アッシュフォード学園地下に存在する監視室。そこでロロに銃を突きつけたルルーシュ。しかし

相手の体感時間を止め、その間に数多くの暗殺をこなしてたロロ。銃を取り上げ逆に突き付け

引き金を引こうとした。しかしルルーシュは、ヴィレッタ達のターゲットが、C.C.であると知ると

自分が、引きずり出すという条件を提示。「成功が未来に繋がる。」という殺し文句を残して。


 いよいよ藤堂達黒の騎士団主要メンバー処刑日当日。カレン達は、星刻から大宦官高亥を

始末出来た代わりに、中華連邦総領事内での攻撃を許可され、ゼロが約束通りたった1人で

ギルフォードの待つ、処刑場に現れるまで待機した。そして絶対不利の条件の中、ゼロはナイト

メア・フレームに乗り姿を現した。


 勿論ただやって来た訳ではなく、ダールトンの息子デビッドに「自分を追い掛けるナイトメアに

攻撃を仕掛け、もしそうならなければ待機。」予めギアスを掛け、更にトウキョウ租界の構造を

階層システムを利用。管理者に対し崩した後、自殺するようにギアスを掛け従わせていた。これでギルフォードは、自分のペースだと思っていた計算が狂い、全てゼロの思い通りの展開!ナイトメアフレーム部隊は、大混乱に陥り壊滅状態。

 

 その隙に藤堂や扇達をカレン達が救出した。しかしC.C.を差し出す約束を破られたロロ。

改めてゼロを抹殺すべく、背後から迫った。攻撃を受け絶体絶命のピンチのゼロ。その時ヴィンセント目掛けて、デビッドのサザーランドのミサイル攻撃が襲い掛かった。人間の体感時間しか

止められないロロは、このままなら直撃を受けてしまうその時、助けたのはゼロ!存在が偽り

であっても、兄弟として過ごした時間は、偽りなかったと告げた。


 これで動揺したロロは、ゼロに向けたギルフォードの攻撃を受け止めてしまった。結果的に

ブリタニア軍を裏切った形になり、居場所を失ったロロ。過去の素性を知り、心理的に追い詰

めたゼロが、引き込みに成功。ただナナリーの立場を奪った事実は許せず、利用するだけ利用

してから、ボロ雑巾のように捨てると考えていた。一方その頃アッシュフォード学園には、ゼロの

正体を知るスザクが現れた。果たして目的は何なのか?


 「黒の騎士団万歳!!!」解放された玉城が、雄たけびを上げた。主要メンバーが解放され

喜びを分かち合った。ゼロを助けたヴィンセントは、星刻のルートを利用し、脱出に成功!「パイロットはバベルタワーの?」ルルーシュに質問するカレン。「卜部の件もある名前は伏せるが

我々の賛同者だと思ってくれて良い。」ロロの存在を明かさず「賛同者」だと説明したが、カレンはC.C.が素性を知っている事を知り、納得いかない様子で、今まで通りゼロの親衛隊隊長の任務を果たすと誓った。(カレンもやり難いと思いますよゼロの正体がルルーシュでそのバランスを取るのが黒の騎士団内で正体を知っているのは他にC.C.だけ変に言葉遣いを

タメ口にしちゃうと怪しまれますし。)


 黒の騎士団の制服は、カレンと卜部が用意。藤堂は卜部の死に様を知った。その後全員

集まった所にゼロが姿を現した。「ゼロ、助けてもらった事には感謝する。だがお前の裏切りが

なければ、捕まっていない!」1年前のトウキョウ租界での決戦時における、突然のゼロの戦線離脱。それが敗北、拘束の原因であると指摘した凪沙。それに呼応して「ゼロ、何があったんだ?」質問した扇!「全てはブリタニアに勝つ為!」たった一言だけ答えたゼロ。当然それだけでは、誰も納得はしなかった。すると「止めろ!作戦内容は、伏せねばならない時もある。私は

彼以上の才覚を持つ者を知らない。」作戦が全てオープンではない事実。ゼロ以上の指導者を

存在しないと主張した藤堂。扇もブリタニアに対抗出来るのは、ゼロ以外居ないと主張!


