目的が異なっている人命とバジュラのデータどっちが大切なのか?)


「皆文化してる?ようこそあたしのさよならライブへ!」MCトークを始めたシェリル。ただそこに

アルトの姿は当然無く、当惑したランカ。短い滞在期間の中での、フロンティアの思い出を語り

大歓声を浴びた。故郷が危機に瀕しながらも、いつも通り「あたしの歌を聴け!」決め台詞を

叫び「射手座午後9時Don't be late」を熱唱し始めた。(使い回しのカットが多かったけど

この歌大好きなので気にならないです今日のMステでもシェリルが登場しました。)


「今回の任務は、バジュラのデータ収集も兼ねている。アルトお前は、下がっていろ!」任務の

説明を告げたオズマ。新人のアルトに対し、自分の後ろに下がるように命じた。「何でだよ?俺だってやれる!」自信過剰なアルトは、決して引かなかった。「来ます!」レーダーにバジュラが

捕えられ「全機プラネットダンス!」オズマは、フォーメーションを取るように命じた。(プラネット

ダンスって何ですかミハエルをクランは子ども扱いでも小さいクランしか知らなかったら

そう思えません。)


「ビンゴ!」ミハエル得意の狙い撃ちが、バジュラに命中。SNSの先制攻撃が始まった。機動性を誇るバルキリー部隊の攻撃が、他のバジュラを捕えた。ただ1人アルトだけは、戦闘状況を

付いていけず「ぼけっとしているな!」オズマに怒鳴られながら、必死に付いて行こうとした。その後オズマ専用バルキリーに装備されたミサイルが、バジュラに向かって全弾発射!まるで

狙い撃ちの如く、次々にバジュラに命中。モンスター乗りのカナリアが、ダルフィムの甲板を利用して、一斉にミサイルを発射した。その破壊力を見たアルトは、ただただ驚くばかり!

モンスターって何ですか全然知らなかったですよまあそれよりもシェリルの曲と戦闘シーン

のマッチングこれが最高素晴らしく鮮やかなコラボレーションになるとは。)


ダルフィム周辺に取り付いた、バジュラの撃退に成功。今度は損傷が酷いカイトスを逃がす

作戦が開始された。一方曲を歌い上げたシェリル。グレイスからフロンティアの軍隊(SNS)が

活躍している事実を、ライブで伝えられ「あなたのお気に入りのパイロット君も頑張っている

みたいね!」アルトが健闘している様子を伝えられた。「誤解しないで、あたしが心配している

のはギャラクシーよ!それにパイロットの仕事が戦う事ならあたしの仕事は歌う事よ」顔を赤らめながら、あくまでも個人的感情は無いと強調。プロの歌手として、自分のなすべきライブ

ステージに集中する事が重要だと告げた。(バレバレですけどねグレイスさん人生経験豊富

そうですしランカちゃんは兄貴が戦場で戦っている事を知らずアルトが来ない理由をようやく知りましたちょっと可愛そうな気がしました。)


バルキリー隊の活躍により、カイトスも脱出圏まであと一歩。その時ホールド断層から巨大な

戦艦が突如出現。主砲たった1発で、カイトスは宇宙の藻屑と消えた。それはあまりにも衝撃的な光景で、SNS・新統合政府共に言葉が出ない。しかも戦艦の正体は、バジュラの母艦。その

詳細なデータを取ろうとして、単機で近づくルカ。主砲を見ている隙を突かれ、バジュラに捕え

られ、母艦に飲み込まれてしまった。(まさかバジュラに母艦があったとは誰かバジュラの

リーダー的存在がいるのでしょうか?)


シェリルのライブは、いよいよラストソング。「広い銀河の中、また会えるか分からないど・・・・」

思わず感極まり、プライドの高いシェリルが泣いた。どよめく会場と応援する声が飛び交い、様子を見ていたランカも心配な様子。「泣く訳ないでしょう、このあたしが!」何とか強気に振舞おうと

したシェリル。しかしやはり感情は抑え切れなかった。「シェリルさん!」大声で名前を呼んだ

ランカ。「ねえ皆最後の曲だけは、ある人の為に!いやある人達の為に歌いたいの。今遠い所で命を掛けている人達の為に。」アルト達ギャラクシーを守ろうと命を掛けている人達に、捧げる曲を歌いたい意志を告げたシェリル。客席のランカに対して「あなたにも一緒に歌って欲しい!」

と哀願した。(ランカの事気付いていたのでしょうかあんなに沢山お客さんが居るのに。)


その頃ルカが捕まり、単独で救出に向かったアルト。ミハエルやオズマの制止を無視して

「何とか中に入っちまえば、こっちのもんだ。」母艦の内部に突入を試みた。激しい攻撃に晒され

ながら、それを避けたアルトのバルキリーは、突入を成功させた。一方マクロスクォーターでは

母艦のスピードが遅いという調査結果を元にして、次の作戦が開始された。それは前に出る

リスクを伴う危険な賭け。「本艦はこれよりバジュラ空母との近接格闘戦に入る。諸君らは、ダルフィムを全力で守れ。」バルキリー隊にダルフィム護衛を任せ、マクロスクォーター自ら母艦と

戦う事を告げたジェフリー。巨大な戦艦が、バトロイドに変形して一気に勝負に出るのだ。(いや

マクロスは戦艦が変形するのは知っていましたけど初めて観ます。)


そして母艦内に突入したアルト。周囲にバジュラの存在を注意しながら、ルカのバルキリーが

捕えられている光景を目撃した。すると2匹のバジュラが、背後から不意打ちを食らわせた。対応出来ない、アルトは防戦一方!ついには、バジュラにコックピットを潰され絶体絶命の危機に

陥った。その時アルトの耳にシェリルとランカの歌声が響いた。「ルカ・・・・!」バジュラを払い

のけ、コックピットから脱出。捕えられたルカに声を掛けた。


しかし簡単に脱出出来る状況ではなかったが、謎のバルキリーが出現!アルト達をアシスト

して母艦から脱出成功。そしてマクロスクォーターが、主砲の口に取り付いた。「マクロスキャ

ノンぶちかませ!」ジェフリーの掛け声と共に、発射されたマクロスキャノン。その威力は脅威

的!一撃で母艦を撃沈した。ダルフィムも無事守り抜き、アルトはオズマに怒鳴られたものの

勇気ある行動は、賞賛された!


これほど歌と戦闘シーンのコラボレーションが素晴らしい作品は、滅多にお目に無いです。歌も最高だし、物語も素晴らしいです。謎の少年フレラ・スターンも登場。彼は一体何者なのか?

来週はランカが、アルト達の美星学園に編入。シェリルも乱入して、大騒動になりそうです。


マクロスF(フロンティア) 1

¥3,072
Amazon.co.jp


マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)
¥3,881
Amazon.co.jp


マクロスF(フロンティア) 2
¥4,851
Amazon.co.jp


マクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc)
¥5,660
Amazon.co.jp


マクロスF(フロンティア) 3
¥4,851
Amazon.co.jp


マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc)
¥5,660
Amazon.co.jp
AD

コメント(1)