アーユスかみかわのお向かいに住む75歳のおじいちゃん。

ここへ移って来た時から、色々教えてくれたり、気にかけてくれたりしてて。。

先日、珍しく夕方にアーユスにいたら、
じいちゃんやってきて、
「アイコスを買ったんやけど、使い方がわからんらんから、普通のタバコ吸っとんや。」

と、言われたので、ひとしきりできるだけシンプルに説明して。

今日は僕は、天下のタバコメーカー、フィリップ・モリス社に貢献したと思いながら(笑)

そこから4日間ぐらい、毎日全く同じ説明をしましたけど(笑)


昨晩から神戸入りしてて、今朝そのじいちゃんから電話がかかってきて。。

「今日、涼しかったから、家のはただけ、草刈っといたったからな〜。」

と・・・

人の家の草刈りばっかりして、中々家の草刈りができてなくて・・・と、世間話してたから、道や隣の家にはみ出したとこを刈ってくれたったかなと。。

すみません、ありがとうございましたと、電話を切って用事を済まして家に帰ったら・・・

まじですか( ̄▽ ̄)

だだっ広いうちの裏庭、全部綺麗に刈ってある。。。

感謝で涙が出そうになってたら、
僕が帰宅してきたのを見てたおじいちゃんやって来て、

「雑な刈り方やけど、そんなんでええやろ?」

めっそうもない。めっちゃ助かります。

半日もかけて、休憩の時には奥さんにお茶を入れてもらって、うちの草刈りをしてくれたらしい・・・


『持ちつ持たれつ』というけど、
自分1人が誰かにできることなんて、がんばったところで、そんなに大したことないのかもしれない。

その何倍も、周りの人からいただきながら生きてるんだと思う。

だから、誰かのために何かが出来るように頑張るんじゃなくて、ありがたくいただいて、感謝が出来る人になりたいなと、思う今日この頃。




AD

心理カウンセラーさんとか、

 

ヒーラーさんとか、

 

スピリチュアルな方のところへ行ったときにまず、

 

30秒間、じ~~~っと、無言でその方の目を見て、

 

 

「あなたは幸せですか?」

 

 

と、聞いてみてください。

 

 

お金を払うべきかどうか、すぐにわかると思います。

AD

古城良き友代

テーマ:
今朝仕事に行くときに、ふと、
セルフセラピーカードを持って行こうと思い・・・

最近はあんまり使ってなかったのにね。。

なんだろ・・・と思ってたら、

仕事場に長いこと会ってなかった友人が来て・・・

前日にたまたま電話で話してて。。

うだうだ話をした最後に、
声色が気になったから、

『最近、満たされてないやろ?』

と、言い放って電話は終わったんですが。。

突然やってきて、一通り遊んでいって、

僕の仕事が終わった後にふと、

『カードあるけど、するか?』

たぶん、彼女の無意識は何かを求めて、
僕にカードを持たせて、
僕にそれをさせたんだと思う。

僕はただ、久しぶりに会えたことがうれしかっただけで。

ひとしきり、彼女を泣かせて・・・

逆に、僕が困ってどうしようかと悩んでたことを、ポンと頼むと、案外あっさり助けてくれて・・・

もちつもたれつがいいね。。

死ぬまでにトントンになったらいいじゃない。


ここ数年、こうゆうことが多くて・・・

ふと、会いたくなったり、声を聞きたくなったりして、いきなり会いに行ったら会えたり、電話に出てくれたり・・・

そしたら、僕が何かを求めてたんだと思ってたら、どちらかというと向こうの方がいっぱいいっぱいだったり、悩んでたり、行き詰まってたりしてて・・・

ひとしきり話を聞いて、ありがとうと言われて別れる。。。

そんなとき、
『あ〜〜、また呼び出された』

と思う。

僕から会いに行ってるのにね(笑)


なんか、そんな役回りの星の下に生まれてきたのかな〜〜と思う。。

ただ、素直に助けてと言えない人たちに、
集合意識で呼び出されて、
何かの足しになれてるなら、
それはそれでいいかなと・・・

AD
『もしもピアノが弾けたなら〜〜♪』

今頃僕は、ピアニストになってるんだよd( ̄  ̄)


暖かくなってきたら、やっぱり蕎麦が打ちにくくなるなぁ〜〜

今からまた打ちにくい季節がやってくるなぁ〜〜と、蕎麦打ちに悩む心理カウンセラーですが(笑)


『アートセラピー』ってゆうのがあって・・・

絵を描いたり、何かを造る作業ってゆうのは、
潜在意識(無意識)が現れ易いので、心を発散したり、整えたりできる。

セラピーにしなくても、
僕の知ってるアーティストさんたちは、
もやもやしたり、わくわくすると作品づくりに没頭する方が多い気がする。


僕も芸術じゃないけど、
毎日のようにたくさん蕎麦を打つ日々の中で、
蕎麦打ちに顕著に潜在意識が現れてくる・・・

多分、綺麗に打つ技術は持ってると思う。

粉の状態と天気や気温や湿度によって
毎回、水加減も違う。


ただ、何よりも大事なのは、打ち手のメンタルで・・・

不思議と、メンタルが整ってると、多少のミスが入っても、綺麗な蕎麦が仕上がる。。

逆に、もやもやを抱えてると、どんなに気をつけようと、何回打とうと、破れるわ切れるわで・・・

自分では気がつかなくても、手元の蕎麦が上手くいかないことで、気になってることがあったり、疲れてることに気がついたりする。。。

先週一週間は、平静を装ってたけど、
蕎麦には正直に出た(笑)

どれだけ気をつけてても、包丁が安定しない・・・

切りには同業者からの定評もあり、自分でも自信があったのに。。

素人に毛が生えてるやん!みたいな(笑)


ものづくりって面白いなぁ〜〜と思うのと同時に、

仕事を引退しはった人の中で蕎麦打ちが流行ってるのもなんとなくわかった気がする・・・

40年間、家族のため、会社のため、社会の為に走り続けてきはった方々が、ふと立ち止まって、今まで二の次ににしてきた自分と向き合うのに、ちょうどいいんだろうね。。

そして、打つたびに違うものができて、形には残らないから、あげても迷惑がられず、ましてや食べてもらって美味しいって言ってもらえて、上手くなれば、お金をももらえて。。

いいですよね( ´ ▽ ` )






んなこと言ったって、

長年色んな人から、
『考えろ!』
て言われて頑張ってきて、
いきなり
『感じろ!』
て言われても、
難しいやろ。。


ただ、
『この歳で今更性格なんか変わらへん』
とよく言われますが、

長年かけて出来上がったものなら、
変えることは可能よね?

そして、今までは知らないで出来上がってきたものだけど、その仕組みを知ったら、もっと早く変えれるよね?

今のままでいいならそれでいい。

しんどいなら、少し変えてみたら?

その歳まで色んな経験してきたから、
それが邪魔をして、今更・・・じゃない。

その歳まで頑張って経験してきたからこそ、
わかることがある。出来ることがある。見えることがある。


こうゆうことを書いた後に、
セミナー告知をするのが常套手段なんだろうけど、また気が向いたら告知します(笑)