 改めてゼロは、黒の騎士団のリーダーとして、副指令の扇や作戦指揮官の藤堂から認められている事実。これが不平不満から、改めてゼロへの忠誠を誓い、黒の騎士団は一致団結した。

確かに肉親がさらわれたなんて言ったら突っ込まれます謎の男なのだからゼロの正体は

完全に秘密なのでだからブリタニアに勝つ為という理由で収まったのだと思いました。)



 「本日付けで、アッシュフォード学園に復学する事になりました、枢木スザクです。改めて

宜しくお願いします。」スザクがエリア11に赴任し、アッシュフォード学園に戻って来た。ブリタ

ニア皇帝直属のナイト・オブ・セブンの登場。正体を知られているルルーシュは、驚きを隠せ

ない。しかも席は空いていた自分の隣の席。最大の敵であり親友が、再会を果たした。


 ブリタニア皇帝が、ルルーシュに与えた偽りの記憶は3つ。1つ目はナナリーの事。(代わりに弟のロロが登場!)2つ目はゼロに関する記憶。(今では蘇り、再び黒の騎士団のリーダーと

して君臨!)3つ目はブリタニアの皇子だった事。(ギアスを掛けた相手が、ブリタニア皇族に

対する返答をしているので、既に蘇っている!)逆に言えば、記憶が蘇っていなければ、2人は

親友同士!「久し振りだなスザク!」「懐かしいよルルーシュ!」互いに再会を祝い、スザクを

知るミレイ・リヴァル・シャーリーも再会を祝った。


 「失敗だったなスザク!ルルーシュという名で、ここに来たとは。後はロロが、下手の事をし

なければ!」スザクが自分に近づいた事を失敗思い、手の内に入れたロロがミスをしなければ

記憶が戻った事が、ばれないと感じたルルーシュ。ただのアッシュフォード学園生徒会副会長

として振舞い、リヴァル達がゼロの正体で、盛り上がる話に合わせた。その後監視役のヴィ

レッタにルルーシュと接触した様子を報告したスザク。「ではやはり対象の記憶は、戻ってい

ないと判断してもいいのだな?」報告を聞いて、確認するヴィレッタ。「待って下さいもう少し

時間が必要です。」まだ結論を出すには、早急だと返答したスザク。改めてロロに弟役を続ける

ように指示した。狙いのC.C.を捕獲する為に。(ルルーシュは外堀から埋めに入ってます

教師にギアスを掛けロロとのイレギラーを見逃させ「兄弟」という言葉でロロを信用させる後はヴィレッタを抱き込むように画策を始めていますまさにリスクマネージメントです。)


 ゼロの復活宣言から始まった、黒の騎士団の活動。岩手・和歌山・徳島・山口各地方都市から

ブリタニアに対する攻撃が始まった。ギルフォード不在も重なり、危機感を募らせていたエリア

11総督府。その時謎のナイトメア・フレームが、政庁に侵入した事実が報告された。あっという間に総督府の防御網を突破したのは、ナイト・オブ・スリージノ・ヴァインベルグ!可変ナイトメア

フレーム「トリスタン」を駆り、単機乗り込んで来たのだ。簡単に防御網を突破され、舐められた格好の政庁防御部隊。グロースター2機で、戦いに挑んだ。結果トリスタンには、歯が立たず

ナイト・オブ・ラウンズの強さを示すだけだった。(ランスロットはロイドさんと一緒に来るジノ

アーニャが揃いブリタニアは磐石の態勢です黒の騎士団も簡単ではないはずようやく本格的な戦いが繰り広げられま。)

 


 3日後スザクの歓迎会が、イベント好きのミレイの企画で、アッシュフォード学園中で開催!

れはまさに歓迎会という名の学園祭。模擬店や様々な部活の発表などがあり、生徒達は楽しんだ。ルルーシュとロロは、仲良くジャガイモの皮むきをしていた。ロロがルルーシュを殺そうとナイフの向きを変えた。「ロロその向きじゃ危ないだろ。いいかこうするんだ。」兄として優しく言葉を掛けた。監視するスザクに見せ付けるように。(ヴィレッタさん午後5時に見せる水着としては

ちょっとHすぎじゃないですか本人はシャーリーにキレてましたけど!)


