魔女のベトナムハノイ生活

2012年10月から本格的にベトナムハノイで生活する事に
なりました。
よくいう「駐在員妻」ですが、違和感ありありです。
英語もベトナム語も話せない私がハノイでの生活を記録したいと
思います。

NEW !
テーマ:
本日(1/31)朝日新聞の夕刊

81歳で一人暮らしになった認知症の母を
ハノイで働く娘が呼び寄せて一緒に暮らす
という記事が載っていた。

{B76ED756-986C-4790-9D3C-3C8113073F71:01}


「越後のBaちゃんベトナムへ行く」
著者:小松みゆき

この本が原作の映画の制作が進んでいるそうです。

松坂慶子さんが主演

「ベトナムの風に吹かれて」

~記事を抜粋~
日本語教師としてハノイに来て、お父さんが亡くなり、認知症で要介護のお母さんが施設の空きも任せられる親戚もいなく一人きりに…
周囲の心配を振り切ってハノイに連れてきた。
徘徊による失踪騒ぎ、腰骨靭帯の手術、排泄の世話…
異国で働きながらの介護は一筋縄ではいかなかった。
しかし、ベトナムはお年寄りに親切で見知らぬ若者が声をかけてきたり、手を差し伸べたりしてくれる。
お母さんの顔色は日本にいる時より良くなり。よく食べ、よく笑った
「ここはええとこだのう」毎朝のように言った。
昨年、映画化の話が持ち上がり準備が始まった頃お母さんは94歳で亡くなったそうです。

監督は「家族、親子、人と人のつながり。日本になくなった下町人情がハノイにあった。新しいようで古い映画になりますよ」と話す。

今秋にまず日本で公開です。


東南アジアの各国は暖かく、比較的治安がいい事から「老後を過ごす場」としても人気


{21C52595-5A3B-4E93-924B-8B570051AE2D:01}

長期滞在ビザの取得が難しいベトナムは圏外だったが、治安がよく、将来は人気が上昇しそうで日本の介護事業者も注目し、活動を始めている。
さくらクリニックもそうです。



将来の事はまだわかりませんが、視野に入れておくのもいいかな。と思いました。



まず、原作に興味を持ったので読んでみようと思います。
読んだらまた載せますね。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
インドチャイナにクレープ屋さんが登場



{109450E8-7F4C-478C-88A9-B4FF1E03F19E:01}

日本みたいです。

{BEF72D50-833E-4F5A-A4ED-8910B7A83199:01}

アップうれしいけどバナナ乗せすぎじゃない?(笑)
あっ、でも厚く切るより食べやすいのか
たくさんはうれしい( ´艸`)

{8509E95F-9BF2-4ABA-9369-316A781A9760:01}

出来上がりはこちら

見た目は合格
味もなかなかおいしかったそうです


そうですって事は私が食べたわけではないから(ノ´▽`)ノ


旦那サマーが行ってみたんだってー
私もたべたーい音譜


{76D4684D-1FEB-44CC-93A3-FC8DF9401456:01}

場所はパン屋さんの隣

ブログに書こう♪って言ったら
「写真の著作権は俺んだ!」って言われたよーꉂ(˃̤▿˂̤*ૢ)'`,、


もう使っちゃったもんね(o´罒`o)ニヒヒ♡
今度、使用料でおやつでもあげよー

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
ベトナム語を勉強して、一番初めの壁が
「人称代名詞」でした…

ベトナムは相手の年齢によって「あなた(you)」の呼び方が違うのです(´□`。)


詳しい事を書けるレベルではないので、
興味がある方はググって頂ければ…


基本は、目下の人年下の人→em
目上の人年上の人→anh(男性)chi(女性)
で生活しとりますが、はて?さて?自分の夫は?となった時



私の夫→Chồng tôi(チョン トイ)
の事を目上の人年上の人へ対して呼ぶ
Ahn(アイン)
で呼ぶんです。



我が家の様な年下の旦那サマーの場合も
Anhです。


ベトナム語の先生に教えてもらった時、
ほぇ~っと思ったもんです。


女性が強いイメージのベトナムでも、男性を立てるんですね(・∀・)/


ちなみに、呼びかける場合は「oi(オーイ)」を後ろにつけます♪
かんたーん(ノ´▽`)ノ

Em oi(エムオーイ)
Chi oi(チオーイ)
Ahn oi(アインオーイ)

日本語が話せるベトナム人は私を呼ぶ時に「魔女さんオーイ」と呼んでくれます♡
それがなんかかわいくて好きラブラブ
我が家でも夫婦間でよく使います(笑)





AD
いいね!した人  |  コメント(10)

[PR]気になるキーワード