ネギ登場


 麻帆良学園内で発生しているヴァンパイア発生事件で、2-Aの佐々木まき絵が被害にあった。

またも2-Aの生徒が被害に遭遇してしまう。1人は近衛木乃香で、もう1人はヴァンパイア=エヴァに

囚われている宮崎のどかである。満月の夜ネギに対峙するエヴァは「私はこの日を待っていた。ネギ

スプリングフィールドサウザンドマスターの息子よ。」と言った。エヴァは、ネギが麻帆良学園に赴任

するのを待っている様な口ぶりだった。

 ネギは「のどかさんを返せ!」とエヴァに要求すると「いいだろうもう用済みだ!」と言って空に浮かんで

いたエヴァは、のどかを手から放すと、ネギは魔法でのどかを救った。木乃香やのどかの血を吸って

魔力アップしているエヴァは、ネギに攻撃を仕掛ける。その攻撃をネギは、必死にはね返すとエヴァを

従者である絡繰茶々丸が庇った。エヴァは、10歳の子供と侮っていたが魔力の強さを目の当たりにして

サウザンドマスターの息子の実力を認め一時退散した

エヴァが退散した後、異変に気づいた刹那達クラスメイトが駆けつける。刹那は、木乃香の首元に噛ま

れた痕跡が残されてので驚くが、木乃香は自分がどうなったのかわからなかった。一方もう1人の被害者

のどかは、ハルナと夕映に側に駆けつけると噛まれた痕跡が消えると同時に木乃香の痕跡も消えた。

そしてのどかも意識を取り戻した。ネギは、のどかの顔を初めて間近で見て「のどかさんって可愛い

顔なんだな!」とちょっとドキドキモードに突入しのどかも同様だった。一方痕跡を消したのは、ネギと同じ

麻帆良学園の教師高畑・T・タカミチで彼もまた魔法使いである。(高畑先生ちょいワル親父だった)

 無事事件解決し、カモは「あの2人に魔法を見られなくてよかったすねえ兄貴!」と言う。しかしネギが

魔法を使っていたのを見ていた人物がネギに「見せてもらったわよ、魔法使い君!」と声を掛ける。その

人物は、メインヒロインの神楽坂明日菜である。明日菜の言葉に驚くネギと人前でしゃべるとまずいカモ!

(カモは、明日菜にねずみと間違いられました)当然正体を知られたからには、放置しておけないネギは

魔法で明日菜の記憶を消そうとする。しかし魔法使い見習いのネギ記憶消去に失敗してしまった

 公園に移動してネギは、明日菜に魔法使いの修行で学校の先生をしている事を教えた。またカモは

「パートナー候補を見つける事で兄貴は魔法使いとしてランクアップする。」という事も説明した。魔法使い

にとってパートナーは、必要不可欠で20歳になると本契約を結ぶが、未成年の場合は仮契約になり

何人でも仮契約を結ぶ事が出来る。そしてカモは「どうだい姉さ、兄貴と仮契約しないかい?」と明日菜

にネギと仮契約を結ぶ様に勧める。明日菜は、仮契約の方法を聞くと中々言えないネギに代わって

カモが「キスっすよ!」と答えた。それを知りお互い動揺するが、明日菜はカモからネギが同じ部屋に

住む事を知ると「なんじゃそりゃー!」と叫んだ。(パートナーへの道遠し)

 その頃自宅に戻ったエヴァは、いつもの子供の姿に戻った。そこに高畑が「いくら満月でもあんな事

されたら困るんだ。思い罰を受ける事になるんだぞ!」と釘を刺しに来た。しかしエヴァは「そんなのは

怖くない、15年待ったんだ。」と言い返す。15年前エヴァは、ネギの父ナギと戦ったが力及ばず敗れ

魔法を掛けて、結界が張られている麻帆良学園に閉じ込めた。だがナギの血縁者であるネギの血を

吸えば、魔法から解放されて晴れて自由になれると思っていた。しかし高畑はエヴァの監視役であり

駄目だそれは許されない!」と一喝する。(エヴァが高畑先生に訴えるシーンは、傲慢なイメージしか

なかったエヴァの評価を急変させる素晴らしいシーンでした

 翌朝4時新聞奨学生の明日菜は、新聞配達に出掛けるようと目を覚ます。しかし自分のベッドには

ネギが寝ていた。それに気づいた明日菜は、追い出そうとするが寝言で「お姉ちゃん」と言っているのを

聞くとそれを止めた。そして授業開始前2-Aでは、ヴァンパイアの被害者が3人になった事の話で

持ち切りになる。生徒達は、被害に遭った木乃香とのどかの証言から犯人を割り出そうとするが人物

特定は出来なかった。その後ネギが、ホームルームの為に教室に入って来た。するとネギの頭にこぶが

ありクラス委員長雪広あやかが「ネギ先生殴られたのですか?誰ですかそんな事をする野蛮人は?」

言うが、そんなネギの気を引こうとするショタコン女あやかを目の敵にするネットアイドルちゆこと長谷川

千雨である。ただクラスの中にエヴァと茶々丸の姿が無いが、彼女達はいつも通りの「サボタージュ」だ

と説明される。(夏美ちゃんは、千鶴ちゃんにメールでサボタージュの意味を聞いてました)

 授業終了後ネギは、ヴァンパイアの事を考えているとネギの攻撃をまともに食らった茶々丸を運ぶ

2-Aの葉加瀬聡美と心配するエヴァが急いでいる様子を目撃する。エヴァは、茶々丸が動かなくなる

とは思っていなかったが、聡美は「どうしたらこんなに壊れるんですか?」と怒っていた。そんな時に

エヴァと茶々丸に初めて会う(もう会っている)ネギが挨拶をすると、茶々丸がロボットである事に驚き

更に走り去って行くエヴァの顔を見てヴァンパイアが、エヴァではないかと思うと高畑が「その通りだよ。」

と答える。

 高畑は、エヴァが10歳の時ヴァンパイアに魅入られて自分自身もヴァンパイアにされた事とその時の

呪いによって不老不死だが、永遠に子供のままの姿でいなければならない。昨日の大人の姿は、満月

と乙女の血によるものである。そしてエヴァは、ヴァンパイアとして多くの過ちを犯してしまい、ナギの

魔法で麻帆良学園に閉じこれまれているいわば2つの足かせをもっている少女なのだ。

 また高畑は、エヴァの狙いがネギの血であり、それによって永遠に続く学生生活という牢獄から抜け

出すチャンスを窺っている事をネギに伝えて「エヴァを解放してはいけない!」と強調する。しかしまた

満月の夜になり、エヴァは大人に変身してネギの血を狙う!でもエヴァも茶々丸の事を気遣う優しい

心を持っているからそこを何とかネギが上手く付けば解決できるはずです。絶対に今回の作品の方が

クオリティが高く、もう前の作品には戻れない!バカレンジャーはネタとして楽しめばいいでしょう。

 

エヴァ様
AD