ひとりごと

たまには呟いてみようかな・・・

今こそ、みんながひとつに。One for all All for one

日本中、いや、世界中 みーんな仲間だからっ!!
心をひとつに。
NEVER GIVE UP      (by 亀梨和也)





テーマ:

かめたん、

忙しくて試合見る間もないだろうけど、

 

 

今も西岡と仲良しなら、

昨日の彼に喝入れてやってくれ。

 

あんなの擁護したら何より彼のためにならん。

(関西のマスコミもなんでも擁護したらアカンよ!!)

 

 

「バーカ」もアレだが、

それ以外のミスと怠慢プレーはもっとダメ。

 

そして何よりそのあとの、

自分のやらかしたことの正当化発言が最高にダサい。

マジダサいんだよ、西岡・・・。(-_-;)

 

 

 

選手皆が皆新井さんのような聖人になれないし、

ならなくてもいいとしても、

 

いっぱいやらかしたことで、

結果試合の流れ向こうに渡して、

投手の足引っぱってたのは事実なのに、

 

必死に言い訳してる感がもうね・・・。(-_-;)

 

 

 

 

 

 

亀梨さんが今も仲良しだというのなら、

きっと西岡は「憎めない性格」なんだろうとは思う。

 

が、ちと悪い噂、ネタがありすぎ。

何とも言えませんわ。(まあ野球ファン以外は知らなくていいけども。苦笑)

 

せっかく長い長いリハビリから帰ってこれたんだから、

また好きな野球が出来るんだから、

 

頼むから、そのやる気は別の形で出しておくれ。(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フェデラーの元にウインブルドンのカップが戻ってきました。
やはり彼にはこのカップがよく似合う。(涙)
本当におめでとう。

 

 

 


正直、決勝に内容求めるなら物足りなかった。
フェデラーが強すぎて、

途中から観客が「もっと試合見たいんだ!!」でチリッチの応援に廻ってしまったんだからね。

あのフェデラー大好きなセンターコートの観客が。(苦笑)


でも、試合後の彼の涙見て、
そして1日経ってあらためて思ったよ。
そんなことは見る方の勝手な押し付けだなって。(反省。苦笑)





思い出してみれば、

フェデラーが4大大会勝てなくなった頃から、
私はずっと彼が口にするかもしれなかった「引退」の言葉に怯えてた。
このブログでも「(ナダル共々)覚悟しないといけないのか」なんて何度か書いたものね。(-_-;)


そして彼がプレースタイル変えてより攻撃的スタイルになってまたランク上位に返って来てくれてからも、
2年連続でサイボーグジョコビッチの高い壁に阻まれ。
 

あれは一ファンの私でさえ、
この強さでもジョコに勝てないのかと何度も心が折られたし。(-_-;)


で、去年の怪我から休養の流れ。

怪我が癒えてフェデラーがコートに戻って来てくれてからは、
もう願うのは、

「フェデラーの好きなようにやって欲しい。スポンサーの事情とかいろいろあっても、自分のやりたいこと最優先にして欲しい」という、(今思えば勝てなくなって引退間近の選手に向けての願いなんですが。苦笑)
そんなことばっかり。




でも今年のフェデラーは私の思っていたことの遥か斜め上超えていってるわけで。(苦笑)

半年休養して戻って来たらグランドスラムタイトル2つダッシュって、

おーい。(苦笑)

ちゃんと全仏スキップとか、
36歳になる身体と相談して出来ることはしっかりやって、
そしてとうとう、

今年狙い定めてたウインブルドンのタイトル取り戻してみせるというね。
しかも全盛時(いや、彼の場合いったいいつが全盛時?かもしれないけど)にさえ出来なかった、

全試合ストレー勝ちという圧倒的強さで!!





いったいなんなんだ、彼は。
もう言葉にしようがないじゃないか、本当に。(苦笑)

彼はなかなか表に出さないけど、
裏でどれほどハードなトレーニングしているのか。(感嘆)

そしてそれが出来るのは、彼がずっとテニスを愛しモチベーション保ち続けているからに違いないけれど、

今年のこの流れにしみじみと、
テニスの本当に神様に愛されている人だ、ともあらためて思わされたりもして。



彼見てるとテニスってめっちゃ簡単に見えちゃうから。

罪~。(苦笑)

彼、体力的な面は衰えても、それ以外の面がどんどん進化してね?

