CLANNAD番外編「夏休みの出来事」

テーマ:


 自分が両親の夢を奪い、自分だけが夢を実現しようとしている。両親の過去を知ってしまい

ショックから学園祭の1人舞台に集中出来ない渚。舞台に立っても全く演技が出来ず、朋也は

幕を降ろす苦渋の決断をしようとした時、秋生がありったけの声で「夢を叶えろ渚!俺達はお前が夢を叶えるのを夢見てるんだよ!」自分達の夢を渚に託していると訴えた。


 更に夢を託しているのは両親だけではなく、朋也や陽平も同じ。途中で挫折した2人も渚に

目標を達成してもらおうとしているのだ。ようやく冷静さを取り戻した渚は、無事1人芝居の大役を演じ切り、終わった時には万来の拍手で迎えられた。そして朋也は渚に対する想いをついに

告白した。勿論答えはOKで、互いに想い惹かれ合っていたのだ。


 月日は流れ期末テストが終わり、夏休みに突入した光坂高校。高校最後の夏休みは受験に向けての補習に費やされ、朋也と渚も例外なく参加していた。「補習なんかサボって海にでも

行かないか?」進学しない朋也は、自分には関係無いと思いサボる事ばかり考えていた。「決まりはちゃんと守らないと駄目です。内申書にも影響します。だって岡崎さんは私にとって

特別な人なんですから。」渚にとって朋也は特別な存在。だから自分の手前ちゃんと決まりを

守って欲しいと思っていた。(年上ですから姉さん女房みたいな渚ちゃんそれにしても手を繋ぐのも初々しい2人杏ちゃんが冷やかしても渚ちゃんは手を繋ごうとしていたって言おうとして朋也は口を塞ぐ本当に純粋なカップルです。)


 補習の合間の昼休み演劇部の部室に集まる渚達。補習に対する受け取り方は非常に

対照的。青春時代を補習で費やされブルーの杏。逆に優等生のことみは、友達に会えてとても嬉しそうな様子。そこには生徒会の仕事で登校していた智代もやって来ていた。「まだ呼び方は

岡崎さんなんだな?朋也君は渚ちゃんの事名前で呼んでいるのに。」未だに他人行儀な

呼び方をする渚に女の子達視線が集中。互いの関係がどこまで進んだのか興味深々だ!


 一方陽平の部屋を訪れていた朋也。陽平にまだ手を繋いでいない事実を告げた。「今まで

何していた訳?」あまりの純情振りに呆れ顔の陽平。そんな時寮母の美佐枝が陽平の部屋を

訪ね「可愛い女の子が会いたいってさ!」煽る発言をした。大興奮のまま格好付けて女の子の

前に登場した陽平だが、姿を見た瞬間テンションが0に下がった。その理由は現れたのが妹の

芽衣だったから。相変わらずしっかり者で、また汚くした部屋を掃除してあげた。(本当にここまで性格が違うと他人じゃないかと思ってしまう春原兄妹!)


 「おっさんと早苗さんの所に挨拶に行こうぜ!」朋也の言葉に従い、夜古河家を訪れた芽衣。

未だに居候している朋也も含め、皆でそうめんを食べながら、久し振りの再会に花を咲かせ、また芽衣は古河家に宿泊した。(朋也の話をしてあまり寝ていない渚ちゃんと芽衣ちゃん一体

どんな話をしていたのか女の子って男の子の話で本当に盛り上がりますね。)翌朝早起き

した朋也・渚・芽衣。補習も休みに入り、秋生・早苗の代わりに古河パンの開店の手伝いを

始めた3人。「よし俺は遊ぶぜ!」バットを持って出掛けた秋生。一方また新作パンを開発した

早苗。その恐怖の味を知らない芽衣は、目を輝かせ試食した。「とっても美味しそうでした。」

不味いと言わず、美味しそうだったと誤魔化した感想を口にした芽衣。思わずその誤魔化しの

テクニックに感心する朋也と渚。

 

 その後早苗も出掛け3人で店番を担当する事になったが、夏休み期間なので、学生の買い物が少なく暇を持て余していた。少ないお客さんが来ても、朋也は何もせずただ立っているだけの

状態。「私呼び込みして来ますね。」外に出て呼び込みを始めた芽衣。するとパン屋だと知らなかった人達がどんどんとやって来た。「おい芽衣どんな呼び込みしてるんだ?」物見遊山な男達が次々に来店する様子に違和感を覚えた朋也が質問した。「可愛い子がいますよ。」まるで

