こんにちは。ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダの文分です。


タンパク質源というとお肉を思い浮かべます。あと魚とか。


肉も魚も大きなタンパク質源ですが、消化力が強くなけれ消化されません。


消化されないと、タンパク質として細胞に供給されません。


肉は消化力の弱い人にはコスパが悪いということです。


「タンパク質=肉」と考えず、豆もタンパク質源のリストに加えましょう。


豆はタンパク質の宝庫。しかもサトヴィックです。


サトヴィックとは心を落ち着かせリラックスさせる質のこと。


豆の種類はたくさんありますが、一晩水につけておく必要がない豆が便利ですね。


レンティルは平べったいので、一晩水につけておく必要がない豆です。


レンティルはいろいろな種類がありますが、オレンジレンティルはピッタとカファを鎮め、消化を整えるほか、呼吸器系を浄化すると言われています。


なので、下痢や消化不良などの消化器系不調を改善するほか、皮膚疾患、肥満、喘息などの改善も期待できます。

 
オレンジレンティルの代表的なレシピを一つご紹介します。



材料

 

ひき割りオレンジレンティル 1カップ
玉ねぎスライス 1/2個
トマト中サイズ 1個
ショウガひとかけ みじん切り
クローブ 2個
ターメリック 小さじ1/4
クミンシード 小さじ1
ヒング ひとつまみ
水 3.5カップ
ギー 大さじ2
塩 適宜
 
作り方

 

1.レンティル豆を洗って水に30分つける。

 

2.沸騰した水にレンティル豆を入れて、塩、ターメリック、トマト、ショウガを加える。


3.レンティル豆が柔らかくなるまで茹でる。
 
4.フライパンにギーを入れ、クミンシードと玉ねぎのスライスを加える。玉ねぎが色づくまで炒める。


5.これをレンティルの鍋に入れる。数分煮て、よく混ぜて出来上がり!

 
オレンジレンティルは軽く、冷性で、渋味があるので、ピッタとカファを鎮めます。一方、ヴァータをふやします。


ヴァータのバランスをとるために、玉ねぎ、ショウガ、ヒングを使います。


ヒングはおなかのガスをとるためにも必要です。


オレンジレンティルを食べ過ぎるとおなかが張り、ヴァータ性の関節痛が起きる可能性があるので食べ過ぎにはご注意。


日本人は過剰に豆を食べる心配はないと思います。


★「アーユルヴェーダ・ベーシックコース」通学制2018年7月-12月期受講生募中 http://www.jivajapan.jp/school/corse_1.html


★「アーユルヴェーダ栄養学専門家コース」2018年7月-12月期受講生募集  http://www.jivajapan.jp/school/corse_3.html

 

 

http://www.jivajapan.jp/seminar/partap2018may.html

 

http://www.jivajapan.jp/school

 

 

Jiva®マルマ・ハンドトリートメント講座

本講座はJiva®マルマ・ハンドトリートメントを実践したい方とJiva®マルマ・ハンドトリートメントの教室を開きたい方のための講座です。

http://www.jivajapan.jp/jiva-hand

 

 

ジヴァジャパン・アーユルヴェーダ・オンラインカレッジ

ジヴァ・ジャパンの講座の一部が動画でも受講できます。

http://jivaayurveda-college.jp/

 

 

ジヴァ・マルマセラピールーム

整体とアビヤンガ(ボディーオイルマッサージ)を組み合わせたトリートメントをご提供します。

https://jiva-salon.jimdo.com/

 

 

細胞ナノスキャン「メタトロン」で未病チェック

「メタトロン」は、心身の状態を周波数で把握し、エントロピーを計測する機器です。「メタトロン」によって自分の細胞のエントロピーを可視化することにより、アーユルヴェディックな健康アプローチを強化することができます。
http://www.jivajapan.jp/metatron

 

 

心と体が元気になる保健室

病院に行くほどのことでもないけれど、からだの調子がいま一つパッとしない、気持ちがなんとなく落ち込む、といったことを経験したことはありませんか。だれでも経験があると思います。まさに今、あなたが経験していることかもしれません。そんなあなたのために「心と体が元気になる保健室」があります。

http://www.jivajapan.jp/seminar/hokenshitsu.html

 

 

 

 

ジヴァジャパン・アーユルヴェーダ・オンラインカレッジ

http://jivaayurveda-college.jp/

 

Lets enjoyジヴァ・アーユルヴェーダ祭り2018

日本におけるアーユルヴェーダ研究のトップランナーである上馬塲和夫先生による「世界にけるアーユルヴェーダの可能性」と題する講演が予定されています。Dr成川の健康コンサルテーション、体質判断、椅子ヨガ、ミニ講座、ドクター・パルタップのスカイプ講座、女性の月めぐり養生法講座、部分マッサージ、キルタン、アーユルヴェーダクイズ、商品販売などお楽しみ満載です。

http://www.jivajapan.jp/seminar/ayurfes2018.html

 

 

アーユルベビーを産み育てるための両親学級講座(20181月期)

アーユルヴェーダには、ココロとカラダそしてソウルのレベルから赤ちゃんを迎える準備をし、妊娠・出産・育児を行う知恵が満載です。この講座参加者の妊娠率は全国平均をはるかに上回っています。本講座はランチつきです。
http://www.jivajapan.jp/seminar/ayurbaby201701.html

 

セラピストのための解剖・生理学講座(2018年1月期)
体の仕組みについて系ごとに理解を深めます。プロのセラピストから熱い支持を得ている講座です。

http://www.jivajapan.jp/seminar/2318.html

 

4月のアーユルヴェーダ・カウンセリングのご案内(4/25

食事、生活スタイル、とりまく環境、現在の体と心の状態を詳しくうかがった上で、心と体の健康を取り戻すためのアドバイスを行います。ご希望の方にはメタトロンチェックも受けていただくことができます。

http://www.jivajapan.jp/seminar/counseling201701.html

 

カジュアル・カウンセリング(5/23)

ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダスクールのアーユルヴェディックカウンセラーコースを卒業したアーユルヴェディックカウンセラーたちがあなたのお話をお聴きし、アーユルヴェーダの観点から元気になるアドバイスをします。ティーをご用意してお待ちしています。

http://www.jivajapan.jp/seminar/casualcounseling201805.html

 

ドクター・パルタップ・チョハン アーユルヴェーダプロフェッショナルのための特別コース「身体疾患のアーユルヴェディック・マネジメント」

partap

同コースは5つのモジュール(科目)で構成されます。1モジュールの授業時間は10時間(2日間)です。1つのモジュールで1つの器官系の病気を掘り下げます。これらの器官系の病気についてアーユルヴェーダの分析や治療法を学ぶアーユルヴェーダ・プロフェッショナル向けのコースです。