 ここまでは思惑通り。黒の騎士団の活動に指示を出すルルーシュ。しかしイレギラーが発生

してしまった。「ピザ女」ことC.C.が、超巨大ピザ作りがあると知り、制服を身に付け学園に

現れてしまった。「とにかくこっちに来い。」マスクをかぶせるルルーシュ。しかし皇帝が、自分を狙っている事実を知りながら、ピザが食べたいばかりにやって来たC.C.。とりあえず人目の

付かない場所に逃げた。


「皇帝にギアスを与え、スザクにギアスを教えたのは、同じ人間なのか?」改めてブリタニア

皇帝のギアスについて確認したルルーシュ。「ああそうだ。V.V.」同一人物である事を教えた

C.C.。するとそこにシャーリーが現れてしまい、とっさにC.C.をピザ用のトマトが入った

車に追いやった。ルルーシュと2人っきりになり、色めくシャーリー。しかし目の前には、被り物が現れた。中入っていたのは、C.C.を連れ戻しに来たカレン。黒の騎士団員として、自身も

顔を出す事が出来ない苦肉の策。「なんてぶざまな!」ルルーシュが格好悪さを嘆くほど、とりあえず外に出し、何とか逃げ出そうとしたカレン。


 しかし事態は思惑通りにはいかず、猫のアーサーを追いかけて来たスザク・ミレイと遭遇。C.C.は、巨大ピザ作りを知ったジノが乗る、ナイトメア・フレームに連れて行かれた。アーサーを

追い掛けるスザク。C.C.を追い掛けるルルーシュ。それぞれの鬼ごっこが始まった。最初は

体力が無いルルーシュは、全く追い付けなかった。そこで副会長として、男子生徒にギアスを

掛け、システムを変更命令。ジノがトマトを投入した瞬間、シャボン玉が上がり周りが見えなく

なった。結果ハプニングとして笑い話で終わり、C.C.は誰の目にも触れられなかった。


 その後カレンは、ヴィレッタとぶつかり、扇と関係ある女だという情報を掴んだルルーシュ。ロロが裏切り銃を向けている所にやって来た。「ゼロの正体を突き止め、男爵位を手に入れた。扇要

彼と内通していた事がわかれば、それを失います。新しいあなたに生まれ変わりませんか?」

扇との関係をネタにヴィレッタを恐喝。黒の騎士団側に引き入れた。(ここまでは、ルルの思惑

通りでしたけど!)


 夜ジノも参加してダンスパーティが開催されていた。1人で屋上にいたルルーシュの所に

やって来たスザク。自らナイト・オブ・ワンとなり、エリア11を保護領としてもらおうと考えて

いた。それこそ彼が考える、ブリタニアの中から変えるという答えだ。そしてその世界には

反逆者ゼロは必要無い。「保護領間接統治か?」真意を確かめようとするルルーシュに、携帯

電話を渡したスザク。困った顔で受け取った受話器の先には「もしもしお兄様お兄様私です

ナナリーです総督としてそちらに・・・・・・」愛する妹ナナリーの声が!驚きの隠せない表情の

ルルーシュ。それは余りにも非常な仕打ちだった。


 まさかのナナリーの登場。正直これには驚きました。まさに記憶が戻っているかどうか試す、スザクの踏み絵。ルルーシュは愛する妹が、ブリタニアの中枢に存在している事実を知り、果たしてどうするのか?何だか今までが前座だった思わせる内容でした。


 

コードギアス 反逆のルルーシュ volume01 (Blu-ray Disc)
¥3,108
Amazon.co.jp


コードギアス 反逆のルルーシュ illustrations Rebels
¥1,995
Amazon.co.jp


コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 2 (角川コミックス・エース 175-2)
¥609
Amazon.co.jp


コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー (3) (角川コミックス・エース 175-3)/大河内 一楼
¥609
Amazon.co.jp


公式ガイドブックコードギアス反逆のルルーシュThe Complete
¥1,260
Amazon.co.jp


AD

コメント(2)