鳩山由紀夫首相は21日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊の移転先として政府が検討する鹿児島県・徳之島の3町長が平野博文官房長官との会談を拒否したことに関し、「今、大変厳しい天気かもしれないが、必ず5月末までには五月晴れにしないといかん。そのために全力を挙げて頑張っている最中だ」と決意を強調した。
 首相公邸前で記者団が「次の一手はあるのか」と質問したのに対し、首相は「ここで言う話ではない」と述べるにとどめた。同時に「沖縄県民の今日までの大きな負担をどうやって和らげることができるか、私も一生懸命考えている」として、可能な限り県外への移設を目指す考えを改めて示した。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

日本創新党 首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに(産経新聞)
税理士ら4人に課徴金=TOB情報でインサイダー-金融庁(時事通信)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
AD