トリニティによる戦争根絶への武力介入は、一般人も巻き込み多くの命が失われた。特に

ネーナが単独行動で暴走したスペインでの攻撃では、結婚式に参列したルイスの両親や親族が皆殺しにされ、ルイス自身も左手首を失うほどの怪我を負ってしまい、日本から駆け付けた

沙慈はショックで涙を流した。更にアメリカの民間軍事企業アイリス社でも、工場が徹底的に

攻撃され、多くの一般人が殺されてしまった。


 しかしその時は、エイフマンが殺された事実を知ったグラハムの鬼神の様な、攻撃でスローネ

アインの左腕が破壊され、一時撤退を余儀なくされた。そしてトリニティの前に「紛争幇助者」と

断定した刹那が、エクシアでスローネガンダムを駆逐すべく、ソードを抜いて突っ込んだ。「てめえ何しやがる。」ミハエルのスローネツヴァイが割って入った。「あたし達は味方よ!」ガンダム

同士が味方だと訴えるネーナ。「違うお前達がその機体がガンダムであるものか!」刹那は

トリニティの武力介入が、単なる殺戮であり、そんな事をするモビルスーツが、自分が考える

ガンダム像では無いと思い、トリニティの主張を完全否定した。


 一方的にスローネドライを攻め立てるエクシア。ヨハンが戦争根絶の為に行動していると

主張したが、刹那はその言葉を否定。「錯乱したなエクシアミハエル応戦しろ!」ミハエルに

指示を出した。「ファング!」スローネツヴァイ得意のファングを、スローネアインのアシストを

受け発射し、応戦を開始するミハエル。(まったく超好戦的なんだからミハエルは!)


 高い機動性を持つエクシアの性能を発揮し、次々をファングを破壊していった。それでもまだ

ファングが残っており、二次攻撃を受けるとさすがの刹那も対応が遅れた。その時GNバズーカ

のビームが援護!普段は刹那を嫌っていたティエリアが、援軍として駆け付けた。2人のトリニティに対する気持ちは同じなのだ。(嫌っていても同じ目的で行動する事って現代社会にも

ありますよね会社とか学校ではよく。)


 ガンダム同士が戦っている状況は、プトレマイオスにも伝えられた。「このままでは共倒れに

なりかねない。」などの危惧する声もあったが、トリニティの武力介入やそれに対応するプトレ

マイオスの行動も、全て計画の一部の可能性があるとスメラギは示唆した。そしてロックオン

から指示を求める暗号が届いた。「出来るだけ戦いを止めて。しかし現場の状況によっては、自身の判断を尊重すると伝えて。」スメラギは事実上ロックオンも、ガンダム同士の戦いに参戦

を許可する指示を送った。(私もそうですけど一般人を巻き込むなんてやり方は単なる殺戮

行動だと思いますだからスメラギの指示は適切じゃないでしょうか?)


 「ミススメラギの腹も決まった俺は刹那の意思を尊重するあいつはガンダムになろうと

いうんだ紛争根絶を体現する者に!」ロックオンもトリニティのやり方に憤慨してたので、刹那の意志を支持。戦場に出撃した。(ぶっちゃけ狙い撃っちゃって下さいそれしても留美は

とにかく世界が変わればいいなんて言ってるしアレハンドロとリボンズは第3段階!」

まるで全てを知っているかの様な口ぶり彼らの意図がこれからのストーリーに影響あり


 刹那とティエリアは、フォーメーションを組んで対抗。デュナメスがGNフィールドを出し、攻撃を

受けている間、隠れていたエクシアが急襲。しかもそれも囮でデュナメスがGNバズーカを発射しトリニティを翻弄した。「まさか君とフォーメーションを組む事になろうとは。」嫌っていた刹那と

組むフォーメーションに、驚きを隠せないティエリア。(皆フォーメーションを使っている状況に

ビックリしてました。)

 

