こんにちは。ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダの文分です。


今週ブログをお休みしていたのは、インドのジヴァ・アーユルヴェーダに行っていたからです。たったの4泊でしたが、体と心を少し浄化してきました。


神経がゆるんできたことを実感し始めたところで帰国。あと3日は滞在していたかったです。


ドクター・パルタップは「たった4日間の滞在はなんのためだ?」と言っていますが、たった4日の滞在でも心身は安らぎます。オイルトリートメントはいいし、食事もいいのです。


ジヴァ・アーユルヴェーダの食事はアーユルヴェディックなインド料理で本当に美味しいです。


通常のインド料理とは異なり、辛味が少なく、脂っこくなく、消化しやすく、新鮮で、サトヴィックです。


一日3食食べても飽きません。それどころか体のなかがキレイになるのを感じます。


体と心が満足するので、間食したいという気はまったく起きません。不思議なくらいです。


夕食は遅くても7時半で終了。朝食は8時半なので、13時間の半日断食をすることになります。だから朝食の美味しいこと!


普段、便秘がちの人も出がよくなります。夕食の消化が進むからですね。


 


さて、私の体の現状ですが、パンチャカルマ専門医のドクター・ラフルから「プラーナヴァータが乱れている」と言われました。いつもプラーナヴァータが乱れていると言われます。


自分でもわかります。つねに何かを考えているからだと思います。


さらに、「肺に詰まりがある。カファのせいだ」とも言われました。


ではどうすればいいのかとドクターに聞くと、「バスティが一番いい」という答えが彼から来ました。


バスティとは浣腸のことです。ヴァータの乱れにはバスティが最も効果的です。


バスティにはオイルを使ったものと、ノンオイルのものがありますが、私はオイルを使ったバスティが処方されました。


オイルバスティは量が少ないので下痢になることはありません。腸を滋養するのが目的です。


私の場合は、アパーナヴァータの乱れがプラーナヴァータの乱れを誘い、それが肺のカファを乱れさせているとドクターは説明してくれました。


プラーナヴァータを直接落ち着かせるためには、シローダーラ、ナスヤ、カルナプルナ(耳オイル)が勧められます。


私がシローダーラ、ナスヤ、カルナプルナを好むのはプラーナヴァータが乱れているからなのですね。



ジヴァにはクリニック棟と学校棟があり、その間を一日に何度となく行ったり来たりします。


クリニック棟の門にいる守衛さんが私にヒンディー語を教えてくれようとして、門を通るたびに私にヒンディー語で質問をしてきます。


困ったことに彼が教えてくれるヒンディー語を何度聞いても、かたっぱしから忘れていきます。


というより、私の脳の海馬にまったく入っていかないのです。


日本人は音で覚えるのがヘタ。文字をみないとダメなのですね。


「私は公園に行きます」のヒンディー語が全然覚えられません。


守衛さんは「こんなバカはみたことない」と思っていることでしょう。


そんな笑える4日間でした。


下の写真はドクター・パルタップとツーショット。パラタ(長野のおやきを平べったくしたような料理)の食べ過ぎで太ったのだそうです。これ毎年のこと。



来週はヴァマナ(催吐療法)をして体重をもとに戻すそうです。


4月末に来日するころには、いつものドクター・パルタップに戻っているでしょう。


★ドクター・パルタップ・チョハン☆アーユルヴェーダセミナーとコンサルテーション(4/29-5/6)
http://www.jivajapan.jp/seminar/partap201704.html


★3月のアーユルヴェーダ・カウンセリングのご案内(3/8, 3/21)
http://www.jivajapan.jp/seminar/counseling201701.html

 

 

 

 

 

ドクター・パルタップ・チョハン☆アーユルヴェーダセミナーとコンサルテーション(4/29-5/6)

● 身体疾患のアーユルヴェディック・マネジメント(モジュール3)~泌尿器・生殖器系疾患(4/29-5/6)

● 皮膚疾患の改善法 (5/3

● メンタル疾患のマネジメント (5/5)

● 個人コンサルテーション(4/29-5/6)

http://www.jivajapan.jp/seminar/partap201704.html

 

Jiva®マルマ・ハンドトリートメント講座

本講座はJiva®マルマ・ハンドトリートメントを実践したい方とJiva®マルマ・ハンドトリートメントの教室を開きたい方のための講座です。

http://www.jivajapan.jp/jiva-hand

 

ジヴァジャパン・アーユルヴェーダ・オンラインカレッジ

http://jivaayurveda-college.jp/

 

アーユルベビーを産み育てるための両親学級講座(20171月期)

アーユルヴェーダには、ココロとカラダそしてソウルのレベルから赤ちゃんを迎える準備をし、妊娠・出産・育児を行う知恵が満載です。この講座参加者の妊娠率は全国平均をはるかに上回っています。本講座はランチつきです。
http://www.jivajapan.jp/seminar/ayurbaby201701.html

 

セラピストのための解剖・生理学講座(2017年1月期)
体の仕組みについて系ごとに理解を深めます。プロのセラピストから熱い支持を得ている講座です。

http://www.jivajapan.jp/seminar/2318.html

 

2月のアーユルヴェーダ・カウンセリングのご案内(2/7,2/13
食事、生活スタイル、とりまく環境、現在の体と心の状態を詳しくうかがった上で、バランスを取り戻すためのアドバイスを行います。
http://www.jivajapan.jp/seminar/counseling201701.html

 

魂が喜ぶ春爛漫のキルタンナイト❤軽食つき(4月4日)
春は心が浮き立つ季節でもあり、心が乱れる季節でもあります。芽吹き時には心が乱れると言われる所以です。キャンドルとともに歌うキルタンは心を静め、サトヴィックにしてくれます。サトヴィックな軽食をお楽しみください。
http://www.jivajapan.jp/seminar/kirtan20170404.html

 

 

ドクター・パルタップ・チョハン アーユルヴェーダプロフェッショナルのための特別コース「身体疾患のアーユルヴェディック・マネジメント」

partap

同コースは5つのモジュール(科目)で構成されます。1モジュールの授業時間は10時間(2日間)です。1つのモジュールで1つの器官系の病気を掘り下げます。これらの器官系の病気についてアーユルヴェーダの分析や治療法を学ぶアーユルヴェーダ・プロフェッショナル向けのコースです。

http://www.jivajapan.jp/seminar/diseases.html

AD