今や苦手(あくまで彼比)だったバックハンドさえ武器になったぞ。
今は試合見てると「技のデパート」って言いたくもなってしまうしさ。(苦笑)
 

おまけに彼には圧倒的な経験の蓄積があるわけで。

20代の彼は「一番強い選手」だったけど、今の彼は間違いなく「一番巧くて凄い選手」だよ。





この先彼がいつキャリアを終わる決断をするかはわからない。
もしかしたら「もう一度世界ランク1位になってから!!」とか凄いこと思ってるのかもしれないけど(笑)、
とにかく「来年も戻ってくる」って言ってくれたし、
フェデラーファンとして、

もうしばらく幸せでいられそう。
本当にありがたい。(涙)


しかし今年になってのフェデナダの強さは、
若手選手達にとってはたまったもんじゃないかもしれないけど(苦笑)、
やっぱこの強い彼ら越えてこそ意味があるってもんだ。
かつてフェデラーがサンプラス超えたようにさ。


そういう意味では決勝のチリッチは、
体調面もだけど、心の面が「まだ勝つのは早い」と見せつけられた試合じゃなかったかな。

正直このタイトルって、誤解恐れずに書けば、
4大大会でも優勝者にもっとも「格」が必要だと思うから。

だからそういう意味でも、
チリッチもいつかこのタイトルが似合う選手になろう。





余談。

14年15年の私に「17年にまたタイトル取るんだよ!!」って言って信じるんだろうか。
いや、信じないな。(苦笑)


あと私は「フェデラーおじさん」って言われ方全然嫌じゃない。
だいたい彼ぐらい世界中にファンがいる人いないんだからね。
日本だって一般なら錦織くんだろうけど、テニスファンに聞けば彼に張るぐらいフェデラーファン多いし。
これは、そういうテニス好き達が彼の凄さに最大級の敬意とかいっぱい込めての愛称だと思ってますよ。

 

それよか、

日本の馬鹿マスコミがもう少し彼の偉大さ認識して報道するようになればいいんだけど。

今や「歴代テニス界最高の選手」どころか、

競技の枠超えて「歴代最高のスポーツ選手の1人」と評されてるというのにねえ。(ため息)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリーグ2勝とかいつ以来?

とりあえずオリックスは今すぐデスパイネ引き抜くんだ!!!(割と本気)
1戦目山岡君、2戦目ちーさま、彼がいなかったら負け投手だったかもしれない。
いやあ、すぐ取り返してくれる打線ってなんて素晴らしい。(苦笑)

あとホームロッテ戦士の意地を見て感激。
鈴木大地キャプテンのホームランのカッコよかったこと。
二木くんもよく投げた。(投げ終わったらベンチでもいい笑顔になってておばちゃん安心したよ)


そして黒木くんもよく投げました。
勝ち継投で投げられたのも良かったし。

ちーさまはサービスしすぎだったけど、
ベンチで楽しそうにしてたからまあいいか。

とりあえず伏兵に打たれるのはこれで打ち止めってことでね。(苦笑)





で、試合は2戦目もそれなりに見所あって楽しかったわけですが、
結局、今年もやはりテレ朝中継には「喝!!」入れないといけないらしい。(苦笑)


もしかしてテレ朝のスポーツ作ってる人達って、
球場とか会場とかの様子そのまま流すの「つまらない」とでも思ってるの?
だからいつもわけのわからない煽りV作りまくって中継出来ても録画にして編集しまくって、
延々と同じV流しまくってるの?

えっ?
そうなの?
本気で馬鹿なの?


昨日も試合終わってから、

「いったい何回同じV流すのか」と突っ込んだ人は多いと思うわ。
延々と試合ハイライト(しかも同じV)とHR競争V(当然同じV)繰り返してましたからねえ。

いつもスポーツ好きとして本当に謎だよ。
私ならこんなのより試合の余韻楽しみたいもん。
たとえテレビであってもさ。

試合後の表彰だって見たいし、
他の選手が盛り上がってるであろうベンチの様子だって見たい。

皆大○だけ見たいんじゃないんだぞ!!(ネクストバッターボックス、ぐるっと1周回ったカメラワークとか馬鹿としか)
全員が見たいんだ!!ボケ!!!!!!



球場1週してファンサしてる様子だって見たいし、
あのロッテ応援恒例の「We are ロッテ」のファンとの掛け合いのパリーグバージョン「「We are パリーグ」だって、
リレー中継したBS朝日で録画で流すのなら、地上波で見せればよかったのに。
めっちゃ貴重でいいシーンだったのにさ~。

ったく。(呆)

こういう放送見せられる度に、
「上にいる偉い人達がスポーツ好きじゃないんだ。」と思わされて、凄く凄く悲しくなる。

こういう人達は競技にも選手にも全然リスペクトがないから、

いくら苦情が入ろうが、スポーツファン、各競技のファンにどんなに不評だろうが痛くも痒くもないんだろう。

 

本当に残念だよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。