 「ネーナドッキングだ!」合体しGNランチャー発射を狙うヨハン。そこに隙を与えず、間髪を

入れずに攻撃するヴァーチェ。しかし機動性が遅く逆に挟み撃ち遭ってしまった。「ナドレ!」

ティエリアが叫ぶと、装甲が外れ真の姿であるガンダムナドレが出現。敵モビルスーツの機能を

停止させる特殊能力を発揮し、スローネアイン・ドライは制御不能になり、地上に落下した。

(ヴェーダとリンクする機体を全て制御下に置く、ティエリアだけに与えられたガンダムマイ

スターへのトライアルシステムだそうですぶっちゃけて言えばコントロール不能にするシステムという事でよろしいのでしょうか


 「君達はガンダムマイスターに相応しくないそうとも万死に値する!」行動不能になった

スローネアインドライに止めを刺そうとするヴァーチェ!しかしトライアルシステムが、突然強制

解除された。「やはりヴェーダは!」ヴェーダがハッキングされた事が、影響してると推測する

ティエリア。更に戦場にデュナメスが現れ、これで3対3の状況!しかし「ミハエル・ネーナ一時

撤退だ。ガンダム同士で戦えば、計画に支障が出る。」ヨハンは、ミハエルとネーナに指示

した。潰し合いは得策では無いと判断したからだ。



 「逃げんのかい?」挑発的な口調で噛み付くロックオン。するとヨハンの口から「君は私達よりも先に戦うべき相手がいる。ロックオン・ストラトスいやニール・ディランディ!」ヴェーダのレベル

7の情報を閲覧して得たロックオンの本名が飛び出した。更に「君がガンダムマイスターに

なってまで復習を遂げたい相手の1人は傍に居るぞクルジス共和国の反政府ゲリラ組織

KPSAの構成員の中にソラン・イブラヒムが居たコードネーム刹那・F・セイエイ両親や妹を殺した組織の一員君の敵と言うべき存在だ!」ヨハンは、家族を失ったテロを実行した

KPSAのメンバーに刹那が所属していた事実を暴露。そのまま戦場を立ち去った。

あれカシム・マジリフって名前も偽名なんですか16歳にして偽名ばっかりですねえ。)



 その頃ガンダム対策に頭を悩ませていたユニオン・人革連・AEUの3大国に、ソレスタル

ビーイングの名乗る関係者から、コンタクトがあった。しかも組織に関するデータリークされ、それは背信行為といっても過言ではない行為。これを機に3大国は、ガンダムへの対抗意識を

鮮明にして行くのであった。(情報をリークしたのは多分アレハンドロかリボンズじゃないかと思います一体何を企んでいるのかこれがイオリアの真の目的に繋がるのでしょうか。)



 トリニティの武力介入に憤りを隠せない沙慈は、スペインに残りルイスに付き添っていた。「沙慈日本に帰って。学校を休んじゃ駄目だよ。」ルイスは日本に帰る様に言った。しかし沙慈は

ルイスを置いて1人日本に帰る事なんて出来ない。すると「沙慈の夢は、宇宙で働く事でしょ。

私のせいで沙慈の夢が、叶わないのは嫌!ここに居ても後でつらくなるよ。私はずっと引け目を

感じ。沙慈は後悔するはず。ねえ私の夢を沙慈に託しても良い?それが私の夢なの。」ルイスは自分のせいで、夢を叶える事が出来なくなる沙慈を見たくない。だから自分の夢を沙慈に

託した。それは全てを失ったルイスが出来る精一杯かもしれない。(幸せな時の映像が流れると

余計にかわいそうになりましたあんな気まぐれ女のせいで全てを失ったのだから!)沙慈は

ルイスの言葉に従い、病院から日本に戻って行った。その様子を笑顔で見送っていたルイスの

目には、涙が流れていた。(もしかしたら永遠の別れだと思っているのでしょうか因みに絹江

さんまた重要情報をゲットしちゃったラグナってJNNにも出資する人でモビルスーツを製造

しているそうでトリニティにばれたらマジで消されちゃうよ!)