風俗店の呼び込みのフレーズで、客を引き込む芽衣。結果古河パンは大盛況!早苗が作った

パンまで売れ、開店以来の売上を記録した。


 翌日陽平の部屋を訪れていた朋也。「実の兄をほったらかして、何をしてるのかね?」渚と

遊んでいると聞かされ、自分に目を向けない芽衣に愚痴をこぼす陽平。そんな時芽衣が部屋を

訪ねて来た。分かりやすいリアクションで喜ぶ陽平だったが、目的は朋也と2人っきりで話を

する事。問答無用に陽平を追い出し話を始めた。「私恋のキューピットになろうと思いまして。」

手も握れず、互いに好きだと恥かしがって言えない、朋也と渚のキューピット役を買って出た。


 最初は彼女がいない陽平の為に、妹が一肌脱いで付き合ってあげるという、禁断の兄妹愛

を想像したり、自分の事と言われて、陽平との同性愛のキューピットだと想像した朋也。(兄妹

愛はまだ奇麗だけど同性愛はBL好きじゃないのでさすがにきついしかも京アニ力入れて

作って同じ柄のパンツをはかせて夕日の海辺を走らせるとは、うああ最後まで陽平には春が

来ませんでした。名前に春が入っているのに・・・・・・)勿論芽衣は朋也と渚のカップルが、未だに素直になり切れていないのを心配しているのだ。


 「岡崎さんは、どんな渚さんになって欲しいですか?」朋也に自分の求める渚像を質問

した芽衣。「そうだなあいつ自分の事を卑下に考えがちだから、もう少し自信を持って欲しい!」

率直に答える朋也。「それは私も思っていました。」芽衣がそう答えると、偶然を装い渚が

やって来て二人っきりの状況を作ってあげた。「トモヤ君今暇ですか?」言い難そうにデートに

誘う渚だが、どこかぎこちない。まるで下手な芝居を演じているみたいに振る舞い、突然散歩に

出たと思ったら「超ラッキーです。私みたいな可愛い娘と一緒に歩けて。」などと言い出し、すると今度は「家に戻りましょう!」と支離滅裂な発言。


 古河家に戻るとパンを朋也に買わせようとする渚。その時の動作もどうもぎこちない。それも

そのはず、これは全て芽衣が2人の関係をより近づけようとして演出したプロデュース。1人舞台を演じ切った渚でも、純情なのでどうしても下手になってしまう。パンを朋也に買わせた時も

「私の為だから、朋也君悪い気はしないはずです。」と言うのも無理して言っているのが、ベタな

程みえみえだった。デート場所を公園に移しても、相変わらずぎこちない演技をする渚。(最後まで早苗さんのパンは古河パンの地雷でした。)


 そんな様子を影で見ていた芽衣だったが、朋也にばれてしまった。互いに積極的になれない

2人が、より近づく為に渚に「リードしてあげないと!」というアドバイスをした結果、ぎこちない

不自然な態度になったのだ。「そんなことだろうと思った。どこに行きたいまだ時間があるし。」

朋也は手を差し伸べ、デートの続きを申し出た。「はいまだ時間がありますし、どこでもいい

です。朋也君と一緒なら。」今度は不自然では無く、ちゃんと手を取り、自然と名前を呼んだ

渚。2人は少しだけどより恋人同士として、振舞い始めた。「ずっと一緒です!」最後の最後で

素直な気持ちを口にした渚。朋也も肩を寄せ合い、歩き始めた。


 結果的に2人の関係は、より恋人らしくなってよかったです。芽衣ちゃんも変なキューピット

でしたけど、無事任務を果たしました。そしてCLANNADのアフターストーリーが制作決定。

朋也と渚のその後が描かれるはずです。これは絶対に見逃せません。 


CLANNAD 1 (初回限定版)
¥6,100
Amazon.co.jp

CLANNAD 2 (初回限定版)
¥6,523
Amazon.co.jp

CLANNAD 3 (初回限定版)
¥6,523
Amazon.co.jp

CLANNAD 4 (初回限定版)
¥5,905
Amazon.co.jp

CLANNAD 5 (初回限定版)
¥5,905
Amazon.co.jp

CLANNAD 6 (初回限定版)
¥5,905
Amazon.co.jp

CLANNAD 7 (初回限定版)
¥5,905
Amazon.co.jp

CLANNAD 8 (初回限定版)
¥5,905
Amazon.co.jp

【予約】/劇場版「CLANNAD」スペシャル・エディション(初回限定版)
¥8,800
CLANNAD FULL VOICE
¥4,768
Amazon.co.jp

CLANNAD-クラナド- 1/8 古河 渚 キャストキット
¥7,140
Amazon.co.jp


AD