時々晴れのち宮本よしひさ

いつも写真撮ってます。いつでも。


テーマ:
ミスコンの現場に初めて足を踏み入れてきました。4月26日に平塚で行われた2015年度第30回ミス湘南コンテストです。

実はこういった催しに行くのは初めてで、今回は女優でモデルの福田千明さんからぜひ!とお誘いいただき、行ってみることにしました。

開通して間もない圏央道の南端も走ってみたかったので朝7時前に機材を積んで会場のある平塚市へ向かいました。

てっきりウォーキングとかのシーンを撮るのかと思っていたら、なんと砂浜が会場で、そこで撮影会を行ってます、と受付のテントで言われました。

何が何だか分からなくなり、しばしタバコをくわえたまま呆然としておりました。

撮影会というのも初めてです。映像撮影が仕事ですので、受付でお金を払って撮影するというのは通常のクライアントの事を思うとやや気が引けましたが、今回は仕方ないと自分に言い聞かせ、とりあえずカメラを持って海岸へ向かいました。

するとどうでしょう…おじさま達が砂浜を埋め尽くしているではありませんか!



そして、ぜひ!と誘ってくれた福田千明さんの出番は既に終わっているとのこと。

実は駐車場が満車で空くのを待っていたらお昼だったのです。

さて髪をなびかせるおじさまもいる中をよく見るとそこにはビキニ姿の美女がポージングしています。

そのような塊が数か所あって銀河がいくつか…いやブラックホールに美女が飲み込まれているかのような光景でした。

これが撮影会というやつか…なんとなく近寄りがたく車へ戻ろうかと思いましたが、せっかくなので波打ち際で海を撮りながら潮の香りを楽しんで他人のふりをしているつもりでした。

が、ひとりのモデルさんとおじさま達が近くに寄ってきました。そのモデルさんはあとで調べるとエントリーナンバー19の森あきさんという方でした。



どうやら撮られ慣れていない感じでボクにとっては新鮮な感じでした。

連日のように撮影会に出ているモデルさんはシャッター音と交互にリズミカルにポーズを変えていきます。隙がないという感じでしょうか。

一方撮られ慣れていないモデルさんはしばらくすると自分の両手をどうしてよいのか分からなくなり、腕組みか腰当てになってしまいます。



そういう時はボールや竹刀!、帽子など何か小物を持ってもらうと自然とポージングしやすくなります。

そして立っている時は脚もどうにかせねば…という状況になってしまうので、箱馬やイスがあると脚を組んだりするなど色々と落ち着いてポージングが出来るようになります。

そんななか、目線頂戴っ!というおじさまも多くいましたがこれもモデルさんからすると何目線なのかなど混乱要因を増やしてしまいます。



あえて目線を気にせずベストな顔全体あるいは体全体の表情・表現を待ってシャッターを切るのが吉だろうと思います。

ですが目線が来ればカメラマンはそれはそれで親近感も沸き心地よいものですが。

それにしても太陽が真上でギラギラした状況でしたのでモデルさんの顔の影も極めてハッキリ出ています。スタッフの方が銀レフで補助していましたが、肌のテカリが出てしまうなど大変そうでした。



一方カメラマンのおじさま達のレンズも明るいものが多くみられました。

炎天下では絞り優先モードで解放に近い設定ではISOを最低にしてもシャッタースピードが1/8000秒などに張り付いて、それでも適正露出を遥かに上回って、結局大きく絞ってしまいボケの得られない写真が量産されている人もいたのではないでしょうか。

こんな時はレンズにND8の減光フィルタを付けると大概は絞り解放でも撮影できるようになります。影の明暗(コントラスト)は変わりませんが、その対策はテント下で撮るとか、レフやストロボで光を補うしかありません。

それとは別にどうしても眼球だけにピントが合えばいいからf/1.2で撮りたい!ということであればND16も持っていた方が良いかもしれません。

以上写真講座でした。話を戻しましょう。



ボクは少し離れたところから森あきさんを撮って、まもなく終了時刻となったようで森あきさんしか撮れませんでした。

この撮影会にはのべ346人のカメラマンが砂浜を埋め尽くしていたそうで、終了後あっという間に人気(ひとけ)のない砂浜になってしまいました。

そのあとは商工会議所の建物のなかでいよいよミスコンのグランプリなどの発表ということで、大きな部屋に入りました。なんと26人の水着の美女がズラリと並んでいます。1次、2次を通過しさっき砂浜で撮られていた美女たちです。



福田千明さんも見つけました。森あきさんもです。

ここでもおじさま達の頭と頭の間を縫うようにレンズを向けますが、これが全然隙間が無くて殆ど撮れませんでした。あああ。

そして最終発表、グランプリに輝いたのはなんと福田千明さんでした。あいさつ前に千明さんの瞳が少しうるんでいるのが見えました。でも撮れませんでした…。



森あきさんは?んんん、ダークフォースだと信じていたのですが残念ながら落選だった様子です。

いやはやミスコンの現場というのは盛り上がることを知った4月26日でした。



ちゃきちゃん、グランプリ獲得、ホントおめでとう。

そして賞を取った人、おしくももれた人、おつかれさまでした。でも最高の経験が出来たと思います。よ。きっと。

ボクも最近CM動画のコンペで予選落ちしました。



あ、大事なことなので1回書きます。上のエントリーナンバー19の森あきさんの写真データをご本人にお渡ししたいのですが、万が一この記事を見て頂いてたらコメントでも結構ですのでご連絡くださいませ。

追記>>>

多くのグラビアコンテストやミスコン、映画や舞台のキャストオーディションで最初に提出する写真はとても大切です。とくにモデル事務所などへの応募などはメイクもNGということも普通です。

履歴は書類審査通過後に見る、などというのも普通で、写真の写りで決まってしまうことが多々あります。

ご自身の宣材用ポートレートや事務所の写真を撮りなおしたいなどの撮影の仕事もお請けしています。詳細は仕事のサイトをご覧いただくか、ツイッターなどで声じゃなく文字で呼びかけてくださいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