 基地がある島に戻ったガンダムマイスター達。「お前はKPSAに所属していたのか?」ロックオンは、刹那がKPSAに所属していた事実を確認した。刹那はそれを認め、逆にヨハンが

言っていた事実の真偽を確認した。「事実だよ!俺の両親と妹は、KPSAの自爆テロに巻き込

まれて死亡した。」ロックオンは、本当であると答えた。



 背景には中東諸国は、太陽光エネルギーが開発され石油の輸出が規制された影響で、経済に深刻な影響を受けた。人々は神の代弁者の名乗る、富や欲望を求める人物にすがり、紛争への道を突き進んだ。これが20年以上「太陽光紛争」であった。(石油が輸出出来なくなったら

中東は終わりですから紛争を起こして抵抗するのはわかります。)こうなると世界は歪み、戦いへの道を突き進んでしまう。それがKPSAなどの反政府テロ組織を生み出し、ロックオンは

家族を失ったのだ。そしてロックオンは、暴力の連鎖を止めるのではく、戦争根絶を武力を用いて行うガンダムマイスターになった。たとえ矛盾していたとしても。



 歪んだ世界を抑制する圧倒的な力=ガンダムを用いて、2度と悲劇を繰り返さない意志を持つ

ロックオンは「その前にやるべき事がある。俺は無性にお前を狙い打ちたい。家族の敵を

撃ちたい。」と言い刹那に銃を向けた。「俺は神を信じていた。信じ込まされていた。この世界に

神は居ない。神を信じ、神が居ない事を知った。あの男がそうした!KPSAのリーダーアリー・

アル・サーシェス。奴はモラリアでPMCに所属していた。モラリアの戦場で奴に出会った。奴の存在を確かめたかった。奴の神はどこにいるのか確かめたかった。奴の中に神が居ないと

したら、俺は今まで・・・・・」KPSAに所属し、神を信じ神の為に訓練を受けた刹那。しかし

リーダーのアリーの行動は、単なるテロ行為に過ぎない。今まで利用されていただけであると

主張した刹那。(子供の時からテロ工作員としてのみ利用されていた刹那神の名の元に

本当に嫌な世の中ですねそれが凄く強調されていますでも本当の敵が判ったのですから。)



 「刹那1つだけ教えろ!お前はエクシアで何をする?」ロックオンは問い正した。「戦争の

根絶!」一言だけ答える刹那に、更に銃を向け「俺が撃てば出来なくなるぞ!」脅しに近い事を

言うロックオン。(多分刹那の覚悟を確認したかったのだと思います。)「それで構わない俺の

代わりにこの歪んだ世界を正してくれだが俺が生きていればソラン・イブラヒムとしてではなく

ソレスタル・ビーイングのガンダムマイスター刹那・F・セイエイとして戦う俺がガンダムだ!」


 撃たれて死ねば、ロックオンに後を託す。生きれば戦争根絶を体言化する存在ガンダムと

して、戦争根絶を目標に戦い続ける。明確な意思表示をした刹那。その言葉に笑うしか出来なかったロックオンは「お前はとんだガンダム馬鹿だよ。」と言った。それは刹那にとっては、最高の褒め言葉だった。そして刹那に対するわだかまりが消えたロックオンは、再び共に戦う事に

なるのだった。(ティエリアは「これが人間か?」なんて言っていましたが、どういう意味がある

のかよくわからないです。)


 トリニティーは想定外のガンダムを襲撃を受け、もう一度ラグナに指示を仰ぐことを決断。再びガンダムとの戦いの可能性も示唆した。しかしガンダムマイスターの未来は、ソレスタル

ビーイングの情報が、漏れて世界の意志が、ガンダム打倒に固まるはず。これからが正念場に

なる事は間違いないですね


 今回はロックオンのわだかまりがどう解けていくのかに注目していました刹那の意志と

覚悟を確認し改めて過去を払拭しましたロックオンはやっぱりムードメーカーですね沙慈もルイスの意志を尊重し未来に向けて歩みだしたシーンも印象的それに比べて「キス」は買収だったのかと疑いたくなるネーナの発現にはビックリです 

AD

コメント(1)